救命病棟24時 最終話

とりあえず今回の内容を追っていくと
序盤の1時間で医者が抱える問題


医師達は常に人の命を扱う事で
ある種の緊張感にさらされている。


そういう患者がひっきりなしにやってくる現状で

その緊張感の下
医師達は寝る間を惜しんで働き
そのために寝れなくなって睡眠導入剤を利用する



心身共に疲労がピークに達する

それは誰しも
特に若い医師は経験することかもしれないが


自分の実力以上の患者を任されて

あの患者はどうしても助けれられなかったとしても

結果的に患者を死なせてしまったら



その瞬間

助けられなかった自分を責めてしまう



『希死念慮』


死を希望し、それに至る行動を行う

うつ病の典型のひとつ


ただでさえ救命医は
『キツイ』『危険』『金にならない』

と3Kが揃っているのに

その医療を医者の忍耐と精神に頼っていたのでは

終わりの見えない毎日の中で
医師の終わりは退職ではなく倒れる事になる



それが工藤先生の現状を描くと共に
澤井先生がその現状を代弁するという事みたいでしたね。


ドラマでは語られませんでしたが
澤井さんがいう「トモダチ」というのは
澤井さん自身だったのかもしれませんね。


それだけに優秀な医師もいいけど
あまりにも優秀すぎると、そのペースに
倒れていくスタッフ達に対する懸念も強かった

という事のようですね。




そんな中でもうひとつのメインは

だからと言って
「助けられる命を見捨てるのは犯罪だ」

たしかに毎回医療をやっていると
虚しさに襲われる事がある。

でも、誰かがやるべき事だと思った時
それが自分がやるべきだと思った。

その瞬間に自分の使命というか
この「救命」が自分の居場所=仕事場だと感じれるように
なっていくと。

そういう現場レベルでの医師の意識改革も大事だけれども


でも、それだけを頼りにすると
いつか第二の工藤先生のような方が生み出されていく。


だからこそ、澤井先生の言う
国家レベルでの医療改革も必要だという事のようですね。



と言う事は
現場と上層部との改革
それは医療に限らず警察であろうと
教育であろうとどこでも同じという事ですね ̄▽ ̄



そして両方の思いが分かる医師の存在も必要だと。


それがかつて研修医時代に進藤先生が指導医であり
患者の遺族から訴えられた経験を持つ小島先生で

そういう方こそ医局長として
スタッフのケアなどのバランスを取っていくべきだと
いう事なのかもしれません。


でも、普通に考えたら雇って3ヶ月の小島先生を医局長にするよりも
この病院での勤務が長い花輪先生の方が医局長に相応しいのかなと
思ったりして ̄▽ ̄ゞ


後は救命で働く医師達の現状を
家族がわかってくれる事も大切な要素ですね。


そうなれば花輪先生みたいな事は
起きなくてもすみますからね ̄▽ ̄




それからドラマの意見として

たとえ患者の遺族に訴えられそうになっても
それが誠実な医療の結果、致し方ないものであれば
「どうぞ、訴えて下さい」というトコロと


医療改革では独立行政法人を作っても
それは官僚の天下りのための施設だから
名ばかりの存在になるから気をつけて下さいねってトコロも
言いたかったみたいですね。



それにしても工藤さんの父親役で
國村隼さんが登場するとは思いませんでしたね。


自分の病院を息子に継がせたかったけど
自分が逃げ出した経験がある救命を
息子は生き生きとしてやっている姿を見て

嬉しいと思うと共に
息子を救命&進藤先生にとられたと思って
憎んでいたという父親ならではの思いを吐露する
姿がかなり印象に残ります。



それから小島先生がかつて
進藤先生のようになろうと奔走して
それがプレッシャーになっていた時期があり

それで自分は進藤先生のようになれないと
悩んだ時期もあったんでしょうけど

ある時、私にしか出来ない事
進藤先生には絶対出来ない事を
やればいいと気付いたみたいですね。


それが泣いている子をあやす事とか
人との交渉術とか

そういうのは進藤先生に比べたら
小島先生の方が上手いですね。



断然 ̄▽ ̄




さて、ドラマ全体としては

とりあえず、今まで伝えたかったことが
この2時間に集約されていたようですが

それでも
ナレーションがちぃちゃんだったり

画面がそれぞれに当たるシーンでも
看護師では山城さんとちぃちゃんだけで

師長さんとか他の看護師には当たらないんですよねぇ。


そこだけはちょっとだけ残念なとこでした。






それと最終回のまとめ方はよかったと思うんですが

そこに至るまでの内容がちょっと
雑だった印象が否めないですね。


まぁ「致し方ない事」がありましたから
これもまた仕方ないかもしれませんね。


とりあえず、こちらも
最後は丸く収まって全てよしです ̄▽ ̄b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年09月23日 01:30
見応えはありましたが、何だかこの時期2時間SPは疲れる~
しかも、CMだらけだったし~。。。

