天地人 第41話 「上杉の生きる道」

今回のあらすじ


・兼続が提案した米沢藩の新規開墾を『ザ・上田衆』の一人・桜井吉晴が行いました

・兼続の娘・ゴーオンイエローは仮面ライダー1号と結婚する事になりました

・子供店長の人気を利用して過去の回想を繋げホームドラマを仕上げました

・「父を疑ってはならぬ」の言葉に兼続は父・惣右衛門と子・竹松に感動しました

・回想=死亡フラグを使ってキッチリ踊りきった惣右衛門は静かに亡くなりました




今回ふと思った事

惣右衛門の死よりも
桶からこぼれ落ちたドジョウが可哀相で泣けましたT▽T




見事なまでにホームドラマに仕上げてきました。


あの時点(まだ与六だった頃)まではまだヨカッタんですけどねぇ(; ̄∀ ̄)



予想通り書く事がないですね┐(´ー`)┌









さて、今回は久々にガッツリと(というか、2日前から作成してたんですけど)


直江家の系譜と江戸時代以降の直江家に関してあれこれ。


まず、江戸時代以前の頃
兼続は次女を色部長実の子・光長に嫁がせ
本庄繁長の子を婿養子にし長女を嫁がせています。
その子は直江与次郎と名乗ったそうです。

ドラマでは色部光長は兼続の妹を娶っていましたが
これはそういう説もあるそうです。

とりあえず、ここでは色部光長の妻は兼続の娘という事で話を進めます。



一方、兼続は妹を
須田満親の嫡男・満胤に嫁がせています。



     須
     田
     満
     親   ┌───────────┐
     │   │           │
  ┌──┼─────┐   本     直     色
  │  │   │ │   庄     江     部
  │  │   │ 娘━━━繁     兼     長
  │  │   │     長     続     実
  長  満━━━妹     │     │     │
  義  胤         │     ├──┐  │
               直     │  │  │
               江     │  │  │
               与━━━━━娘  娘━━光
               次           長
               郎




その後、兼続に嫡男・景明が生まれると
与次郎は妻と離縁し、実家に戻り本庄長房と名乗ります。

また、須田満胤は仕事で不備をしてしまい、改易され
家督は弟の長義が継ぎます。

満胤の妻とその一子・満統は本庄繁長の下を頼ったそうです。



     須
     田
     満
     親   ┌──────────────┐
     │   │              │
  ┌──┼─────┐   本        直     色
  │  │   │ │   庄        江     部
  │  │   │ 娘━━━繁        兼     長
  │  │   │     長        続     実
  長  満━┯━妹     │        │     │
  義  胤 │       │     ┌──┼──┐  │
       │       │     │  │  │  │
       │       │     │  │  │  │
       満       長     娘  景  娘━━光
       統       房        明     長



この系譜から分かるように
兼続は揚北衆の本庄家や色部家、信濃衆の須田家と
上杉家にとっていわば外様に当たる家臣と婚姻関係を結んでいます。


江戸時代における家老につける上士の大半は
揚北衆や信濃衆、蘆名家の者と結構外部、外様出身者が目立ちます。



これは上杉景勝時代
御館の乱で家臣同士が争った事もあって
景勝が上杉家での基盤を安定させるために
兼続を中心とした中央集権化を図っています。

その中で上杉家の一門衆だった上条政繁など
上杉家の譜代の家臣が出奔してます。

そうしたトコロもあって
外様だった者達が中央を支持する事で
上杉家の中央に入りやすい環境があったのだと思われます。







江戸時代になると兼続は直江重光と名を改めています。

樋口家では兼続の父親・兼豊のように
代々樋口家では「兼」の字を受け継いでいたと思われます。


今回の改名に関しては樋口家のご先祖様の名前が「兼光」なので
「光」の文字を取ったというとこでしょうね。

で、「重」に関しては
兼続の母の父親が泉重歳という説があるので
そこから取ったのではないかと思います。





それから、本多政重を養子にした件ですが
この本多政重という名は実は米沢藩を出奔してから名乗ったものであり
最初は倉橋家の養子になっていたのですが、徳川家中で問題を起こして出奔
関ヶ原の戦い前は大谷吉継、宇喜多秀家
関ヶ原の戦い後は福島正則、前田利長と他家を渡り歩きます。

