2009年第1クール ドラマ 雑感

とりあえず、これで今期のドラマが一通り終わったってとこで
恒例の雑感でございます。


銭ゲバ
ラブシャッフル
キイナ~不可能犯罪捜査官~
ありふれた奇跡
Q.E.D. 証明終了
神の雫
ヴォイス ~命なき者の声~
トライアングル





銭ゲバ

今期の中では一番面白かった作品ですね。

松山さんの演技、これに尽きます。

私は原作を知らないのでチラチラとネットでどういう絵なのか
見た程度なのですが、時折松山さんの顔がそのマンガの絵に
ソックリに見えてきました。

あの狂気的な目がいいですね。

残酷な中に哀愁がある。
そして、求める幸せのために金が必要だったはずなのに
いつのまにか金に執着するようになってしまっていた。

そんな風太郎を見事に演じてくれました。

それにシンイチという風太郎と間逆のキャラを演じたりしてね。

それから緑を演じるミムラさんも素晴らしかったです。

清純だった女性が一転して黒く染まった女性になっていく。

特に今までの自分が持っていたミムラさんのイメージは
明るくて白いって感じだったので

この終盤のイメチェンには驚かされました。

大きくパッチリ開いた目が
ちょっと薄目開きっぽくなった感じが
上手くキャラチェンジを図っています。


金をテーマにここまで掘り下げてくれるとは
思ってもみませんでしたが、とても面白かったです。

それにただ面白いだけではなく、金における悲劇というだけでなく
誰でも風太郎のように「ある転機」を迎えると
銭ゲバのようになってしまうんだよと

そんな風なメッセージ性もあったりして
なかなかに深い作品に仕上がっております。






ラブシャッフル

こちらもとても楽しめた作品です。
序盤から
「嘘だと言ってよ、ジョ~」「イェ~イ、パンダ」とか
ちょっと寒くなりそうなギャグ満載って感じですが

「馬鹿の一念、岩をも通す」と言った感じで

使い続ければ愛着って沸くんだなぁって思ったりさせるとこもあったりして(笑)

また、恋人を交換するというあり得ないような設定ながら
回を重ねるとこういうのもノリが軽いというのもあるんでしょうけど
アリかもしれないと思えさせる展開がまたいいですね。
そうした面白さの中で

「愛情」と「相性」
「生」と「死」

これらを独特の観点で描いてくれたのも面白かったですが

また、登場人物と映像がスタイリッシュでカッコよかったのも
ハマる要因のひとつですね。


全体的にふと思ったのが野島さんにしてはえらいくらい
言葉遊びが多かったかなぁってとこですかね。

パンダネタとかうさぎと亀とかエロスとタナトスとか

それと役者さんは皆よかったのですが
なにか主人公の玉木さんの存在が薄いというか

8人全員が主人公で横並びでゴールしたって感じです ̄▽ ̄

それとどことなくですが、このゲームの支配者になっているような
印象を受けた菊りんの言動が

そのまま、このドラマの脚本を担当している野島さんにも
当てはまるかのような感じがします。

まぁそれも野島さんならば、狙っているのかもしれません。







キイナ~不可能犯罪捜査官~

実際に起きた出来事を取り入れたドラマ

という事で
見ていて「なるほど」と思ってしまう作品ですね ̄▽ ̄

そこがメインなので犯人や刑事の心理描写は二の次でしたが

それが軽い気分で見れて楽しめたかなってとこですね。

まぁ裏を返せば、単なるウンチクドラマっていう面もありますかね。

それからキイナを演じる菅野さんですが
ソツなく演じてたようですが、今一歩

菅野さんの魅力を存分に引き出せるものでは
なかったかなぁっていう気がします。








ありふれた奇跡

このドラマを見てると

世の中、色々と悲しい出来事とかがあって
人間不信に陥る事もあるけれど

そんな中で誰かを信じて、その人と「家族」を作る

そういうごくありふれた日常の中の「奇跡」なんじゃないかなって思えます。

だから淡々として極端な盛り上がりとかはない静かな感じなんですが

それでいて力強いものを感じさせるところがあります。


脇を固める役者さんの見せ方は素晴らしいとこがあります。

そして主演の仲間さんと加瀬さんも巣晴らしかったのですが

如何せん台詞回しというか台詞そのものについては
奇妙というか違和感を感じずにはいられませんでした。

それでいてあまり変化のない構成(狙っていたんでしょうけど)が

更にドラマの印象を薄めてしまったのかもしれません。








Q.E.D. 証明終了

第一話の高橋さんの演技を見た時、ビックリしました。

主演でこの演技力ですか(゚Д゚)?

