天地人 「魚津城の戦い」を勝手に妄想

織田の脅威にさらされていた上杉家ではあったが
上杉家家中の結束は固まっていた。


それにはふたつの理由があった。


その理由のひとつが
武田の最後と、その武田に対する織田のなさりようであった。


あっというまに織田に寝返った武田の者達
武田の庇護にあった神社・仏閣の焼き討ち

そしてあの武田狩りである。


あの武田が脆く崩れ去った
織田に寝返った者達は大半が処刑され
その後、彼らは地元の方から卑怯者との誹りを受けた。

上杉家中の者達はそのような誹りを受ける事は恥辱であり

また、それは謙信公が築き上げし「義」に泥を塗る事になる。


そのような恥辱を受けたくない。

寝返っても死を受けるならば戦って死んだ方がよい。


その思いが多くの上杉家中に渦巻いていた。





その理由のひとつが上杉景勝の存在であった。

以前は寡黙で何を考えているのか
分からないと揶揄された景勝ではあったのだが
この危機にあっても寡黙である景勝の姿が
この状況にあっても動じないという姿に見え

「御屋形様でよかった」という思いが家中にあった。




かつて家中が二分した上杉家ではあったが
織田信長という敵を前にして
この戦いに上杉と我が名を残そうと思う家臣達は

「越後を守る」

その一念に集約されていた。








景勝は魚津城に
吉江宗信・中条景泰・竹俣慶綱・吉江景資・
吉江資堅・寺島長資・蓼沼泰重・安部政吉らを派遣した

魚津城の軍勢、約3800に対して


一方、越中の織田軍は3月11日に1万5千の兵で魚津城へ進撃した。


序盤の戦いは上杉方が優勢であったが


昼夜を問わずに魚津城を攻め立てる織田方に
屈強なる上杉の兵とはいえ、疲労の色は隠せなかった。





4月23日
魚津城から景勝の下に文が届いた。


壁際まで押し寄せた敵方の軍勢は昼夜四十日に亘って攻めていたところ
これまでなんとか守ってきましたが最早討死の覚悟を決め申した


それは魚津城の武将の連名で記されていた。



この文を見るに魚津城の劣勢は明らかだった。

しかし、景勝は春日山から動かなかった。
正確には動けなかった。



その頃、織田信長が甲斐にいた。

甲斐に信長がいるという事は
信長が大軍をもって信濃、上野から侵攻するやもしれない。


その可能性がある限り、景勝が越後を留守にするという事は出来なかった。



今、できる事として景勝は上条政繁と斎藤朝信の両名に魚津城の支援を命じた。





それから間もなく、景勝は文をしたためていた。

書き終えると兼続に常陸の佐竹義重に送るように命じた。




それは次のような内容であったと言う。


こちらの事はご心配いりませぬ。
私はよい時代に生まれました。

最早武田は滅び、私は越後一国で日ノ本六十余州と戦います。
もし生き残る事ができれば古今無双の英雄となるでしょう
死んだとしても歴史に長く名を残すでしょう。

誠、武門の家に生まれた者として果報な事です。









5月4日、信長が京に向かったとの報せを受けて
景勝は魚津城を救援するために自ら五千の兵を率いて出兵した。


景勝は魚津城の者達と合流するつもりであった。


しかし、事態は深刻だった。


5月6日には織田軍の猛攻により
魚津城の二の丸は織田方によって占領され
入城は叶わぬものとなっていた。


その報せを聞いてすぐさま軍議が開かれた。


上杉方の武将は慌てふためいた。

「このままであれば
いずれ魚津城は落ちるであろう。

そのような城をわざわざ御屋形様が危険を冒して救う程のものか。」

「魚津城に入れなければ、何のための救援か。」



そんな中で兼続が口を開く。


恐れながら、此度武田が崩壊した大きな理由は
内部の国人衆が次々と寝返ったためでございます。

そのきっかけを作ったのは
高天神城が危機の折に武田は諸国と敵対していたために
兵を送る余裕がなく

結果、高天神城を見殺しにしました。

そして、武田方の国人衆は武田に対する不信感を露にし
そうして離反と相成りました。

なれば、武田の二の舞にならぬために
ここは魚津城に兵を送るべきであると
考えまするが如何に?



