世にも奇妙な物語 2009 秋の特別編

今回もまたこの時期恒例の奇妙な物語




1.検索する女

彼女はケータイを活用していた。
彼女の持っているケータイで利用している検索サイトでは

名前や番組名を入力すると
それらに関する情報がすぐに出てきた。

彼女はそれを利用して合コンで彼氏をGETしたりもした。

そして今回の合コンの席で
冴えない男・三宅亮が真向かいに座っていた。

「三宅亮」を検索すると
二人の人物の検索がヒットした。

一人は御金持ちの御曹司・三宅亮

もう一人は全国各地で殺人を行っていた三宅亮


どちらの「三宅亮」なのか?

彼女の心は揺れる―――――。



中盤の流れから
実は「三宅亮」は別人でしたってオチで
くるのかなと思いきや

実は彼女のみならず
警察の方達もケータイの「検索」を利用してたって
オチだったみたいですね。





2.自殺リサイクル法

自殺しようとしていた青年が捕獲され黒い袋をかぶせられた。

男が連れてこられたのはとある一室。

自分以外にもたくさんの人がいた。

それはつまらない理由で死を選んで命を粗末にしようとした方々だった。

政府はそんな方々に
命懸けの仕事をしてもらう「法律」を制定した。


彼らは政府によってその命を活用された。

臓器移植・劇薬の臨床試験
死んでもいい人質要員

それから図らずも生き延びてしまった人たちに対して

政府の要員は言う。

「生き残ってしまった方、残念でした。次回の仕事で死ねる事をご期待下さい。」


そうしていく中
人の死を弄んでいるような政府のやり方に
一人の自殺志願者は疑問を覚える。

青年の心は揺れる―――――。




国家がここまで割り切ってしまうと
怖いものがありますが

物語としては今の時代を皮肉った
なかなかに面白い作品ですね。






3.理想のスキヤキ

彼にはスキヤキにこだわりがあった。

こだわりというよりもそれは自分の美学のようなものだった。

脂をひき、肉を入れ、砂糖を肉にかけ
味が染みたところでワリシタを入れ
野菜を入れ、フタをして3分間そのままにする


彼は彼女との結婚を許してもらうため
彼女のご両親に挨拶に行った。

そこでご両親は彼をスキヤキでもてなした。

しかし、そこに出てきたスキヤキは
彼が描いていた理想のスキヤキの作り方とは
かけ離れたものだった。

それは自分の理想のスキヤキを汚されているようで。

男の心は揺れる―――――。



なんとも面白い展開です。
なんか、結構なあるあるネタって感じで。

最後に分からないまま
「アレ」にハマる訳ですが

「アレ」が何か気になるし

また、当初は散々怪訝な顔をしていたのに
最後はすっかり「アレ」にハマる主人公の姿に

結局は食わず嫌いだったんだなと
ちょっと笑ってしまいました ̄▽ ̄





4.呪い裁判

とある殺人事件の裁判が行われる事になる
ある女がその裁判の裁判員となった。

その裁判の被告が殺人に使用した凶器


それは「呪い」だった。


「呪い」で人を殺す?


そんな事があるはずがない。
何か別のトリックを使ったのではないのか?

彼女をはじめ、他の裁判員達もそう思っていたが

実際に「呪い」によって
証人や検察が苦しみ死んでいく光景を見て
裁判員達は「呪い」を恐れた。

それと同じく

彼女の心も揺れる―――――。



「呪い」が存在すると分かっても
殺人は認められないと語っていた主人公が

自分が置かれていた状況を知った途端に

人を呪い殺す主人公のあの表情が
今までに見た事のない釈さんで驚きました。

個人的欲望としてはあの表情で
「お逝きなさい」って言えばもっとサイコーだったんですけど ̄▽ ̄






5.夢の検閲官

その女性は最近、一人息子を失って
悲しみに襲われていた。

そんな彼女をある男達が見守っていた。

彼らの仕事は彼女に安眠を与えるために
彼女の心が安らぐ「夢」を与え
彼女の心を乱す「夢」を書き換える

彼女の「夢」を検閲する検閲官だった。


その中で彼女が求める「夢」は亡くなった息子の姿だった。

しかし、それは検閲官の法律で
亡くなってから一定期間の間、その人を夢に出す事が
出来ないと書かれていた。

検閲官は法律に則って、その息子を
「夢」から出さないようにした。

だが、日に日に息子への彼女の思いが強くなっていく姿に

彼女の望みを叶えるべきか

それとも

法律に則るべきか


検閲官の心は揺れる―――――。



夢を検閲する人達という奇妙な世界で
真剣に語り合う大人たち。

そこで一線を画しているのは
その世界にある法律を守るべきか

相手の一瞬の幸せのために
法律を破るべきか

こういう法律に苦悩する人の姿を
石坂浩二さんが演じるというとこにある種の
リアリティが感じられます。


また、夢の中に出てきた死んだ少年を演じたのは嘉数一星君。

これは知ってる人には反則ですね ̄▽ ̄

彼は日テレドラマ「アイシテル~海容~」で
7歳の少年を殺害してしまう10歳の少年・智也君を
演じてましたからね。








今回はバベルの塔を引用していたように

人の過信・驕り

それが覆させられるトコロが物語になっていきましたね。


ただ、内容としては



1.検索する女
2.自殺リサイクル法

この二つの物語の主人公は
自分の信じていたものが崩れてしまう事で今後、眠れない日々が続き


3.理想のスキヤキ
4.呪い裁判
5.夢の検閲官

この三つの物語の主人公は
結末はどうであれ、自分の信じていたものが崩れてしまう事で
結果的に今後、安らかに眠れるようになったってとこでしょうかね。


今回の作品の中では物語として
一番よかったのが

2.自殺リサイクル法


とにかくブラックな感じがよかったです。
本当に実際にあり得そうな感じがして。

これがあれば、臓器移植もガンガンやってしまいそうですね ̄▽ ̄






それから釈さんの新たな一面を見せてもらえたという点で
4.呪い裁判
これは強烈でした。


ただ、個人的には
幾つかの内容でちょっとマンネリっぽい部分も
感じられるかなと思ったりもして。


とはいえ、今回の作品に関しては満足です ̄▽ ̄b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2009年10月06日 10:33
>個人的欲望としてはあの表情で
>「お逝きなさい」って言えばもっとサイコーだったんですけど ̄▽ ̄

そ、それだー!!!!(^ワ^)
座布団10枚!!!

