天地人 第37話 「家康への挑戦状」

さて、今回のあらすじは


・家康さんから前田家にした時と同じように逆賊の疑いをかけたやり口での書状が届いたので、それに対して兼続は返書し、それを家康のみならず諸国の大名達に送りました。

・その返書に怒った家康が上杉討伐軍を率いて会津に向かっている頃、兼続は防塁を築き、水攻めを行い溺れる家康を討つというちゃちぃ妄想をして家康らを待ち構えてました。

・あっというまに髪の毛が生えた三成はようやく大谷吉継が登場を説得、乗せられ易い性格の毛利輝元を西軍の総大将にし、家康を討つため挙兵しました。

・三成挙兵を知った家康は豊臣恩顧の諸将を三成が秀頼を人質にして豊臣家を私物化してると説得して、三成と戦う事を決意させます。

・撤退する家康に対して兼続は追撃を進言するも、景勝は「義にあらず」として、追撃を容認せず、上杉領内に攻め込んできた最上と戦うために折角作った防塁を置き去りにして最上領へ進撃しました。



まぁこんなとこですかね。


家康の「なき事でございます~~~~~~~ぅ」が傑作でした ̄▽ ̄b


それと、水攻めで溺れる家康を景勝が討つ光景を妄想して
自分の策に酔いしれているイタ~~~~イ兼続もまた傑作です ̄▽ ̄b


でもって、全国各地に送られる直江状
上杉家では右筆がフル稼働だった事でしょう ̄▽ ̄



兼続は西進する家康軍を追撃するように景勝に進言する訳ですが

ただ、家康も無防備に撤退していた訳ではなく
家康の次男・秀康を留守居役として上杉を牽制していますからね。

ちなみに秀康は家康の息子の中でも抜群の武勇の持ち主です。


そして伊達と最上が同じ時期に上杉領を攻撃している様子を見ると
家康から何らかの働きがあったと考えるのが妥当ですね。


そうなると上杉は家康を追撃したとしても
それによって上杉の背後を伊達・最上から突かれる訳ですからね。


それを考えたら上杉は
最上・伊達に当たるしかないという事なんだと思うんですがねぇ。


ここでも「義」「義」「義」「義」「義」のオンパレード


別段、こういうんでもいいんですけど
やる上では「義」一辺倒ではなく

会津を取り囲む現状を把握した上でやって欲しいものですね。





それでもって、この作品には
安田能元やら本庄繁長やら出来なくて
相変わらずの上田衆ONLYですね。


前田慶次郎利益が出てこないのはこの原作に
出てこないせいなんで、仕方ないのかもしれませんが



伊達政宗が出てきたのに
伊達成実が出てこないというのはかなりガッカリです。



以前にも書いたかもしれませんが
伊達成実は伊達実元の嫡男で
この伊達実元はかつて越後守護であった上杉定実の養子となって
上杉家を継ぐ計画が伊達家と上杉家との間で行われておりました。

それがために実元は上杉定実から「実」の一字を貰い受け
上杉家の「竹に飛び雀」家紋を伊達家は貰い受けてます。


結果的にこの養子は取りやめとなってしまいましたが


もし、この養子が決まっていたとしたら
上杉実元が誕生し、そして上杉成実も誕生していたかもしれません。


そうなれば、上杉謙信の前身・長尾家は越後守護職にある上杉家を補佐する守護代

つまり、長尾家は家臣筋に当たります。

伊達成実が出奔していた際に
上杉景勝が伊達成実に家臣になるよう説得したのですが
成実は「家臣筋に仕えるつもりはない」としてこの申し出を断ったというのは
有名な話ですからね。


まぁこれは伊達成実が上杉家の内情を探るために上杉領内を探索したとも考えられます。

ちなみに白石城攻めにはこの伊達成実も加わっていたそうです。


でも、こんなのを物語に入れたら
逆に上杉がトコトン伊達にコケにされて
景勝と兼続は「な、な、なんですと~~~~~~~ぉ」と声がひっくり返るくらい
逆上して怒り狂う光景を描く事になり

個人的には面白いんですが
兼続偏重主義のこの作品としては
それは無理な話なんでしょうね ̄▽ ̄



さて、次回は関ヶ原の戦い

で、次回タイトルが「ふたつの関ヶ原」


笑ってまうがな(* ̄m ̄)ウププ


相変わらずのイタサ満載です ̄▽ ̄b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年09月13日 22:36
もう何か、本当にどうでも良くなってきました~(/--)/(^0^)/

