ザ・クイズショウ 第2話

今回のゲストは大人気のケータイ小説家。
「天使のエンジェル」って(笑)

日本での「サハラ砂漠」の言葉みたいなもんですかね ̄▽ ̄


さて、序盤はいつものようにモデル業もやってるという
彼女に合わせた問題でしたが


例によって第4問目からその雰囲気が変わってきましたねぇ。


ミカが所属している社長の名前

モールス信号

お母さんの話

そしてミカの―――――「嘘」



お母さんは亡くなる前

娘が書いた小説が読みたいと言った。

そのために彼女は頑張った。

しかし、その編集者は彼女の文章にインパクトがなかったので
それをそのまま採用する気にはなれなかった。

代わりに彼女にある提案をした。


私が小説を書こう
そしてお前はその小説を書いた事にすればよい。



元々ルックスが良かったのもあり
それから彼女の名前が書かれた小説は売れた。


そして、母親は祖母から自分が書いたという小説を読んで

「おまえの書いた小説、面白かった」って言って亡くなった。


違う!

それは私が書いたものじゃない。

母はそれを私が書いたものと信じたまま死んでしまった。

その事で彼女は毎夜うなされていた。



そんな時、誰かが囁く。

ミカさん
私はあなたの嘘を知っています

ここは自らの夢を叶える場所です―――――。




彼女の本当の夢。

それは嘘を信じたまま亡くなってしまった母のために
今度は亡くなったお母さんのために本当の自分の作品を見て欲しい



その夢のために
嘘で塗り固めて築いた今の地位が壊れてしまう事も
彼女はいとわなかったってとこなんでしょうね。


夢―――それは何かを犠牲にしてでも叶えたいもの

これは今後もブレないドラマの軸ですね ̄▽ ̄


ミカが回答席から降りたので
「またかよ(゚Д゚)」とか思ったりしたんですけどねぇ。


でもって、最後の本間とAD高杉とのやり取り
・・・・・必要ですか(爆)


冴島さん、思いっきり生で出てましたが
あの感じだと数字が取れてそうだから問題なしなんでしょうかね ̄▽ ̄



面白ければそれでいい。

数字が取れれば何でもいい。


そんな数字偏重主義のテレビ局の姿勢を
今後は皮肉ってくるような演出が見られる・・・・かも( ̄∀ ̄)?



さて、今回神山が見たものは

神山は彼女と一緒に河原に来てて

そこには子供の頃のミカもいた。



そして、彼は水の底深くから
水面に浮かんでいる女性の顔を見た。





お前にもあるんじゃないか。

大切な人を失った経験が。



お前は誰だ。
お前はどうしてここにいる。

思い出せ。

それがお前に与えられた使命なんだ―――――。






本間と神山、そして水面に浮かんでいたあの彼女

一体どういう関係なのか

そして、神山が見た記憶の限りでは
数年前、ミカが子供でしたから10年くらい前なんでしょうかね。

その時、何があったのか


ここが今後のドラマの核となる訳で


深夜版とはほとんど異なっているので
これがなかなかに楽しみなとこであります ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年04月26日 13:55
>深夜版とはほとんど異なっているので
これがなかなかに楽しみなとこであります ̄▽ ̄
そうなんですか~
じゃあ、ラストがどんな風になるのか楽しみですね。
前回は嘘を自分のためについたために失脚してしまいましたが、
今回のミカは、始まりはお母さんのためについた嘘ですもんね。
暴かれたけど、それが再出発のきっかけになってむしろよかったですわ~
回答者がみんな神山の過去に関わってるってのがなんかドキドキしますね。
2009年04月26日 14:39
ikasama4さん、こんにちは。
初回と違って時間が短めだったんで、どうなることかと思いましたがキッチリまとめてきましたね。

>深夜版とはほとんど異なっているので
これがなかなかに楽しみなとこであります ̄▽ ̄

そうなんだ~(あ~きこりさんのパクリみたいになっちまった ><)☆
ってことは深夜版より「ビジュアル強化」以外の+αもあるわけですね?
ま、深夜版で「本間と神山」のような絡みを見せられても
全然萌えませんからね(美しいっていいな~・笑)
ikasama4
2009年04月26日 17:27
きこり様
ホント、どんなラストになるのでしょうか
今からでもとても気になります≧∇≦