そうして他家を渡り歩けたのも
政重は武勇に優れていたので、諸大名からお誘いが多かったようです。

この頃の政重は「正木左兵衛」と名乗っていたようです。



なのでこの時点で「本多政重」という名前が出てくるのは
あり得ないという事です。



そして1604年に政重は直江家の婿養子になると「直江勝吉」と名乗ります。



     須
     田
     満
     親   ┌──────────────┐
     │   │              │
  ┌──┼─────┐   本  本     直     色
  │  │   │ │   庄  多     江     部
  │  │   │ 娘━━━繁  正     重     長
  │  │   │     長  信     光     実
  長  満━┯━妹     │  │     │     │
  義  胤 │       │  │  ┌──┼──┐  │
       │       │  直  │  │  │  │
       │       │  江  │  │  │  │
       満       長  勝━━娘  景  娘━━光
       統       房  吉     明     長




この養子縁組に対して
兼続の弟・大国実頼は怒って出奔して高野山に篭る訳ですね。

そうして、翌年の1605年に勝吉の妻が病死すると
1609年に兼続は大国実頼の娘・阿虎を自分の養女にして勝吉に嫁がせます。



     須
     田
     満
     親   ┌───────────┬──┐
     │   │           │  │
  ┌──┼─────┐   本  本  大  直     色
  │  │   │ │   庄  多  国  江     部
  │  │   │ 娘━━━繁  正  実  重     長
  │  │   │     長  信  頼  光     実
  長  満━┯━妹     │  │  │  │     │
  義  胤 │       │  │  │  ├──┐  │
       │       │  直  │  │  │  │
       │       │  江  │  │  │  │
       満       長  勝━━阿  景  娘━━光
       統       房  吉  虎  明     長



この1609年に本多正信の仲立ちで
重光の子・景明に徳川家譜代大名・戸田家から妻を貰い受けてたり
正信の取り成しで米沢藩の10万石分の役儀が免除になっている事から



政重と阿虎との婚姻は兼続にとってというか米沢藩にとって
どうしてもこの養子縁組を壊す事はできなかったというとこでしょう。

この頃から直江勝吉は「本多政重」と名乗ってたそうです。






ちなみにこの政重という名について
あくまで自分の考えでは「重」の文字は
養父・兼続の後の名「重光」からとったのかなと思ったりしたんですが
どうもこれは違うのかなって思いました。


その理由として簡単に父・正信には弟・正重がいた事です。




            本
            多
            家
            │
      ┌─────┤
      │     │
      正     正
      重     信
            │
        ┌───┼───┐
        │   │   │
        忠   政   正
        純   重   純



