天地人 第26話 「関白を叱る」

はい、今回の字。


で、今回のあらすじは




秀吉の誘いを断った兼続。

秀吉にその忠義を褒められて景勝&兼続は帰国しました。

で、帰国したら仙桃院から跡継ぎを作るよう催促されました






おしまい ̄▽ ̄












なんか千利休が三成によって殺されるだの

三成がいずれ天下を乱すだの


ミョーなフラグが立ってましたねぇ。

あんな伏線、やる必要があったんでしょうかねぇ。



秀吉が金で相手を釣る理由とか
秀吉と家康との掛け合いとか

面白いんです。

後、個人的に景勝の遺言。あれにもシビれました。


でも、主人公じゃないんです(爆)




それからオープニングで兼続は文才があると共に
「愛」を語る詩人だったみたいな感じ。

如何にも「愛」の人ですみたいなイメージに仕立てたいみたいでねぇ。


やっぱり今回も妻夫木の演じる兼続が
落ち着いていないというか浮ついているというか
家老という貫禄とかも含めて、腰が定まっていないですねぇ。


とりあえず、スタッフロールを見て幾つか書くとすると

家康の妻で秀吉の妹・朝日姫を演じてたのが平田敦子さん

彼女はドラマ「SP」で主人公・井上をいじめてた最強の事務員さん。


それから小早川隆景は横内正さんでしたね。




さて、書く事がないなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ



ウラ番組の体操選手と体操選手と自衛隊のショートコントが
面白くてネェ(; ̄∀ ̄)ゞ


まぁそんな感じですね。

後、こんな感じで
大河ドラマ化もしくはドラマ化を希望する武将の話を
ダラダラと取りまとめているのが楽しくてねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ



そういえば再来年の大河ドラマは『江姫』に決まったそうで。


最初、この字を見た時


『エヒメ』って誰よ(゚Д゚)?

って思ったんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ


浅井三姉妹の三女・小督(おごう)の方もしくはお江与(えよ)の方なんですね。

自分はこの「小督」の感じのイメージが強かったもんで(; ̄∀ ̄)ゞ


今度も「篤姫」の脚本を担当した田渕久美子さんが
今度はオリジナルのストーリーになるらしいですが

出来るだけ調査をした上で
違和感を感じさせない脚本をお願いします(-人-)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年06月28日 22:30
見事に3行にまとめられたあらすじに、苦笑い。
その3行目に、必要性がありませんし。
しかも「関白を叱る」のタイトルも微妙でしたし。
ホント、毎度の事ながら、中身がないドラマですよね。
いっそのこと、来年や再来年の作品に期待した方が良いのでしょうか。(^^;
ikasama4
2009年06月28日 23:11
すばる様
あまりにも無駄が多すぎるので
本筋を中心にしようとしたら
こんな感じでまとまりました。

私の脂肪並に無駄です(爆)

>いっそのこと、来年や再来年の作品に期待した方が良いのでしょうか。(^^;
そうですね。まずは来年ですね。

再来年に関しては主人公を誰が演じるのか
そこで良し悪しが決まってきそうな気がします。
2009年06月28日 23:26
私、今回は、子役時代から久々にちょっと入り込みましたよ(^▽^
やっぱ景勝と兼続の絆を描くストーリーは面白いです。

あとは。。。3行粗筋のまんまですね(^^;ゞ

お江与は、とても興味のあるキャラクターなので
ちょっと楽しみにしてます。
でも、田淵さんのオリジナルなんですね~。。。
永井路子さん原作で良いのがあるのに~。。。(-_-;)
ikasama4
2009年06月29日 18:55
くう様
あまりにも中身がなくてねぇ。

