JIN-仁- 第10話

突然の頭痛に襲われた、瞬間。俺は思った。


もし、あれが俺だったとしたら

俺は俺の手術をした事になる。

しかし、あの声は龍馬さんだった。
だとしたら、あれは龍馬さんなのか。

あれが龍馬さんだったとしたら
龍馬暗殺はなくなる・・・・・訳がない。



その後、野風さんから文が届いた。



野風さんにさる藩のご隠居から身請け話があり
2500両で妾にと望まれたらしい。

身請けの前には身体のお調べを行う必要があり
そのお調べを俺にお願いしたいと言う。




吉原の店の主・鈴屋彦三郎は語る。

あの夜、野風は思い出を作りたかったんだと思います。
妾になれば、塀に囲まれ二度と出られる事は出来ません。

つまり二度と野風には会えないのです。




俺は思う。
この頭痛はタイムスリップの予兆ではないのか。

しかし、今、ここで戻ったら彼女は一体どうなってしまうだろう。

ただ、予感がする。


何もかもがもうすぐ終わる。


小さな蝶が引き起こした嵐は起こした蝶をも巻き込んで
時の波間に消えていくのではないだろうか。







そうして、俺は野風さんの身体のお調べを行う事となった。


心音。そして触診。

彼女の左胸を触った時、しこりを感じた。
何度も触ってみた。


その後、主の彦三郎さんに答えた。


野風さんは問題ありません。


それは誠でありんすか?


はい。



俺はそう答えた。



たしかにしこりがあった。
それは小さく悪性の腫瘍とは判断は出来ない。

だから問題ないと答えたのも嘘ではない。



医者としては、もう少し入念な調査をするべきかもしれない。


だが、写真に映る彼女の存在が濃くなっているのを見て
調査するのを躊躇する自分がいる。


彼女はおそらく身請けされた方と野風さんとの間に生まれた
子の子孫なのだろう。

だとしたら、彼女の事を思えば・・・・・


彼女の事しか考えてなかった俺は
咲さんの話もどこか上の空で聞いていた。


そのせいか、咲さんはどこか怒っていたようだった。


どうして怒っていたのか
俺には分からなかったが、龍馬さんはその答えを教えてくれた。



咲殿はどうしてここまで先生に親切にしたのか、わかっとるんか?
好いとるからじゃ。

みんな、わしと同じ答えじゃと思うぜよ。




振り返ってみれば思い当たる事は山のようにあり。

気付かなかったとはいえ
自分はどれだけ咲さんに酷な事をしてきたのかと。



そして、俺はその夜
仁友堂を橘家からペニシリン製造所に移転させる事を決めた。

この家には――――咲さんにはもう関わらない方がいい。

そう思った。


その時、咲さんが俺の下を訪れた。


野風さんをもう一度診て下さい。
野風さんは胸にしこりがあると仰ってました。



俺は何も答えなかった。


やはりお気づきだったのですね。

彼女の母親は乳に岩が出来る病で亡くなりました。
子が親に似るのは道理であります。



触診だけで乳がんかどうか診断するのは難しいのです。


南方先生は彼女のために
あなたは野風さんを見殺しにしようとしてるのではないですか?

でも、野風さんは先生の命を救ってくれた方じゃないんですか。
野風さんを助けて差し上げたいとは思わないのですか?



鬼、ですよね。私は。



いいえ。でも咲はもう耐えられません。

医術は時として身体だけでなく心までも裸にします。
咲はもうむき出しの心を見てはおられませぬ。



そう言って咲さんは部屋を出て行った。


しょうがないじゃないか。

俺にはそうしか言えなかった。





そして橘家との別れの時が来た。


咲さんが風呂敷包みを渡してくれた。


これは?

御弁当です。これくらいしか私には出来ませぬ故。

今までありがとうございました。
先生と出会い、その医術を学べた事は私の人生の宝でございます。
私にとっての医術は生まれて初めて打ち込めたものでした。
中途半端な結果になりましたがこれからは嫁ぎ先の夫や
両親、ゆくゆくは子供に医術を教えようと思います。



嫁ぎ先?


