天地人 第44話 「哀しみの花嫁」

今回のあらすじは
┏━━━━┓
┃取扱注意┃
┗━━━━┛という事で

枠線はいらんだろと(゚Д゚)



・直江家に本多政重が婿養子になりましたが、無愛想で直江家に馴染みません。

・米沢藩では堤防が決壊する事がしばしばあり、兼続は中二病にかかってる政宗に会いに行き、助言を請いました。

・米沢藩では病が流行し、兼続の娘達が次々に病で亡くなり、妻の死を受けて政重も直江家の家族の一員になりました。

・米沢藩では密かに鉄砲、大砲を作っているとこを本多政重に見せました。

・米沢藩の町作りを政宗から「ここは天下を成している」と言われ、感動する兼続さんでした。







「義」「義」「義」の次は

「天下」「天下」「天下」ですよ(゚Д゚)



中二病かよ(゚Д゚)

って感じですね。


後、都合が悪い部分というか
説明がつかない部分とか
分からない部分とか


そういうとこはナレーションでサラッといってしまいますね。


まぁ個人的に

米沢藩で堤防が度々決壊したのも疫病が流行ったのも

徳川家が忍を使って堤防を工作をしたりとか

伊達家がイスパニアから疫病を入手して米沢藩にばら撒いたとか



そうした平時の中においても戦争は続いていると思うんですけどね。







で、その「天下」「天下」「天下」は来週もひっぱる訳で。

やれやれです┐(´ー`)┌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年11月01日 23:05
でも、今回はホームドラマとしては、なかなかシットリと見せてくれて
まぁまぁ成功の域だったかと思えました^^

このドラマもあと3回ですから。。。
私もいい加減、差し引いて見る事を覚えました(-_-)
その技は、今期のドラマをそれぞれ見るに当たって
なかなかの良い修行になっております。はい。。。
ikasama4
2009年11月01日 23:25
くう様
ホームドラマとしては
たしかに悪くはなかったです。

歴史モノとして見たら
相変わらずですけどね┐(´ー`)┌

そっかぁ、後3話で
この苦行も終わる訳ですね。

差し引いて見るかぁ。

普通の現代モノだと自分はそれも出来るんですが
歴史モノになるとどうも見方が厳しくなってしまうみたいです
(; ̄∀ ̄)ゞ
ましゅ
2009年11月04日 16:54
ikasama4様、こんにちは。

 また消化不良気味のホームドラマでした。戦国~江戸時代の歴史物、それも大河で、ホームドラマだの“ほっとする話し”だのをやろうなんて困るのですが…。

 先々週からずっと、「天地人」のレビューの最初の頃のを読ませていただいてます。妄想番外編(?)も含めて、とても興味深いし面白いです。いい歴史の勉強にもなりますね。

 兼続たちが若い頃の越後の国内の様子だけでも、ずいぶんややっこしいです。豪族達の名前を覚えるだけで大変です(笑)。

 上杉憲政と道満丸を殺害した犯人など、こういう可能性もあるなあ、と思いました。戦国時代を生きるのは楽じゃない…(ほっとできるなどと、なぜ思えるのでしょう?)。この時代には、女にとってはゾッとして耐えられなくなるような話しがたくさんあります。越後はそれ程ひどくはなかったようですけど、景勝が家臣と会う時にも刀を手放せなかったなどという話しもあって、それは本当なのでしょうか?

 江戸時代になっても状況はたいして変わらず、政重さんもお酒一杯に油断できなかったかも、などと思います。景勝や兼続が歓迎しても、他の家臣たちはどうだったか…?兼続の娘二人が相次いで亡くなったのも、やはり気にかかります。

 
ましゅ
2009年11月04日 16:55
 また長くなりました(笑)。

 ところで、絵がお上手ですね。

 わたしも絵を描くのが好きで、風景だの好きなロック・ミュージシャンの姿を水彩や鉛筆で何枚も描いたことがありました。でも、そっくりに描くことは時間をかければ案外できても、その特徴をうまく捉えて単純だけど味のあるイラストにすることはできません(単純で味のないのならできると思いますけど 笑)。

 大小の円に鼻、口、髪、髭などをちょんちょんと付けると、誰が見てもよくわかるいろいろな武将の顔が出来上がり(笑)、というのを見て感心してしまいます。こういうのを描けたら楽しいのに。でも、やってみるとできないのですよね。そっくりに描くのは半年や1年デッサンの練習をするとけっこうできるようになるのですけど、それ以上はやはり才能でしょうか?
ikasama4
2009年11月04日 21:45
ましゅ様
こんばんはです。
もうすぐ終わりなので大丈夫ですが
たいして盛り上がりのない作品になりましたね。

