赤鼻のセンセイ 第8話

え~~~、なんでしょうねぇ。

このモヤッとした感覚(; ̄∀ ̄)



子供達にとって大切な院内学級がなくなってしまうのは
大変な事だっていうのは分かるんですが


院長先生のお兄さんは淡々としているものの

新生児を救うための治療室・NICUが必要だと考え
そのためのスペースを確保するために


院内学級の廃止を考える訳なんですが


本当にスペースだけの問題なのかがはっきりしなくてねぇ。


奥歯にモノが挟まったような言い方してましたからねぇ。





子供達は病院という閉鎖された場所で孤独に過ごしています

その孤独を癒し
病気を忘れて普通の子供として過ごせるのが院内学級なんです。




そして


院内学級では
勉強して友達を作って
笑って泣いて怒って喧嘩して
色んな事を子供達はやってるんです。

あの子達はここで一生懸命生きてるんです。

僕がクビになるのはいいんです。
だけど、院内学級だけは続けて下さい。


っていう石原の今回の主張が
これまでの物語で石原が辿ってきた道に
あるんだという事が分かりはするんですが


どうもウザいキャラが前面に出てて
果たして、これまでの子供達の変化を理解していたのかどうかが
伝わりにくいとこがあります。




また、よくよく振り返れば


それに今回
院内学級廃止に反対するために
ワダッチやヤエッチが家出騒動を起こすのですが

終盤で新生児を救うために
院内学級廃止を容認するという

方針転換もいきなり過ぎてピンとこなかったですねぇ。


そもそも新生児が亡くなった話を
ヤエッチ達はいつ知ったんだろうって。



なので、全体的に未だにモヤッって感じです。



ちなみに個人的に
小林さんと尾美さんが揃うと
どうしてもあの映画を思い出して( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまう自分がいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年08月27日 22:28
>終盤で新生児を救うために
院内学級廃止を容認するという
方針転換もいきなり過ぎてピンとこなかったですねぇ
そうですねえ・・・
なんかいい子ちゃんすぎる展開というか・・・
「赤ちゃんが助かるなら」って・・あんな小さい子に言わせるのはどうなんですかねぇ・・
>どうしてもあの映画を思い出して( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまう自分がいます
私も、二人が一緒にいるわ~!!って一人で感動していました(笑
なんかこの二人が同じ画面にいるだけでドキドキしました。
rino
2009年08月28日 13:29
こんにちは。

>そもそも新生児が亡くなった話を
>ヤエッチ達はいつ知ったんだろうって。

言われてみればそうですね。
わたしは子どもたちが確か「“昨日も”赤ちゃん死んだんでしょ?赤ちゃんが助かるならあきらめる」みたいなセリフを言っていたので(確か・・・)、前半でも「昨日新生児が死んだ」と言っていて、それから数日たってまた死んだんかよ! と突っ込んでいたので、そこに気づきませんでした。
まあ・・・やけに長く病院内をさまよっていたから、どこかで騒ぎを耳にしたのかもしれない・・・ということでどうでしょう?(笑)

ただ、院長兄の「学校とは同じ歳の子が席を並べて学ぶものだ」のセリフはがっかりでした。
院内学級じゃなくても過疎化で複式学級にならざるを得ない環境の子どもたちだっているし、超少人数だからこそ学ぶことだってあるだろうに。
実際、この病院でだって、大きい子が小さい子を世話したり、自分より弱い(病気の重い)子の車椅子を押してあげたりのシーンがさりげなく出てくるし、そうやって自分より弱いものを労わる気持ちを院内学級で学んだからこそ、赤ちゃんのために我慢するという健気なセリフが出てくるのに・・・。

このドラマ、オリジナル脚本だけに、役者にあった脚本だと思うし、子役2トップの二人や他の役者さんたちの演技がうまいし、参太朗が院内学級の重さを知るエピや生徒たちが少しずつ参太朗を受け入れていくくだりや、和田っちが七瀬を信頼するに至るエピとか、結構自然でうまいと思うのに、時折立ち位置が何の説明もなく一転したりするところが惜しいですね。

それにしても、やえっちが「お前そんなに勉強好きだったっけ?」と和田っちに言ってたけど、やえっちこそベッドの上ででも勉強しないと、もうすぐ退院だし、受験だって半年後だし、院内学級の授業だけじゃやばいんじゃ??
ikasama4
2009年08月29日 01:31
きこり様
ホントねぇ。
なんか内情を知る人だけは分かってるみたいな
展開ですっごい分かりづらかったです。

死を間近で見てきた院内学級だからこその台詞というのが
物語の中でイマイチ繋がってこなかったですしね。

>私も、二人が一緒にいるわ~!!って一人で感動していました(笑
やっぱりそうですよねぇ。

やっぱ名作はいつまでも心に残るもんですね≧∇≦♪
ikasama4
2009年08月29日 01:32
rino様
こんばんはです。

たしか、私も子供達は『昨日「も」』って
言ってたような気がします。

新生児の治療が出来ない病院なのに
よく新生児が亡くなってるんだなと(; ̄∀ ̄)ゞ

お医者さんは医療の実情には分かるけど
学校関係の実情は分からないというか
分かれないとこがあるのかもしれないというとこを
描いたのかもしれません。

院内学級は法的な規制がないというトコロで
病院のトップ次第で院内学級の存続が決められてしまう

そういう問題が一因としてあるのかもしれません。

>時折立ち位置が何の説明もなく一転したりするところ
全くもってその通りでございます。
内々の方々だけは分かってますって感じですからね。


まぁ見えないとこでヤエッチも結構
勉強やってるのかもしれませんね。

入院生活は思った以上に時間はありますので ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 赤鼻のセンセイ 八話

    Excerpt: アメリカから院長のおにいさんが帰国 いきなり院内学級を見て、閉鎖を決めちゃったよ~。 とりあえず、1か月の猶予はあるものの・・・。 弟の現院長は何も言えないでいるんでやんの。 でもお兄さん.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2009-08-27 20:02
  • 「赤鼻のセンセイ」 第8回

    Excerpt:  さてさて・・・涙を流して「情けないです・・」と言い合うことしかできない参太朗(大泉洋)と絹(小林聡美)・・・ 院内学級はどうなっちゃうんですかねぇ・・・  確かに『病院は学校ではない』けどさ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-08-27 22:34
  • 「赤鼻のセンセイ」(第8話:「学級閉鎖と涙の決断!」)

    Excerpt: 8月26日に放送された「赤鼻のセンセイ」(第8話)は、桜山院長の兄(羽場裕一)が「院内学級を閉鎖する。」と言いだす、というエピソードであった。今回は「院内学級は本当に必要なのか?」という問いが投げかけ.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2009-09-02 00:33