私に縁談が来ておられるのです。


・・・・・そうですか。
私は咲さんの顔を見るといつもホッとしていましたから
きっとそういう家になるんじゃないでしょうか。

咲さん、お幸せに。



はい。



そうして俺はペニシリン製造所へ向かった。

咲さんの涙を見ないように




そしてペニシリン製造所に着いた俺は
咲さんがくれた風呂敷包みをほどいてみた。

中身は揚げ出汁豆腐だった。

山田さんは咲さんからだと聞いてあれだと思ったみたいだが

ちなみに俺にはあれが何なのか、全く分からない(; ̄∀ ̄)





この時、咲さんは俺が好きだと言った言葉を
ずっと覚えていてくれたんだなと思った。

そして、もう二度と食べられなくなるのだなと。


そんな余韻に浸っていた時、突然龍馬さんがやって来た。




そうして、俺は龍馬さんに
半ば無理矢理連れ出されて長州の久坂玄瑞という方に会う事になった。

龍馬さんは攘夷派の長州の方に梅毒に効く
ペニシリンを売りつけて手を結ぶ事を考えていたらしい。

それで俺はその長州の方で
梅毒にかかった方をペニシリンで治療するために
連れてこられたらしい。


龍馬さんはその久坂さんに熱く語りかけた。

おまんらは幕府に戦をおこそうとしとるじゃろ。
じゃが、おまんらは必ず負ける。
そんな暇があったら夷狄相手に売りつけ
世界に冠たる海軍を作り夷狄を打ち負かすぜよ。


その光景に俺は思った。

歴史に詳しくないからよく分からないが
俺は今、ものすごいものを見ているのではないだろうか。

これは維新への針を一足跳びに動かすものではないだろうか。


これまで俺は先の事は考えず
目の前の事を見ようと思っていたのだが

歴史を変えてしまう事は本当に罪深い事だ。


もし、死ぬはずだった人が死なずに生きていて
別の方と一緒になっていたとしたら

その死ぬはずの方がいなければ
あったはずの運命をも壊してしまうのではないか。


俺はこれ以上ペニシリンを使って欲しくないと
龍馬さんに訴えた。

そしてその理由を色々と話す中で

俺は龍馬さんの背後から刀を持った男性が襲い掛かるのを見た。



龍馬さん!


そういい終わらないうちに龍馬さんは
刀を抜いて背後から来た男を刺し殺していた。


俺達の前後に刺客が待ち構えていた。




先生。わしはあっちに行くき、その間に逃げ。


そう言って龍馬さんが向こうの方へ走り出すと
刺客達も皆一様に龍馬さんがいる方へ走り出した。


この刺客は龍馬さんを狙ったもの。


だとしたら俺が歴史の時計を進めたツケ
それが龍馬さんに回ったという事か。


死んではいけません!


俺は必死になって龍馬さんを救おうと奔走した。



先生、戻るぜよ!


龍馬さんは俺を庇おうとして敵の刃を防いでいたのだが多勢に無勢。

龍馬さんは刀を叩き落とされ刺客の刃を喉元に突きつけられていた。




俺は龍馬さんを庇った。





その瞬間、俺と龍馬さんはすぐ近くにあった崖を転がるように落ちていった。



気が付くと俺は川の中にいた。

しかし、龍馬さんはどこにもいなかった。


龍馬さんは一体どこに―――――。








さてさて、あの展開を考えると龍馬さんは
タイムスリップした可能性が高いのですが

だとしても第一話で見た人物が
龍馬さんであるとは限りませんからね。


その辺の謎は次回に持っていくとして

今回の主役は野風と咲さんですかね。


同じ方をお慕いする者同士。

諦めきれないから野風は
身体の調べで胸に岩=乳がんがあるかどうか
見てもらい、それが岩であれば身請け話が御破算になるし
また南方先生に会えるからと思う一心で

身体のお調べを南方先生にお願いしたし

何より彼に身体を触れて欲しかったという願いも
あったんでしょうね。


ですが、先生は「問題ない」と答えたので野風の企ては御破算になった。




そして、咲もまた同じく
南方先生と一緒にいたいから縁談の話も躊躇していた。

でも、南方先生の傍にいて
痛切に感じたのは彼女の存在。



先生にはおられるのです。
その方のためになら鬼にもなろうという方が。
あの御優しい先生をそこまでさせる方が。

私の出る幕などいつまで待ってもございませぬ。



そうして縁談を決めたのだけれども
おそらく嫁いだとしても
時の流れの中であっても
彼女の思いは消える事はないのだろうなと思わせてくれる感じがします。



それから気になる展開としては
佐分利さんは華岡流の出ではないかという描写がありました。


華岡流というのは日本で初めて麻酔手術を行った医術の流派だそうで
そこでは乳がんとかの手術も行ったそうです。

ですが、この華岡流というのは秘密主義というか
その手術の方法とかは門外不出だったそうです。

その辺が今後、野風さんに繋がっていくのかもしれませんね。



それにしても咲さんの風呂敷包みを見ると
山田さんや佐分利さんはあれを思い出すんでしょうけどね ̄▽ ̄



それから龍馬さん演じる内野さんの殺陣
相変わらず見事です。

「蝉しぐれ」の頃をふと思い出しました。



さて、次回は最終回で85分SP

どんな結末が待っているのか、とても楽しみぜよ ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2009年12月14日 00:52
咲さんと風呂敷包みと言えば「あれ」ですよね(^^;ゞ
「あれ」は「食べますか?」と言われても、あんまり
食べたくないですね^^;

