任侠ヘルパー 第6話

前の日の事を覚えていない
でも、感情だけは残っている
それが認知症の典型

自分が認知症を知ったのは12,3歳の時

死んだおばあちゃんがそうだったんですが
当時はそういう呼び名ではなく「痴呆」と言ってたんですが

自分のおばあちゃんがそうだと分かった時
ちょっと怖かったですね。

言ってることが分からない事とか
言葉が繋がってこない事とか


ちなみにうちの父親は認知症以外に
脳卒中の血塊が出来た場所が悪くて
高次脳障害になってもうて

家族の名前が言えなくなっていたのには正直びっくりしました。

前にも以前書いた事があるんですが
うちは父親以外に母親と弟二人がいるんですが


母  親⇒「お母さん」

私   ⇒「大きい兄ちゃん」

二人の弟⇒「真ん中の兄ちゃん」と「小さい兄ちゃん」

って呼んでました。

あれから、リハビリの甲斐があって
どうにか私と弟の名前を呼べるようになったんですが
母親の名前は呼べません(; ̄∀ ̄)ゞ

ちなみに父親には妹が二人いるんですが
大分会ってなかったせいもあるんでしょうけど
妹が何人いるのか、分からない状態です(; ̄∀ ̄)ゞ


まぁ今まで分かっていた事が
分からなくなるというのは目の当たりにすると、とても怖いです。

自分がそうなるかもしれないと思うと
たしかにくじけそうですね。



そして、もうひとつ思ってました。


こういう事が知られると恥ずかしいって。

あれ、不思議ですね。

仕方ない事ですし

何より本人が望んでそうなった訳でもないんですが



恥ずかしい行為をしてるのにそれが分からない。

だから身内として恥ずかしい


それって授業参観とかで
思いっきり仕事着で父親がやってきて
確実に父兄で浮いているのにそれに気付いていない
光景の延長線にあるような感じでしょうかね ̄▽ ̄



まぁなるようにしかならん世の中ですけどね ̄▽ ̄ゞ






それから今回の中でもうひとつの軸が

年をとった事で恋をしちゃいけないのか

失ったものを取り戻して何がいけないのか



かつてはプレイボーイで浮名を流した風間さん。

足が不自由で車椅子なのに未だにヘルパーさんにセクハラしてる
色ボケジジィ

でも初恋の人に対する思いはいつまでも変わらない。


だから、彼女と歩いてデートするために
ヘルパーさんへのセクハラも止めて
リハビリに専念していったんでしょうね。





離婚してバツイチの二本橋さん。

でも別れた奥さんに対する思いはいつまでも変わらない。




二本橋の娘さんは
お父さんとお母さんと一緒になって欲しいと思う。


でも、お母さんがお父さんと別れた原因が

「そんな仕事をしてる人に家族を幸せになんか出来ない」

今の仕事って訳ですからね。


だから二本橋さんは家族とまたやり直すために
二本橋さんは組を辞めようとしたんでしょうね。




しかし、どちらもその思いを果たす事は出来なかった。



風間さんの場合は
思いを果たす前に初恋の人が亡くなってしまいました。

自分の願いを叶えれなかった悔しさ
それまで無駄にしてきた時間を悔やむものの

でも、自分には出来なかったものの

彼女が別の幸せを見つけてくれたら
それはそれでヨカッタと思う。



そして亡くなった女性が持っていた写真が
若かりし頃の彼女と風間さんが映っていた写真で

同じ写真を風間さんが持っていたというのが
たまらなく切なくなりますね。

まぁちょっと予想はしてたんですが
こういう純愛は年をとっても感動させられます。





二本橋もまた風間と同じ思いだったんですね。

本当は自分が妻と復縁して娘と三人で幸せに行きたい。

でも、妻には既に好きな人がいる。


彼女が既に別に幸せを見つけているのであれば

そこに自分が入る事が出来ないのであれば

キッチリと別れて娘にもしっかり嫌われる。


それが男のけじめの取り方

みたいな感じですかね。



そして、二人はおっぱいの大きいお姉ちゃんに走ると(爆)




コーヒーは苦いけど、だからオイシイというやつでしょうか。




そういえば、りこが吸えない煙草を吸ってみたり

苦いコーヒーを飲んでみたり


彦一の好きなものを真似してるみたいですね。


ちなみに煙草で間接キスですけど

そこでキャーキャー言わないのがりこですね ̄▽ ̄





ちなみに気になったんですが

彦一が煙草を吸ってる側にいる涼太君。


ドラマはドラマとしていいんですけど

あれって副流煙(受動喫煙)とか、気になるんですけど(; ̄∀ ̄)

まぁドラマ用に別の無害な煙にしてるんならいいんですけど。





一方、結城晶は

実は母親もアルツハイマー型の認知症だったみたいですね。


という事は遺伝(; ̄∀ ̄)?!




