官僚たちの夏 第8話

昭和39年に東京でオリンピックが開催される事になった。
それは日本が国際社会の主要国として認められる事を意味していた。

その中で池内総理は日本の経済が回復した象徴として
国産の旅客機で聖火を運ぶ事を模索していた。


しかし、日本が製作した旅客機は
アメリカの会社の審査で不合格の烙印を押された。

尾翼等の設計に問題があったからだ。


旅客機の製作には時間を要する。

特にその製作で活躍しているのがコンピュータだった。

だが、現時点での日本のコンピュータでは処理速度に限界があると言う。



通産省事務次官・玉木は
なんとしても国産旅客機を完成させるために
現時点では高性能であるアメリカのコンピュータを輸入して
国産旅客機の開発に利用しようと検討していた。


そんな玉木らの考えに対して
重工業局電子工業課長・御影は疑問を抱いていた。


たしかにアメリカからコンピュータを輸入すれば
期限までに国産旅客機は開発できるかもしれない。


でも、そんな事をすれば
国内のコンピュータ企業は海外のコンピュータに押されて
たちまちのうちに潰れてしまう。


そんな中、御影が頼ったのは
特許庁長官となっている風越だった―――――。


















左遷のような形で特許庁長官になった風越は
その現状を嘆く事なく

今、この特許庁で
日本が国際競争を勝ち残っていくために
過去にアメリカとの特許問題で特許の重要性を痛感して
特許庁の改革を推進していく



そして、国家の問題に際して
通産省の人たちがこの苦境を脱するために
自分達の上司に相談しても埒があかないとして

かつての上司・風越に頼ってくる

風越はかつて部下達に

部署や省庁を超えた議論が出来なければいけない


この言葉を部下達は頼りにして風越のトコロに来た。

だから、風越もその部下達の思いに応え
省庁の垣根を越えて奔走していく。



という風越の活躍を描いているのですが


風越の前任の特許庁長官は玉木



お前は何してたの(゚Д゚)?



と問い詰めたい



というか、特許の重要性は国際社会を見てきた玉木であれば
風越以上に分かっていると思うんだがなぁ。




ここにきて風越マンセーみたいな空気が目立つし
でもって今までの流れから一転して1話にして
そーゆー風に持ってきたのも違和感があるなぁ。



風越がどちらかというと「情」「熱意」の人だったので
玉木が風越に負けないために風越のやり方=「情」「熱意」を
否定するような形態を取ろうとしたんですが

それが逆に日本の未来や展望を見えなくしているという
状況に陥ったらしいですね。


君のやり方は業界の心情を蔑ろにしている


現場の熱意に流されていては冷静な行政は出来ません。


君が取り組む航空機産業もまた熱意だ。

誰もが無理だという中
風越や企業は熱意でもって頑張ってきた。

そういう事を否定して一体どういう国が出来る

君はどういう国を作りたいのだ?

現状の効率だけを追求して日本に何が残る。

飛行機だってアメリカ製を導入すれば手っ取り早いという事になる

国内産業は何一つ育たないという事になり
何から何まで外国の技術に依存しようとする事に賛成したつもりはない。

日本の飛行機は日本のコンピュータで作って欲しい
日本をアメリカに負けない産業に育てて欲しい

お前には色々無理を頼んできたがこれが最後の頼みだ。




池内総理は自分がこの世から去ろうとしている中で
ふと自分が歩んできた道を振り返った時に


このままではいけないと思ったんでしょうけど


その苦悩と変わり目の部分がちと曖昧な感じだったし


また、牧のキャラチェンジも唐突で変化は彼の台詞オンリーだし


玉木は完全に風越の当て馬状態だし


なんとも風越を持ち上げる方向に走ってますね。


まぁTBSだから主人公偏重主義になるのも仕方ないか ̄▽ ̄ゞ




それに次回予告を見ると
どうもTBSの主張が見え隠れするようで。


次回次第ではちょっとげんなりしてしまいそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 官僚たちの夏 (船越英一郎さん)

    Excerpt: ◆船越英一郎さん(のつもり) 船越英一郎さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『官僚たちの夏』に玉木博文 役で出演しています。一昨日は第8話が放送されました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-09-08 23:21
  • 【官僚たちの夏】

    Excerpt: 『おっさん達の戦い』 今の若い人たちはみないようなドラマ。 高度経済成長期の官僚たちの熱い戦いを描写してます。 途中で二部作みたいになってたけどあれは 構成上の問題なのかな?? それとも24時.. Weblog: Watch IT! racked: 2009-09-23 19:39