義だ義だって、そんな事言ってたら自分が死ぬぞ、
と思いましたが、結局ずっと生き残ってたって事は
天が僅かばかりのお恵みをくれたって事でしょうね。
人間は多くを望まなければ生き延びる事だけはできる、
と言う教訓なんでしょうか。このドラマ。。。

>あっというまに髪の毛が生えた三成

ああ~。。。あれはズラですね。
きっとフランス貴族をまねて、いっぱいズラを用意して
あるのでしょう。
来週のズラが楽しみですね♪
2009年09月13日 22:37
普通ならメインとして描かれるはずの
関ヶ原に、上杉勢がいないために、
「ふたつの関ヶ原」と銘打って描くんでしょうけど。
予告の「直江殿も戦っておられます」のセリフには、
思わず笑ってしまいましたw
「上杉」ではなく「直江殿」と言わせる辺りが、
失笑するしかないってカンジです。(>m<)
rino
2009年09月14日 13:11
こんにちは。

>前田慶次郎利益が出てこないのはこの原作に
>出てこないせいなんで、仕方ないのかもしれませんが

あれ?
こないだ同僚に借りて読んだ「天地人」では前田慶次郎が出てきたのですが・・・?
長谷堂城の戦いに敗れて撤退する際に殿軍を努めたエピはもちろん、前田家を去った後で上杉家に仕官するエピソードも書いてありました。
先週いただいたコメントのレスに、「原作に出てこない」と書かれていたので、「はて?」と思ってはいたのですが、もしかして版によって内容が違うとか?
本はもう返してしまったので確かめようがないのですが、最近「天地人」以外に読んだ歴史ものといえば「菜の花の沖」とか「蒼穹の昴」なので、別の本と勘違いしている可能性は低いので、もしかすると本当に版によって内容が少し違うのかもしれませんね。

それにしても今回の妄想(溺れる家康は上杉にもすがる)はすごかったですね~(笑)
あんなどうでもいいシーンに時間を割くなら、豊臣恩顧の福島・加藤あたりがなぜあそこまで石田憎しでいるのかを描けばいいのに。
それに、大坂城下の大名の妻子があっさりと大坂城に入っていたけど、細川ガラシャのエピや、ガラシャ自害の後、強制的に人質を取れなくなったってエピはスルーなんでしょうねf(^^;
ikasama4
2009年09月14日 20:20
くう様
ホント、どうでもよくなります(; ̄∀ ̄)ゞ

ここにきての「義」とバカの一つ覚えみたいに
言い続けてると本当にバカに見えてしまいます。

なんかバカみたいに褒めすぎです。

>ああ~。。。あれはズラですね。
>きっとフランス貴族をまねて、いっぱいズラを用意して
>あるのでしょう。
なぁるほどの納得でございます ̄▽ ̄b
ikasama4
2009年09月14日 20:20
すばる様
関ヶ原をふたつにしたのは
上杉もまた戦っているからなんでしょうけど

東北以外でも九州とかも戦があった訳で
その部分を見ても、とても「ふたつ」とは
言えないと私は考えています。

>予告の「直江殿も戦っておられます」のセリフには、
>思わず笑ってしまいましたw

上杉家の当主が誰なのか
西軍側が混乱してよう分からんなっとるっのか
スタッフの完全なるミスか

まぁ後者は確実でしょうかね ̄▽ ̄
ikasama4
2009年09月14日 20:21
rino様
こんにちはです。

>こないだ同僚に借りて読んだ「天地人」では前田慶次郎が出てきたのですが・・・?
え(゚Д゚)

>長谷堂城の戦いに敗れて撤退する際に殿軍を努めたエピはもちろん、前田家を去った後で上杉家に仕官するエピソードも書いてありました。
・・・・・完全に記憶にない(; ̄∀ ̄)ゞ

それは申し訳ありません。
こちらの完全なる記憶違いでした(; ̄∀ ̄)

私も随分前に天地人は知人から借りて読んだので
確認のしようがないのですが

おそらく、この作品で自分の中での
前田慶次郎の印象がとても薄かったんでしょうね。

あの作品で兼続が前田慶次郎と会話していた
私の記憶には一切ありません(; ̄∀ ̄)

