臨場 第3話

刺殺された遺体が発見された。
現場ではあちこちに血痕が残されていた。

遺体を検視した倉石の「見立て」では

・刃物は小型のナイフ
・犯人は左利き


間もなく犯人とおぼしき人物が逮捕された。

その人物は右利きだった。


周囲は今回ばかりは倉石の見立て違いだと噂した。


それを知った倉石は言う。
「俺の見立てとは違う」



それから間もなく現場に残されていた血痕を
DNA鑑定したところ、それは逮捕された男と同じものだった。

しかも、そのDNAの塩基配列は
100万人に一人という珍しい型だと言う。


これで周囲はこの事件は
あの男が犯人だと確信していた。


ただ、一人。
その結果に対して、別の方法での鑑定を主張した人物がいた。


他ならぬ倉石だった―――――。






相変わらず、豪快な倉石さん。
ちょっと泥酔気味かなぁって時に

仕事ってとこで
頭から水を浴びてトマトを食えば
どうにか働けるみたいです(笑)



さて、今回のメインは血液型とDNA


私もあの話は2,3年前くらいに聞いた事があります。

多分、何かの漫画(ドクターK辺り)だったかなぁ

O型とB型の親からA型の子供が生まれる事がごく稀にあるそうで。


今までにそういう事は絶対にないって
よくどこかの推理小説(多分、時代背景が昭和初期の作品)とかでは
そういう風に言っていたからそういうもんだと思っていたんですが

実際にはそれがあるって事のようですね。



今回、逮捕された男性は離婚暦があり

それは自分がO型で妻がB型で
そこから生まれた子供がA型だった事と

「B型とO型からA型の子供が生まれるはずがない。」
当時、医者がそう断言した事で

妻は浮気をしたんだと信じて疑わず
妻に暴力を振るい、そして離婚した。


それからリストラされてホームレスになったある日
新聞のある記事に
「B型とO型からA型の子供が生まれる事がある」
と書かれていたために

あの当時から自分がずっと妻を怨んできた事と
妻にしてきた事を思い、震えが止まらなくなり

自分の息子かどうか確認するためにDNA鑑定があると
あったものだから

どうにかしてDNA鑑定をしようと試みようとしたその矢先


彼は自分の息子が人を殺してしまう現場を見てしまった


それで、思わず息子を庇った。


それで逮捕された男は刑事さんから
DNA鑑定によって事件現場に残されていた血痕が
自分のものと一致したと知らされた時

それが息子のものだと知っていた男は
息子はまぎれもなく自分の息子だと分かって

息子の罪を被る決意をしたんでしょうね。




自分が離婚したから息子をこんな風にしてしまった。




まぁ今までの罪滅ぼしという思いもあったんでしょうけど


でも
血液型が違ったから離婚して
DNAが同じだから親子になろうとする


「血の繋がりじゃない。一緒に泣いたり笑ったりした時間が親子を作る

お前にそれがあったか?」


佐倉さんのこの言葉が響きますねぇ。



「おまえなんざ父親じゃねぇ。とっとと失せろ。」


この時の倉石の目がいつになく鋭かったような印象があります。



状況が変だったら一番堅い物を疑う

周りがなんと言おうとも
最後まで自分の「見立て」を信じ貫く


相手を信じ抜く自分の「見立て」というのは
とても難しいものかもしれません。



ちなみに今回の犯人の動機は
自分は就職できなかったのに同級生は就職できた
そのやっかみで、元々は嫌がらせのつもりで
殺すつもりはなかったのですが
結果的に人を殺してしまった。


刑事さんも言ってましたが


「人生なんて他人と比べるもんじゃないのになぁ。」


自分も何か厄介な事がやってくると、こういう言葉を思い出します。



最後にいつも事件現場に戻っている倉石
あの場所で彼は何を思うのでしょうか。

色々と彼の行動には謎が多くて
今後、こういう彼の行動は明らかになってくるのでしょうかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年04月30日 13:11
今回も死者が語る真実を信じ、けして妥協しない
倉石がステキでしたわ~
そして、捨てた息子をかばって自首する父親…と
一見お涙頂戴の人情話になるところに
「おまえなんざ父親じゃねぇ。とっとと失せろ。」
と倉石の厳しい一喝!目からうろこでした
ikasama4
2009年04月30日 20:27
まこ様
DNA鑑定の結果が出たら
フツーはそこで反論のしようがないですが