言いたいことは全て集約した感じのSPでした。
救命らしい部分もいっぱいありました。
でも、進藤先生に何だか同情しちゃうのは長年の
ファンだからですね。。。

とりあえず、冬にまたSPがあるみたいだし、
期待しておきたいです。
総集編じゃない事を望みます~。
2009年09月23日 14:51
いや~『キングオブコント』1時間だけ見て、これ見よう~って思ってたんですが
結局コントの方、最後まで見ちゃいました(笑
ここにくるまでの流れにはイライラというか・・・
失望を感じたこともあったんですが、最終回で納得させられたって感じですかね・・
盛りすぎてお腹いっぱいではあるけど、いい最終回だったと思います。
工藤のエピソードはもっとじっくり描いて欲しかったですね。
小島の次に育っていく医師ですから、ちゃんと治って救命医として生きていく意志を見たかったと思います。
『SP』に不信感があるんですが・・・(笑)このドラマのSPには期待していいのかなぁ・・・
みけねこ
2009年09月23日 18:25
こんにちは。
私的には今回・最終話のようなドラマが観たいと思っていたのでやっと…(*^_^*)という気分です。
澤井先生の言う「ともだち」はやはり澤井先生ご自身でしょうね。
澤井先生の救命改革機構の委員会後、やはり自分は変えることができないのだろうか…というドン・キホーテの心境の中、進藤先生の事故現場に遭遇、
そこでの進藤先生のセリフ…
「これで最後にしてくれ。…明日のことはアンタに任せる。俺や小島が倒れる前に変えてくれ!!」
の流れが私は結構良かったと思っています。
目の前の人間を助けようとする医者もいれば国を変えなければ始まらないと思っている医者もいる。それぞれの役割があると言いますか…
救命医療の崩壊を食い止めるには、国民ひとりひとりの意識が大切なんでしょう
ね。
つたない文のコメントですみません(>_<)
ikasama4
2009年09月23日 23:10
くう様
私も2時間SPはちょっと疲れました。
>しかも、CMだらけだったし~。。。
その間に休んでました ̄▽ ̄ゞ

たしかにこのドラマの本来の主旨が
この最終回に集約されていましたね。

私も第1シリーズから見てるので
長年のファンの一人です ̄▽ ̄ゞ

冬にSPですかぁ。
となるとこの面子でしょうね。

>総集編じゃない事を望みます~。
私もそれを望みます。
ikasama4
2009年09月23日 23:10
きこり様
あ~コントの方は途中見て
なんか後輩芸人が先輩芸人に遠慮してる向きが
あるのかなぁとか思ってまうとこがありました ̄▽ ̄ゞ

たしかにここまでは
色々と回り道みたいな展開が多かったですが
最終回はキッチリと楽しませてもらいました。

そうですね。
個人的に工藤先生が忙しさのあまり
睡眠導入剤を使用するトコロとかを
描いて欲しかったです。

私もSPには不安がありますが
第2シーズンでのSPは結構ヨカッタので
そこには期待しております。

できれば序盤の4週連続のSPには
ならないようにして欲しいものです。
ikasama4
2009年09月23日 23:10
みけねこ様
こんばんはです。
最終回はようやくこのドラマらしい
骨太な展開と進藤先生の魅力が存分に発揮出来た
物語だったと思います。

>澤井先生の言う「ともだち」はやはり澤井先生ご自身でしょうね。
そうですね。二人の手段は違えど
その信念は同じものを持つ同志のような感じでしたからね。

>「これで最後にしてくれ。…明日のことはアンタに任せる。俺や小島が倒れる前に変えてくれ!!」
>の流れが私は結構良かったと思っています。
そうですね。
この台詞に澤井の信念を
進藤も認めていたトコロがうかがえます。

そうして進藤と澤井が互いを認め
それぞれの信念の下に

進藤先生が出来ない事を澤井先生が
澤井先生が出来ない事を進藤先生が
やっていくって事なんでしょう。

>救命医療の崩壊を食い止めるには、国民ひとりひとりの意識が大切なんでしょうね。
そうですね。
最近は個人の主張が強すぎて医療の現場を軽視していたようなとこがあります。

全てにおいて個人の主張を強めるのも問題があるのかなと思ったりもします。

>つたない文のコメントですみません(>_<)
いえいえ、私も十分拙いので(; ̄∀ ̄)ゞ
2009年09月24日 14:26
見応えのある最終回でしたが、何せ長過ぎた・・・
皆様のレビューを拝見して、より内容を把握してる次第デス(笑)。
それにしても、最後まで坂口@西原亜希ちゃんが
その他一名扱いだったのが残念ですわー。
何事もなく始まったのなら、少しは彼女が
活躍する場面もあったのかなぁ~?
何となくスタッフ全員、印象の薄いシリーズでしたが
画伯お気に入り(?笑)の師長役の女優さんだけは
妙に印象に残りましたわー
ikasama4
2009年09月25日 00:29
まこ様
最終回は今まで以上に見応えがあり
しかも重い内容でしたね。

