マイガール 最終話

さて、今回の感想をまとめる前に

昨日仕事から帰ってきたらこんなのが届きました。









意外と当たるもんですね ̄▽ ̄ゞ




最終回となる今回は「子供の幸せ」とは
というのがメインテーマでしたかね。



コハルちゃんと出会えて僕は変わった。

僕にとって大事なのは

写真を撮るという僕の夢ではなく
コハルちゃんとの幸せ。

コハルちゃんが行きたいって言ってた静岡の学校に
通わせてあげるために。


そして、僕はお母さんに
小学校に入学するためのまとまったお金も借りる事にした。

そして、もっと収入のいい仕事を探す事にした。


ただ、辞めるまでに最後の仕事はキチンとこなすつもりだった。



有名な剣持先生というカメラマンのアシスタントの仕事。


しかし、それはちょっとした面接だったらしい。


剣持先生は活動の拠点をニューヨークに移す事になって
それでアシスタントを探していたらしい。

そんな時、剣持先生は僕の写真に目が留まった。


それで僕を試したらしい。


剣持先生のアシスタントになって彼の下で学べるのは
僕にとってとてもウレシイ事だ。

でも、この話を受けると数年は戻ってこれないらしい。


それはコハルちゃんと離れ離れに暮らす事になる。



僕は即座にその話を断った。


コハルちゃんのために静岡に行く。

そう決めたんだ。




僕の決断に子供のために自分の夢を諦めた林さんはこう言ってくれた。


親の愛情って子供の傍にいる事だけじゃない。

命懸けで仕事をする事
それも親の愛情のひとつだ。




僕の決断に母さんはこう言ってくれた。

あんた、写真辞めちゃっていいの?

子供のために自分の好きな事を諦めた時
私も親になったもんだと思った。

でも、子供としたらちょっと複雑なのよね。

母さんの父さんは男手一つで育ててくれた。
自分の人生を捧げて。

だけど、この年になるとふと思う。

父さんは幸せだったのかなって。

今の私だったら言うかもしれないわね。

子供のためだけじゃなくて
お父さんのために生きて欲しいって。

それが子供の幸せでもあるのよ。

母さんにとっては
正宗が悔いのない生き方を送ってくれたらそれでいいの。




そして

僕の決断に娘であるコハルちゃんはこう言ってくれた。

お写真のお仕事辞めるんですか?

コハルのために辞めるんですか?

