ドラマ化して欲しい戦国武将 「石田三成」

ちょっと調べてみると今まで
石田三成が主人公のドラマ、映画ってのがなかったみたいなんで
大河初って事でやって欲しいなぁと思いまして  ̄▽ ̄ゞ

清廉潔白でもって、それをひたすらに律儀に守るため
情よりも法と秩序を遵守するために

時に融通の利かない人物って感じに見えたりして。



それに家康はなんとなく三成を恐れていたというようなとこが
あったんじゃないかなって気がします。


まぁ恐れてるというよりかは
ほっておくと自分の死後、強大な敵になると
考えていたかもしれんです。

だから、早いうちに彼を討ちたかったのかもしれません。


かつて徳川家康が武田信玄に完敗した折
武田の者がこのような歌を詠んだそうで
「家康に 過ぎたるものが 二つあり 唐の頭に 本多平八」


それから三成が自分の知行の半分を島左近にあげたという話から

「三成に 過ぎたるものが 二つあり 島左近と 佐和山の城」

という歌が詠まれたらしいのですが
なんとなく三成が家康と比べられるような逸材だったのかなと
思ったりするんですよねぇ。



まぁそんな三成の器量を中心に描いて欲しいですね。
できれば感情を露にするような描き方だけは止めて欲しい(笑)



第一話は「本能寺の変」から始まり
秀吉の側近として賤ヶ岳の戦い、小牧・長久手の戦いに従軍し

それから秀吉により水口4万石の城主になると
名将・島左近を2万石で召抱え

官僚的な業務でもって
秀吉の政権を支えていく存在になるような感じで物語を進行と。


ここでおそらく小田原征伐での忍城攻撃が三成を大将に行われたけど
小田原城が開城しても忍城が落城出来ず
そのために三成は「戦下手」というイメージが定着してるそうですが

三成が総大将として忍城を攻めたというよりも
最初から水攻めありきで三成は秀吉に命令されたという側面が
あったのではないかと思われるところがありますからね。


そして、秀吉が天下を取った後

そこに待っているのは傲慢となった秀吉の老いとその凋落の極み。


朝鮮出兵では三成も朝鮮に渡海して参戦しますが
どうもこの戦に益がないと感じたのか
明(当時の中国)と講和交渉に及んだそうです。

ですが、この時
明と講和した事で朝鮮、明と積極的に戦っていた
福島正則や加藤清正ら武断派の反発を招くきっかけになったみたいで。


それから日本に戻ると
秀吉は甥・秀次を謀反の罪と称して処罰しようと画策
三成は秀次の無罪を主張していたみたいですが秀吉の決意は変わらず
三成は4奉行を伴って秀次の下に向かい反省の意を示すために
高野山に行くように促し、後日秀次はそれに従ったものの
結局、秀吉の決意は変わらず切腹されたみたいで。


それから秀次の死後
秀次の所領だった場所を石田三成がもらった事で
三成の陰謀によって秀次が殺されたかもしれないという
疑念をもたれる事になったのかもしれません。


で、また朝鮮出兵が始まると
再び明、朝鮮との講和交渉に奔走したらしいですが結局不調に終わり
秀吉が亡くなると朝鮮にいた諸大名の撤退に尽力したらしいですね。



そうして三成と家康の対立が表面化する訳ですが
普段から戦には消極的な態度をとり続けた三成に対して
不満を持つ方々は家康についてしまい

また官位、地位も低いながらも清廉潔白な三成の態度が
反家康派の方々の一部に不協和音を生み

それが後々の関ヶ原に繋がっていく

そんな流れになるのかなって感じですかね。



そんな石田三成を演じるのは堺雅人さん

今のところ、石田三成を演じるのは
この方において他にはおりません ̄▽ ̄b





そして、三成の妻は
個人的願望としては綾瀬はるかさんなんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ

ですが、後々のバランスを考えれば
板谷由夏さんや黒谷友香さん辺りがいいのかなと。




それから島左近には出来れば内野聖陽さんで ̄▽ ̄ゞ


2000年にあった大河ドラマ「葵徳川三代」で
夏八木勲さん演じる島左近がすごくてねぇ。

特に一番驚かされたのは
夜遅く議論をしている三成と左近らの前に虫が飛んでいたのを
夏八木さん演じる左近が虫を全く見る事なく片手で掴んだシーンは
左近はスゴイ武芸が達者なんだなぁというイメージを強く持たせてくれました。

そうした左近を超える左近を内野さんだと
見せてくれるのではないかという期待があります。


そして前野忠康
彼は前野長康の娘婿と言われ
秀次の精鋭家臣団「若江八人衆」の一人だったそうで
秀次切腹時に前野長康が切腹された後
浪人した後に石田三成に仕えています。
舞野兵庫助と呼ばれていた事から「舞兵庫」の名で知られています。
おそらく前野長康に見込まれて

