ドラマ化して欲しい戦国武将 「毛利勝永」

今回は毛利勝永でございます。
大抵の方は誰(゚Д゚)?って思うかもしれませんが

大坂の陣で豊臣方の浪人衆の中で「五人衆」と呼ばれたのが

真田信繁(幸村)
長宗我部盛親
後藤基次(又兵衛)
明石全登

そして毛利勝永です。


大坂・夏の陣において
真田信繁が徳川家康の本陣に突入して名を馳せましたが

それもこれも毛利勝永が徳川軍を撃破
徳川本陣に突入しようとし、それを防ごうと徳川軍が毛利軍に集中するも
勝永はそれらを次々に撃破していったために

真田信繁が徳川本陣に突入する隙が出来たたってとこでしょうね。


それから真田軍が壊滅して、徳川軍に反撃を受けるも
それらを撃ち破り、大坂城内に撤収

五人衆の中で
真田信繁(幸村)・長宗我部盛親・後藤基次(又兵衛)・明石全登は
戦死したとも生き延びたとも言われる中

毛利勝永は豊臣秀頼の介錯を行い、息子と共に自害したそうです。



ここで毛利勝永がどのような人物で
どのような経緯を経て大坂の陣で豊臣方になったのか
それをつらつらと書いてみます。



毛利勝永は毛利勝信の子として1577年に生まれます。

この毛利勝信は尾張出身で元は森吉成という名であったと言われています。


この「吉成」という名から
信長の家臣・森可成の一族かと思われるのですが、これは定かではありません。

その毛利勝信は秀吉古参の家臣となり、黄母衣七騎衆の一人になります。

後に秀吉から毛利家の許しを得て、毛利の姓を貰い
毛利勝信と名乗ったようです。

それから勝信は九州平定と肥後国の一揆鎮圧で小倉6万石を与えられたそうで。
この時、勝永も豊前国1万石を与えられたそうです。

文禄・慶長の役では勝信は共に朝鮮に渡海しておりますが
勝永は慶長の役で朝鮮に渡海して戦功を挙げたそうです。




その後、勝信・勝永親子は共に西軍に参戦
伏見城攻めでは抜群の戦功を挙げ、毛利輝元・宇喜多秀家から感状を頂いたそうです。


それから勝永は毛利秀元の与力となりますが
関ヶ原の戦いではその毛利秀元は吉川広家の画策もあって
勝永は戦に参加できず、そのまま撤退。

戦後、勝信・勝永親子は改易となり
その身柄を加藤清正、次いで山内一豊の下に預けられます。

親子が死罪にならなかったのは
秀吉が生前の折、伏見城普請で材木が不足して困っていた家康を
当時、奉行だった勝信が密かに豊臣家の材木を援助したからだそうです。

また、旧知の仲であった山内一豊の助命嘆願もあったそうです。

勝信・勝永親子が加藤清正、山内一豊に預けられたのは
尾張出身というトコロで懇意の仲だったのでしょう。

勝信親子は土佐に移り山内一豊に厚遇され
勝永の弟は山内の姓を与えられ山内吉近と名乗ったそうです。


ですが、その間も勝信らは豊臣家と連絡を取り合っていたみたいです。


そして1611年に毛利勝信が亡くなります。


1614年に勝永は豊臣秀頼の招きを受けて
土佐から脱走し、大坂城に入城します。



ここまで毛利勝永が辿った人生は
なんとも真田信繁が辿った人生と似てるような感じです。


ご存知の方も多いでしょうが
真田信繁は父・真田昌幸と共に徳川秀忠を足止めするという活躍をしましたが
真田信繁は関ヶ原に参戦する事は出来ず


戦後、真田信繁・昌幸親子は死罪にされそうになりますが
信繁の兄・信幸とその舅・本多忠勝の助命嘆願もあって改易後
高野山に幽閉されます。


そして真田昌幸は1611年に亡くなります。


1614年に信繁は豊臣秀頼の招きを受けて
高野山から脱走し、大坂城に入城します。


こうして見るととっても似てる二人です ̄▽ ̄


その後の勝永の活躍としては
あくまでWikipediaの資料のみの参考なのですが

大坂夏の陣で後藤又兵衛が戦死した際に
後藤軍の残兵を収容して、自ら殿を務め、無事撤退

翌日の天王寺口の戦いでは
四千の兵を率いて徳川家康本陣の正面に布陣

まず、本多忠勝の次男・本多忠朝軍と小笠原秀政軍を壊滅させ
(この戦闘により本多忠朝は戦死、小笠原秀政の嫡男は戦死、小笠原秀政も戦場を離脱後、死亡)