大坂城のシーンは唖然とさせられました。
完全にガラシャはスルーですが

あれならば、描く必要はなかったですかね(; ̄∀ ̄)ゞ
SFurrow
2009年09月14日 21:43
直江状…直江兼続が主人公ならば最終回よりもメインとなるべき今回のストーリーなのに、印象が薄い……
愛姫が「猿芝居じゃ!」と言ったときは、このドラマのことを言ってるのかと思って、一瞬びっくりしました(笑)
後のミニ解説を聞いたら、直江状のコピーがたくさん残っているというのは史実のようですね。いろんな人が同じ手紙を読んでいるシーン(淀君と秀頼が親子読書タイムのように読んでいる姿は笑えた)は、それなりに面白かったんですが、当時、今のメールのCCみたいに手紙を大勢に同報するというアイデアはあったのだろうかというのが疑問。まぁそれが兼続の独創というふうに持って行きたいのかもしれませんが、それこそ前田慶次郎あたりが「こりゃ面白くなるぞ」とこっそり大量のコピーを作ってバラまいたというほうが面白い?
ikasama4
2009年09月15日 00:38
SFurrow様
>愛姫が「猿芝居じゃ!」と言ったときは、このドラマのことを言ってるのかと思って、一瞬びっくりしました(笑)
夫が夫だからあんなに毒舌キャラになったんでしょうが
ホントあれには笑わせてもらいました ̄▽ ̄b

たしかに直江状はたくさんのコピーが
残ってるそうですが、それによって
尾ひれが色々ついて元の文章の原型が
分からんなっとるそうですが
まさかこんな展開になるとは
全くもって予想外≧∇≦

>それこそ前田慶次郎あたりが「こりゃ面白くなるぞ」とこっそり大量のコピーを作ってバラまいたというほうが面白い?
でもって、これが瓦版のきっかけになりましたって
俗説もつけましょう(゚∀゚)
キッド
2009年09月15日 12:55
ikasama4様、こんにちは。
手元のあまり信憑性のないメモによれば
7月2日家康江戸着。
7月19日伏見城の戦い始まる。
7月21日家康江戸発。
7月24日家康小山着。
同日甘粕景継不在の白石城を片倉重綱が攻める。
7月25日白石城落城。
7月26日家康小山発。
となっています。
これだけでも家康と景勝の力量の違いが
匂いたってくるのでございます。

攻めてきたら包囲殲滅。
引いたら追撃戦。

どちらも互角以上の兵力で五分五分の作戦。
まあ・・・謙信なら半分の兵力でも勝ちますが・・・。
ねえ。(; ̄∀ ̄)ゞ

ikasama4
2009年09月15日 22:50
キッド様
こうして時系列に並べてみると
家康が伊達と連携を組んでいた事は明白。

それ以前に子供同士で婚姻関係を
結んでいますからバレバレなんですけどね。


まぁ敵地に攻め込んだ時点で地の利を手放すでしょうし
兼続は戦下手だし、この時点で上杉の勝ち目は
ないんでしょうけど

まぁ個人的には
上杉が会津に国替えされ
伊達と徳川の子供が婚姻関係を結んだ時点で
上杉に勝ち目はなかったかなと思ったりして ̄▽ ̄ゞ
MoTo
2009年09月18日 00:37
久しぶりにコメントいたしますが、最近ではこのドラマはダメダメっぷりが際立っていて実質40分強の放送時間が長く感じられてなりません。夏頃からは9月エンドで終わらせてくれと思う事があります。関ヶ原以降は一体どんなドラマをやるのでしょうか・・・・・、大坂の役は避けられないにしても一体何を描くのでしょうか。直江家のホームドラマを最後までグダグダと流す事になりそうに思えてなりません。