本多正信の弟・正重は
兄と違って武勇に優れていて
三方ヶ原の戦いでは殿も務めていたりして
織田信長をして「海道一の勇士」と称された槍の遣い手だったのですが

それから間もなく徳川家を出奔して

滝川一益、前田利家、蒲生氏郷と仕えています。

そして氏郷が亡くなった後の蒲生家で御家騒動を受けて
正重は蒲生家を去り、徳川家に帰参しています。


政重は武勇に優れ、それで他家を渡り歩く
父・正信の意を受けて諸大名の動静を探っていたとも言われています

これは叔父・正重にも同じような事が言われていましたし

もしかしたら叔父・正重がしていたから
政重の行動もそれに習っての事かもしれませんし

たまたま諜報とは関係なく偶然だとしても
これまでの自分の生き方が叔父・正重と同じように重なっている事に対して
政重は「政重」という名にしたのかもしれません。






それから2年後の1611年に本多政重は突如上杉家を出奔
1612年に本多政重はかつて仕えていた前田家に帰参し
前田家から3万石を拝領します。


この時、妻・阿虎と上杉家家臣の多くが一緒に政重と共に出奔し
加賀前田家に仕えています。

この中には兼続の妻の父・景綱の実弟が開祖となる篠井家や
兼続の養子だった本庄長房も含まれていたみたいです。


これにはなんだかんだ言っても
上杉家の米沢藩は30万石で藩士は6千人

単純計算で一人当たり50石ですからね。


それが政重が加賀前田家で3万石も拝領するのですからね。
そりゃ食い扶持がいい方に決まってます ̄▽ ̄



政重が加賀前田家に仕えた後も兼続とは親交があったそうです。



なので、個人的には
米沢藩での藩士達の食い扶持を増やすため
政重は何人かの米沢藩士を伴って出奔したのかと思われます。


それと、30万石の上杉家を掌握するよりも
100万石の前田家の方が都合がよいと本多正信は考えて
政重を上杉家から出奔させたのかもしれませんし


もしくは本多政重は父・正信の言いなりになって
直江家の後継となる事に反発して景明に直江家を継がせるために
出奔したのかもしれません。





また、直江家は兼続の代で断絶となりましたが


そもそも直江家が断絶になったのは
景明が病死し、兼続の養子であった
政重、長房が共に出奔していたためなんですが

兼続の妻が亡くなると米沢藩二代目藩主・定勝は
長房を米沢藩に呼び戻しております。


これに関しては景明に家督を譲るための計画ではないかと思われるのですが


一方で、後に起きた事を振り返ると直江家を断絶させるために
長房も政重と共に出奔したのではないかと思ってしまいます。

そう考えてしまうと景明の死は
意図的なものだという前提が不可欠なんですけどね(; ̄∀ ̄)






まぁそれで (つ´∀`)つ おいといて

直江家の断絶に関しては
これは兼続が直江家の知行を返上する事で少しでも上杉家の
財政を助けるためという説がありますが

直江兼続が上杉家をこんな風にした元凶であるために
上杉家家中では徹底的に嫌われたと考えられなくもないです。



ただ、大国家は実頼が出奔して後に樋口家が大国家を再興したり
色部家は戊辰戦争後、戦犯となり家名断絶するのですが
明治の時代に色部家は再興されていますからね。

なので
自分達が見た直江兼続と
米沢藩が見た直江兼続と

その内と外では見え方が違うのかなと思ったりもして。




まぁ自分の中での結論としては

兼続が藩のために、関ヶ原での敗れた罪に対して直江家を再興する道を断ったのか

上杉家中での直江家に対する恨みによる断絶の道なのか

それは妄想で好きな方を選択して下さいってとこです ̄▽ ̄











さて、次回は菊姫の方から
景勝に側室を持たせる提案をさせるという展開のようで。

まぁホームドラマ好きにはもってこいのお話ですね┐(´ー`)┌

これに関してはまぁ百歩譲ってOKとするも
その後の将軍の展開がどうもグダグダな感じになりそうな予感がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年10月12日 20:14
わたしも、どぜうが一番かわいそうだと思いました。
だって、「ドジョウも必死だて~」なんてセリフをプレイバックしたり、どじょっこホイを踊ったりして、樋口親子の心のふるさとみたいにヨイショしたのに、あの仕打ち。このドラマの冷酷な本質を見るような気がいたします(笑)。

