ドラマ化して欲しい戦国武将 「最上義光」

今回は最上義光でございます。


最上氏は足利家の分家・斯波家の一族が
山形に入り、山形を本拠とし、最上屋形を称した事から始まったと言われています。


       斯
       波
       家
       │
       │
       ├───┐
       │   │
       最   大
       上   崎
       家   家


大崎家は斯波家の嫡男が
最上家は斯波家の次男が興した家だそうで

つまり大崎家は斯波家の本家、最上家はその分家筋になります。




それからの最上家は子供達に庶流を立てさせます。
その一方で里見家の流れを汲む天童家に養子を送り
当主とすることで最上家の基盤を固めていきます。


   里   斯
   見   波
   家   家
   │   │
   │   │
   │   ├───┐
   │   │   │
   天   最   大
   童   上   崎
   家   家   家
   ↓   │
   ┌───┼──┬──┬──┬──┐
   │   │  │  │  │  │
   天   │  黒  高  蟹  成
   童   │  川  橋  沢  沢
   家   │  家  家  家  家
       │           ↓
       │           清
       ├──┬──┐     水
       │  │  │     家
       中  大  楯
       野  窪  岡
       家  家  家



その後、その天童家でも
幾つかの庶流を立てています。


         里   斯
         見   波
         家   家
         │   │
         │   │
         │   ├───┐
         │   │   │
         天   最   大
         童   上   崎
         家   家   家
         ↓   │
         ┌───┼──┬──┬──┬──┐
         │   │  │  │  │  │
         天   │  黒  高  蟹  成
         童   │  川  橋  沢  沢
         家   │  家  家  家  家
         │   │           ↓
         │   │           清
   ┌──┬──┤   ├──┬──┐     水
   │  │  │   │  │  │     家
   鷹  東  上   中  大  楯
   巣  根  之   野  窪  岡
   家  家  山   家  家  家
         家



とまぁ、どんどん分家・庶流が出来てきてます ̄▽ ̄

この他にも色々と分家・庶流がいっぱいあるみたいです。


こうして身内で固めて勢力を拡大しているうちはいいですが

この最上の分家の中でも
天童家を中心に
延沢家・飯田家・尾花沢家・楯岡家
長瀞家・六田家・成生家の八家は
「最上八楯」とも「天童八楯」呼ばれ、最上家を支える楯となります。


ここで本家筋に当たる最上家に跡継ぎがいなくなると
分家から養子をもらう事になるんですが

それだと問題になるのが
どこの分家から養子にもらうのかってことで

最上家の分家達が争いを起こします。
そこに最上八楯も加わり最上家は弱体していきます。


そして中野家出身の最上家当主・義定の時代


     中
     野
     家
     │
     │
     義
     定


分家達の争いによって最上家が弱体していった間隙を突いて
1514年に伊達植宗が最上家を攻めます。

最上義定は伊達軍と長谷堂城で戦い大敗
多くの最上一族が戦死し

このため、義定は植宗の妹を娶って和議を結ぶます。

そして1520年に義定は嗣子がないまま死去し

跡継ぎ不在の最上家は伊達家の支配下に置かれます。


しかし、伊達家が最上を支配する状況に
最上の庶流の一族や「最上八楯」が反発。
上山城を攻め落とし、1年以上抵抗し続けた事により

中野家から義守が最上家の当主となる事が認められます。


        中
        野
        家
        │
    ┌───┤
    │   │
    義   義
    建   定
    │
    │
    義
    清
    │
    │
    義
    守


