不毛地帯 第7話

今回は千代田自動車が
経営再建のために他の会社との合併を検討する営業部と
自社開発の製品に経営再建を図ろうとする技術部で

図らずも
営業部を里井副社長が支持し
技術部を壱岐常務が支持するという構図が

そのまんま二人の対立の構図となっていったというトコロですね。


そうした中で
海外の自動車会社の社長が来日し

その情報を入手出来ず後手に回った業務本部の長・壱岐は

大門社長にガッツリ叱られるという訳で。


その社長の周辺に東京商事の鮫島の影があり

ハタ坊記者の推測によれば
その社長の来日の目的は日本の大手の自動車会社との提携であり
鮫島がその仲介を果たすのではないかと読んだようですね。


そこに小出さんが出てきて
千代田自動車の新車の情報を盗んで
それをネタに会社を恐喝して200万円を得たようで。


すっかりすさんだ小出さんですが
これからも近畿商事周辺で色々と恐喝しそうな感じで。


あの分だと、誰かに暗殺されそうな空気があります(; ̄∀ ̄)




そんなこんなで仕事に忙しい壱岐は


家族の事をほったらかし。



シベリア抑留から夫が帰ってきてくれた時

とても嬉しかった。

これで家族4人で暮らせるって。


軍を引き継いだ防衛庁ではなく
近畿商事に就職して働いている事も、嬉しかった。

もう、夫は戦争に関わらなくて済むって。


でも、今はどうだろう。


夫はそこにいるのに

何も話してくれない。

私がこんなにも心配しているのに。



これじゃシベリア抑留の時と変わらない

いや、それ以上。






息子はそんな父に距離を置いているようで

それがまた妻にとってはたまらなく嫌なんでしょうね。


こういう事で家族がバラバラになってしまうんじゃないかって。




さて、次回は自動車の貿易の自由化に
動車会社の再編が絡んでくるんでしょうね。


そして壱岐の家族の問題と。


次回は妻を失うかもしれないと思った
壱岐の感情が爆発するようで。

すごく楽しみです ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年11月27日 13:19
この調子だと、いつか小出が壹岐の帰宅前に
家に上がりこんでビールでも飲んでそうで怖い・・・
松重さん、見事な怪演っぷりを発揮でした!

今回は佳子さんの妻として、母としての
訴えにホロッときましたわ~
千里の婚約で、彼女への気持ちも一区切り。
なのに次回、佳子さんが・・・
銀色の翼
2009年11月27日 13:51
あのーうちまだ不毛地帯見てないんですけど皆さんのコメント見てすごく見たくなりました。オススメの話ありますか
ikasama4
2009年11月28日 02:17
まこ様
夜に小出さんのような大男が立ってたら
怖いですよねぇ。

コートをバッと広げた時に
実は真っ裸なのかなとか思ってしまいました
多分、それはそれで怖いですけど(; ̄∀ ̄)ゞ


壱岐は家族がいる日本に帰る事を
切望していて、それは妻も同じだったはずなのに
その思いが夫から感じられないのが
たまらなかったのでしょうね。

それだけに次回がどうなっていくのかが
とても気になります。
ikasama4
2009年11月28日 02:17
銀色の翼様
個人的に面白くなってきたかなと
思うのは第4話で

壱岐が仕事の成果を得るために
部下や友人を犠牲にしていき

その事で心を痛める描写がようやく
出てきた回でした。

この回はオススメ出来ます ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • 不毛地帯 第七話

    Excerpt: 中東戦争の熾烈な商社間の競争が終わり、新たな競争が始まる。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2009-11-26 23:52
  • 不毛地帯 第7話:妻との誓い

    Excerpt: 小出、デタ━━━~(m´Д`)m━━━!! 身なりのやさぐれっぷりも相当だけど、かなり性格も歪んじまったようで… あのがっついたご飯の食べ方や、不気味な笑い顔が怖いよぉ~{/face_gaan/} .. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-11-27 00:09
  • 《不毛地帯》#07

    Excerpt: <第三次中東戦争勃発による、商社間の壮絶な争いは 壱岐が率いる業務本部の迅速な情報収集と的確な分析により 近畿商事の圧勝に終わった。しかしその結果、社内では壱岐の Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-11-29 12:33