不毛地帯 第4話

警察に任意の事情聴取を受ける壱岐。

警察は既に壱岐の部下・小出が防衛庁の機密書類を
コピーした複写機まで入手しており、それから
その機密書類のコピー元が川又空幕僚長が
所有する事まで把握していた。

また小出の証言から警察は
壱岐を中心とした近畿商事の組織ぐるみでの犯行と考えていた。


それでも壱岐は知らぬ存ぜぬを貫いた。



しかし、壱岐が取り調べを受けている最中


事態は急変していた。


かねてより壱岐とつながりのあった久松経済企画庁長官は
与党の幹事長を通じて、貝塚官房長に接触。


近畿商事が所有している機密書類を全て警察・防衛庁に提出し
貝塚官房長を事務次官に出世させる代わりに

全ては小出一人の犯行とする事で
近畿商事から手を引き、防衛庁の次期戦闘機として
近畿商事からラッキードを購入する



今回の近畿商事の不祥事に
防衛庁の次期戦闘機は自社の推すスーパードラゴンだと
思っていた鮫島にとっては晴天の霹靂だった。


鮫島は仲間だと思っていた
貝塚官房長が裏切っていた事をまだ知らない。


彼がその事を知るのは
貝塚が事務次官になった時かもしれない。




警察から釈放された壱岐は事態を把握し
なんとかして防衛庁の機密文書を警察に渡さないか
もしくは機密文書の出所が分からないようにする事を提案したが

社長はその意見を受け入れなかった。

壱岐としてはその書類の出所が
警察の取調べで既に川又空幕僚長だという事を把握している。

その状況でその機密文書を渡せば
川又空幕僚長の地位を脅かす事になる。

しかし、会社にとって警察の捜索を受けるのは
致命傷にとなり、会社の存続すら危うくなる。

それに書類の出所が分からないようにするという事は
書類を偽造するという事になり

それは貝塚達に近畿商事への攻撃の機会を与える事に繋がっていく。



近畿商事の社員である壱岐は
社長の命令に逆らう事は出来なかった。






壱岐の予想通り、間もなく川又は空幕僚長の座を降ろされた。



数日後、川又は壱岐の下を訪れた。




二人は久しぶりに酒を酌み交わした。




別れ際、川又は壱岐に語った。

この国にはラッキードが必要なんだ。
この国が二度と戦争をしないために
させないために

その事を強く訴える自衛隊を作りたかった。




それから間もなく壱岐は
列車に轢かれて亡くなった遺体の身元の確認に訪れていた。


それは間違いなく川又だった。





川又の死は公務中の死として処理された。



近畿商事が推すラッキードが防衛庁の次期戦闘機に決まり
皆が祝杯をあげ喜ぶ中



ただ一人、壱岐は一人
川又を見殺しにした事を悔やみ続けていた。









今回、壱岐を尋問する役を演じた藤木孝さん。
丁寧な言葉遣いながら、ネチネチとした雰囲気は流石ですね ̄▽ ̄b




ここにきて壱岐の心情が見えてきました。






やり場のない感情をただただ押し黙って
平静を保っていたものの

後々川又の遺書が出てくれば
内々で処理してくれと匂わす貝塚の言葉には

怒りを隠しきれず


また、踏み切りの前で
最後の川又のあの笑顔を思い出して

自分が川又をこんな風に追い詰めてしまった事に
深い後悔の念を禁じずにはいられなかった。


壱岐の心中を察する事が出来ます。

誠実なだけに壱岐が受けた傷も深かったのでしょう。


そのために壱岐は大門社長に辞職をお願いする訳ですが

予告を見る限りでは、それは果たせなかったんでしょう。



ここからが壱岐の社員としてのスタートって感じですね。



人間ドラマである以上

肝心の主人公に人間らしさが見えてこないと楽しめないですね。



さて、ここから壱岐達は新たな展開に進んでいくようですが

その中で壱岐が活躍する事で里井常務との間に
確執が生まれてくるみたいで。


一方、千里が御見合いした相手の四草丹阿弥泰夫に
好印象を持つものの

やっぱり壱岐がよかったりして。

で、その二人の仲を兵頭と顔見知りの仲であるママに
勘繰られたりして。


で、壱岐の娘が鮫島さんとこの息子さんと付き合っている事も
分かってしまう?みたいでようやくエンジンがかかってきたなって感じがします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年11月06日 00:16
>壱岐が活躍する事で里井常務との間に
確執が生まれてくるみたいで。