景勝はいいんですけど
最近はあの髪型を見るだけで心が萎えてもうて
(; ̄∀ ̄)ゞ

>お江与は、とても興味のあるキャラクターなので
>ちょっと楽しみにしてます。
私も楽しみにしています。

でも、田淵さんのオリジナルって事で
二番煎じの匂いがプンプンします(; ̄∀ ̄)
2009年06月29日 22:55
師匠…
3行で全てを言い尽くす豪腕に感服でございます。でも、ホント3行でたくさんって感じの中身でしたよね。
へんなフラグをいっぱい立ててましたけど、伏線もうまく回収できなくてあっちこっちで断線状態だから、どうなるのかなーっと。
でも、たしかに景勝の遺言のところは、ちょっと良かった。
主人公じゃないけど(爆)。景勝の人間的成長は、それなりに着実に感じられますのにねえ。

ところで、だれも再来年のエヒメを(笑)積極的に楽しみにしていない(すくなくとも我々の周りでは)、肯定的な意見を聞かないんですけど、これで大丈夫なんでしょうか。
それとも我々の周りの意見だけがものすごく異色なのかな?
ikasama4
2009年06月30日 15:24
遊人庵庵主様
当分の間2、3行で物語が語れてしまいそうです
(; ̄∀ ̄)ゞ

でも、主人公が主人公としての機能を果たしてない
こういう大河って悲しいですね。

脇役を輝きが完全に主人公の輝きを上回ってますね。

物語の方も多分、かなり断線すると思われます。

再来年の「エヒメ」は
まず、昨年の某姫の二番煎じに見えてしまう事

また某姫は原作ありきの作品でしたが
今度はオリジナルって事で物凄く物語に偏りが
生まれそうな気がします。

また現代と投影するような感じで。

そのギャップを埋めるにはかなり上手い
役者さんじゃないと厳しいでしょうね。
2019年05月28日 19:14
Appreciation to my father who told me concerning this weblog,
this blog is actually awesome.

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第26回「関白を叱(しか)る」

    Excerpt: 始めから秀吉の兼続に対する金銭買収の場面が始まります。しかもその場面の描写として黙々と秀吉が砂金を積んで行く姿に、これでなびく人はいないだろうなと思わせるに十分なものでした。 ここで主従関係を秀吉.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-06-28 22:47
  • 天地人 第26話「関白を叱る」

    Excerpt:  今週のお習字は「愛の詩人」。ゲー…。兼続自作の愛のポエムに乗っかって、お船兼続の過去のベタベタ映像の垂れ流しが、冒頭から。この時点ですっかりテンションがさがっちゃったんですが、内容のほうは、前回に引.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-06-28 23:01
  • 【天地人】第二十六回

    Excerpt: 殿は・・・この兼続の御為に万一の時は、ご自身の命と越後一国を賭けるおつもりであったとは・・・秀吉との緊張の対面。秀吉は、兼続と景勝の前に砂金を積み、兼続を自分の家臣に引き抜こうとした。しかし、景勝にし.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-06-28 23:18
  • 天地人26 石田三成の趣味は三つ編みだった・・とか?

    Excerpt: たったいま博多から帰ってきました。 博多の街は7月1日から始まる博多祇園山笠で大いに賑わってます。ほら、男連中のふんどし締め込みが凛々しいあのお祭りです。男たるものかくありたい。 街の.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-06-28 23:29
  • 大河ドラマ「天地人」第26話

    Excerpt: 第26回「関白を叱る」 Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2009-06-28 23:32
  • 常盤貴子目当てで見る天地人「関白を叱る」

    Excerpt: ここのところご無沙汰だったので・・・ 冒頭にいきなりお船(常盤貴子)が出できてくれました。京の訳のわからん話は終わり、舞台は越後へ。跡継ぎが出来ないと仙桃院(高島礼子)からお船は軽い叱責を受ける。同.. Weblog: V36スカイラインクーペが欲しい! racked: 2009-06-29 05:44
  • 天地人 第26話 関白を叱る

    Excerpt: 時が経つのは、早いもの 景勝達が越後に帰る日が、近づきます。 「天下の器」兼続を狙う秀吉。 器の行方や如何に。 Weblog: cogito,ergo sum racked: 2009-06-30 22:29
  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 天地人 第26話 「関白を叱る」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 20:26