アイシテル -海容- 第4話

家に帰るとお父さんもお母さんもいつのまにか弟の事を話している。
そして、こう言う。


「お前は強いな。」



学校で先生は進路の事で私に言う。



「お前はしっかりしてる。」


むかついた。


私を見てくれていない。

私の事なんか誰も分かってない。


だから、あの時
弟が大切にしていたおもちゃを勝手に捨てた。


弟なんかいなくなっちゃえばいい―――――。








今回のメインは美帆子でしたかね。


両親にかまってもらえない寂しさ

それをずっと溜めていたために
一気に爆発してしまったんでしょうね。



でも、美帆子は知らなかったんですね。

自分がどんなに愛されていたのか。

両親は同じように平等に愛を与えていた事に。



時期が時期だけに微妙な御年頃というのもあるんでしょうけど

言葉にしないと伝わらないものがあるという事なんでしょうね。



でもって、彼女はさつきの顔を見たんですが
あれはタイミングが悪いですわな。

調査官が「前向きになりましょう」って励ましてる時に
ふと、笑ってたとこを見て


それで

笑ってる⇒被害者のことなんか忘れてる

みたいなとこに極端に走りましたからネェ。

でもって
その「笑ってる」って事を両親に伝えてましたからねぇ。


あれって、よくマスゴミさんが
どこかの政治家とかの会話の一部だけを切り取って編集して
大々的に非難するやり方とおんなじって事でよろしいか(笑)


どちらにしても被害者としては
そういう風になってしまうと思います。


調査員の方々がやって来た時
被害者側の家族は自分の気持ちをこれでもかというくらい
ぶつけてました。

あれは正直、たまらんですね。

被害者側は本当は色々言いたいけれど
ずっと溜め込んでいた。

それを調査官にぶつけてしまう。

で、被害者の情報とか、色々と調査して分かっていることは
あるのだけれども、少年法とか保護法とかで言う事が出来ない

それが余計にたまらないですね。



一方で謝罪の手紙をつき返されたさつき。

自分の子供が何をしたのか「分からない」
何をどう償えばいいのかが「分からない」


加害者側(聖子を除く)は
何で分からないんだと怒りを露にしましたが
美帆子の心情に気付けなかったように


親子とはいえ相手の事を
全部が分かってる人なんて―――――ね。






今回、ちょっと前にあったテレ朝のドラマで
クワガタが出てきてちょっと笑ってしまったんですが
さつきはカブトムシを飼う事にしたみたいですね。

虫が苦手なのに

それでも飼おうとしたのは息子の心に近付きたいから。





時折、このドラマを見ていて思うのは

子育てに関して

「母親失格」という言葉。


そして、主人公の子育ての姿を見て感じた事もあり
田中さんが口にした言葉。


「子育ては苦行ですか?」



これに関しては正直、誰も責められない気がします。

それに自分は親になってもないので安直にコメントは出来ません。




それと、今回
さつきの妹が彼氏にさつきの子供がした事を
受け入れてくれたって喜んでいましたが

その彼氏は受け入れてくれても
その彼氏の両親が受け入れるかどうかはまた別でしょうからねぇ。

ここで今後何らかのいさかいがありそうな気がします。




さて、智也君に関してはきよたんとキャッチボールした事がどうもきっかけだったみたいですね。


きよたんは父親と普段からキャッチボールしていて上手かった。

でも、智也君は普段、父親とキャッチボールした事がなくて
どちらかというと下手だった。


お父さんが忙しくてキャッチボールしてもらえないだって言ったら

きよたんから

「お兄ちゃんって変だ」って。




この時、智也君はむかついたみたいで。


心理実験から
智也君は心優しい少年だけれども
どこか孤独を抱えていると言う。



この辺の真相はまた、これからの話ですね。





それからもうひとつ。


いつかゴムバンドを付けて歩ける日が来る。

いつか笑ってご飯を食べれる日が来る。


と、被害者側も加害者側のどちらも「いつか」が来る事を
願っているという事。


それって前向きになろうとしてるって事ですからね。


ただ、それには償う事も含めて

立ち止まっていては何も変わらないという事でしょうね。


このドラマでその「いつか」を見る事が出来るのか
それが今後の楽しみなところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月07日 14:15
前向きに笑える「いつか」が本当にくるといいですね。
現状を見ているととても絶望のようで底なしに沈んだままに感じます。
美帆子は爆発してよかったですよね。
先週もママが佐野パパから少し責められたことで逆に前に踏み出せてましたし
嵐のあとに太陽が見えるような感じです。
「前向きになる」とはどういうことなのか
それも含めて目が離せないドラマになっています。
やっぱり今期一番かなあ~。
2009年05月07日 21:03
こんばんは。

ホントだね、被害者家族も加害者家族にも「いつか」は来るんだろうか?
それだけ「命」の重さって、はかりしれないものなんだと思うけど。
出口のない毎日のような気がして、重くて辛い。

