マイガール 第7話

コハルちゃんと暮らす事で僕の世界は広がった。
もしかしたら僕は変わり始めているのかもしれない。



ある日、陽子さんのお母さんが訪ねてきた。


彼女はこう言った。



風間さん、私はこんな事を言うのも何ですけど
あなたはまだ若いんだし今すぐには無理かと思うんですけど
いずれは自分の幸せを考えて下さい。
陽子もそれを望んでいると思いますから。



僕の幸せは陽子さんが好きだったこの家で
コハルちゃんと暮らす事です。





それから、シングルマザーのはるかさんが勤める会社が倒産した。



はるかさんは早速就職活動を行ったのだけれども

シングルマザーの再就職は
どうしても働ける時間などに条件がついて難しいらしい。


翌日、はるかさんに会った時、彼女の顔色は冴えなかった。


それから連日、彼女は就職活動に励んだが就職先は見つからなかった。



彼女の顔色が冴えない理由は就職が出来ない事だけではなかった。


彼女が離婚した時
定職についている事が子供の親権をもらう条件だった。


もし、自分が職を失った事が分かれば
元夫とその家族は絶対、子供の親権を奪ってくるだろうと。


就職が出来ない事とそれがために親権を奪われてしまうという事が

はるかさんは自分みたいな人間は
社会に受け入れてもらえないと思いつめさせ
そのことでは悩み眠れない日々が続いていた。





その頃、正宗は自分が撮った写真を林さんに見てもらった。



技術的な事を言えばキリはないが悪くはない

被写体への視線に温かさを感じる

まだまだ勉強する事は山積みだがな。




初めて陽子さん以外に自分の写真を褒めてもらった。

その時、ふと自分が社会に受け入れられた気がした。



そして、思いついた。


この写真をはるかさんにあげようと。
そして少しは、はるかさんの気持ちが安らげるように。





正宗が撮った写真を見て、はるかさんは喜んでくれた。

それを見て僕も嬉しかった。

そして彼女を最終面接をしてもよいという会社が見つかったらしい。

それを聞いて僕も嬉しかった。




でも、夜に子供を迎えに来たはるかさんの表情は曇っていた。




あれから別れた後
はるかさんの元夫のお母さんが訪ねてきて


あなたの意地が子供の人生を台無しにしようとしてる


って言われたらしい。



その時、私、反論出来なかった。

子供に不自由な思いをさせているのは事実だし。



それは僕も同じです。
でも、こんな僕でも自信がある事がひとつあるんです。


コハルちゃんを思う気持ち

はるかさんも同じなんじゃないですか。

お子さんが言ってました。

「僕はかあちゃんを守るために強くなりたいんだ」って

わかってるんだと思うんです。
どれだけ大切に思われているかって。

自信を持って下さい。
はるかさんは最高のお母さんですから。


照れちゃうなぁ。
そんな事言われたの・・・初めて。

やだ、なんで・・・勝手に涙が。



大丈夫です。僕、見てませんから。


・・・ありがとう。


はるかさんは僕の背中で泣いていた。

僕ははるかさんの顔を見る事が出来なかった。





翌日、正宗は瀬山の下を訪れた。






正直、驚いた。

彼女が泣くなんて。
逞しくて明るい人なのに。

でも、考えていたら一人であれだけ背負い込んでいるんだもんな。

やっぱりダメだな、俺。
あの時、慰めの言葉すら―――――



はるかさんの事、好きなの?


何を言い出すんだ?そういう事じゃないんだ。


何でだよ?


俺には陽子さんが―――――


いないよ。もう陽子さんはいないんだ。


わかんないよ、タカちゃんには。


まぁそりゃそうだな。
でも、想像くらい出来るよ。

お前がもしお前だったら。
陽子さんのことは絶対に忘れない。

でも、いつか他の人を好きになる。

悲しいけど生きてるってそういう事だと思うよ。





動揺した。言い返せなかった自分に。


違う。
そんな事はない。
そうならないと心の中で呟いていた。
なんだかふと泣きたくなった。





それから仕事を終えて、いつものようにコハルちゃんを迎えに行くと

突然クラッカーが鳴った。


コハルちゃんがHappy birthday to youを歌って
僕の誕生日を祝ってくれた。



御誕生日おめでとう、正宗君。

ありがとう、コハルちゃん。


これからはコハルがお祝いします。

ママとコハルと正宗君はずっと一緒だよね?


これからも一緒だよ。


ママも一緒に歌ってくれたかな?

きっと歌ってくれたと思うよ。







タカちゃんの言葉は小さな棘のように刺さっていた

でも、たしかな事は
目の前にいるコハルちゃんと陽子さんへの思いだけだから。


今はまだこのままの自分でいたい。

そう思う。

たとえいつか他の誰かを好きになる日が来るとしても―――――。











今回はシングルマザーのはるかさんと
シングルファザーの正宗君をクロスさせた展開で上手く持ってきましたね。


こんな自分で大丈夫なのだろうか?

こんな自分だから子供の将来をダメにするんじゃないか?