で、結局、揚げ出し豆腐は仁の口に入ったのでしょうか。

今回は2人の女性が失恋するお話でした。
しかも、それによって大きく運命が変わる失恋ですよね。
切なかったですが。。。
咲さまが大好き、と言う野風と、いつの間にか野風を
姉のように慕う咲の姿が微笑ましくも映りました。

そう。最初に出てきた男は龍馬とは限らないんですよね。
(むしろ、違うと・・・^^;)
映画化持ち越しはハッキリ言って反対なのですが。。。
続編は歓迎します。
できたら、すぐに続編やってほしい(^^;ゞ
2009年12月14日 01:47
こんばんは♪

風呂敷包みの「あれ」って何?知らないのかよ~って感じ?(^^;
わかんにゃい(笑)
揚げだし豆腐美味しそうですね~
咲さんが南方先生と別れる時、後ろ姿を見ながら涙してたのに
もらい泣きしちゃいましたです

来週で終わりですが。。。拡大版にしても終わらない感じがするのです。
絶対!続きありますよね。
龍馬さんは、どうなってしまったのでしょうか?
それから未来はどうなるのか?
野風さんは?
久しぶりにハマった時代劇もどき(笑)
坂本龍馬はやっぱり魅力的なお方でありんす
2009年12月14日 20:15
包帯男にホルマリン、そして未来の命…
今後どう展開していくのか、予想が追い付かないので
とにかく最終回を楽しみにしたいと思いますデス。
あたしも咲さんが風呂敷包みを差し出した際には
もしかしたら、また「あれ」なのかと(笑)。
だけど開けてびっくり!あの時代にしては
かなり豪華な弁当でしたよねー。
マイガールオムライスに続いて、咲さま弁当を
どこかのコンビニが発売してくれないかな~♪
SFurrow
2009年12月14日 20:44
ますます豪華キャストの「坂の上の雲」と、超ダークな展開に目が離せない「外事警察」にはさまれてしまったせいか、前の大河ドラマの後では、ものすごく素晴らしくみえた「仁」が、最近「普通に良いドラマ」レベルになってきました(笑)
でも、見逃すのは絶対に惜しいので、時間をやりくりして見てますが、来週の最終回は拡大版ですかぁ。録画失敗しないようにしなきゃ…
「あの人本当に龍馬なのかなぁ」と一瞬疑問に思う仁先生が笑えましたね。でもその一方で「もしかして、今、すごいシーンを目の当たりにしているのかも」。
私としては「歴史を変えてしまう」ことに、そこまで罪悪感を持つかな?というのはちょっとよくわからないんですけどね、好きでタイムスリップしたわけじゃないのだし。さまざまな過去と未来のあるパラレルワールドが無数にあるという説もありますしね。
しかし将来の未来さんの存在だけは守りたいという純粋な思いには胸を打たれるものがありますね。未来さんは本当に野風さんの血筋なのでしょうか?幕末くらいだったら調べればわかりますよね。
イラストの「龍馬像@内野さん」ますます磨きがかかっている所でしょうか?
ikasama4
2009年12月15日 20:29
くう様
「あれ」はねぇ
食ったら確実に身体壊しそうですね。

>で、結局、揚げ出し豆腐は仁の口に入ったのでしょうか。
多分食べてないでしょうね ̄▽ ̄

同じ人をお慕いしてかつ、片思い
どうしたら思いを断ち切れるのか
同志のように話し合う姿がなんとも
微笑ましい部分でもありますね。

>そう。最初に出てきた男は龍馬とは限らないんですよね。
そうなんですよねぇ。

それ次第で続編がどういう方向に流れるのかが
気になりますね。

ちなみに私も映画は反対です ̄▽ ̄#

ですが、映画になるとパンフレットが出るので
それでイラストの構図が出来るのはちょっとウレシイです
(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009年12月15日 20:29
アンナ様
こんばんはです。
「あれ」っていうのはアオカビです。