今回の美帆子の気持ちは、親としても、子としても
うんうん、と感じた人多いと思う。
智也とキヨタンの間に何があったのか、まだまだこれからですね。
さつきの妹の結婚も、波乱がありそうな気がするし。
重いテーマではあるけれど、私もエリぴょんと一緒で今期1番
見応えのあるドラマかな?
2009年05月08日 10:13
>でもって、彼女はさつきの顔を見たんですが
>あれはタイミングが悪いですわな。
やっぱりikasama4さんは優しい目線ですわね~。
タイミングの前に「笑う?」って思いましたもんσ(^_^;
なら「泣け」みたいなヾ(゚∇゚*)オイオイ

マスゴミのすることはいかんです。
そこんとこはおんなじ事でよろしいよ(笑)

>「子育ては苦行ですか?」
私は感じたことない(と思う。忘れてるか?)ですけど、
極端ではあるけれど、虐待死させる親も居るように、
親にも向き不向きがあるのかもしれません。
子供が大好きって人も居れば、そうでない人でも親になる。
それでも自分なりの子育てをして行くんですよね。
正解なんてない。
こういうきっかけでさつきも気づく訳ですが、
他人事ではないと見てしまいますわ。

智也が変わってしまったあの日…
何があったのか気になります。
ikasama4
2009年05月09日 00:40
エリ様
そうですねぇ。
どちらの家族も「いつか」に出会えるといいですね。
でも、そのためには
歩き続けなければならない。

これは何か「苦行」のように
見えてしまうんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ

>「前向きになる」とはどういうことなのか
>それも含めて目が離せないドラマになっています。
「前向きになる」って考えると
落ち込んでいる時ほど難しいものかもしれんですね。

ちなみに私個人では
感情を揺れ動かす出来では今期、1,2位の出来栄えです。
ikasama4
2009年05月09日 00:40
アンナ様
こんばんはです。
>ホントだね、被害者家族も加害者家族にも「いつか」は来るんだろうか?
そうですねぇ。
一生犯した罪や受けた傷が消える事はないから
一生、その苦悩から開放される事はないとは思うんですが

その重いものがいつしか自分の身体の一部となって
それに向き合えるようになった時に

「いつか」が来るんじゃないかって思います。

ただ、そこに辿り着くまでには
様々な苦痛を味わう日々を乗り越えていかなければ
ならないでしょうね。

たしかに今期の中では今のとこ、ほぼ一切の笑い抜きで
加害者側・被害者側のもつ心情をガッツリ描く事で
かなり見応えのある作品になっています ̄▽ ̄
ikasama4
2009年05月09日 00:41
mana様
優しいというか
父親が借金を作って倒れた事で
見ず知らずの債権者に頭を下げてたんで

どことなく加害者側の気持ちが
よく分かります(; ̄∀ ̄)ゞ

前向きになるには無理矢理でも
笑うって事が時には必要かなって
その時つくづく思いましたので(; ̄∀ ̄)ゞ


自分は子育ての経験というか
そもそも親になっていないので
どうとも言えないですが

少なくとも親になって子育てやってる
うちの弟君はそう思っていないみたいで
完全にバカ親やってます ̄▽ ̄

このドラマを見てると
子育ては親が正面から子供と向き合う事が
絶対に大事な事なのかもしれないですね。

この記事へのトラックバック

  • 『アイシテル~海容~』 第4話

    Excerpt: 親は無意識のうちに子供を差別してしまっているのかもしれません。それは、お姉ちゃんがしっかりしてると思ってたから。「美帆子。お前は強いな。救われるよ」父親までもが自然に娘を頼ってしまってたんですね。娘は.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-05-07 14:32
  • アイシテル~海容~ 第4話

    Excerpt: 今週は美帆子でしたねえ。一度爆発すると何らかの変化が表れいい方向に行くことが多いですね。 Weblog: エリのささやき racked: 2009-05-07 14:40
  • アイシテル~海容~ 第4話

    Excerpt: ズン!と重い。。。今回はいつになく重くて。。。重くて。。。 明日、、、、仕事始めだと思ったからか?(笑) Weblog: アンナdiary racked: 2009-05-07 20:39
  • アイシテル~海容~4話「被害者家族への手紙」

    Excerpt:     「しっかりしてるから・・」「美帆子は強いな。救われるよ・・」 何気ない一言が美帆子をを追い詰め・・ついに爆発した・。 「パ�... Weblog: shaberiba racked: 2009-05-08 22:49
  • 《アイシテル~海容~》#04

    Excerpt: 富田が、智也が話し始めたと、さつきは知らされた。 それを隣席で聞いていたのは、キヨタンの姉美帆子だった。加害者の親が、笑っている!胸が張り裂けそうだった。 さつきは、智也が、優しさで、キヨタンに声をか.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-05-09 05:01
  • 「アイシテル~海容~」 第4回

    Excerpt:  さて、ファミレスでさつき(稲森いずみ)と富田(田中美佐子)の会話を小耳にはさみ・・・ さつきが加害者の母親であると気づいた美帆子(川島海荷)は、勇気を出して振り返り顔を確認・・  そして、さつき.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-05-09 16:09