誰も兼続の言葉に反論する者はいなかった。








それから上杉軍が魚津城の東側にある天神山城に入ったのは
5月19日の事だった。


一方の織田軍は魚津城を攻める事もなく
ただ城を包囲するばかりで一向に動く気配がなかった。


景勝は天神山城から魚津城を眺めていた。





織田方の兵士は上杉がこの天神山城に来たとしってか
魚津城に対する攻撃は収まっていた。



一方、とはいえ援軍に来た上杉軍も何も出来ないままでいた。




――――これが織田のやり方か。



あれから景勝は兼続らを通じて
織田の戦い方を探ってきた。


そこで彼らが多用したやり方が篭城戦であった。


大軍をもって城を取り囲み、補給路を遮断するや
後は時間をかけて将兵を追い詰めていく。



かつて織田方はひとつの城を落とすのに
篭城戦で1年10ヶ月もの時を費やしたという。


そのような事が出来るのも
それだけの兵と物資があるから

すなわち、それだけの銭があるからであろう。








それが分かっていながら
兵力・物資共に圧倒的な差を見せ付けられ
何も出来ない自分に歯がゆい思いをかみ締めていた。






それから間もなく景勝の下に
信濃の森長可、上野の滝川一益が
越後・春日山城に向けて兵を動かしているという報せが届いた。




それを受けて真っ先に越後・春日山城の撤退を意見したのは他ならぬ兼続だった。





こうして魚津城を守る者達は敵方に越後の地を踏ませぬため。

越後を守るために魚津城の将兵は戦っておるのです。


それが、此度の件で春日山城が敵方に攻め落とされでもしたら
我らの立つ瀬がございませぬ。


御屋形様がここまで来られた事で
それ相応の大儀は果たせた事でしょう。


ここは越後を守るために御決断を。




景勝は兼続をしばらく睨みつけていたが
その言を受け入れた。


それから景勝は魚津城の武将に
城を明け渡して降伏しても構わないとの文を送った。




5月27日
景勝ら一向は越後へ帰国した。


まもなく魚津城へ送った使者が戻ってきた。



「我らはこの地で織田勢に上杉の生き様、得とお見せ致します」










これ以降、景勝の眉間の皺は生涯に渡り消える事はなかった。











それから魚津城に立て籠もった
吉江宗信・吉江景資・中条景泰・竹俣慶綱・寺崎長資
蓼沼泰重・山本寺景長・安部政吉らは全員

自分の耳に穴を開けて、その耳と
自分の名を書いた木札を縛り付けるや一斉に自刃して果てた。

そうして魚津城が落城したのは6月3日。


それは本能寺の変の翌日の事であった―――――。








さて、今回は「魚津城の戦い」でございます。


この戦いに関してはWikipediaの「魚津城の戦い」を参考にしております。

また、佐竹に宛てた景勝の文に関しては
こちらを参考にさせて頂きました↓
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-224.html