父方の祖父母と父親が認知症なので
そういう現実を見せられるとちとつらい(; ̄∀ ̄)






そして、どうも晶の会社では不穏な動きがあるみたいですね。


社長の病気が発覚した途端

クーデターみたいな陰謀がプンプンしてきます。


そうなると元々経営が不安なタイヨウのこの先も
気になりますが、それから結城がどのようになってしまうのか

「子供には言わないで」と言ってましたが
特に子供の顔が分からなくなってしまったら

こういうのはちょっと見るのが怖いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年08月14日 01:31
切なかったですね。。。
恋に年齢は関係ないですね。
老いてしまうと、みんな諦めてしまう。
周りも諦めさせてしまう。
亡くなる日まで夢を見られたかも知れない多恵子さんは
幸せな人かも知れないと思います。

認知症は本当に恐いですよね。
私は自分がボケてるので、かなり先行きが心配です(; ;)
遺伝は。。。私の場合は無いかなぁ。今のところ。

晶と涼太親子、晶の過去をつつく陰謀など、
ちょっとドロドロしてきました。
ドラマの色自体が変わってしまわなければいいんだけど。。。(-_-;)
ikasama4
2009年08月14日 22:31
くう様
家族がどう思うかはとにかくとして
自分の中で悔いのない生き方を貫けるのは
とても幸せな事です。

認知症は本当に怖いです。

気をつけようにも
避けようがないですからね。

>ドラマの色自体が変わってしまわなければいいんだけど。。。(-_-;)
その雰囲気が大いにありありです。

でも底辺の任侠だけはかろうじて失ってはないようです ̄▽ ̄ゞ
2009年08月15日 14:49
認知症が遺伝だとしたら、あたしもヤバい!
母方の祖母がそうだったもんなぁ…
だけど、子どももある程度成長してるし、
まぁいっかと思える部分もありますが、晶の場合は
母子家庭でまだまだ涼太も小さいし、辛いだろうなぁ。
彦一がどういう形であの母子の助けとなるのか
期待したいデス。
その一方、意外にウブなりこの想いも
彦一に伝わってほしいな~とも思うし
ikasama4
2009年08月16日 22:52
まこ様
これが遺伝だったら
とっても怖いですねぇ(; ̄∀ ̄)

それにあの年で認知症になったら
涼太君は施設に入れられる可能性が
高いでしょうからね。

そこで彦一がどう絡むのか
そこが楽しみですよね ̄▽ ̄

>その一方、意外にウブなりこの想いも
>彦一に伝わってほしいな~とも思うし
彦一とりこが結婚して
涼太を養子にして晶を介護するって線で
どうでしょう ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 任侠ヘルパー 第6話:認知症患者の恋

    Excerpt: そげなぁ~~~。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん 多恵ちゃん@木村夏江たら、何であんなタイミングで死んじゃったんだよぉぉぉ~{/face_naki/} 多恵ちゃんにとっても、風間さん@ミッキー・カ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-08-14 00:41
  • 【任侠ヘルパー】第6話

    Excerpt: 許されない事ばっかだな。年寄りってのは。惚れた腫れたに年なんて関係ねぇのによ。誰だっているだろ。好きなやつぐらい。タイヨウの入居者・風間は、女性入居者の部屋に夜ばいに行ったりヘルパーに手を出すので、み.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-08-14 01:01
  • 任侠ヘルパー#6

    Excerpt: 切なかったなあの終わり方はないだろそれにしてあの彦一の言い方はあんまりだわ冷たいんでない?この冷徹人間めそこセクハラしすぎこのセクハラおやじめあれは相談って言うのかな???涼太くんには絶対に言わないで.. Weblog: Sweetパラダイス racked: 2009-08-14 21:45
  • 【任侠ヘルパー】第6話感想と視聴率

    Excerpt: 第6話「認知症患者の恋」の視聴率は、5話の13.2%より、更に下がって、12.2%でした。お盆休みで、家にいない人が多い時期なので、仕方ないですね。来週の戻りに期待します♪ 今回は、羽鳥晶(.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-08-16 19:35
  • 「任侠ヘルパー」(第6話:「認知症患者の恋」)

    Excerpt: 8月13日に放送された「任侠ヘルパー」(第6話)は、「老人の恋」というのがテーマであった。今回のエピソードの中盤で、二本橋(宇梶剛士)と零次(山本裕典)らが乱闘するシーンが出てきた。このシーンで二本橋.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2009-08-19 23:40