天地人 第36話 「史上最大の密約」

今回のあらすじ


・福島正則、加藤清正に襲撃されそうになった石田三成は徳川家康の屋敷に逃げ込みました。
・兼続の策もあり、石田三成は一命を取り留められましたが自国の佐和山で謹慎するように言われました。
・毛利、宇喜多、上杉は家康を糾弾するも逆に家康の圧力と策によって丸め込まれ、上杉は家康の申し出を受け、会津に帰る事を決めました。
・帰国途中、兼続は三成のいる佐和山によって天下泰平の計を練りました。
・そんな兼続と三成を初音と島左近が温かく見守っていました。







今回きつかったのは

目と目で通じ合う景勝と兼続の主従。


距離近すぎ(; ̄∀ ̄)


あの距離感だと主従というよりも只ならぬ仲としか思えないんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ





それから朝焼けを見つめる三成と兼続を離れた場所から見ている初音と島左近



何故この二人が並んでいるのか
意味が分からな~~~い┐( ̄▽ ̄)┌


福島正則と加藤清正しか出てこない三成襲撃もイマイチだし


景勝を自分の味方として語る小早川秀秋もなぁ。


まぁ秀秋は単純な男だから、これでもいっかって感じなんでしょうかね(; ̄∀ ̄)



それと、三成の使者。
えらくサマになってて、正直、今までの「使者」の中では一番ヨカッタ ̄▽ ̄b





それと兼続と三成が考える天下泰平の策

家康が上杉を討つために挙兵し会津に向かったトコロで
三成が家康を討つために挙兵する

そこまではいいんですけど
もうその策で勝った気分で、自分達が天下を取った後を考えるとか

相手はあの家康ですからね。
今回、兼続が三成を救うために淀殿を動かした件を逆手に取って
「主君を差し置いて天下の政を私せんとした」として
逆にやり込められてしまうトコロがありましたからね。


なんとも三成と兼続は家康を過小評価しておりますなぁ。


家康が五大老の筆頭でありながら
豊臣政権下であのように振舞えるのは
秀吉の正室・高台院(北政所のこと)の後ろ盾があればこそ


そういうのは映像だけで言葉では全く説明しないんですねぇ ̄▽ ̄


後、物語に試行錯誤している雰囲気は見られないんですが
兼続のヒゲは毎回試行錯誤して形状が変わってる気がするなぁ ̄▽ ̄ゞ





それから来週辺りにようやく三成の「友」である大谷吉継が登場するみたいです。
http://www9.nhk.or.jp/taiga/topics/sp06/index.html


この関ヶ原の戦いで使用されている具足を見る限りでは
家康、三成、吉継、秀秋に関しては「葵徳川三代」の時に使用したやつを
そのまんま使用してますって感じですね。


まぁどんな関ヶ原になるのやら。
正直、不安しかないんですけどね ̄▽ ̄ゞ



こういうドラマだと人はついて来ないとスタッフ達が思い知るのはいつの日やら ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年09月07日 00:09
>朝焼けを見つめる三成と兼続を離れた場所から見ている初音と島左近

もうスッカリ初音は三成の奥さんですよね~^^;
本物の奥さんはどうしたんでしょ。
2人を見守る島左近は、爺やのようになってましたね。
まぁ。。。いいんだけど~。。。

どうもこのドラマには合戦も期待できないし。
関ヶ原も70%ナレーションで終わるような事に
ならないと良いんですが。。。
2009年09月07日 00:35
くう様
ホント、初音は三成の側室状態ですね。

島左近に関しては三成と20歳も年が離れているとはいえ
ホント、爺や状態ですねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

関ヶ原に関しては兼続がメインなので
伊達や最上との戦いがメインにならなければ
ならないはずなんですが

公式HPの映像を見る限りでは
関ヶ原の家康と三成がメインで

兼続のシーンが70%ナレーションで
終わりそうな気がします(; ̄∀ ̄)ゞ
2009年09月07日 21:33
景勝と兼続の距離!
あれはキツかったっすね(笑)。どうしようかと思った。
てか、わたし「レッドクリフ・パート2」のラストシーン、周瑜と孔明のわかれのシーンでの異常に近い顔と顔、なんか思い出してしまったんですけど、うーむ、比べるとやはり寂しい……。
そういえば例の「史上最大の密約」も、なんだか楽観的すぎて、見通しのあまい「天下三分の計」みたいでしたが。あれが史上最大って…(笑)。

初音はもしかしたら島左近の妻になったのでは?
なんてアホなことをちょっと思いました(爆)。
SFurrow
2009年09月07日 23:05
残暑とネット不調(モデム老朽化…交換しました)でご無沙汰しておりました。
ホームドラマ仕様なのに、三成の妻は描かれてないのも確かに不思議ですね。まぁこれ以上うざい女優が出てくるというのもイヤだけど。島左近が初音を妻にする(不用品リサイクルか?)というのはナイスアイデアかもしれない。一応忍びの術も持っているらしいのでパートで働くこともできるし。
それよりも、小栗クンと、毛利輝元の中尾さんを見ていると、直江状も関ヶ原もどうでもいいから、400年ほどワープしてこの親子で壮絶な梶原一族滅亡を演じてほしい…とマジで思ってしまいました。タッキーが白馬で爆発した後日談として♪
ikasama4
2009年09月08日 07:34
遊人庵庵主様
あの距離感は異様でした。
絶対、主従の距離ではないですよね(; ̄∀ ̄)ゞ