コハルは正宗君と静岡には行きません。

コハル、静岡のおばあちゃんと2人で暮らします。

正宗君がお写真大好きなの知ってます。

コハルちゃんはお写真を撮る正宗君が好きだから。
大好きなお写真撮ってる正宗君が好きだから。





涙ながらに訴えるコハルちゃんの姿に僕は思う。



見抜かれていた。



仕事を辞めると林さんに伝えて
林さんが新しい子を雇った時

寂しいと思った。

もうここで働けない事に。


でも、こうすることがコハルちゃんの幸せになるんだと思って
自分の気持ちを誤魔化していた。


こうすることがコハルちゃんの幸せになるんだと思って
自分の思いをコハルちゃんに押し付けていた。



そんな気持ちをコハルちゃんに見抜かれていた。





その夜、僕は陽子さんからの手紙を読んだ。






4月2日
今日は私と正宗君が出会った日。

自分の夢を見つけて精一杯生きてくれますように。

私とコハルがずっと幸せに暮らせますように。

遠い先の未来で輝いている正宗君にもう一度会いたい。

それが私の夢です―――――。




僕は涙が止まらなかった。


あの時、陽子さんが僕の前から姿を消したのは
僕の人生の犠牲になりたくなかったから。

いつも僕の事を思ってくれていた。


陽子さんのためにも。

そして、コハルちゃんのためにも。



コハルちゃん。


僕、やっぱり写真がやりたいんだ。

そのために外国に行かないといけなくて
それで、コハルちゃんとは離れ離れになる訳で。

絶対に夢を叶える。
そして、出来るだけ早く
コハルちゃんの下に帰ってくるから。

だから、少しだけ僕に時間をくれるかな―――――。







物語としてはこの時点でほとんど言いたい事が終わってたって感じでしたね。



今回の内容としては

子供のために自分の人生を犠牲にするのも親としての生き方だけれども

自分が一生懸命に仕事をしてる姿を見せるのも親としての生き方だと。

子は親の背中を見て育つとも言いますからね。


子供にとっても
自分が親の重荷になって親を苦しめているのはつらいものですからね。



一番の理想は自分の夢も子供の幸せも一緒に考える道というとこでしょうけど
それはそれでまぁなかなかに難しいかもしれませんがね。


でも、本当に子供の幸せが自分の幸せならば
自分の夢が犠牲になっても構わないのでしょうね。



最後はお互いに顔をぼかした演出になっていたのは
年月が経ったけど、成長していないのを誤魔化すためのものだったんでしょう。



全体的に子と親との繋がりを

子の立場、親の立場でキレイにまとめていました。


何より相葉さん演じる正宗君が柴田先生の言うとおり
決して前向きな人じゃないオドオドしたような性格なのに
コハルちゃんと出会ってから前に一歩踏み出そうとする姿を
好演してくれました。


コハルちゃんを演じた石井萌々果もヨカッタです≧∇≦b


まぁ最近はCMの影響で
「ダブクロ≧∇≦V」が浮かんでくるんですけどね; ̄▽ ̄ゞ


ともあれ、最後までガッツリ楽しませてくれました。


ベタな雰囲気ながら、全体的に無駄のない作り

そして、物語の構成にそんなに歪みがなかったのもヨカッタですかね。

いつか陽子さん以外の人を好きになるかもしれないってのは
また、いつかの話って事なんでしょうけど

親の幸せとか子の幸せとかがどういう事なのか
色々と考えさせてくれる作品でした。


そして、ふと家族っていいなと思いました; ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

2009年12月12日 01:57
ikasama4さん、こんばんは!

なんすか?なんすか?

>意外と当たるもんですね ̄▽ ̄ゞ

うひ~っつ!?ケチンボ(こら!)のジェイ・ストームからあ~?
いいな~(って初回盤持ってるくせに、ナニ言ってんだか)

そうですかikasama4さん的には「OK」ドラマでしたのね。
センセイはアレですよね?わりかし可愛い子役さん(♀限定)に弱い傾向がありまよね?
まあワタシも、今回「ちょい役くん」見たさで見たという邪道モノですが(笑)

>子の立場、親の立場でキレイにまとめていました。

そこに全て集約されていましたね◎
ikasama4
2009年12月12日 11:19
なおみ様
おはようございます。

当たらんだろうと思って
何の考えもなく出してみたら
意外にも当たったんでビックリでした ̄▽ ̄ゞ

>わりかし可愛い子役さん(♀限定)に弱い傾向がありまよね?
たしかにそれはありますかね。

でも、一番大事なのは
やっぱ物語の構成・演出と役柄の心情が
どれだけ伝わってくるかってとこですね。

>>子の立場、親の立場でキレイにまとめていました。

>そこに全て集約されていましたね◎
ですね。
それがこのドラマの一番のメインでした ̄▽ ̄
2009年12月12日 12:54
ひゃ~ikasama先生、当選おめでとうございます。
以前も当たったのよね。
先生は当選体質なのですね~♪

>子は親の背中を見て育つとも言いますからね
本当にねえ・・
コハルちゃんがこんなにオトナなのもちょっと不自然ですけど
それは陽子ママから正宗君に関して
受け継いだものがあるということで納得します。

静岡で普通のサラリーマンになる正宗くんって
どうも考えられなかったけど
ニューヨークで夢をかなえるのも凄いことですよね。
ああいうおっとりした性格なのに話がうますぎる(笑
でも才能の世界だから出来たともいえますか。
とにかくコハルちゃんは静岡の学校に入るという夢を実行し、
正宗くんも写真の夢をかなえて成功し、
すべてが丸く収まりました。
家族が一緒に暮らすという当たり前のことを
ステキな絵にしてくれたほのぼの感が好きでした。
2009年12月13日 02:33
こんばんわ。
びっくりです!あたるもんなんですね。
(はなから、こういうものってあたらないのかなあって思っている部分があるので)
ちなみに、私はカップリングの3曲目にはまっています。
マイガール、ベタと言えばベタでしたが、私は親子ものにはとっても弱いので・・・、それに無理すぎる展開もなく正宗くんのゆっくりした歩みに寄り添いながらみれて、優しい気持ちになりながら最終回まで見終えました。
2009年12月13日 11:17
いいな、いいな~♪今後もこの曲を聴くと
正宗くんやコハルちゃんの顔が浮かんで
自然と温かい気持ちになれそうですよねー。
現実にはありえないことかもしんないけど、
最終回も視聴者を裏切らない展開で大満足
正宗くんもコハルちゃんも
自分が望んだ道に進めてよかった~
>そして、ふと家族っていいなと思いました; ̄▽ ̄ゞ
うんうん、何だか見習うべき事がたくさん!
いつか、画伯もこのような温かい家庭を
作って下さいなのデス
ikasama4
2009年12月13日 14:41
エリ様
なんか、当たりました ̄▽ ̄ゞ