>それにしても、最後まで坂口@西原亜希ちゃんが
>その他一名扱いだったのが残念ですわー。
ええ、とっても残念ですTT

やっぱあの師長さんは
貫禄というか、何かやってくれそうな
空気がプンプンありました。

ある意味、このドラマの主役でもいいくらい
印象に残ってます; ̄▽ ̄ゞ
2009年09月25日 01:34
>医局長は、小島より花輪先生のほうが
確かに!
本来ならば、他所からきた小島ではなく、
元から居た花輪先生のほうが適任ですよね。
ドラマ上、小島が優先されましたけど。

あと、耳鼻科医や看護師らに光が当たらなかったのが、
やっぱり、残念ですよね。
如何せん、話数が短かったのが……と判りきったことを
幾ら言っても仕方ないわけですが。(^^;

それと、自分が書いた記事を開くとエラー落ちする
状態なので、頂いたコメントへの返信は、
やむなく、記事内で私信として書き加えております。
これからも同じことがあるかと思います。
申し訳ありません。
ikasama4
2009年09月25日 23:28
すばる様
ドラマの勢いに押されましたが
よくよく考えれば花輪先生が一番妥当だと
思ったりしたんですけどね。

まぁドラマだし ̄▽ ̄ゞ

コメントのエラーの件に関しては了解しました。

一度Biglobeに問い合わせたりしてみては
いかがかと思います。

まぁ大半はたいした回答がされないかと
思いますけど; ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 【救命病棟24時】第7話 最終回

    Excerpt: 進藤先生は優秀すぎます。普通の医師の痛みを知る者が上に立つのには相応しい。何故、進藤を辞めさせるのか、と尋ねる小島に澤井は言う。小島は荷が重すぎると医局長の話を辞退した。急患が入り、眠っている工藤を見.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-09-23 01:23
  • 救命病棟24時 最終回

    Excerpt: 【今夜のドラマ】『救命病棟24時(終)』 &lrm;21 &#26178;&#38291;&#21069;&lrm;2009年9月22日(火) 7時00分 『救命病棟24時(終)』(フジテレビ系 後.. Weblog: 救命病棟24時 racked: 2009-09-23 04:45
  • 救命病棟24時

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-09-23 10:32
  • 《救命病棟24時》#07

    Excerpt: テレビでは『医療崩壊』=医療再生への選択肢=を放映していた。出演は、澤井医局長、岡部衆院議員だった。 2か月ほど前、過酷な勤務に抗議して10名の救命医が総辞職した Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-09-23 10:41
  • 「救命病棟24時 第4シリーズ」第7話(最終話)

    Excerpt: 今の救命救急。 明日の救命救急。 託し託されるこの国の医療。 「救命病棟24時 第4シリーズ」第7話(最終話) Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2009-09-23 13:05
  • 「救命病棟24時」  最終回

    Excerpt:  いや~~いい最終回だったんじゃないですか~? たった一人でも救命医療改革に立ち向かって行く澤井・・・ でも、使命感だけでなく喜びを持って救命現場で働く進藤や小島のような医師が いる限り、彼の支.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-09-23 14:57
  • 「救命病棟24時 4期」最終話

    Excerpt: Episode Final:遂に感動の最終章!!       緊急出動したドクターカーに最大の危機が訪れる!?       仲間の死?そして進藤と楓の選択!?       崩壊した救命センター.. Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-09-23 15:39
  • 救命病棟24時 最終回

    Excerpt: 救命が終わり、ほぼ、すべてのドラマが終わりましたね。 私が本当に見たかった救命は今回のようなものでした。 それだけに今までのがすごく残念。 最終回に言いたいことのすべてをぶつけないで 全話.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2009-09-23 16:38
  • 【救命病棟24時】最終話感想と視聴率

    Excerpt: 【最終話の視聴率は、明日追加で書きます】澤井先生、とっても素敵だったです♪最後は、進藤先生と澤井先生がお互いを認め合って、一緒に、事故現場での救命に命懸けで尽くしました。どちらも救命に人生賭けてるんで.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-09-23 20:54
  • 『救命病棟24時(4)』最終回SP

    Excerpt: 希死念慮。。救命医療の現状により。。工藤先生が泥酔の末、自殺未遂。。「あなたが先頭を走れば、息を切らし、倒れる者も出ます」天才進藤。。凡人の心知らず。。「進藤先生、辞めてください」誠実な救命医の言葉を.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2009-09-23 21:25
  • 救命病棟24時 episode:final 遂に感動の最終章!!

    Excerpt: 緊急出動したドクターカーに最大の危機が訪れる!?仲間の死? そして進藤と楓の選択!?崩壊した救命センターに未来は訪れるのか!? 冬にSPがっ!w( ̄o ̄*)wおおっ これは楽しみですなぁ~{/onp.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-09-23 23:48
  • 救命病棟24時 最終回 (ユースケ・サンタマリアさん)

    Excerpt: ◆ユースケ・サンタマリアさん(のつもり) ユースケ・サンタマリアさんは、フジテレビ系列で毎週火曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『救命病棟24時(第4シリーズ)』に澤井悦司 役で出演しました。一昨.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-09-24 01:20