>前回は嘘を自分のためについたために失脚してしまいましたが、
>今回のミカは、始まりはお母さんのためについた嘘ですもんね。
だからこそ、ミカは自らの罪を
暴く事が出来たんでしょうね。

>回答者がみんな神山の過去に関わってるってのがなんかドキドキしますね。
これがこのドラマの醍醐味のひとつですからね ̄▽ ̄
ikasama4
2009年04月26日 17:27
なおみ様
こんにちはです。
>ってことは深夜版より「ビジュアル強化」以外の+αもあるわけですね?
深夜版は30分枠でしたからね。

クイズ番組の舞台裏とかそれ以外の+αは
十分あり得ますからね。

それに深夜版はもう少しエグイとこがありまして
役者さんのキャスティングもそれに応じて
エグるような感じがありましたからね。

それはやはりドラマの時間帯とイメージというのもあって
ちょっとまろやかになっています。

そういう点ではたしかに深夜版では萌えません(笑)
2009年04月26日 21:03
次の回答者も、過去に神山と関わりがあった人物なのかな~?
一体、あの河原に何人の人が存在してたんだか(笑)。
水面に浮かぶ少女は、あの川であのような事になったのかな。
と、クイズの部分よりも、とにかく神山の過去が気になりますわー
初回を見た限りでは、回答者が毎回犯罪者だったり
社会から抹殺されるような展開なのかなと不安に
思ってたんですが、ミカの場合は新たな人生が開けたようで
安心しましたわー♪
ikasama4
2009年04月26日 22:25
まこ様
>次の回答者も、過去に神山と関わりがあった人物なのかな~?
おそらく、そういう事になろうかと思います。

>水面に浮かぶ少女は、あの川であのような事になったのかな。
そうですねぇ。
その可能性は高いかもしれないですね。
その時、神山にどんな事が起きていたのかと
その神山に起きた事を本間は知っているんでしょうね。

でもって、それを忘れている神山に思い出して欲しい
本間の意図には憎しみがこもっているようですからね。

色々と楽しみな感じです。

時にはこういうミカみたいな話もあるみたいで。
自らの犠牲を払ってこそ得られるもの

それが夢

その舞台がザ・クイズショウですからね ̄▽ ̄

たしかに今回のような展開は彼女自身が本当に
救われたみたいでよかったなぁって思いますね♪
2019年05月07日 18:14
This is my first time visit at here and i am actually pleassant
to read everthing at alone place.
2019年05月30日 23:36
Hi! Do you use Twitter? I'd like to follow you if that would be okay.
I'm undoubtedly enjoying your blog and look forward to
new posts.

この記事へのトラックバック

  • ザ・クイズショウ question2

    Excerpt: 解答者は皆、心に秘密を抱えている だが、その人ははまだ知らない この番組によって 自らの悪が曝け出されようとしていることを・・・ようこそ「ザ・クイズショウ」へ!(番組公式HPより抜粋) 先週は落ち目.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-04-25 23:07
  • 『ザ・クイズショウ』(土9版)第2話

    Excerpt: 第2回も見てしまいました。さっそく感想をば。 Weblog: D.D.のたわごと racked: 2009-04-25 23:16
  • ザ・クイズショウ 第2話:vsケータイ小説家!!カリスマが隠した秘密と涙

    Excerpt: 真のカリスマはおっさんだった( ´,_ゝ`)プッ 川上はどんな気持ちで執筆してたんだろ?年齢も性別も違うのに、乙女達を夢中にさせる 文章を書いてたんだから、ある意味すごいかも~{/face_nika.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-04-26 00:35
  • 「The QUIZ SHOW」(第2回:「VS.ケータイ小説家!! カリスマが隠した秘密と涙」)

    Excerpt: 4月25日放送分の「The QUIZ SHOW」に出場したのは、カリスマケータイ小説家のミカさん(美波)であった。鉄火丼は今回の放送の中で、彼女がある事をしたのは大変評価できると感じた。その「ある事」.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2009-04-26 12:17
  • 「ザ・クイズショウ」 第2回 

    Excerpt:  さて、前回の安藤康介(哀川翔)が出演した「ザ・クイズショウ」は視聴率32,0%をたたき出し、全局トップの数字だったらしい。 田所編成局長(榎木孝明)に「これからもこの調子で頼むよ」と言われ、 複.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-04-26 14:03