2日がかりの労作、興味深く拝見しました。本多政重と言う人は、聞けば聞くほど興味深い人ですね。だれか本多兄弟をネタに小説でも書いて、ドラマ化してくれないかと思うんですけど。
改名の話も興味深く、それから考えるとドラマでの扱いはつくづくいい加減だなと思っちゃうんですけど。
ところで、須田満親という人は、「風林火山」に、村上義清の宿老として出ていた人でしたっけね。水川あさみに劣情を催して側室に所望したり、葉月の色仕掛けで転んで村上義清の敗戦を招いた人…だったような気がします、たしか(定かじゃないですが)。
信濃衆として村上義清と行動をともにしたのですか。それもまた、興味深い余談だったりして…。
ikasama4
2009年10月12日 22:08
遊人庵庵主様
別段大河ドラマでガッツリ
ホームドラマは勘弁して欲しいんですが
歴史の部分で繋げるセンスがこの脚本家には
ないんでしょうね。

ついでに原作者にも(苦笑)

本多一族は全体的に武勇に優れた者が多い中で
正信と正純だけ知略が優れた珍しいケースなんですが
どうも他国を放浪して情報収集してきたような
ところが垣間見えます。

なので、本多正信をドラマ化したら
結構面白いと思います。


ちなみに「風林火山」に出てきたのは
須田信頼で須田満親と同族で
その後もずっと武田信玄に仕えましたようですが

須田満親は武田に仕えるをよしとせず
村上義清と共に越後に落ち延び、そのまま
上杉謙信に仕えたようです。

そういう訳でどうも須田一族は
武田方と上杉方に分裂したみたいです。
2009年10月13日 02:00
視聴及び御批評お疲れ様でした。
また、判りやすく面白い歴史背景図説を有難うございます。

本当の直江兼続は、家老として民政や軍事に政治手腕を振るうために、
閨閥や派閥、地縁などをフル活用したんですね~。
そして、石田三成も同様ですが、優秀で一途である反面、
自信家で強引なところがあるようですね。
内外での評価の違いや本多家の事情等とともに興味深く拝見しました。
そして、ikasama4様の力作で描かれている
本多家(及びその背景にいる徳川家)との政治的攻防を
最後のメインにしてくれたらよかったのに~~!!と心底思いました。

それにしても、
こういう当時の歴史や政治のドラマを楽しみたくて大河を見ているはずなのに、
今の大河は上杉家も直江家もこじんまりしすぎですね…。
この当時って、今のホーム=家族愛などの小事より
「御家」や「一族」をいかに繁栄させ、後世に伝えるかが大事であったはず。
主君たる上杉家のためにも、子供の泣き言やその看病や
どじょう踊りなんかに、かかずりあってられないでしょうに……。
いろいろと脱力しました。

そういう意図=ホームドラマなのは既に判ってはいるのですが、
それに伴って、主人公兼続や景勝、上杉家中、他いろいろも人物として
こじんまりとしてしまったことに大河班は気付いているのでしょうか??
気付いて、来年以降はもっと必死にドラマ作りをしてほしいですね~。
キッド
2009年10月13日 08:37
ikasama4様、おはようございます。
今回はなんといっても「兼豊は戦功なくとも忠臣」という
景勝の言葉にガッカリでしたな。
お館の乱で戦功あって百石加増したのを忘れたのか?
慶長・奥羽合戦で前線となった米沢城守備の功績は?
まさになんの現実把握もできてない暗君のセリフ。
兼続は父を汚されてその場で腹切る成り行きです。
一方、血縁ということでは脈々と流れる織田の血。
会津には冬姫があり、大坂に淀の方、江戸に江の方。
そういう意味で武田の姫で上杉の室である菊姫は
意外に人気があったと思われ・・・その死は妄想のしどころです。
まあキャスティング的にはドクターヘリ・ナースが去って
仮面ライダー登場なんでしょうけど。
現実に忍びだと逆に放浪癖のある一族という妄想もありかもしれません。
それはそうとこのままでいくと最後は妻夫木の一人二役も・・・。
一人で父子を演じるのはある意味画期的?
そしてしつこいようですがお船の遺伝子はどこに?
は・・・プル2・・・。
ikasama4
2009年10月13日 12:40
露様
こうしてまとめてみると
兼続は米沢藩を守るために活用できるものは
ガンガンに活用しています。