ですが、義守はこの時2歳なので
最上家は伊達家が支配し、その状況に
最上一族が抵抗するという状況が続く事になります。


それから1542年に伊達植宗と晴宗親子の間で
天文の乱が勃発すると義守は「最上八楯」の支援もあり
その乱に乗じて長谷堂城を奪取して伊達家から独立します。


この天文の乱は最上家のみならず
伊達の隣国の諸将を巻き込んで1548年まで6年間にも及ぶ大乱となります。


その大乱の最中、1546年に
義守の嫡男・源五郎が誕生します。

これが後の最上義光です。





最上義光は力が強く、武勇に優れていて
若かりし折、父・義守と共に狩りをしていた際
数十名の盗賊に襲われ、義光は盗賊の真っ只中に飛び込み
盗賊の首領を討ち取ったり

家臣の制止も聞かず義光は単騎で敵陣に突撃し
敵の首を取って自陣に引き返してきたという話もあります。


一方で文化人としての教養も高く
「源氏物語」に関しては切紙(免許状)を授けられており
また、義光が詠んだ歌の数はあの細川幽斎に次ぐ多さで
時の天皇から発句を賜ったこともあったそうです。

それに晩年に体調を崩すまで右筆を使わず
自筆で書状を記していた事からも、かなりの達筆だったんでしょうね。


そんな義光は1570年頃、父・義守と不仲になります。
義光 24歳の頃です。


原因は不明ですが
よく言われる父が義光の弟・中野義時を寵愛した事で
義光と義守・義時親子で争ったという説はどうも後世の創作らしいです。
中野義時自体も存在自体が怪しいそうですし。


ひとつには最上義守が伊達寄りの立場だったのに対して
義光は伊達寄りの立場からの脱却しようとしていた方針の違いからとも言われています。

個人的には最上家は「天童八楯」の影響が強かったと思われます。
その中で義光は最上家の当主が権力を握る中央集権化を図ろうとし
それによって父・義守と対立したのではないかと思われます。

義光と義守が対立すると「天童八楯」は義守側になります。

その後、義光と義守は和解し
義守は禅門に入り、義光は最上家の家督を相続します。

が、天童八楯の面々は義光には従わなかったために
最上と天童八楯との争いが10年近く続く事になります。


まぁそれだけの年月がかかった理由としては
義光が積極的に「天童八楯」と戦ってこなかったという事があります。


最上家は伊達家の属国となっていた過去があったため
最上家の名声は地に墜ちていました。


そこで義光は戦で領土を広げて国力を強めるよりも
内政・外交で国力を強める手法をとったようです。

家中に法度を整備し
織田信長に謁見して「最上出羽守」に任じられる事で
中央との結びつきを強め

これに関連して酒田港経由で
大量の火縄銃・火薬を入手したり、堺から鉄砲鍛冶を招聘していたそうです。




最上義光の性格とか戦い方に関しては
独眼龍政宗を見た方は分かるかと思いますが
最上義光=謀略の人=悪いヤツみたいなイメージがあったかと思います。
謀略を使って次々と領土を広げていったとこがあります。

ですが、どうもそれは
最上家は江戸時代に改易され、最上義光に関する資料が乏しく
彼の性格とかが語られているのがかつて最上の敵であった伊達家からであった事と
最上義光が調略でもって敵家臣を寝返らして敵を攻め滅ぼした手法が