まぁ読んでみると分かると思いますが
これは遺書みたいなもんですね。

それだけ、越後は追い詰められていたという事なんでしょうね。

ちなみに佐竹と上杉は
かつて北条と戦うために同盟を結んでいた事がありましたので
そうした経緯から文のやりとりをしていたのかもしれません。

また、直江信綱が殺害された時に
殺害された山崎秀仙は元は佐竹氏の家臣だそうですしね。




とりあえず、景勝はこの魚津城で
織田方の戦の仕方を垣間見たという感じで

適当に屁理屈をこねてみました(; ̄∀ ̄)ゞ



後、魚津城の援軍に関しては
武田方の滅亡のきっかけになったとも言われる
高天神城との対比にしてみました。

もう重ねるもんはガンガン重ねてます ̄▽ ̄



ついでに眉間の皺に関しては
ふと「花の慶次」を思い出したので(; ̄∀ ̄)ゞ






さて、そろそろネタが厳しいかなぁとか思う今日この頃ですが(; ̄∀ ̄)ゞ






とりあえず、ネタが切れたときのために

「ドラマ化して欲しい歴史上の人物」って感じのコーナーでもやろうかなと。

最近は天下を獲った人物よりも
そういう人物を支えた人物を描いた作品が増えてきているようですからね。

まぁ正直、何でもありって事かもしれんので(; ̄∀ ̄)ゞ


とりあえず、今後は名前は知らないけど実はスゴイ人とか
名前は知られているけど、実はこんな事もしてましたみたいな

そういう方をガッツリ紹介するのも面白いかなと思い
只今、何人かを調査中です。


まぁ人の数だけドラマがある訳ですからね。

多分、ネタに困ることはおそらくないと思います。

当面は戦国時代で進んでいく予定です ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

taira
2009年05月02日 17:58
私、、今の大河 必ずしも全面否定 ことごとくコケにする気はないし、前回もけっこう観れたと個人的には思っています。
でも  ikasama4さんの妄想のほうがはるかに面白いですね!

まず兼続の進言にある「恐れながら、此度武田が崩壊した大きな理由は内部の国人衆が次々と寝返った・・・・」のくだり
非常に面白かったです。   まさに究極のジレンマ
戦国大名といえど所詮は、町内会の会長程度の権限 絶えず部下に気を使わねば、すぐ反乱が起きる 
その点、 信長が部下を道具のように使い捨てしたのは異質ですね  あの強気は何処から?
信長の支持基盤は他とは違ってたのでしょうかね?
確かに彼は明智にしろ秀吉にしろ、国人衆というより彼自身の 根無し草みたいな人への抜擢が多いわけですから。
でも度が過ぎては、、、結局ああなったわけだし。

織田の南、西からの同時攻め これは将棋の王手飛車ですな!(笑)  魚津を救えばgame over
taira
2009年05月02日 18:00

秀吉が持久戦が得意というのは有名ですが(無駄な戦死者を少なくして、相手を干上がらせる)、そもそも秀吉自体がいた織田軍、、、持久戦を可能にしたのはその財力  これは今まで気づきませんでした

さてその後、上杉滅亡寸前のところで 例のあれが起き、、、、そして上杉は関ヶ原まで、戦国大名の重鎮として君臨できるわけですが。
不思議ですね  此処にも歴史の、、因縁、因果の不思議を感じます。
そもそも織田が滅亡寸前のときに信玄が急死し、その後パラダイムががらっとかわり織田の天下となる。
今度は、その武田の好敵手だった上杉が同じようなときに 信長がああなってしまい歴史が変るんですからね。
ここら辺の綾をみるとぞくっとするほど興奮します。

ドラマ化して欲しい武将は庵主様のところでも、お話したように いまのところ 長宗我部盛親と桑名弥次兵衛の悲話
義理と人情の狭間に苦しむ弥次兵衛 最期は自殺的戦死だったようです、、、ハハハ 書いててまた泣けてきました・・・

taira
2009年05月02日 18:03

ikasama4さんおお話いただいた立花氏のお話もいいですね、、、、私も今までまったく存じ上げませんでした。
その後調べると 関ヶ原で島津がほうほうの態で敗走するのを、部下が今なら積年の恨みを晴らすチャンス(九州ではライバル同士)と攻撃を勧めるのに、武士の義に反すると見送ったそうで、、、   後年、島津がその恩返しをしたとか  いい話だなと思いました。
キッド
2009年05月03日 09:44
ikasama4様、おはようございます。

