官僚たちの夏 第1話

きましたねぇ≧∇≦b
シビレますねぇ≧∇≦b
かなり見応えのある作品です≧∇≦b

でもってオープニングの音楽を聴いた瞬間、私の頭の中を


鹿が走ってました ̄▽ ̄




ちなみにこの作品の音楽を担当する佐橋俊彦さんが
手がけた最近のドラマの音楽

「鹿男あをによし」



とにかく、熱いですね。




今でこそ日本の自動車は高品質なものであるものの

当時は日本は戦後の敗戦から
どうすれば復興できるのか模索していた状態で



自動車はアメリカから輸入すればいいという風潮さえあった。


それに日本の工場が作った自動車を見て
おもちゃ呼ばわりし、車と認めないと言い
挙句には日本が自動車を作る事を発想する事自体、認められないとまで言う。

宇宙事業にまで手を伸ばすアメリカという大国に
技術じゃ勝負にならないと諦めようとしていた中


このまま負けっぱなしじゃ悔しい
アメリカに出来た事が日本に出来なくない。

いつか、アメリカを見返してやる

そして自動車産業を日本の主流にする事で
日本としての誇りを取り戻す。


その夢を追いかける官僚の姿に見せられて
集まっていく人達の姿


それをドキュメンタリ風に淡々と描いた事で
物語を上手くまとめてきてます。



また、自動車工場の社長役に蟹江敬三さん。

これがチョット前にあったNHKドラマ「トップセールス」を
ふと思い出させてくれましたT∇T



『自分達が作った車が日本の道路を駆け巡る光景が浮かんでくる』



今でこそ当たり前ですが
当時の人たちにとって、それは夢だった訳ですからね。



とはいえ、そうした仕事はなかなか報われない仕事のようですが

庭野を演じる堺さんが
「我々は報いを求めて働いている訳じゃない。」


と語った言葉が印象的です。



佐藤浩市さんも堺さんもいいですが、高橋さんもいいですねぇ。

風越と同じように夢を追いかける姿が吹石さんも出演していたせいか
NHKドラマ「フルスイング」の高林先生に見えてたまりませんでしたT∇T



この三人がとてもいいですね。


最後に三人でタイヤをとられた車を押すシーン

ようやく脱した車を見送る三人。


今回、一番好きなこのシーンは
「我々は報いを求めて働いている訳じゃない。」

って台詞を物語っているような印象を受けます。



これからもそうした夢を追いかける人々の姿を見せてくれますが
一方で抜擢した人事選考に不満を抱く人物達の思惑やら

あまりにも早く夢を実現していけば
アメリカを本気にさせてしまい、結果
日本は潰されると慎重論を取る立場の政治家もいるようで。


それ以外にも時代は更なる壁が待ち受けているようですが

その中で風越達はどのように突き進んでいくのか


これからがとても楽しみな作品です≧∇≦b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年07月05日 23:37
熱いす。。。(^^;ゞ
そっか~。。。音楽は「鹿」の方なのですね。
次回からもっと真剣に聞いてみようかと思います。
1話目は人物と役者さんを見るので必死だった気がする私(__)

>一方で抜擢した人事選考に不満を抱く人物達の思惑やら

今後はこの辺でドロッとしそうですね。
しかし豪華な出演陣は文字通り豪華な本物の役者さんたち、でした^^
そこに注目するだけでも見応えありそうですね。
ikasama4
2009年07月06日 00:36
くう様
最初の出だしの曲を聴くと
鹿が浮かんでくるんです(; ̄∀ ̄)ゞ

是非真剣に聴いてみて下さい ̄▽ ̄

夢を追いかけるのがベースであり
一方で国内産業を守るのか
自由貿易を行うのか

それぞれの信念があるだけに
そこで対立が生まれていく構図は見応えがあります。

何よりこの見応えを作っているのは
豪華な役者さん達

ホントここに注目するだけでも
見応えがあって楽しいですね≧∇≦b
2009年07月06日 15:07
>オープニングの音楽を聴いた瞬間、私の頭の中を
>鹿が走ってました ̄▽ ̄