って(笑)

でも、だんだん見続けると慣れてきたのかなというとこもあるのですが

可愛らしい中に鋭い感じもあったりして
磨けば光るいい役者さんになりそうな感じがします。

また、脚本が「ちりとてちん」の藤本さんなので
落語風のオチも効いてて、そこもまた面白かったポイントですね。








神の雫

個人的に結構気に入ってたドラマ(笑)

なんか、演出的に微妙なとことか
ちょっと過剰なBGMとか脇を固める方のちょっと過剰な演技とか
あったりしましたが

原作の良さに助けられたと共に特に

主人公を演じる亀梨さんがバシッと決まってた

これに尽きますね。

予想以上にスーツ姿が決まっていたのもあるんですが
何より、立ち振る舞いというか姿勢がとても良かったですね。


このドラマで私の中で亀梨さんは
「スーツ姿の紳士がハマる」イメージが生まれました。

これだけで十分見応えのある作品です。






ヴォイス ~命なき者の声~

このドラマは正直、方向性を見誤ったかなぁ。

法医学を舞台にそこで学ぶ若者の姿を描くかと思いきや

それは二番手にして
一番のメインは事件における遺体の声なき声が
どんなものだったのかという事と

それを導き出す主人公・加地大己の推理でしたからねぇ。


なもんですから、見ていて

これならば法医学じゃなくてもいいんじゃないの?って感じがして。


最終回はどうにか二番手をメインにしたみたいですが

折角いい題材にいい役者が揃っているのに

もったいない事をしたなぁと感じてしまう作品でした。











トライアングル

今期の中で一番

失望させられた作品です。


これだけの役者さんを揃えて
海外ロケまでやっておきながら


この出来ですよ(苦笑)


どうしてこんな事になってしまったんでしょうねぇ。

話を膨らませるだけ膨らませて収拾がつかなかったよい事例です。

そして、金をかけたからといって
それでいい作品ができるとは限らないというよい事例です。










今期、私が見てきた作品は全体的に
色々なカタチの「愛」と「死」
この二つをテーマにしていたような感じがします。

これが今の流行なんでしょうかねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ


いつもいつも思う事なんですが
みんな、何か相談というか他局の動きを探りながら
それに対抗して作品を作ってるんじゃないか。

そんな気がしてしまうんですけどね。



ともあれ、今期は素晴らしい作品に出会う事が出来ました。

次期クールはとりあえず
見てからの判断にしたいと思っておりますが

今度も面白い作品に出会いたいものです ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年03月24日 00:33
おお~もう総括ができてる~。。。

同じ感じですかね~^^
私の場合は、啓と言うキャラもかなり好きだったし、
音楽も何もかも魅了されたので「ラブシャ」が上ですかね。
「銭ゲバ」は何かドロンドロンしながら見てたって言うか^^;

何せ、今期、終わって寂しい~と言う
喪失感が大きかったのが「ラブシャ」と「Q.E.D.」ですから、
私の中では癒し系の2本が勝利したって感じでしょうか^^;