“悲劇のヒロイン”が最後に加害者に変わるところがなかなか面白かったですね。

「自殺リサイクル法」は臓器ビジネスが盛んな某国あたりだったら現実にありそうな気が(汗
りょうさんのS気全開な表情が快感でした。

・・・でも一番好きだったのは「理想のスキヤキ」(笑)

ikasama4
2009年10月06日 20:43
さとし@快投乱打様
こういうのを見ると
被害者が一転して加害者になる

どんな正論を吐こうとも
怨みや憎しみに勝るものはないってことですかね。

「自殺リサイクル法」
たしかに某国ならばありそうですね(; ̄∀ ̄)ゞ

>りょうさんのS気全開な表情が快感でした。
私もです ̄▽ ̄b

「理想のスキヤキ」
あれは最後の主人公の
あの笑顔がとても印象深いです。

人生色々と試してみてこそ
理想が見えてくるってとこですかね ̄▽ ̄
2009年10月08日 23:41
どれも面白かったですね。

「三宅亮」は実は違う顔だった…
もしくは御曹司で終わって欲しかった。
警察も検索…ってオチも悪くはないですけど~。

自殺する人。。。
私はつくづく勿体無いと思ってました。
生きたい命と引き換えにできたらどれだけ救われるかと。
りょうさんの演技ですごく活きてました。

スキヤキはたまらんかったです。
大きな黒いプルンプルンの「アレ」にはヤラレましたわ。
もうソレが何であろうといいんです(笑)

釈ちゃんお息子役って、きよたんじゃなかったですか?
次に智也が出て来て驚きました(^_^;)
2009年10月09日 01:55
どれも良かったですが、「スキヤキ」が一番面白かったです~♪
伊藤くんって、やっぱり子役から鍛えた人だけあって
長いセリフも上手でスムーズ。
役者として凄いんだわ、と初めて思いましたね^^;
(普段、あまり女性受けする役を貰ってないから~^^;)

「自殺」は、なかなかメッセージ性のあるストーリーでしたね。
斗真は、いつになったら「うぉぉぉぉ」って言う役から
解放されるのかしら。。。。。
ikasama4
2009年10月09日 12:59
mana様
ケータイ検索は色々とオチは浮かんだのですが
そうきたか!って感じよりかは
そういうパターンかって感じでしたかね。
オチのバリエーションは
色々とありそうな感じの作品でした ̄∇ ̄

自殺のやつはあっても
おかしくなさそうでした(; ̄▽ ̄)ゞ

>釈ちゃんお息子役って、きよたんじゃなかったですか?
たしか、そうです(; ̄▽ ̄)

>次に智也が出て来て驚きました(^_^;)
たしかにこれはオドロキですね(; ̄▽ ̄)ゞ

スキヤキは人気ですね。
最後のアレのプルプル加減もありますが
それを見て微笑む伊藤さんがなんともインパクトがあります。
ikasama4
2009年10月09日 12:59
くう様
スキヤキは人気ですねぇ。
今回の作品の中では笑える作品でしたのも
あるんですが、ああいうキャラが伊藤さんは
ハマります ̄∇ ̄b

「自殺」は現代社会を皮肉った作品ですね。

生田さんは映画「人間失格」の撮影が終わるまで
当分、こういうキャラが続きそうな気がします
(; ̄▽ ̄)ゞ
みけねこ
2009年10月10日 00:22
こんばんは。
といってもこの「世にも~」は観れなかったのですが(>_<)
綾瀬さんのイラストすごく可愛いです!!(*^_^*)
ところで…日テレアニメ「青い文学」のサイト観ました?
「人間失格」堺さん・葉蔵
虚無な笑みが怖いです!!(笑)
もう堺さんが演技しちゃっていいような気が…します。
ikasama4
2009年10月10日 10:05
みけねこ様
おはようございます。
>綾瀬さんのイラストすごく可愛いです!!(*^_^*)
ありがとうございます≧∇≦

先程、日テレアニメ「青い文学」サイト見ました。

たしかにあの表情は怖いです。
堺さんもあんな一面がありそうで; ̄▽ ̄ゞ

アニメはこちらでは1ヶ月くらい後で
見れそうですが、雰囲気的にこれはホント
堺さんが演技してもいいかもしれないですね。

この記事へのトラックバック

  • 世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009)

    Excerpt: 世にも奇妙な物語 秋の特別編(2009) 2009/10/05(月) 21:00 フジテレビ フジテレビドラマ記事閲覧カウンター ★ちょこっと感想 5話を通じ�... Weblog: 飯綱遣いの部屋 racked: 2009-10-07 19:36
  • 人気脱毛サロン口コミ

    Excerpt: 薄着になる季節がちかづくと脱毛サロンの予約がとれなくなりますよ。評判の良い脱毛サロンの予約が取れやすいいまがチャンス! Weblog: 人気脱毛サロン口コミ racked: 2014-04-05 00:33