不毛地帯 第5話

友を失った事、そして会社に多大な迷惑をかけた事に
申し訳ないと感じ、近畿商事を辞職しようと考えていた
壱岐だったが、社長によって考えを改め、会社に留まった。



あれから7年



壱岐はこれから近畿商事がこの社会で戦っていくためには
世界の情勢を分析し、会社の方針・方向性を考える部署が
必要になる。

そこで壱岐は社長直属の業務本部を作り
近畿商事は鉄鋼業に弱い事、そしてこれからは
鉄鋼業が発展すると考え、近畿商事の繊維業の人員を削減し
鉄鋼業の人員を増員した。

それによって、近畿商事の鉄鋼業は発展すると共に
近畿商事の業績も上がっていった。


そうして壱岐はわずか7年で常務取締役という異例の出世を果たした。


それによって、壱岐は企業の方向性を決定する事で
時には他の部署に理不尽な要求を行った。



壱岐よりも長く近畿商事で働いていた者達の心には

壱岐の出世とその行動は嫉妬と憎悪が渦巻いていた―――――。








あっという間に7年が経ちましたねぇ。



たしか、壱岐が近畿商事で働いていた年齢が47歳だったかと思うので

現在の壱岐は54歳という事ですか。


で、娘さんは26歳と。


長男さんの姿が見えませんが


いつの間にか家が立派になってました ̄▽ ̄


で、壱岐の言葉遣いとかも会社勤めの人の雰囲気や
貫禄が出てきたみたいですね。



そして鮫島さんは御子息が
壱岐の娘さんと親しい付き合いをしている事を知っているようだし

でもって、紅子さんと近畿商事との会話をこっそり聞いていたり

独特の嗅覚は未だ衰えを知らずといったとこでしょうか。



で、東京商事と近畿商事が
第三次中東戦争に対して先んじて大型船を購入しようと
躍起になっているようですが、ここでそれぞれの陣営が
どう動くかが今後の見せ場なんでしょうね。


それにしても壱岐には不安材料がいっぱいですが
鮫島さんにはそういうのはないんでしょうかね ̄▽ ̄ゞ



それから壱岐は仕事の合間に
シベリアで抑留された方に新聞を出す御手伝いなんかしたりして

ああいうのを見ると壱岐は7年経っても
その心が変わっていないというのが感じられます。



で、一番気になるのはやはり秋津千里の存在でしょうか。


やましい関係ではないと言いながら
奥さんには「会合」と言って嘘をついてしまいましたからね。


どうも、そういう下心はあるみたいな感じです。



で、今回登場した人物の中で
怪しい仕事をしてる小出さんがなんとも悲しかったです。


所詮、末端は切り捨てられる運命ですかね(;´Д`)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年11月13日 11:10
小出さんのやさぐれっぷりが
切なかったですよねぇ。
もしあの場で千里の到着が遅れてたら
壹岐は小出になんて声をかけるつもりだったんだろ・・・
社長や里井の指示で小出に罪をなすりつけたけど
壹岐としては、その後の救済を考えてように
思うんですが、小出としては恨んでるだろうなぁ。
あらら~、壹岐としては千里に下心はないもんだと
思ってたんですが、そういえば奥さんにウソついて
ましたねぇ。余計な心配をかけまいとしたんだろうけど
あやしい・・・
ikasama4
2009年11月14日 02:28
まこ様
7年の年月は人を変えますが
前はあんなにつくり笑顔でもニコニコしてた
小出さんがスゴク寂しそうな表情をしてたのが
切なさを更に感じさせます。

壱岐は小出に救済を考えていたとは思うんですが
あれから7年何もしていなかった風なのを見ると
どこまで彼の事を思ってたのかがね。

少なくとも小出よりもシベリア抑留者の方を
重要視してたんでしょうね。

でもって、なんだかんだ言って
千里さんとの関係はねぇ。

これは紅子さんが言ってた事が正しそうです ̄▽ ̄ゞ
2009年11月18日 10:06
こちらも、いくらフィクションだと言われようと、
実在した人物と照らし合わせて見るのは楽しいです。

壹岐はこの会社を大きくして行く訳なんですね~。
しかしホントやり手。
時代の波に乗る、先を読むって大事ですよね。

男の世界も嫉妬と憎悪。
一徳さんがイイ味出してますね~。

7年間…
付き合ってた二人に驚いた。こりゃ真剣だ(笑)

少しずつ見えて来た壹岐の性格。
それを探るikasama4さん…流石です。

『JIN』でエンケンさんの声を聴く度に
こちらのドラマが過ぎるんですよね~。
顔より声がインパクトありすぎ(^_^;)
ikasama4
2009年11月18日 20:55
mana様
たしかにこういうのは楽しいですね。

前のTBSもこんな感じだったのに
あれとこれではえらい違いですね。

こういうドロドロな心情を思いっきりに
前面に押し出してくるのが面白いですね。

人の浅はかさとか底の浅さとか
一見すると優秀そうな人でも
嫉妬と憎悪に塗れているとか

7年間の御付き合い
それを鮫島パパさんは知っていて
壱岐パパさんは知っていないって事で

鮫島パパさんの方が
一枚上手って事かもしれんですね。

たしかに遠藤さんの声は印象に残りますね。

今期の遠藤さんは
このドラマに『JIN』のナレーションに
土9の「外事警察」と結構出まくりです ̄▽ ̄b

この記事へのトラックバック

  • 不毛地帯 第5話:戦争と三人の女…

    Excerpt: 戦争だ~オーw( ̄Д ̄*)マイ(* ̄Д ̄)∂ガット!! 中東戦争勃発と共に、紅子の夫でインドネシア華僑の貿易商・黄乾臣@石橋蓮司からの タンカー注文を巡っての鮫島との戦わねばならないというのに、 社.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-11-13 00:23
  • 不毛地帯 第五話

    Excerpt: 近畿商事を退職することを決心した壱岐は辞職を申し出るが。 Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2009-11-13 20:14
  • 《不毛地帯》#05

    Excerpt: 親友川又が、自衛隊に対する理想を語った夜、帰らぬ人となった。 二次防の勝利と引き換えに親友の命を失った壱岐は、 ある決意を固めた。 大門社長に近畿商事を退職する意思があることを告げた Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-11-13 21:43