総括したら、またトラバに伺いますわ♪

明日は「絶対彼氏SP」ですね
楽しみ~
しとろえん
2009年03月24日 07:28
VOICEは確かに二番手を保険にしていたような。離婚届を書いてから結婚生活を始める夫婦が「幸せ」に向かおうとするのはやっぱりウソくさいと今回しみじみ思いました。逃げ道に依存するスタートでは所詮、そんなものかな。最終回だけはちょっと勿体無い出来でしたが、それでも白けてしまいました。
QED キイナ 歌のおにいさん と今期はユル系が意外と頑張ったなあという感じです。
トライアングルは初回に気張りすぎて構成の時間配分が大失敗という気がしました。初回の印象と同じ感じで終わってしまいました。
2009年03月24日 14:29
私も銭ゲバが一番でしたわ~。
辛いといいながら顔を覆った指の隙間から見るようなドラマ?
松山さんだからというのもありですけど、
他のどんな俳優さんでも難しかったですよね。
さすがの熱演でしたわ。
で、やっぱり神雫を褒めてくれてるのが嬉しいの♪
>亀梨さんは
>「スーツ姿の紳士がハマる」イメージ
最高にありがとうなのですーっ!
ikasama4
2009年03月25日 20:35
くう様
正直、色合いとしては全く違う
「銭ゲバ」と「ラブシャー」は
甲乙つけ難いとこがありましたが
主人公のキャラが際立っていた点で
「銭ゲバ」を上にしてみました(; ̄∀ ̄)ゞ

そうですねぇ。
寂しさという点では「ラブシャー」は
間違いないですね。
「Q.E.D.」はいつのまにか高橋さん目当てで
見てる部分もありましたので、正直ちょっと
寂しかったです(; ̄∀ ̄)ゞ

>総括したら、またトラバに伺いますわ♪
是非是非( ̄ー ̄)/~~
ikasama4
2009年03月25日 20:36
しとろえん様
VOICEは方向性を見誤りましたね。
>離婚届を書いてから結婚生活を始める夫婦が「幸せ」に向かおうとするのはやっぱりウソくさいと今回しみじみ思いました。
それはとても納得力があります ̄▽ ̄
このドラマはどう転んでもいいように
逃げ道を作っていましたからねぇ。

それだから、そういったものが無駄に見えてしまうんでしょう。

>QED キイナ 歌のおにいさん と今期はユル系が意外と頑張ったなあという感じです。
言われてみれば結構こういう感じのが今期は
よかったですかね。

トライアングルは2時間ドラマの前編と後編で
まとめた方がまだ良かったですかね。
ikasama4
2009年03月25日 20:36
エリ様
>辛いといいながら顔を覆った指の隙間から見るようなドラマ?
そうそう、嫌だなぁとか思ってても
ちょっとヤミツキになりそうな感じですね ̄▽ ̄

松山さんは今期の中で一番の演技、いや怪演と
言った方がいいですね。

>最高にありがとうなのですーっ!
いえいえ(  ̄∀ ̄)ゞ
素直にそう思ったもんですから ̄▽ ̄
2009年03月27日 16:15
『トライアングル』の大きな文字で訴える
ikasama4さんにウケました!
確かに(^^)(--)(^^)(--)ウンウン
この出来です(笑)

再放送の『救命病棟』を見てたら、小日向さんの若さにも驚きましたが、
谷原さんの姿にも驚き、そして江口さんのカッコ良さに改めて見入りました。
やっぱり耳は出さない方がいい(笑)
いいドラマだなぁって懐かしく見てました。

今期もおつき合い頂きありがとうございました。
お陰さまで『銭ゲバ』は盛り上がりました。

春ドラマもよろしくお願いいたします。

 P.S 今期総評でも使わせていただきました。
    事後報告ですが、いつもありがとです。
ikasama4
2009年03月28日 12:54
mana様
トライアングルに出演されてた役者さんは
皆よかったんですけどねぇ。

出来栄えとしてはまぁこんなもんです。

>今期もおつき合い頂きありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございます ̄∇ ̄

来期もよろしくお願い致します。

イラストの件、了解です ̄∇ ̄ゞ
2009年03月28日 17:22
画伯のトライでのデカ文字を見て、神雫を選択した事は
間違いではなかったと実感(笑)。
完走したドラマは、みなそれなりに楽しんで見てたって
事なんですが、銭ゲバに関しては、楽しんだという
表現は値しない異色な作品でありながらも、夢中に
させてくれましたわー。主人公のキャラと言い、
ストーリー展開といい、イマドキ珍しい設定で、
これを土9に放送したという決断も含め
凄いドラマだったなぁ~と!
とか言いつつ、Q.E.D.や神雫やラブシャの幸せの
余韻の残る最終回にもホッとさせられたりして♪
怪我やPCの故障というアクシデントがありつつも、
冬クールでのお付き合いや、たくさんのイラストで
楽しませて頂いてありがとうでした~
ikasama4
2009年03月29日 18:10
まこ様
神雫を選んだ方がよかったと
今更ながら後悔してる今日この頃(; ̄∀ ̄)ゞ