たしかに石田三成のように自信家のトコロも
ありますが、それなりに協調性の部分は
あったのかなって感じがします。

直江兼続が本多家に目をつけたのは

正信が先の関ヶ原で秀忠の傍にいながら
本戦に遅参した失態を挽回の機会を狙っていて
そこで両者の利害が一致したというとこでしょうね。

それだけにこういうとこを描けば
もっといい感じに仕上げれたはずなんですが
どこまでも家族愛で押し切りたいようです(苦笑)

最近は一般的にマイナーな武将の知名度を
分かりやすくするためにビジュアルのいい役者を起用し
そのために役者のイメージを壊さないために
こんなホームドラマになってしまったんでしょうね。

今までにあった前田利家・山内一豊を振り返ると
そんな気がします。
ikasama4
2009年10月13日 12:55
キッド様
こんにちはでございます。
>今回はなんといっても「兼豊は戦功なくとも忠臣」
たしか100石もらった上に城持ちになってましたからね。

もうとにかく景勝を暗愚な主君に仕上げたいみたいですね。

妻夫木の一人二役ですかぁ。
それはかなり画期的ですね。
でも、このドラマだとあり得なくもないのが怖いところです
(; ̄▽ ̄)ゞ

ちなみに私の妄想では
上杉景勝は兼続の妻・お船に手を出して懐妊
お船が一子・定勝を生む事で
上杉と直江の血を引く当主が誕生し

それによって直江家は再興する必要はなかったのかなと
妄想してみたりして ̄∇ ̄ゞ

もしくは米沢藩で開発されたクローン技術で
お船の遺伝子と謙信公の遺骨からDNAを取り出し
掛け合わせてクローン=定勝を作ったって展開も
個人的には全然アリでございます ̄∇ ̄b
rino
2009年10月13日 13:14
こんにちは。
わたしも、惣右衛門死亡フラグが立ってから、縁側のシーンがきて、どじょうの桶が出てきたのを見て「どじょうを犠牲にしないで!」とはらはらしました。
さかなクンが言うように、おいしく食べてあげてこそ供養なのに、縁側で干からびてしまうなんて(/_:)(そこまで描いてない)。

それにしても。
惣右衛門はドラマの中でずっと通称の“惣右衛門”で“兼豊”と呼ばれず仕舞いでしたね。
本来はそう呼ばれる方が正しいのでしょうけど。
そして、葬儀の場(?)で、枕元に兼続、実頼、兼続の妹や兼続の子どもたちが並んでいましたが、樋口家の跡取り:秀兼はどこに??
(っていうか、多分存在無視ですな。樋口家取り潰し??)

そういえば、当時、樋口家のように長男と次男が他家の養子に入って三男が家を継いで当主となっている場合、どの順に並ぶのが正しかったんでしょうね?
誰が正室の子で誰が側室の子か、といった出生の違いも絡んでくるでしょうから簡単には言えないのでしょうけど・・・。
ikasama4
2009年10月13日 17:50
rino様
こんばんはです。
ここまでくるとどうでもよくなりますね。
多分、あれだと干からびてる事でしょう ̄∇ ̄

たしかに兼豊と呼ばれる事はなかったですが
通称は惣右衛門か伊予守ですから
正しいと言えば正しいんでしょうね。

葬儀の場に関して
通常、喪主となるのは樋口家の当主になるはずなので
並びとしては樋口秀兼、直江兼続、大国実頼の順
ではないかと思うんですが

家格も関係してくると
直江兼続、大国実頼、樋口秀兼の順かもしれないし


・・・・・結論:わからんです(; ̄▽ ̄)


まぁその家の流儀に任せるという事で(; ̄▽ ̄)ゞ
2009年10月14日 22:25
遅くなりました~。
何とか回復いたしました(^^;ゞ

>惣右衛門の死よりも
桶からこぼれ落ちたドジョウが可哀相で泣けましたT▽T

あっ、桶落とすな、落とすな~。。。と思っていたら
やっぱり落としてくれますもんね。
ベタだと思うことはキッチリやってくれます(^▽^;