以前、咲さんが医学所の方に風呂敷包みを持ってきて
医学所の方は「差し入れ」だって喜んで開けたら
アオカビがぎっしり詰まったみかんの詰め合わせで
みんなの顔が青くなったっていう事があったので ̄▽ ̄

一途に思い続ける女性の姿は
ホント、美しいものですね。

来週で終わりですが原作がかなり先まで続いてるので
ドラマの方も絶対続くと思います。

そうなると気になるのは龍馬さんと野風さんですね。

私は龍馬さんにガッツリハマったぜよ ̄▽ ̄b
ikasama4
2009年12月15日 20:29
まこ様
色々と謎がいっぱいで
どうなるのか全く予想がつきません。

咲さんに風呂敷包みとくれば
やっぱり「あれ」を想像しますね ̄▽ ̄

たしかにあの弁当は美味しそうでした。

>マイガールオムライスに続いて、咲さま弁当を
>どこかのコンビニが発売してくれないかな~♪
大賛成( ・ω・)∩
ikasama4
2009年12月15日 20:30
SFurrow様
「坂の上の雲」「外事警察」
この2つの出来栄えが恐ろしくいいので
あれらと比べると、人情的モノ路線の傾向が強い
このドラマと比べたら「普通に良いドラマ」に
見えてしまうかもしれませんね。

もう少し龍馬が前に出てきたら
多分色合いも大分変わってくるんでしょうけど ̄▽ ̄

この作品の面白いトコロは
この幕末という時代の中で
現代医学を持ち込んだ際に
どういう事が起こりえるのかという部分ですからね。

正直、写真はちょっとやりすぎかなって
思ったりするんですけどね。

まぁ南方が未来に来た時点で既に
パラレルワールドに入ってるんでしょうね。

>未来さんは本当に野風さんの血筋なのでしょうか?幕末くらいだったら調べればわかりますよね。
野風がさる藩のご隠居の妾になったのであれば
その藩の系譜を見ると分かると思います。

>イラストの「龍馬像@内野さん」ますます磨きがかかっている所でしょうか?
現時点での龍馬さんはこれが限界↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~dessin-ikasama/ikasama/illust/2009/img/img1171.jpg

後はいい構図を探してみないとってとこで(; ̄∀ ̄)ゞ
2009年12月16日 09:49
>何度も触ってみた。
岩は堅いけど…
柔らかかったでしょうね~。。。何度も(u_u*)ヾ(゚∇゚*)オイ

未来は乳がんじゃないものの、腫瘍ができる家系か。
やっぱり繋がってるんですかねぇ。野風と未来は。

>ちなみに俺にはあれが何なのか、全く分からない(; ̄∀ ̄)
確かに~(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
山田は中身を見てホッとしたことでしょう。
しかし重箱への山田の食いつきのいいこと(笑)

>俺は今、ものすごいものを見ているのではないだろうか。
その場に居る当事者には分からない瞬間も、
歴史を知る者には物凄い場面ですよね。
ましてや龍馬暗殺現場に遭遇したりなんかしたら…
で、どこでどう亡くなる予定なんでしょうかね~。
もう死なせないで~龍馬~(ノ゚ο゚)ノ イキテー

>刀を抜いて背後から来た男を刺し殺していた。
いきなりの内野龍馬の殺陣姿にホレボレ~。
こんな龍馬が見られるなんて♪嬉しかったです。

内野→福山。。。私の脳が切り替えられるか心配。

もう~、包帯男は仁でも龍馬でもなく…
ただのホームレス男じゃないの(笑)ヾ(゚∇゚*)ナンデヤネン
ikasama4
2009年12月16日 20:34
mana様
>柔らかかったでしょうね~。。。何度も(u_u*)ヾ(゚∇゚*)オイ
アハハハハ ̄▽ ̄
もし、ヨコシマな感情があれば乳がん検診をする男性の
お医者さんには誰も寄り付かなくなりそうです ̄▽ ̄

たしかに山田さんの
あの重箱の反応は抜群にヨカッタですね。

それだけに面白かったシーンですね ̄▽ ̄

龍馬暗殺の現場。
遭遇するかもしれませんが
その時には南方が救う事が出来るのか
どうかってとこも気になるトコロですね。

龍馬演じる内野さんの殺陣はキレイなんですよ。
個人的には「蝉しぐれ」がオススメです(  ̄ノ∇ ̄)