倉石は少しでもその可能性があるのなら
とことん突き進む姿はある意味、スゴイですね。

>一見お涙頂戴の人情話になるところに
>「おまえなんざ父親じゃねぇ。とっとと失せろ。」
>と倉石の厳しい一喝!目からうろこでした
ここに最後まで信じた人と
信じれなかった人との差があるのかもしれませんね。
2009年04月30日 23:24
>周りがなんと言おうとも
最後まで自分の「見立て」を信じ貫く
倉石のブレなさかげんが尋常じゃなかったですね(笑
相手を信じ、自分を信じる、倉石のこの強い信念はどうやって培われたのか・・・
知りたいですねぇ~
>最後にいつも事件現場に戻っている倉石
あの場所で彼は何を思うのでしょうか。
私も毎回気になっています。
事件は無事終わったのにいつもほっとした顔をしていませんよね。
いったい何を考えているのか・・知りたいものです。
SFurrow
2009年05月01日 06:57
こちらすっかりご無沙汰してしまっております
「天地人」の「ウラ脚本」もすごく楽しみにしています!
「臨場」は科学関係が難しいので、原作を先に読んで予習しながら見ていますが、なんか原作よりも脚本のほうが良く出来ているのでは?という嬉しい驚きです。
そして原作には倉石の家族や個人的な背景は詳しく描かれていないみたいなので、ドラマでどういうふうな展開になるのか、とても楽しみです。
科捜研の白衣の人が、風林火山の小笠原殿だったので笑えました。
ikasama4
2009年05月01日 12:40
きこり様
DNA鑑定すらも疑うというのは
正直、驚きました。
でも、鑑定方法によって
結果が異なるというのには驚かされました。
倉石はいつから、そこに気付いていたのか
恐るべし「目」を持っていますね。

>事件は無事終わったのにいつもほっとした顔をしていませんよね。
そうですね。
そこが自分もとても気になります。
ikasama4
2009年05月01日 12:40
SFurrow様
>「天地人」の「ウラ脚本」もすごく楽しみにしています!
そろそろネタ切れに近いかと(; ̄▽ ̄)ゞ

>なんか原作よりも脚本のほうが良く出来ているのでは?という嬉しい驚きです。
ドラマは原作をアレンジしているみたいですが
なるほど、それはドラマを作る方にとって
嬉しい言葉です≧∇≦

>科捜研の白衣の人が、風林火山の小笠原殿だったので笑えました。
私も気付きましたσ ̄∇ ̄
ちなみに今回、逮捕されたホームレスの方は
真田幸隆さんの義兄です ̄∇ ̄

この記事へのトラックバック

  • 臨場 第3話:真夜中の調書 残されたDNAの謎

    Excerpt: 倉石の見立て、お見事!( ̄ε ̄〃)bグッ!! 犯人は左利きである筈なのに、容疑者の男@河西健司は右利き・・・ 周囲は見立てが外れたと噂する中、倉石は真犯人は別にいると確信し、 血液型に秘密があると.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-04-29 23:44
  • 臨場3 警察鑑識課は「野比のび太」状態ですか?

    Excerpt: VINYL COLLECTIBLE DOLLS のび太 最近のドラマの中でも久しぶりに、面白い!と思える今日のドラマでした。 だからストーリなど書いても楽しいかなと云う気になった。 .. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-04-30 00:37
  • テレビ朝日「臨場」第3話:真夜中の調書 残されたDNAの謎

    Excerpt: 今回も「倉石の見立て違いか?」な展開。そして、倉石の、説明不足で、コミュニケーションを拒絶する態度。それには、何か理由があるのでしょうか? Weblog: 伊達でございます! racked: 2009-04-30 01:25
  • 「臨場」 第3話  「真夜中の調書」

    Excerpt:  さて、今回は団地の自転車置き場で見つかった死体・・・ですョ。 「かくれんぼ」でかなり飲んでいた倉石(内野聖陽)は「臨場要請」の電話を受け、 頭から水をかぶり、トマトにがぶついて、酔いを醒ましてま.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-04-30 23:30
  • 《臨場》★03

    Excerpt: 団地の駐輪場で、男が殺された。 ごみ出しをしていた井上さんが、がさごそと音がするので、横を見ると、防止をかぶった男が、顔を持ち上げた。鼻血が見えたので「鼻血!」と言うと男はあわてて逃げ出した。 そこに.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-05-01 08:33