>「レッドクリフ・パート2」のラストシーン、周瑜と孔明のわかれのシーンでの異常に近い顔と顔、なんか思い出してしまったんですけど
なんか、比べるのさえもったいない感じが(; ̄∀ ̄)ゞ

それにその「史上最大の密約」も
ホント見通しが甘すぎですよねぇ。

>初音はもしかしたら島左近の妻になったのでは?
それは島左近が三成から払い下げされたという事でも
いいかもしんない(爆)
ikasama4
2009年09月08日 07:35
SFurrow様
モデム老朽化、これは痛いですね。
ご苦労様でございます。

なんか、ホント
リサイクル状態ですよねぇ。

初音がいるのは三成の友・大谷吉継の娘が
幸村の妻という縁からとかいうのがあってこそ
納得できたりもするんですが

この作品だと妾にしか見えんですね。

そういえば小栗さんと中尾さんは
「義経」で親子役でしたね。

じゃあタッキーもどっかで転生してるかも ̄▽ ̄ゞ

ちなみに小栗さん主演の映画「TAJOMARU」では
小栗さん演じる主人公が松方さん演じる盗賊を
殺害するというこちらでもちと奇妙な展開がございます♪
rino
2009年09月08日 13:15
こんにちは。
先回はいろいろご教授、ありがとうございますm(_ _)m

今回も違和感だらけでしたね。
三成の側室(というか、正室がいない設定か??)状態の初音は、信長が在りし日には信長とも「こりゃ何かあるな」と思わせるような妖しさ満点でしたよね。
当時の女忍びなら、色仕掛けはアリでしょうけど・・・。

今回わたしが気になったのは、家康が大坂城西の丸入城時に広台院が頭を下げていたシーンです。
家康が征夷大将軍に任じられてからならともかく、現時点では家康が頭を下げるべきでは?
しかも西の丸を譲ってもらうのだし(って、ナレーションで言ってなかったかも・・・)。

そしてラスト近くのナレーションで「家康の侵略の手が上杉に伸びようとしている」といったニュアンスで言ってたような?
“侵略って”・・・(_ _;

それはさておき、福島正則はもちろん、加藤清正もあまりにも影が薄いこのドラマ。
前田利家が亡くなる前に、兼続と前田慶次郎の出会いを描いて欲しかったと残念です(別に前田慶次郎びいきではないですが、この後の戦いに必要では??)。
ikasama4
2009年09月09日 00:20
rino様
こんばんはです。
ご教授なんて滅相もない。
恐縮です(; ̄∀ ̄)ゞ

たしかにねぇ。
三成には兄、父もいて子供も三人いるんですけどね。

なるほど、そういえば初音は信長とも絡んでましたが
兼続が年を経てヒゲが生えているのに対して
全く雰囲気が変わらない初音。

流石は妖しさ満点の忍だからこその業です(爆)


高台院のシーンはたしかに
「西の丸を譲ってもらう」って言ってました。

あれは現時点では豊臣政権である以上
形式的に上下関係が高台院>家康という事で
ああいう言い方をしたのかもしれませんが
高台院としては豊臣政権下で自分が頂点に立って
権勢を振るう淀殿に対抗するために家康に
お願いした形であったのかもしれません。

ただ、この作品は
そういう説明が全くないのは頂けないです。

それに仰るように上杉家に侵略っていうのはおかしいです。
あれは討伐ですからね。

で、前田慶次郎に関しては
そもそも原作自体に出てこないものので(; ̄∀ ̄)ゞ
2019年06月02日 01:31
Excellent blog you've got here.. It's hard to find high quality writing like yours these days.
I truly appreciate individuals like you! Take care!!
2019年06月05日 20:39
My partner and I stumbled over here by a different page and thought I might check things out.
I like what I see so now i am following you.
Look forward to exploring your web page yet again.

この記事へのトラックバック

  • 【天地人】第三十六回

    Excerpt: 前田利家が亡くなった。その夜の内に、加藤、福島、など秀吉子飼いの家臣らが三成の屋敷に討ち入る。三成は、家康の屋敷に逃げ込む。敵の手の中に入り込み、手が出せなくなるようにするためだ。三成は蟄居を言い渡さ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-09-06 22:33
  • 天地人 第36回「史上最大の密約」

    Excerpt: 天下はいよいよ家康の時代へと突入していくようですね。この乱世では義理や道理などを通していてはチャンスは逃げていってしまいます。そう家康は感じたのではないでしょうか。筆頭大老であることから最も上であり.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-09-06 23:00
  • 天地人 第36話「史上最大の密約」

    Excerpt:  おお~っ、いきなり史上最大とは、大きくでたねえチョイト。上杉軍と、石田&西国大名連合軍がノルマンディーに上陸する話か? 急にスケールが大きくなった「新・天地人」第2話(笑)ですが、まあ、それもまんざ.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-09-06 23:43
  • 天地人36 三成に決起せよとオルグかけまくる兼続って?

    Excerpt: もう完全に家康極悪人扱いですぅ。 そのむかし、山 岡荘八の徳川家康を読んで以来、 すっかり家康派になったおいらとしてはチト辛い展開になってます。 今年の大河はかなり面白可笑しく描かれているの.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-09-07 00:12
  • 大河ドラマ「天地人」第36話

    Excerpt: 第36回「史上最大の密約」 視聴率20.4% Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-09-07 22:18
  • 兼続の発案だったとは…

    Excerpt: 家康から会津帰国を促される景勝{/sayonara/} どうやら景勝と兼続は上杉に対する挑戦と受け止めた様 ですね{/v/} 先週は『挑発に乗ってはいけない』と三成を諌めた兼続 ですが、今週は打って変.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-09-08 14:38