ここ最近の兼続は凄いんだとばかりに家康を貶めている展開を見ていると、全てが凄まじいほどちゃちに見えてなりません。兼続の妄想の中で命乞いをする家康を嬲り殺しにしている所には大いに萎えてしまいました。もう出来の悪いアニメか漫画を見ているようで・・・・・。敵味方問わずものすごくスケールの小さい天下を巡って攻防(ごっこ?)をやっているように思わざるを得ませんでした。
また三成挙兵を知った家康が上杉討伐軍を引き返した際に、景勝が「義にもとる」という理由で追撃をしなかったあたりではこの期に及んで何言ってんだという気持ちでした。今ここで家康を追撃すればがら空きになった隙を伊達や最上に突かれるという会津を巡る状況から来た判断ではなく、陳腐化して久しい上杉の義とやらのためとは景勝もどれだけ程度が低い事かと言いたくなりました。
ikasama4さんの文章を読んでいるとこんな大した事ない上杉主従ならば、伊達成実のエピソードでも入れてトコトン伊達からコケにされた方がいいのではないかと思えたくらいです。兼続マンセー要員でしかない上杉家臣団、それも上田衆しか居なさそうな、ならば伊達も本気を出せば念願の会津を取り戻す事も夢ではなかったのではないでしょうか。
ikasama4
2009年09月18日 22:27
MoTo様
御久しぶりです。
ホント、私も9月で終らせてくれないかなと
ちょうど関ヶ原でキリもいいですし ̄▽ ̄ゞ

このドラマのヒドサは
仰るように兼続の凄さを強調するために
周囲の人物をダメダメ君にしてしまっているところですね。

しかし、家康はまだしも
まさか景勝もその対象になるとは思ってもみませんでした。

景勝が家康を追撃しない理由に「義」をあげたのは
あれは原作通りの展開なのですが、たしかその理由に
原作では景勝の言葉に感銘を受けていたような描写だったと
記憶しているのですが(記憶違いかもしれませんが)

作品ではバカな主張と思いつつも
主従の立場ゆえ、あえて主の言葉を受け入れたかのような
描写に映ってしまった事で後を振り返ってみれば
やっぱり兼続の言う事が正しかったみたいな
それによって景勝が程度の低い人物になったみたいな
展開になったなと思います。

で、兼続のマイナス面を見せてしまう部分を
カットするために前田慶次郎や水原、安田能元は
そのために出てこないのだと思っております。

伊達成実もその一人なんでしょうね ̄▽ ̄

>ならば伊達も本気を出せば念願の会津を取り戻す事も夢ではなかったのではないでしょうか。
上杉には前田慶次郎や水原親憲、本庄繁長がいたので
それはそれで難しかったやもしれません。

この記事へのトラックバック

  • 【天地人】第三十七回

    Excerpt: 正義は我らにある。このような脅しに屈しては上杉の名折れじゃ。上杉が謀反を企んでいる堀の進言に乗って、家康による上杉討伐が行われようとしていた。兼続は、家康、及び各大名に書状をしたためる。上杉に非がある.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-09-13 22:31
  • 大河ドラマ「天地人」第37話

    Excerpt: 第37回「家康への挑戦状」 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-09-13 22:38
  • 天地人 第37回「家康への挑戦状」

    Excerpt: 関ヶ原の戦いに向けて導火線に火が付けられる時がやってきました。家康から謀反の疑いがあるというので上洛して申し開きをせよという内容なのですが、上杉からみると完全に言いがかりとしか言いようがない内容のも.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-09-13 22:51
  • 天地人 第37話「家康への挑戦状」

    Excerpt:  さあて、いよいよ関が原へのカウントダウン、有名な「直江状」の下りなんでありますが……どうなんでしょうね、これ。まあ、今週はわりとボロが少なめで、突っ込みどこもあまりなく、見た目は大河ドラマらしくまと.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-09-13 22:55
  • 天地人37 妄想大河で兼続魔王家康を退治する!?

    Excerpt: ドラクエ9面白いねぇ。 本題のストーリクリアしても、クエストとか宝の地図とかすれ違い通信で、 いつでもどこでも楽しめるしぃ。 今日なんかショッピングセンターのゲームコーナで モンスターバトルロ.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-09-13 23:31
  • 何故、攻めなかったのでしょうか??

    Excerpt: いよいよ1600年、関ヶ原の戦いの年に突入しましたね{/v/} 着々と戦闘態勢を整えつつある上杉軍。 その上杉に対して謀反の疑いをかけ上洛を迫る家康。 有力大名の前田家を謀反の罪に陥れ、故利家の妻(.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-09-14 15:44
  • 【大河ドラマ】天地人 第37回「家康への挑戦状」

    Excerpt: そして、天地人は伝説となった・・・【今回の流れ】・会津で城の建設や領内の整備に勤しむ兼続・謙信の二十三回忌法要 景勝と兼続、越後の堀が上杉謀反の疑いありと家康に吹聴していると仙桃院から聞く 兼続、謀反.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2009-09-17 09:45