若き主従、景勝・兼続ペアは
もう死に物狂いの天正十年五月でございますね。
新発田の乱の背後には蘆名があり
蘆名の背後には伊達があるわけですが景勝は
よりによって蘆名に新発田の牽制を頼み込んだりしている。
信濃には森が進出し、すでに越後国境に兵を集めている。
上野には滝川一益が進出し、すでに前衛が越後に侵入を始めている。
いくら内戦防御とはいえ・・・多勢に無勢の極みです。
そこで始まった越中最後の砦・魚津城攻防戦。
もはや残されたのはゲリラ戦のみ。
吉江宗信などは能登国境の前線に取り残されて織田軍に袋だたきになっています。
多くの武将たちも一向一揆の残党と山に潜むのが精一杯。
もはやこれまで・・・
と越後のすべての武将が思った・・・。
そしてすべての武将が眉間のしわが消えなくなってしまった・・・
と妄想して爆笑してしまったのでございました。
ikasama4
2009年05月03日 23:04
taira様
私も今年の大河を全部否定しようとは思わないのですが
今年の大河は直江兼続を描くというよりも
直江兼続の考え方に共鳴した方の思いが
直江兼続とはこうあるべきみたいな感じで
描いているとこが目立つようで。

それがどうもハマれなくなってきてる要因のひとつだと思います。

信長に関しては優秀な方は出世させる
一方で無能な家臣は譜代の家臣といえど
容赦なくリストラしてますからね。

そういった能力主義なとこが強かったんだと思います。
また、信長は古い慣習に囚われたくないというとこも
あったりして、それがこの時代の古い慣習を守ろうと
する方々に対して気分を害したというとこも
あったみたいですしね。
ikasama4
2009年05月03日 23:05
aira様
ドラマではたしかに魚津城に兵を出す事は
命取りになるのかもしれませんが、改めて考えてみると
春日山城を出立してから越中・天神山城に到着するのに
15日もかかっているという事から

今回の兼続が言っていた策のように
城を空ける事で南・西の織田を誘い出して
織田が動いたところを反転して春日山に戻り
織田を撃とうとしたというのは十分に考えられそうです。

ただ、悪天候で足元がよくなかったって事も
考えられなくはないですけどね。

織田の力の源は銭でしょうね。
上洛した際に堺などの町を治めるようにした事から考えると
信長は早くから銭に目をつけていたと思われます。

そこで楽市楽座や関所の廃止とか
後、流通のために道を整備したという話もありますからね。
ikasama4
2009年05月03日 23:05
taira様
それにしても歴史というのは
振り返ってみれば面白いものですね。

武田、上杉、織田、豊臣
そうやって天下は転がっていくのですが
その時の当主の死によって転がってしまうのが
なんとも、その人が築き上げたものの

その人がいなくなった後の基盤を
誰も整えなかったというとこに繋がっていくような気がします。

長宗我部のお話、いいですね。
一度キャスティングとか真剣に考えてみたいですね。


立花の話は宗茂のみならず
彼の父や養父、その家臣にいたるまで
逸話が満載で物語には事欠かないと思います。

次回は
妄想するにしても「本能寺の変」ですからねぇ。

とりあえず、「本能寺の変」に関して
色々とネタを考えてみます(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009年05月03日 23:06
キッド様
こんばんはでございます。
そうですねぇ。
景勝と兼続はこの頃、必死だったのでしょうねぇ。

織田に新発田、その陰に葦名に伊達と
苦労していたことでしょうねぇ。

織田軍はじわじわと上杉を追い詰めるつもり
だったかもしれませんし

雪が降る前に一気に攻め落とすつもり
だったかもしれまんし

どちらにしても風前の灯であった事を
覚悟していたのでしょうね。

>そしてすべての武将が眉間のしわが消えなくなってしまった・・・
それ、いいですねぇ。

おそらくここからは兼続の謀略コーナーが始まる予定です。
まずは葦名から ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック