天地人 「御館の乱」を勝手に妄想

上杉謙信が亡くなった。
上杉謙信の後継と目されていたのは謙信の二人の養子。
一人は謙信の姉・仙桃院の子である上杉景勝
もう一人は北条氏康の子である上杉景虎


家中は景勝派と景虎派で二つに割れた。


そして家臣同士の争いにより越後が血で染まった。




樋口兼続は景勝の側にあった。

当初、兼続はこの戦で景勝と義兄にあたる景虎が争う事に戸惑いを覚えていた。

しかし、そんな兼続の迷いを察してか
謙信公より仕える『重臣』達が兼続を叱り飛ばす。


「この戦で負ければ、その者に待っているのは死のみ。」

「そのように迷うておって御中城様を死なせたとあらばそれこそ不忠の極み。」

「御中城様のために御主はただひたすらに忠義を尽くせ!」



その言葉に押されるように
兼続はそれまでの迷いを忘れてただひたすら景勝のために働いた。


景勝様こそが上杉家の当主にふさわしい人物であると信じて。





しかし、その『重臣』達の思惑は違っていた。






それから、景勝と景虎の争いは
武田・北条・葦名・伊達をも巻き込んだ騒乱となったのだが

北条と同盟を結んでいた武田が兼続や揚北衆・新発田氏の活躍によって
武田が景勝と同盟を結んだ事で勝負は決まった。



また、新発田氏をはじめ有力な諸将が景勝方についたのは
安田顕元の調略によるところも大きかった。


一方、窮地に追いやられた景虎方は
頼みとする諸将が戦死した事で景虎は降伏する事を決めた。

そこで、上杉憲政を使者にして息子・道満丸を人質に
送り出すことを決め、その使者を景勝方に送った。


その知らせを受けて春日山城の本丸にいた景勝も兼続も安堵した。


これでようやくこの争いに終止符が打たれると。





しかし、事態は思わぬ展開を見せた。


春日山城に向かう途中の上杉憲政と道満丸が
何者かの手によって殺害されたのだった。






その悲報を受け取った景虎は最早この地で
生きていく術がないと悟り妻・華姫を連れて
北条の下へ向かうために御館を出た。


それから間もなく主を失った御館はその日のうちに景勝方によって落城した。



間一髪の危機を逃れた景虎は自分を推してくれた
堀江宗親が守る鮫ヶ尾城に入城してこれから、北条へ向かう道を模索していた。






だが、この時、景虎は知らなかった。






堀江宗親が既に景勝方に内応していた事を。







景虎が鮫ヶ尾城に入城した頃、景勝と兼続は
道満丸の訃報と御館の落城の報せを聞いていた。


愕然とする二人。



「何故そんな事が起きたのか?!」



春日山付近では
景虎様がどうなっているのかも分からない混沌とした状況にあった。





その時だった。




鮫ヶ尾城が燃えているとの知らせが入ってきたのは。




しばらくして二人の下に入ってきた報せによると
上杉景虎が鮫ヶ尾城が入城。

だが、鮫ヶ尾城城主・堀江宗親は既に我らの方に寝返っていた。

堀江宗親は景虎が入城するとすぐさま景勝方に報せを送り

それを受けた諸将が一斉に鮫ヶ尾城を攻め立てた。

この状況に観念したか
上杉景虎は城に火を放ち妻・華姫と共に自害したと言う。




報せを聞いた後、景勝は燃え盛る鮫ヶ尾城を見据えたまま微動だにしなかった。


――――殿が泣いておられる。



兼続はそう思った。


戦国の世とはいえ、義理に兄をそして妹を自分が殺してしまった。

その悲しみを決して忘れぬようにその胸に刻み込んでいるのだろう。


兼続の視線は主と同じものを見ていた。



しかし―――――。



兼続はある違和感を感じていた。



武田と和睦した事で
大局を決した事を悟った景虎様は降伏するとの報せを受けていた。

そのために息子の道満丸君を人質に差し出そうとしていた。


それがどういう事か、道満丸君は殺害されてしまった。


降伏も出来なくなった景虎様はもう逃げるしか手はなかった。


逃げるとすれば実家の北条の地。


しかし、周囲の城は既に景勝様の御味方となり

この辺で景虎様の味方となる方は堀江宗親が守る鮫ヶ尾城しかなかった。


しかし、堀江宗親は我らに寝返り
そして、景虎様が鮫ヶ尾城にいると分かるや
我らの軍は鮫ヶ尾城を包囲し、総攻撃をかけ景虎様の自害に追い込んだ。


まるで、景虎様がそこに逃げ込むのが分かっていたかのように。



これはもしや
景勝様の意向を無視して
景虎様を亡き者にしようとした者がいたのではないのか―――――。







同じ頃、春日山城の二の丸から
赤く染まった鮫ヶ尾城を見ていた『重臣』達がいた。


その光景に『重臣』達は笑っていた。


「これで邪魔者がいなくなったな。」

「それにしても道満丸様まで斬り捨てるとは」

「なんの。生かしておいては後々の遺恨となるやもしれぬ。
災いの芽は摘み取るのみ」

「左様。これで我らが願いが成就されるようになりまする。」





彼らの願い―――――上杉家の全てを自らの手で牛耳る事。



上杉謙信は圧倒的な強さとそのカリスマで家臣団と統制していた。


また、謙信は内政にも優れた人物でもあった。

越後では青苧(あおそ)が日本一の産地であったと言う。
青苧とは植物の一種でカラムシとも呼ばれ
茎の皮から衣類、紙、さらには漁網にまで利用できる繊維をもっていた。
謙信はこの青苧に目をつけ、衣類の原料として海路をつかって
京の都などで販売し、莫大な利益を上げていた。

敵国の領土を奪う事なく数々の戦が出来たのも
こうして得た莫大な金があったからである。



『重臣』達が景勝方についた本心は
無愛想で無口な景勝を暗愚な将だと見たからだ。


そのような男が当主となれば
我ら家臣の手で上杉家の執政を取り仕切る事が出来る。

そして、それにより謙信公が築いた莫大な金をも手にする事が出来るのだと。



一方で聡明な景虎が上杉家の当主になる事は
『重臣』達の野望を達成する上では邪魔者でしかなかった。




才覚の優れた兼続とはいえ
この混乱した政局となった最中で『重臣』達の思惑に気付く余裕がなかった。



無論、この後に『重臣』達の思惑によって
上杉家に更なる悲劇が起こる事に気付くはずもなかった―――――。














さて、あまりにも出来栄えがきっついので
私の方で色々と妄想した「御館の乱」をお送りしてみました。




とりあえず、ドラマがなんかキレイキレイやってるから

個人的にはドス黒い部分が欲しいなと思っていたら
こんな感じになりました(; ̄∀ ̄)ゞ



かつて越後の当主・長尾晴景が力不足のために
国人衆の反乱によって国が荒れていた中

その乱を鎮めるために一部の家臣達は晴景の弟である長尾景虎を担いだ。

景虎は14歳にしてその圧倒的で次々と国人衆を撃退し、反乱を鎮めていった。


その強さに家臣達は惚れ、景虎殿を主にしようとする動きが出てきた。


だが、景虎の兄・晴景が長尾家の当主である以上

それは内乱の火種でしかなかった。


景虎に当主になる意思があったかどうかはよく分かりません。


しかし、晴景は家督を景虎に譲ります。

それはおそらく周囲からの圧力(=家臣からの圧力)があったからなのでしょう。



そうして、景虎は19歳にして長尾家の当主になったのですが
当主になってみて初めて分かった事。


それは家中で所領を巡っての内部抗争が絶え間なく続く現実だった。



謙信の実力が認められても、しばらくはその内部抗争は絶えなかったみたいですからね。


そこで謙信は色々と苦心していたみたいで
どうにかこうにか、そうした内紛が落ち着いたかなと思っていたんでしょうけど


表面には浮かんでこなかっただけで、その内紛の膿が確実に広がっていった。



それが御館の乱で一気に浮かび上がってきたってとこでしょうかね。


それに長尾家は元々越後の守護職にあった上杉家を補佐する守護代の家柄なのですが
為景の代になると守護職を上杉定実にして、彼を傀儡同然に操っていましたからね。




そうした歴史を繰り返されようとしていた過程がこの御館の乱だったのではないかと
思ったりしたりするんですけどね。


景勝が養子となった事で家中で勢力を伸ばしてきた上田長尾家と
上杉謙信の母の実家という事で家中で一番の勢力を挙げてきた古志長尾家との争いは
正しくそのものって感じですし