毛利元就や宇喜多直家と似ている事から
どうしても最上義光が悪いヤツのように描かれていたみたいですが


最上義光は結構寛容な性格だったようです。
もちろん敵を謀殺する事もあったようですが

たとえ敵であっても義光は自分が気に入ると
実はあなたの暗殺を計画していたとか当の本人に言って謀殺しなかったり

仲間に引き入れるために自分の娘を相手に嫁がせたりしてますからね。



ただ、毛利元就や宇喜多直家が国を強めるために謀略を用いた状況と
最上義光が謀略を用いた状況は

兵力等が弱小だったためにそうせざるを得なかったんでしょうね。


それから1577年に天童氏と戦うも決着がつかず
義光は天童氏の娘を妻に迎えています。

その翌年、天童氏の分族・上山氏が伊達輝宗と図り
連合で最上領に侵攻していきます。

これに対して義光は防衛を図りながら野戦に持ち込み
伊達輝宗・上山連合軍を撃退します。

この時、戦場をひとつの駕籠が突っ切ったそうです。

その駕籠に乗っていたのは伊達輝宗の妻であり
最上義光の実妹・義姫。

彼女は両者を説得し、和議を結ばせたそうです。


それから2年後の1580年
義光は上山氏の家臣・里見民部を寝返らし
里見民部は上山氏を討ち取り、これにより上山領を制圧

その翌年には最上領を所有する小野寺氏を攻略
小野寺氏の家臣・鮭延秀綱を降伏させ
小野寺氏は最上氏と敵対する大宝寺氏の下に落ち延びます。

1582年 義光が天童氏から迎えた妻が病死します。

その翌年、大宝寺氏が最上攻めを計画しますが
義光は既に大宝寺氏の家臣を内応させており、計画は筒抜け

義光に内応した家臣は逆に大宝寺氏を強襲し
更に領土を拡大していきます。

その後、謀略によって白鳥氏を滅ぼし

1584年の天童氏の戦いでは
「天童八楯」のひとつ・延沢氏の当主・満延に次女を嫁がせて寝返らせ
天童氏の一族・東根氏の家臣を内応させる事で

「天童八楯」の結束を崩壊させ、天童領を勝ち取ると

1586年には侵攻してきた小野寺氏を撃退
1587年には最上氏と反抗してきた大宝寺氏を攻撃し、出羽から追放させます。


しかし、1588年
伊達政宗が大崎氏を攻撃します。

大崎氏は最上家にとっては本家筋に当たり
義光の妻は大崎氏の出身という事で

義光は大崎氏の救援に向かい、伊達氏と戦います。


が、義光の妹・義姫の懇願によって両者は和睦。


その後、政宗は山形に侵攻し
これに対して最上義光は政宗を迎え撃つべく対陣しますが


両軍を挟んだ戦場に置かれます。


もちろん、乗っているのはあの義姫です。


義光も政宗も義姫に対して戦場から立ち退くよう要求しますが
義姫はこれに応じず、その結果、両者は和睦し撤退します。

この和睦に関しては義光の場合
伊達軍と対峙している最中に

大宝寺氏と親交を通じていた上杉軍の将・本庄繁長が
庄内地方に進撃します。

義光はすぐに本庄軍と戦うも敗れ、庄内地方は上杉軍に奪われます。


その後も最上義光は上杉軍と庄内地方を巡って争い
戦いの場は戦場から外交戦へと変わり

上杉は石田三成経由で
最上は徳川家康経由で豊臣秀吉と交渉しますが
この外交戦にも敗れ、庄内地方は上杉領として豊臣秀吉の公認を受けます。


1590年には小田原征伐の際に
父・義守が亡くなったので義光は盛大な葬儀を行い
その後、妻と共に小田原に参陣します。

義光は次男・家親を家康の小姓として差し出し
三男・義親を秀吉の下に仕えさせています。

その際、ロリコン野郎・豊臣秀次が
義光の娘・駒姫の美貌の噂を知り、側室に差し出すように迫ったそうで

義光は秀次が秀吉の養子という事もあり
この要求には逆らえず泣く泣く側室に差し出したそうです。


そして1594年
豊臣秀次が切腹すると、その側室達も連座により処刑されます。

駒姫もその一人です。

最上夫妻の悲しみはかなりのもので
義光は数日食事をとる事もままならず
駒姫の生母は駒姫の後を追うようになくなったそうです。

更に義光は秀吉の不興を買い、伊達政宗らと共に
秀次への加担を疑われ謹慎処分を受けます。

これに対して家康や秀吉・家康の下にいた義光の息子達の嘆願もあり
義光は処分を解かれます。

これ以降、義光は徳川方への傾斜が強くなり
慶長の大地震の折には、義光は家康の護衛に駆けつけたそうです。


そして関ヶ原の合戦において
当初、上杉軍を征伐するために最上領に東北勢が集結したものの
上方で石田三成が挙兵したため、会津征伐は中止

また、奥羽方面で一揆が発生したため、最上領にいた諸将は撤退

上杉軍は直江兼続を大将とし2万の大軍をもって最上領に侵攻

最上軍は総勢3千余りだったそうですが
ここで義光の内政に力を入れてきた成果が発揮されます。


鉄砲は2千挺を用意し、これによって上杉軍を攻撃

また、義光は信仰心が篤く、宗教の保護に積極的で
寺社・仏閣の建立を積極的に行っていますが
これらの寺社・仏閣を城の周囲に建立させる事によって
寺社・仏閣を大事とする上杉軍が攻めにくくなるという
上杉軍の特性を突いた守備形態をとっています。