この文章みて、大声で歓声!!とともに大拍手 パンパン!!
やっぱり~~!そう思いますよね。
自動車のテスト走行の時は、なおさら顕著でした!
ikasama4
2009年07月06日 21:13
シャブリ様
>この文章みて、大声で歓声!!とともに大拍手 パンパン!!
>やっぱり~~!そう思いますよね。
ですよねぇ(・∀・)人(・∀・)ナカマ

どっかに鹿が出てこないか、探してしまいます ̄▽ ̄
2009年07月07日 12:21
スーツ姿の殿方達や、古~い昭和のフィルム等、
すっかり映像に気を取られてて、音楽にまでは
神経がいかなかったです・・・
次回は意識して聞いてみよっと
>「我々は報いを求めて働いている訳じゃない。」
官僚というもののイメージが悪くなってる昨今なので
この時代の人達の自国に対する情熱に感心でしたわー。
もちろん、今の時代もそんな思いの官僚さん達も
いるにはいるんでしょうけど
で、どうしても主要メンバー贔屓で見てしまうので
敵対する人物達に対しては、悪役っぽいイメージを
抱いてしまいがちですが、
>あまりにも早く夢を実現していけばアメリカを本気にさせてしまい、
>結果日本は潰されると慎重論を取る立場の政治家
このような考えもあるのか~と目からウロコ・・・
何にせよ、熱~い男達にワクワクさせてもらえそうな
ドラマでしたわ~♪
ikasama4
2009年07月07日 21:54
まこ様
是非意識して聴いてみて下さい。

鹿が走りますよ♪

最近の報道を聞くと
官僚の悪いイメージばかりなんですが

このドラマでは報われなくても頑張る
官僚の姿が熱く描かれてますからね。

そうやって見てしまうと
重箱の隅を突付くような報道のあり方は
止めて欲しいかなとついつい官僚に対して
贔屓して見てしま・・・う事はないか(; ̄∀ ̄)ゞ

それにしても日本を復興させる思いは同じでも
そのやり方、物の見方が色々あるのは面白いですね。

これからも楽しみです≧∇≦b
みのむし
2009年07月08日 09:56
面白かったですねぇ。
にほんの官僚があんなに熱かったなんて
今では想像もできません。
いつからこんな日本になったのか?
ぜひぜひ官僚さん達にそして選挙がどうのと
うだうだ言ってる政治家さん達に
観てほしいですね。
2009年07月08日 16:49
うんうん、鹿が駈けて行きました~♪
てか、鹿が出て来ないか待ってました~(≧∇≦)ノ彡

>自動車工場の社長役に蟹江敬三さん。
ikasama4さんとも語り合いましたね~。
あのドラマも昭和の香りが
ドラマを盛り上げてくれてましたっけ。
みんな力強かったですね。熱かった!

そう、今でこそ「当たり前」。
50年後をどう想像してたことでしょう。
今じゃ「お金にならないことはしない」人も少なくない。
何もない頃の方が良かったのかもな~なんて感じたりします。
便利なことは不便でもありますね。

「我々は報いを求めて働いている訳じゃない。」
いいですね、この言葉。
この男たちに期待です!
ikasama4
2009年07月08日 21:39
みのむし様
最近の報道を見てると
たしかに想像出来ませんね。

まぁ報道が官僚の悪い部分ばかり
取り上げる影響も強いんでしょうけどね。

>ぜひぜひ官僚さん達にそして選挙がどうのと
>うだうだ言ってる政治家さん達に
>観てほしいですね。
ですね ̄▽ ̄
ikasama4
2009年07月08日 21:39
mana様
>うんうん、鹿が駈けて行きました~♪
>てか、鹿が出て来ないか待ってました~(≧∇≦)ノ彡
同志増殖中(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)