このドラマでも直江景綱が自分の娘を謙信の妻にして
上杉家の跡継ぎを生んでほしいと願ったみたいなとこも
結局はそうなれば、もし、その娘が生んだ子が跡継ぎになれば直江景綱は外祖父になり
家中でのかなりの影響力を及ぼすことが出来ますからね。



ちなみにネタバレしますが
このような内容を書くにあたってある物語が思い浮かび
物語の構成に関してはそれを結構参考にしております。




大河ドラマ「北条時宗」



あれはかなりハマった作品です。

何せ、史実では病死する方々のほとんどが暗殺されてましたからね(笑)


若き北条時宗が老臣・重臣達の思惑によって翻弄され
身内の者を殺害されていく光景に苦しむ姿が印象的でした。


そうしたところがこの上杉家とイメージが重なってくるんですよねぇ。


また、景勝方にある安田顕元。

御館の乱では景勝に誓詞を差し出して景勝側についた忠義に篤い人物で
彼は戦に勝てば絶対に恩賞がもらえる事を約束して

新発田重家や堀江宗親、毛利秀広らの寝返りに成功しております。

また、上杉憲政が死んでしまった際
これを憐れんで憲政の遺体を丁重に葬ったとも言われています。


その彼がどうなったかというと
寝返りの見返りとして約束したはずの恩賞を
景勝は約束したものの、重臣達の反対によって恩賞は空手形となってしまいます。


安田顕元は必死に景勝や重臣に掛け合ったものの
この争いで上杉家の基盤が弱体している最中、若き景勝にとって
この状況を乗り切るには重臣達に頼るしかなかったために
景勝は重臣の意見を採用しました。


その結果に責任を感じた安田顕元は自害します。



その安田顕元の姿が
「北条時宗」で幕府内の派閥争いに巻き込まれ自害した宮迫博之さん演じる北条義宗と
これまたイメージが重なったもんで(; ̄∀ ̄)ゞ



まぁとりあえず、こんな感じです ̄▽ ̄


妄想がベースなので多々至らない点がありますが、その辺はご容赦を(-人-)


今期の大河はこのザマですので(  ̄▽ ̄)ゞ
気が向いたら、ボチボチこの続編とかやっていく予定です。


あくまでも予定ですけど(  ̄ノ▽ ̄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

キッド
2009年04月11日 00:15
ikasama4様、こんばんは。

ふふふ・・・仁義なき御館の乱・暗黒死闘篇でございますね。

キッドとしては幼くして父を暗殺された景勝を
もう少しドス黒く考えておりますので
また別の展開になっていくのですが
こすっからく
意地汚い
上杉家臣団の行状を考えると
こういう内幕も充分リアルでございまよね。
なんてったって悪の代名詞「越後屋」のふるさとだし・・・。
田中角栄父娘を生んだ土地柄でございますから。

まあ・・・キッドは平頼綱・・・いやオレザク・・・もとい
景勝が暗愚の仮面をかぶった戦国最後の悪党で
あることは確実と思っています。
ikasama4
2009年04月11日 18:16
キッド様
こんばんはでございます。

私も景勝さんにはドス黒く染まって
もらう予定にしておりますデス

どこまでドス黒くなれるか
この辺が微妙なとこではあるんですが

そこから兼続をどのように
方向付けするのかにちょっと苦労してます。

出来れば、今からでもあのドラマには
景勝には平頼綱を彷彿とさせるような
感じで演じて欲しいと思う今日この頃です。
通りすがり
2010年10月30日 04:26

余計なことかもしれませんが、安田顕元は揚北衆じゃないですよ


ikasama4
2010年10月30日 07:46
通りすがり様
ご指摘どうもです。
揚北衆は安田長秀で安田顕元は違うのに
何故、この頃、私はこんな風に書いたのか不思議でなりません ̄▽ ̄;

ともあれ、修正しました。

この記事へのトラックバック