更に城を守っていたのが
「性剛にして、口才人を挫き、いかなる強敵も彼の前には降った」と言われた志村光安に
直江兼続に「その武勇、信玄・謙信にも覚えなし」と言わしめた鮭延秀綱に
少数の兵で上杉軍を翻弄した里見民部など歴戦の武将が揃ってますからね。


その後、上方で家康が勝利したとの報が届くと
最上義光は自ら先陣となって直江兼続軍を攻撃しますが
敵の攻撃により、義光は自身の兜に被弾し

直江軍を取り逃がしたそうです。

この時、義光 54歳。

この年になっても、まだまだ現役です ̄▽ ̄b


この辺が「奥羽の驍将」
※驍将=強く勇ましい大将

と呼ばれる所以なんでしょうね。



さて、その後
上杉軍を撃退した戦功が家康によって認められ
最上義光は庄内地方を加え、山形県全土
計57万石を領し、山形藩の初代藩主となります。


その後の義光は
藩政の確立に尽力します。

居城である山形城の大改修を行い
築城技術や内政能力の優れた人材を全国各地から集めたり

山形城下では免税措置を行ったり

城下町の整備を行ったり

酒田港からの交易の流通路となる
街道・水運路を改修、整備したりしたそうで

その繁栄の凄さから当時は「西の堺、東の酒田」と呼ばれるまでになったそうです。

特に義光が積極的だったのは治水工事で
因幡堰、中川堰、青龍寺川を開削。

その中でも最も大規模な治水工事は最上川左岸地域で
義光の家臣・北楯利長は水利の悪いこの地域を改善するために
10年間かけて調査を行い、利長は大規模な工事を提案します。

その意見に義光の家臣達はこぞって反対しますが
義光は土木技術に優れた家臣に利長の計画に関して調査を行わせ
成功の見込みがあるとの報告を受けて、その工事開発を許可します。

この工事に7400名もの作業員が集められたそうで
1612年に開始された工事は翌年の秋には完成し
その水路は全長12kmにも及んだそうです。

それによって最上川左岸地域の石高は
当初の三千石から堰が出来て20年後には三万石にまで増加したそうで

利長は義光に「庄内末世の重宝を致し置き候」とその功績を絶賛され
この堰は後に「北楯大学堰」と呼ばれたそうです。


そうして順風満帆に見えた最上家ですが
良好な関係であった嫡男・義康に対して里見民部ら家臣の讒言によって
親子関係は険悪なものになっていきます。

義康は次期当主にふさわしい器の持ち主ではあったそうですが
義光の次男・家親を幕府が気に入っているという事と

それを利用しようとした家臣達の思惑もあったのではないかと言われています。

そして1603年とも1611年とも言われていますが
義康は何者かによって暗殺されます。

義光は義康の首を見て涙したそうです。

義康に対する悲しみは深く、家臣に命じて義康暗殺事件の調査を命じ
その後、里見一族が義康の暗殺事件に関わったとして
義光の死後、里見一族は滅亡させられたそうです。

義光は非業の死を遂げた娘・駒姫同様に義康を手厚く供養したそうです。


1611年頃から義光は病気がちになったそうで
おそらく息子・義康の死は1611年ではないかと思われます。


そうして1614年
義光は山形城で病死します。

69歳だったそうです。


義光は
「大将と士卒は扇のようなものであり、要は大将、骨は物頭、総勢は紙だ。どれが欠けていても用は為さないのだから、士卒とは我が子のようなものだ」と語っていたそうです。