次いで浅野長重(浅野長政の三男)
榊原康勝(榊原康政の三男)・秋田実季
仙石忠政(仙石秀久の三男)・諏訪忠恒(諏訪頼水の嫡男)
酒井家次(酒井忠次の嫡男)・本多忠純(本多正信の三男)と
数々の諸将が率いる軍を撃退

これにより徳川本軍は毛利軍に集中し
そのため、真田信繁(幸村)が徳川本陣に突入する隙が生まれたという事でしょうね。


しかし、真田信繁軍が壊滅し、戦線が崩壊すると毛利勝永は撤退。

その際、反撃してきた藤堂高虎を打ち破り
井伊直孝や細川忠興らの攻撃を防いで大坂城に撤退


勝永は豊臣秀頼の介錯を行い、息子と共に自害したそうです。
享年38歳。



ちなみにこの五人衆は1615年に全員死んだと言われていますが
この時の彼らの年齢は

真田信繁(幸村)  49歳
長宗我部盛親    41歳
後藤基次(又兵衛) 56歳
明石全登      50歳
毛利勝永      38歳

この中で勝永は最年少という事ですね。


また、この五人衆で
真田・長宗我部・後藤・明石は戦場で戦死したと言われていますが(生存説あり)

毛利勝永のみ大坂城で秀頼と共に最期を遂げた武将だったという事ですね。



後年、江戸時代中期の文人・神沢杜口(かんざわとこう)が
自身の著した随筆集『翁草』のなかで毛利勝永の活躍を賞賛し
「惜しいかな後世、真田を云いて毛利を云わず」と記しているそうです。


個人的には是非、この方を主人公にして欲しいものです。



キャスティングとしては
毛利勝永の知名度アップのために
玉木宏さんにやってもらうってのはどうでしょうかね

真田信繁(幸村) は大森南朋さん
長宗我部盛親   は伊藤英明さん
後藤基次(又兵衛)は石橋 凌さん
明石全登     は的場浩司さんと

目つきの鋭い方を集めてみました。

長宗我部盛親に関してはちょっとお坊ちゃま気質だったような
印象があるので、そういうキャラには伊藤さんがハマるかなと思って ̄▽ ̄ゞ





ちなみに毛利勝永の父・勝信の子孫は
姓を元の森に戻し、土佐に住んだりしたようで

その後、明治時代には海外に渡り

現在、子孫の一人はミクロネシア連邦の大統領になっておられるそうです。


時の流れとは面白いものです ̄▽ ̄




それではドラマ化希望の武将はこれで一旦休止という事で
年賀状準備にまい進してきます ̄▽ ̄ゝ


もし、他にドラマ化を希望したい武将があれば
コメントの方に記載をお願いします。

その後、再開の折には調べておきますので

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

キッド
2009年10月17日 23:42
ikasama4様、こんばんは。
なるほど・・・前回はラス前でしたか。
そして毛利勝永登場ですな。
毛利氏も謎の一族でございますからねぇ。
御館の乱後に登場する毛利秀広は
毛利安田や毛利北条と同じく大江氏系・・・。広の字入りですし。
信長の家来の毛利新助良勝は源氏系毛利氏っぽいですが
この場合、美濃の河内源氏森氏とはものすごく関係が深い。
そもそも毛利も森も「もり」の一族だったわけです。
すると古代の武族である「防人」への連想が働きます。
森吉成と森可成の関係、毛利勝信と毛利吉勝の関係。
実にそそられますねえ・・・。
まあ、いずれにしろ毛利勝永が
忍者であったことは間違いありません。
森成利が信長と毛利良勝が信忠と果てたように
毛利勝永も豊臣秀頼と果てる。
なんとなく「血」を感じるのでございます。
五人衆の眼光・・・恐るべしでございますな。
みんなサムライ・ハイスクールに転生してきそう・・・。
ikasama4
2009年10月18日 00:21
キッド様
こんばんはです。
尾張には毛利姓と森姓がありますが
たしかに同じ一族の可能性が高いですね。

でもって「防人(さきもり)」だった人が
いつしか森や毛利を名乗ったって線は
ありそうです。

妄想としては
森蘭丸に双子の弟がいて
それが森乱丸で、後の森吉成=毛利勝信って
とこで考えると面白いですね。

でもって森家は代々主に殉じる家柄としての
「血」を感じます。
2019年05月13日 16:27
This blog was... how do I say it? Relevant!! Finally I've found something
that helped me. Appreciate it!

この記事へのトラックバック