その舞兵庫には小市慢太郎さんで。


三成の友とも言える存在である大谷吉継には山本耕史さん。

これは一応、「新選組!」繋がりという事で(; ̄∀ ̄)ゞ


それから豊臣秀吉には小日向文世さん

淀殿には吉高由里子さんで


徳川家康には当初、市川亀治郎さんを考えていたのですが
ここは中村梅雀さんで

本多正信さんには鹿賀丈史さんではいかがでしょう。


それから真田昌幸は橋爪功さんで。

ちなみに彼の正室の父親には諸説あるらしいのですが
最近は宇多頼忠が有力だそうで。

で、三成は宇多頼忠の娘を妻にしているので
真田昌幸と石田三成は義兄弟という関係になります。



三成の父・石田正継には奥田瑛二さんでお願いしたいです。



それと三成以外の4奉行に関しては
とりあえず前田玄以は温水洋一さんが浮かびました(; ̄∀ ̄)ゞ






このキャスティングも今やるとすればっていう感じで
考えてみました。

これに関してその他の配役に関しては
随時追加・更新する予定です。

その他、要望があればコメントに残してやってつかあさい( ̄ー ̄)/~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

SFurrow
2009年06月06日 13:35
奥田さんの石田三成を遊人庵の庵主さまが絶賛しておられますが、その奥田さんを父親役に迎えて、新バージョンは堺雅人さんってナイスアイデアですね~~
山本耕史さん@大谷吉継もいいけど、白い頭巾をかぶってしまって顔が出ないのがもったいない(笑)でも、顔が見えないことがわかりながらイケメンを使い捨てにする贅沢感、庵主様あたりお好みかも(爆爆)
過ぎたるもの二つは家康の「唐の頭に本多平八」が有名ですけど、三成のほうが時間的にはちょっと先とすれば、家康のほうがコピーだったんですね。それとも敵味方それぞれという事で言われるようになったのかな?
「南部三代」コメントのほう、投稿に気づくのが遅くてすみません。あまりにも精力的な更新の中で紛れてしまいました~
ikasama4
2009年06月06日 14:23
SFurrow様
個人的には大河に出演した
歴代の石田三成を演じた方
全員に出てもらいたいくらいで(; ̄∀ ̄)ゞ

山本さんは贅沢な使い方をしてみました ̄▽ ̄b

どちらが先か分からないまでも
家康と三成は当時から比べられる
存在だったのかもしれませんね。

ちなみに記事の終わりの方にある
「ドラマ化希望」をクリックすると
現時点での全部を見る事が出来ます。

只今、南部以外に「宇喜多直家」と
「細川幽斎」を書いております ̄▽ ̄
キッド
2009年06月07日 22:35
ikasama4様、こんばんは。
石田三成がドラマ化されにくいのは
やはり敗者というのが大きいですね。
勝てば官軍でございますから。
そして敗者なら滅びの美学というのが受ける要素ですが
石田三成の場合は理が先に来て情が薄く
命根性が汚く見えるという欠陥があります。
それだけに石田三成好きの人は少数派で
ますます・・・石田の美点に固執するので
石田に対する反感高まるばかりなのです。

近江源氏の京極氏の領地である石田村の出身の百姓で
出自定かでない秀吉とは
成り上り師弟。
そして民には優しかったという説もありますが
基本的にはしぼりとる側。
まあ・・・ものすごくドラマになりにくい・・・。
キッドのイメージではギリギリ
石田三成(山本耕史)で大谷(堺)と逆ですね。
石田「もう宣戦布告しちゃった・・・」
大谷「しょうがないなあ・・・」(ニヤニヤ)
でございまする。(・o・)ゞ
ikasama4
2009年06月07日 23:50
キッド様
こんばんはです。
たしかに敗者ですが
兼続や近藤勇が出来るんならば
石田三成もアリだろうって事で
挙げてみました。

最近はちょっと敗者ブームがきてるような
気がします ̄▽ ̄

たしかに石田三成は情よりも理の人って感じですよね。

その石田三成の内なる情を見せるならば
堺さんが適役かなと。

それにクールな堺さんもなかなかイケます ̄▽ ̄b

どちらも笑顔が似合うって感じで
小日向さんと並べてみましたが
どうでしょうかねぇ。

自分も山本耕史さんが石田三成にいいかなと
思ったりしたんですけど、ちょっと土方とキャラが
かぶるかなと思ったりしたもんで(; ̄∀ ̄)ゞ
真田丸
2016年07月08日 23:29
なにこのブログ
今年の大河ドラマの予言みたい
すごい

この記事へのトラックバック