>そう考えてしまうと景明の死は
意図的なものだという前提が不可欠なんですけどね

う~ん。。。なるほど~。
当時だったらそういう陰謀めいた話もあって当然かも。。。
あのカワイイ子ども店長が殺されてしまうとは~(; ;)

菊姫が自ら側室を薦めると言う展開は「来たか」と思いましたね。
そうしないと、あの堅物そうな殿の言い訳が出来ませんもんね~。
まぁ、ホームドラマで押すのです。最後まで。
そのためのこの脚本家ですから~。
ikasama4
2009年10月15日 23:24
くう様
御加減がよくなられて何よりです。

みんな、思うんですねぇ。
死を知って驚いてモノを落とすのは
基本みたいですね ̄▽ ̄

兼続の養子、養子だった者が出奔して
その後、景明が病死して後継ぎがいないために
直江家が断絶

正直、私の中では
これって何か出来すぎている感じがするんですねぇ。

菊姫のあの展開に
私も「そう来たか」と思いました。

とことん、こういうホームドラマで押すようですね。

>そのためのこの脚本家ですから~。
ですね ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第41話「上杉の生きる道」

    Excerpt:  大河ドラマ「天恥人」第2回でございます。…っつうかこれ大河ドラマなのか。いちおう、日本放送協会で毎週日曜8時から、1月第2週~12月第2週の約1年間にかけて放送するドラマのことを大河ドラマと呼ぶので.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-10-11 23:25
  • 天地人41 子供店長の成長ぶりばかりが目立つ今日この頃ですが

    Excerpt: 関ヶ原も終わり減封も決まり これからの見どころ見せどころはどこにあるのか、 とても気になってたけど 今日の見どころは 子供店長しばらく観ない間に 大きくなった この頃の子供って成長.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-10-11 23:59
  • 「天地人」を含むニュースと関連グッズの紹介

    Excerpt: イマナビでは「天地人」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「天地人」に興味があれば是非ご覧ください! Weblog: イマナビ!News&Shopping racked: 2009-10-12 07:30
  • 常盤貴子目当てで見る天地人 上杉の生きる道

    Excerpt: ひもじーよ お船(常盤貴子)の登場回数は最初の1回。 京の上杉屋敷で、景勝(北村一輝)と菊姫(比嘉愛未)との会見に立ち会うお船(常盤貴子)。急ぎ、米沢に行かねばという景勝に、菊姫は、米沢で殿と暮らして.. Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2009-10-12 08:00
  • 天地人 第41回「上杉の生きる道」

    Excerpt: 今回の天地人は人間模様をすごく表現していて、戦のシーンに頼らない人間そのものの心を表現している自分にとってあるべき大河ドラマであったと思います。徳川の世の中が到来し日本が家康によって平定されようとし.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-10-12 20:43
  • 【天地人】第四十一回

    Excerpt: 本日、親戚の結婚式から帰ってきたばかりで。。。簡単感想にさせていただきます。(いつもだ~)コメントとトラバのお返しが何日分か止まっている状態です。申しわけありません~おまけに何か熱っぽくて~始発で行っ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-10-14 21:54
  • ????????????41??????????

    Excerpt: ?????????(�???`)????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2009-10-14 23:27
  • 200年も続いた財政赤字!!

    Excerpt: いよいよ米沢に入る上杉{/hiyo_do/} 家臣に頭を下げる景勝ですが謙信の後を継いだ事が 景勝の不運だったのかも知れません{/kuri_5/} あまりにも偉大な謙信の後は誰が継いでも無理だっ たか.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-10-15 12:14
  • 大国実頼

    Excerpt: 天地人 第41話 「上杉の生きる道」 ... 明 長 この養子縁組に対して 兼... Weblog: てるのささやき racked: 2009-10-27 20:13