多分、大河なので一ヶ月も見れば
脳は切り替えられるのかもしれません ̄▽ ̄

ただ、このドラマの続編が
同じ時期に放送されたら大変な事に
なりそうですが; ̄▽ ̄

>ただのホームレス男じゃないの(笑)ヾ(゚∇゚*)ナンデヤネン
じゃあ、その役を遠藤憲一さんで ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • JIN-仁- 第10話:坂本龍馬、暗殺…

    Excerpt: 龍馬は?^( ̄д ̄*)(* ̄д ̄)^どこ? 初回で運び込まれた身元不明の患者は、一体どっちなのぉぉぉ~{/hiyo_shock2/} ここで龍馬が消えたとなると、現代にタイムスリップした可能性大ですよ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-12-14 00:00
  • 【JIN-仁-】第10話

    Excerpt: もし、あれが俺だったとしたら、俺は俺の手術をした事になる。そんな事は有り得るのだろうか。かつてのような激しい頭痛を体験して、仁は「あの日」を思い出した。全身を包帯に巻かれた男。自分が脳外科手術を施した.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-12-14 00:04
  • JIN仁10 結局仁先生は揚出し豆腐を食べたのか気に掛かる

    Excerpt: 万華鏡: California Dream 今日の前半は意見の分かれるところでしょうね。 橘咲(綾瀬はるか)の心の葛藤が中心で 退屈なひとには退屈で そうでないひとには涙の場面とか.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-12-14 00:15
  • JIN-仁- 10話

    Excerpt: あぁ~~~龍馬さんはどうなっちゃったんでしょうか? 次回予告にも出ていなかったけど。。。同じ男性をお慕いしている野風さんと、咲さんの思いにウルウル(涙) Weblog: アンナdiary racked: 2009-12-14 00:31
  • 「JIN-仁-」 第10回

    Excerpt:  えええ~?!龍馬が消えた・・ってことは・・・包帯男は龍馬なの? じゃあ、何で未来に来た龍馬の頭の中にはホルマリン君が入ってたの? 一瞬、二人で一緒に落ちたから合体しちゃったのかと思ったよ・・(・.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-12-14 00:39
  • JIN-仁- 第10話

    Excerpt: JIN-仁-の第10話を見ました。MISIA/逢いたくていま(CD)忘れかけていた頭痛に襲われた仁は突然意識を失って倒れてしまい、数日後目覚めた時にはタイムスリップした時のことを思い出して正体不明の患.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2009-12-14 06:18
  • JIN-仁- 「坂本龍馬、暗殺…」

    Excerpt: 頭痛で気を失ってしまった仁(大沢たかお)。包帯を巻いた男は自分? しかし声は「…龍馬(内野聖陽)だった…」 咲(綾瀬はるか)が、問題の写真に目をやれば、また未来の影が薄くなってました そん.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-12-14 09:36
  • 【JIN-仁-】第10話感想と視聴率

    Excerpt: 【第10話の視聴率は12/14(月)夕方迄に追加予定】竜馬が現代にタイムスリップ?!あの包帯男は竜馬だったの?! 竜馬は刺客に殺されそうになり、一緒にいた仁に逃げろと言いました。仁は、一度は.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-12-14 10:53
  • 『JIN-仁-』 第10話

    Excerpt: ってことは…あの包帯男は誰なの~?龍馬が消えて、仁が残るなんて。でも包帯から覗くあの目は絶対に大沢さんでしょ。刺客から仁を守る龍馬が叫んでた「先生。戻るぜよ!」を聞いて、もしかしてこの”あん世界”って.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-12-14 15:08
  • 「JIN-仁-」第10話

    Excerpt: 第十話「坂本龍馬、暗殺…」 視聴率20.4% Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-12-14 15:43
  • JIN-仁- (内野聖陽さん)

    Excerpt: ◆内野聖陽さん(のつもり) 内野聖陽さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『JIN-仁-』に坂本龍馬 役で出演しています。一昨日は第10話が放送されました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-12-16 00:22
  • 「JIN-仁-」を含むニュースと関連グッズの紹介

    Excerpt: イマナビでは「JIN-仁-」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「JIN-仁-」に興味があれば是非ご覧ください! Weblog: イマナビ!News&Shopping racked: 2009-12-17 20:19
  • 《JIN-仁ー》★10

    Excerpt: 仁は、咲と神田川のいつもの丘の上にいた。そこで咲は、縁談の事を言いたかったが、突然の仁の頭痛で、それどころではなかった。 仁は、あの時の包帯男は自分かと思った。でも自分で自分を手術したことになるし、あ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-12-20 01:46