また、有能な人材を見ると配下にしたいと熱望し、勧誘するのが彼の性格だったようで
そのために、その人材の好みに合わせてかなりの好条件を提示したそうですから

こういう部分は結構秀吉に似てるのかもしれません。

また、義光の存命中は一揆がほとんど起きなかったと言われ
義光の善政によって

後世には
「最上源五郎は役をばかけぬ 今の殿様 雑魚・かじかこまで役かける」
※役=年貢
※ばかけぬ=軽くする

という唄があったそうです。




また、義光の配下の武将も
義光、義守親子が不仲の折に二人を仲裁した氏家定直
定直の子で鮭延秀綱を調略させた氏家守棟
守棟の養子で武勇に優れた氏家光氏

前述の「北楯大学堰」を作った北楯利長
武勇に優れた鮭延秀綱、里見民部、志村光安、楯岡満茂、延沢満延と

人物は多種多彩ですね。



キャスティングとしては
「力強い」部分と「寛容」な部分を両方兼ね備えているという点で考えると

最上義光は

阿部寛さん、北村一輝さん、山口智充さん辺りがいいのかなと思います。


個人的には渡辺謙さんを最上義光で
原田芳雄さんに最上義守という線もありかなって思ったりして(; ̄∀ ̄)ゞ





ただ、この作品をやるとすれば2014年の大河ドラマが
一番タイミングとしてはいいんでしょうね。

最上義光が亡くなったのが1614年なので
2014年は最上義光没後400年というキリがいい数字なので ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

キッド
2009年10月03日 05:50
ikasama4様、天地人の反動で
妄想の三成はかなり悪人に仕上がっているのですが
少なくても駒姫は命に代えても救っておけばな。
と思ったりします。
そうすれば少し人気も上がっただろうに。
陸奥・出羽の武将たちの面白さは
やはり古の兵の匂いがすることでしょうね。
伊達氏は奥州藤原氏とは無縁ではないし
最上氏は源氏・足利氏・斯波氏の流れ。
天童氏は源氏・新田氏・里見氏の流れ。
ある意味・・・下克上ではないわけです。
ま・・・実際はいろいろナニしているでしょうが。
だから兄と息子の戦に待ったをかける義姫の武勇伝が
成立したりします。
そういう中で中央の野蛮な新興勢力の
あれやこれやの犠牲になった駒姫の哀れさはひとしお。
・・・なのでございます。
キッドは義光(浅野忠信)
義姫(宮沢りえ)
伊達輝宗(真田広之)
政宗(神木隆之介)
駒姫(松本環季)
大崎夫人(香里奈)
義守(原田芳雄)
伊達晴宗(田中邦衛)
で2014年版妄想キャスティングしてみました。
ikasama4
2009年10月03日 18:56
キッド様
この大河ドラマの三成がみんなして
キレイキレイにしようとしてるので

どうしてもアラ探ししてしまいたくなりますね。

何にしても人質を取った時点で
三成に「義」はないですね ̄▽ ̄

たしかに伊達家も最上家も天童家も
それぞれ名門筋ですからね。

そんな中での義姫の武勇伝
それが兄と夫との戦にも待ったをかけていたとは

それで味をしめて兄と息子の戦にも
待ったをかけたんでしょうね。

駒姫も哀れですが、義康もまた哀れです。

どうも名前に「康」がつく人は
不幸になりやすいのかもしれません。

2014年版妄想キャスティング

松元環季さんとは結構な先行投資ですね ̄▽ ̄
伊達政宗に関しては神木隆之介さんがアリならば
本郷奏多さんもアリですかね ̄▽ ̄ゞ
2019年05月07日 20:54
Piece of writing writing is also a excitement, if you be acquainted with after that you can write otherwise it
is complicated to write.
2019年06月05日 04:09
Having read this I believed it was rather informative.
I appreciate you taking the time and effort to put this short article together.
I once again find myself spending a lot of time both reading and commenting.

But so what, it was still worth it!

この記事へのトラックバック