まさか初期の頃のレビューを読まれているとは。
御恥ずかしい限りです。

当時、その名が表舞台に出てきた頃の兼続は
直江の姓を継いだとはいえ、ある意味新参者

一部の譜代の家臣とは対立していたかもしれません。

そこで同じく新参者に近い立場にある外様の者と
協力したのかもしれませんね。

敵の敵は味方ですからね。

でも、それだけに豪族も多く
また親類ばかりなので似た名前が多くて大変です。


道満丸はあくまで自害したとありますが
それはあくまで勝った者が記した歴史だと思うんですよね。

かつて家康に敗れた三成や
秀吉に敗れた光秀がボロクソに書かれ
勝者には非がなかったみたいな感じで。

それが景勝方にも感じられます。

江戸時代になっても、戦国時代の色は抜けなかったでしょうからね。

それにしても政重が直江家の養子になったのか
これは徳川政権に対する服従の意味があったんでしょうけど

何故、兼続の弟の娘を養女として政重に嫁がせたのか
何故、政重は出奔したのか
何故、政重の出奔に他の家臣もついていったのか

気になる事はいっぱいです。
ikasama4
2009年11月04日 21:47
ましゅ様
私が今まで描いたイラストは
上のURLと右側にあるリンクから見る事が出来ます。

私は絵を描くのが好きなんですが
どうも色付け-絵の具・色鉛筆に限らず
絵に色をつけるのがどうも苦手でして(; ̄∀ ̄)ゞ

後、最近は静物画とか風景画とか
さっぱり描かなくなりました。

人物画にこだわるのは自分の味というか
その人物に対する自分のイメージが投影されるから
かもしれません。

丸描いてちょんちょんで似顔絵になるとしたら
パッとその人を見た時に目が丸いとか鼻が三角とか
口が線みたいだとか

印象に残る顔の部分をそのまま絵にすると
仰るような味のある絵になるのかもしれません。


ちなみに才能に関しては
第三者が認める事で才能って成立すると思いますので
それが才能かどうかは第三者にゆだねるしかないです。
ましゅ
2009年11月05日 21:43
 ikasama4様、こんばんは。

 わたしも彩色は苦手で、修正を重ねすぎて何枚もダメにしました(笑)。デッサンも正確に出来ないうちに無理するからですが、絵の具を塗ったくるのは何か楽しいです。(子供の頃の塗り絵のつもりか? 笑)

 >第三者が認める事で才能って成立すると思いますので
 …って、きっとそうですね。実際にやっている方はあたりまえに好き放題しているだけ(笑)なので、すごいとも何とも思わないのでしょう。

 練習重ねてそっくりに描けるようになったものの、それ以上はまるでダメ、という第三者から見ると、大きな丸や小さな丸にその他チョンチョンチョン…で、特徴を正確的確に捉えて人の顔を描ける、というのはすごい才能です。

 これからも文章も絵もたくさん見せていただきます。素敵な絵を描き続けてください。
ikasama4
2009年11月06日 23:14
ましゅ様
こんばんはです。
私も修正を重ねてダメにするタイプです(; ̄∀ ̄)ゞ

模写とかはどれだけ構図に近づけれるか
それを基準にしているのでそれなりに
描いている自分でも分かるんですが

丸描いてちょんって感じのイラストは
これはもう個人の感性ですからね。

自分ではこれは似てると思っても
第三者から見ればイマイチだと思われる事もあれば

テキトーに描いて第三者から絶賛される事もあり

こーゆーのは見てもらっての運任せって感じです。
 ̄▽ ̄;

まぁ今後も身近で劇的な変化がない限りは
絵を描き続けます。

今後ともよろしくです ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第44回「哀(かな)しみの花嫁」

    Excerpt: 不幸は人を強くするのでしょうか、それとも弱くさせてしまうのでしょうか。今回はそんなことを考えさせられる内容となりました。本多政重が直江家にやってきて名前を直江勝吉と改めるのですがなかなか心を開こうと.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-11-01 22:58
  • 【天地人】第四十四回

    Excerpt: 下がっておれ。お前と俺は、所詮形ばかりの夫婦。されど、縁あって結ばれたからには、信の夫婦になりとうございます。本多家から政重が養子として入ってきた。直江の婿として、改名して勝吉と名乗る。婚儀の席で、酒.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-11-01 23:06
  • 天地人 第44話 「哀しみの花嫁」

    Excerpt: 先週、与七っちゃんこと大国実頼が退場しまして、三成もいない今、画面的な見栄えのバランスをとるために投入された月代男子・本多政重。歴史人物プロフィールでみると、かなり面白げな存在で、誰が演じるか気にな.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-11-01 23:35
  • 本多政重 Wiki

    Excerpt: これって、こういう事だったんですね。わかりました!天地人 第43話 「哀しみの花嫁」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ 本多政重が直江家にやってきて名前を直江勝吉と改めるのですがなかなか心を開こ.. Weblog: あなたに素敵な贈り物 racked: 2009-11-02 16:36