そんな風に不安になる事もあるけれど子供が自分を必要としてくれている。


それが、二人にとって何よりも励みになっているんでしょうね。


でもって、片親故に子供がそれぞれ
父親・母親を求めているのだけれども

だからといって自分が恋をしてその人に片割れの親を埋めてもらう事に

子供と二人で生きていこうとした自分の決心をにぶらす事になり
それぞれに抵抗があるみたいですね。



はるかさんの場合には別れた夫とは離婚というカタチでしたが

正宗君の場合は好きな思いを抱えたまま、陽子さんと死別した訳ですからね。


正宗とコハルちゃんがずっと陽子さんの思い続けるのもよく分かります。



でも、北村さんと同い年の山崎さんが演じるタカちゃんが言っていたように


悲しいけれど、生きている限り
人は愛する人が死んでしまったら
いつか他の人を愛するようになる


この事が正宗君の心を揺さぶっていくのでしょうね。



更に大きく関わっていくのが

正宗君が住んでいる陽子さんが好きだった白い家。



おそらく今後の展開として大家さんの奥さんの病気か不幸な出来事によって
大家さんがあの白い家を手放して、あの家を出なければならないみたいな
事態に陥るのかもしれません。

それにしても今回、はるかさんの別れた夫のお母さん役に前田美波里さん。

あれはまず勝てません(; ̄∀ ̄)ゞ



それはそれとして次回は
陽子さんのお母さんと正宗君のお母さんが対面するようで。


でもって、オムライスが大分上手くなったようで
絵はともかく字の方はカンペキですね ̄▽ ̄b


こちらもなかなかに楽しめそうです。


そうそうオムライスといえば
来週の火曜日からセブンイレブンで
「マイガール特製オムライス」が発売されるそうです(  ̄ノ∇ ̄)
http://www.tv-asahi.co.jp/mygirl/goods/index.html

シイタケが刻んで入っているそうなんで
シイタケ嫌いの人はこれを食べて是非シイタケを克服して下さい(゚∀゚)




さて、このドラマの公式HPですが
このサイトで随所に見られるテントウムシ

あれが5つあるようで、その5つを全部クリックすると
サイトのTOP画面から「マサムネのヒミツの手紙」を見る事が出来ます。


それは天国の陽子さん宛に毎回の物語で正宗が感じた事を手紙に書いたものです。


毎回見終わった後にこの手紙を読むと
このドラマを再び振り返る事が出来ます。

オススメです ̄▽ ̄b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2009年11月21日 16:40
>「マサムネのヒミツの手紙」
知らんかった~!で、早速HPに行って
てんとう虫探しをしたんですが、なかなか
最後の1個が見つからなくて・・・
だけど、諦めちゃいけないと頑張って何度も
トライしてやっと見れましたわ~♪
文章を目でおいながらも、正宗くんが
読んでる声が聞こえてくるよう・・・
今でもこうして陽子さんに語りかけてたんだ~と
何だかうるうるしちゃいましたわー。
特製オムライスは、正宗くん作の
ケチャップてんとう虫に比べめっちゃ豪華~

今回も、はるかさんのくじけそうな思いや
正宗くんの優しさ、高ちゃんやお母さんの言葉
全てに共感でしたわ~♪
それぞれの思いやりが温かい
なので、大家さん夫婦に不幸が訪れる
展開はいやぁぁぁ~~~
ikasama4
2009年11月22日 00:02
まこ様
見つけられたんですね。
ヨカッタです ̄▽ ̄b

あれを読むと正宗君が語りかけてくるような
感じなんですよね。

自分もこれを読んで
ウルウルになりました;▽;

そうそう、あのオムライスは
たしかに正宗君作と比べると豪華ですが
味は多分おんなじなんでしょうね。

そうですねぇ。
大家さん夫婦に不幸は訪れるのは嫌ですが
この流れを見ると既定路線かも(; ̄∀ ̄)
2009年11月22日 10:36
どうしても4コだけでした><
あとでもう一回挑戦してみますわ~。
オムライスがまもなく発売なのね。
家の前がセブンなんで気軽に買えそう。
正宗くんの味を楽しみにしますわ~。
>大家さん夫婦に不幸は訪れるのは嫌ですが
>この流れを見ると既定路線かも
ええ・・ショックです
このドラマに不幸な話は似合わないので
ただの疲れとか軽い系だったらいいですね。
しかしはるかさんは強い母親でしたよね。
すっぽかした面接にもう一度と頼み込むなんて
なかなか出来ないこと。
子供を育てる意味が見えますね。
ikasama4
2009年11月23日 00:37
エリ様
是非挑戦してみて下さい。
読んだら絶対にウルウルになれます;▽;b

オムライスはとても楽しみにしております。

会社帰りに買いたいと思いますが
願わくば自分が行った時には売り切れに
なっていませんように(-人-)


そうですね。この流れだと
なんか、そんな感じになりそうで。

でも、きっと正宗君ならば
乗り越えてくれるんじゃないかなって
気もします。

そうそう、すっぽかした面接に
もう一度頼み込むなんて出来ないですね。

そういう事も出来るという事に
親としての責任があるんでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • マイガール 第7話:またいつか恋をする…

    Excerpt: おめでとう、正宗くん Happy♪(*^-^)ノ”? Birthday コハルちゃんがせっせと何かを作ってたのは、正宗くんの誕生日を 祝う為だったんですね~{/hearts_pink/} ママがずっと.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-11-21 12:07
  • マイガール 第7話

    Excerpt: 陽子さんはもういないんだ! Weblog: エリのささやき racked: 2009-11-22 10:39
  • マイガール 第7話

    Excerpt: 金曜日の「マイガール」第7話です。 Weblog: タル★タル ソース♪♪ racked: 2009-11-23 00:26