この辺が今後イヤな展開になっていく予感がします~(-_-;)
山崎豊子氏の作品は、やっぱり辛い事ばかりですね。。。

結局、こんなに戦闘機に関わる事になるんなら、
壱岐は防衛庁に入庁していれば良かったのに、
そうすれば川又も死なずに済んだかも知れない、と
ついつい思ってしまいますわ。
人の生死に関わらないはずの一般企業に勤めているのに
友達を殺す事になってしまった壱岐は辛いですね。
ikasama4
2009年11月07日 00:27
くう様
そうですねぇ。
今後は近畿商事内部で
権力争いが表面化しそうですね。

でもって次期社長の座を巡って
壱岐と里井常務の対立とかがあるかもしれんですしね。

ホント山崎さんの作品は
こういうのが多いですね

まぁそれがウリとも言えますが ̄▽ ̄


今後は国益ならぬ会社の利益のために
戦わなければならない壱岐にとって

その利益のために犠牲になった
川又の死が悲しかったのでしょうね。

これが小出だったらどうなっていたのか

それはそれで気になるところです。
2009年11月07日 10:56
小出や芦田が軍人時代の部下だとしたら
絶対に口を割るような事はしなかったろうに…
同じ組織といえども、その仕組みは
壹岐が考えてるそれとは大いに違う事を
思い知らされたでしょうねぇ。
今回は川又さんの死があまりに衝撃的で、
せっかくの四草兄さんの登場だったのに
喜ぶ気持ちも半減デス
ikasama4
2009年11月08日 00:52
まこ様
そうですね。
たしかに軍であれば、部下が口を割る事は
なかったでしょうが

今、壱岐のいる世界がどんなものかを
ホント思い知ったカタチになりましたね。

川又さんがまさかここで死ぬとは思ってもみませんでした。

壱岐をこの場所に呼んでくれた友人であっただけに
結果的に川又を裏切ったカタチになり

その壱岐の心中を察するとたまらないですね。

私も四草さんが登場しても喜び半減です(;∀;)

この記事へのトラックバック

  • 【不毛地帯】第4話

    Excerpt: 君も随分と泥水を飲んだものだね。警察に出頭した出頭した壹岐は、機密書類漏えいに関する小出の証言を全て否定。その際、漏洩した書類は川又の物だったと教えられた。警察に提出する書類を自分が選別したいと壹岐は.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-11-06 00:10
  • 不毛地帯 第4話:俺が殺した

    Excerpt: 川又さん…。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん なんで貝塚みたいな奴が要領良く出世して、本気で組織の向上を図ろうとしてた 川又さんがこんな目に・・・ 壹岐としても、機密書類の件がこのような展開をも.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-11-06 00:15
  • 《不毛地帯》#04

    Excerpt: 壱岐が、任意出頭した。 里井社長は、小出一人がやったことだと突っぱねろと言われた。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-11-06 06:07
  • 不毛地帯 第四話

    Excerpt: 壱岐は警察から任意出頭を求められ。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2009-11-06 07:25
  • 『不毛地帯』 第4話

    Excerpt: まさか柳葉さんがこんなに早く居なくなるとは。川又(柳葉敏郎)が、夜分遅くに壹岐を訪ねたのが最期の別れになりました。何だか嫌な予感はしたんですが、川又が死を選ぶとは。。。よっぽど?それが軍人たる者の生き.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-11-06 17:55
  • 不毛地帯 (柳葉敏郎さん)

    Excerpt: ◆柳葉敏郎さん(のつもり) 柳葉敏郎さんは、フジテレビ系列で毎週木曜よる10時から放送されているフジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』に川又伊佐雄 役で出演しています。昨日は第4話が放送されまし.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-11-06 19:57