>先生は当選体質なのですね~♪
う~ん、出来ればロト6も当たって欲しい(; ̄▽ ̄)ゞ

そうですね。
コハルちゃんが陽子さんの子供だから
その気持ちを受け継いだってとこで自分も
納得しております。

たしかにサラリーマンになる正宗君は想像出来ません。
というか、ネクタイ姿が全然想像出来ませんでした ̄▽ ̄

何にしても互いの思いが
こうしてカタチになったのはいい事です。

>家族が一緒に暮らすという当たり前のことを
>ステキな絵にしてくれたほのぼの感が好きでした。
そうですね。
安心して見れる作品でした。
ikasama4
2009年12月13日 14:42
タルタル様
こんにちはです。
当たらんだろと思っていたんですが
こういうのは忘れた頃にやってきますね ̄▽ ̄ゞ

こういうのはこれから家族を作ろうとする者
もしくは家族を作ったばかりの方にとって
色々と考えさせられる作品だったと思います。

もちろん全てがこんなに
キレイに落ち着くとは思いませんが

一歩ずつ歩みを進めて「親子」になっていく
そういうのを丁寧に描く事で
私も優しい気持ちになれた気がします。
ikasama4
2009年12月13日 14:42
まこ様
ええ、この曲を聴くと
私も正宗君やコハルちゃんが浮かんできます。

後、仕事に厳しく家庭に優しい林さんも
浮かんできます ̄▽ ̄

そして、最後はそれぞれが
自分の夢を叶えてヨカッタです。

>いつか、画伯もこのような温かい家庭を
>作って下さいなのデス

そうですねぇ。
ただ、私の場合、家庭を作る前に
私と家庭を作る相手を探さないとねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • マイガール 最終話

    Excerpt: テレビ朝日系「マイガール」オリジナルサウンドトラックコロムビアミュージックエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 嵐の国立のコンサートの時には、MCの時に 「汗だくになって撮影してます。」 と、の.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-12-12 01:49
  • マイガール 最終話:別離~キミを忘れない!!

    Excerpt: めでたしめでたし。.:*・゚☆(●^▽^)ニコッ・゚☆.。.:*・゚ 正宗くん、お写真頑張ったんだね~{/hakushu/} いやぁ~、泣きながらバスを追いかけるコハルちゃんには泣かされた{/rab.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-12-12 11:51
  • マイガール 第10話(最終回)

    Excerpt: 夢に向かって精一杯生きてほしいと願った陽子さんの意志をつなぐように二人の道は続いています。 Weblog: エリのささやき racked: 2009-12-12 12:57
  • マイガール 最終話

    Excerpt: 相葉ちゃんの「マイガール」も最終話。全編を通して、相葉ちゃんの優しさと繊細さが溢れていた作品だったなって思います。 Weblog: タル★タル ソース♪♪ racked: 2009-12-13 02:26
  • マイガール (最終回)

    Excerpt: テレビ朝日系列で毎週金曜よる11時15分から放送されていた連続ドラマ『マイガール』は、一昨日、最終回(第10話)を迎えました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-12-13 22:07
  • マイガール 最終回

    Excerpt: コハルちゃんの小学校入学で写真を止めると言い出した 正宗君、 一時はどうなるのかと思っていたけど、 コハルちゃんのほうが一枚も二枚も上手でしたね。 正宗君がコハルちゃんの幸せを願うように .. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2009-12-15 17:00