昭和の色合いとモノクロの映像とカラーの映像を
上手く使ってましたからねぇ。

50年後の「当たり前」に向かって
走っていく官僚の姿を熱演した役者さんが
とてもよかったです≧∇≦b

>この男たちに期待です!
ですね≧∇≦b

この記事へのトラックバック

  • 【官僚たちの夏】第1話

    Excerpt: 国産自動車が育たない限り日本の産業に発展はない。アメリカに出来たことが日本に出来ないはずがない!敗戦から10年経った昭和30年。日本の道路舗装率は、まだ5%にも満たなかった。家一軒よりも車の方が高かっ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-07-05 23:33
  • 「官僚たちの夏」第1話

    Excerpt: 第1話「昭和三十年の夢」 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-07-05 23:37
  • 官僚たちの夏 第1話:昭和三十年の夢

    Excerpt: しゅてき…(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン 無私の精神で国家発展のために奔走する風越{/hearts_pink/} そんな風越から将来の通産省を担う人物だと見込まれる庭野{/hearts_red/.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-07-06 00:07
  • 官僚たちの夏 第1話

    Excerpt: 昭和30年代の日本で、奇跡の高度経済成長の設計図を描いた通産官僚たちの姿を描く。 城山三郎原作、橋本裕志脚本、平野俊一演出。 敗戦から10... Weblog: 日々緩々。 racked: 2009-07-06 00:18
  • 『官僚たちの夏』 第1話

    Excerpt: ”ミスター・通産省”の異名を取る、元通産事務次官・佐橋滋さん(1913-1993)を佐藤浩一さんが演じます。実在した官僚たちをモデルに、高度経済成長…夢の実現に向かって戦う、熱き男たちを描くんですね。.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-07-06 00:31
  • 《官僚たちの夏》#01

    Excerpt: <昭和20年。第2次世界大戦で壊滅的打撃を受けた 日本経済はわずが10年でもはや戦後ではないと 言われるまでの驚異的な復興を果たした Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-07-06 08:23
  • 官僚たちの夏

    Excerpt: 初回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-07-06 10:29
  • 官僚たちの夏 第1話

    Excerpt: 官僚たちの夏 第1話 「昭和三十年の夢」 2009/07/05(日) 21:00~ TBS (初回20分拡大) TBS日曜劇場カウンター 【原作】 【主題歌】 (初... Weblog: 飯綱遣いの部屋 racked: 2009-07-06 15:27
  • 【官僚たちの夏】第1回感想と視聴率

    Excerpt: ハードな経済ドラマでしたね。視聴率は、14.5%と、前作『ぼくの妹』より、遥かにいい視聴率でスタートしました。昭和30年代の町並みが出てきて、『ALWAYS三丁目の夕日』みたいでした。 この.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-07-06 20:27
  • 官僚たちの夏 #1

    Excerpt: 夏ドラマ何をみようかなって、いつも以上にノーチェックに近く(ドラマ的には抜けがらだったので・・)そうこうしていうるうちに、7月に入り、スタートし始めて。 とりあえず、日曜日「官僚たちの夏」をみました.. Weblog: タル★タル ソース♪♪ racked: 2009-07-07 22:48
  • 官僚たちの夏 (佐藤浩市さん)

    Excerpt: ◆佐藤浩市さん(のつもり) 佐藤浩市さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されている日曜劇場『官僚たちの夏』に風越信吾 役で出演しています。一昨日は第1話が放送されました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-07-07 22:55
  • 官僚たちの夏 一話

    Excerpt: わお~。三丁目の夕日みたいだねぇ。。。 それにオープニングが「鹿男」だし~。笑。 「ハゲタカ」の映画を見て以来、肉食系男子の汗くっさいドラマ がみてみたくなって 夏のドラマの中じゃこのドラ.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2009-07-08 08:54
  • 官僚たちの夏

    Excerpt: 周囲の評判が上々なので興味を感じ、アンコール放送(初回)と2回目を見てみました。 オープニング。疾走する鹿の大群ならぬ、怒濤の復興をとげていく街並みの早回し図に、景気よくユーモラスな音楽がイイ味.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-07-13 15:20