でも録画してなかったら
雫パパの遺言は多分まとめれなかったと考えれば
これも運命なんでしょう(笑)

今期は全体的に楽しい作品が多い中で
銭ゲバはかなり異色でした。

それでいてゾクゾクとさせる主人公のキャラ設定が
かなりツボにハマりました ̄▽ ̄

>冬クールでのお付き合いや、たくさんのイラストで
>楽しませて頂いてありがとうでした~
いえいえ、こちらこそ足を運んで頂き
ありがとうございました

来期もまたよろしくお願い致します<(_ _)>
2009年03月29日 20:04
「銭ゲバ」は好きでしたね~
テーマもキャストも音楽も脚本も何もかもがすばらしかったです。
脚本家の岡田恵和さんへの信頼感がますます高まりました。
「Q.E.D. 証明終了」は、みなさんの記事を読ませていただくと
いろんな意味で見ればよかったかも・・(笑
平日のあの時間帯って忘れちゃいそうだけど。
「トライアングル」に関してはもう何も言いますまい・・・
来期もikasama4さんの記事が読めるのを楽しみにしています。
春ドラマでもどうぞよろしくお願いいたします。
ikasama4
2009年03月30日 21:36
きこり様
銭ゲバは全体的に素晴らしかったですからね。
Q.E.D.は基本的に推理を楽しむもんですが
落語風のオチが効いてて、そこがまた
面白い感じになってましたからね。

トライアングルは・・・もういいですね(苦笑)

こちらこそ春ドラマでも
よろしくお願い致します ̄▽ ̄
みのむし
2009年04月04日 16:08
銭ゲバは本当に強烈なドラマでしたね。
すごく重くて暗いのになぜか最後まで見続けたいと
思わせるドラマでした。
でもワクワクドキドキで私はラブシャのほうに
軍配をあげました。
暗い気分の時はやっぱ明るいものを好んでしまうみたいです。
トライアングルは・・・本当にikasamaさんの
おっしゃるとおりです。はい。
ikasama4
2009年04月05日 18:09
みのむし様
そうですねぇ。
銭ゲバとラブシャー
それぞれ色合いが違いながらも
どちらも甲乙つけ難い良さがありましたからね。

この辺は最終的に自分の好みの問題ですね。

トライアングルは・・・・・ねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • 【平成21年度 冬期ドラマ総評】

    Excerpt: 毎度お馴染み、ちょ~独断と偏見の1月期クールドラマ総評です。1月期と言うのは毎年良作揃いでっせ、とウキウキしていた開始前でしたが。。。フタを開けてみるとおよよよよよよよ。。。って感じのクールになってし.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-03-27 01:52
  • 2009年冬ドラマ総評

    Excerpt: 冬クールは、のんびりさせて貰いました。まとめるのを忘れてたぐらい(^▽^;)ヾ(゚∇゚*)オイオイ選択した2本のレビューも(水)(土)と、週のバランスもちょうど良く(笑)---------------.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-03-27 16:16
  • 2009冬クールドラマ評 其の壱

    Excerpt: 開始前にはこんな気持ちでいたというのに、 終わってみればあららのら~(笑) 今期は【Q.E.D.証明終了】 【ヴォイス~命なき者の声~】 【メイちゃんの執事】【神の雫】【ラブシャッフル】【銭ゲバ】 .. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-03-27 17:00
  • 2009冬クールドラマ評 其の弐

    Excerpt: 2009冬クールドラマ評 其の壱{/up/} より続く {/kirakira/}その他の各賞{/kirakira/} ヴォイス~命なき者の声~ 青春群像劇としては面白かったけど、 毎回、死因が明ら.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-03-27 17:01
  • 2009春ドラマ、何見よう?

    Excerpt: トラバ・コメント・ROM・・・どうもありがとうございました。ドモ ヾ('-'*) ド o('▽')o モ (*'-')ノ ドモ音楽方面が忙しくて、あまりコメントも残せずすいません。m(__)mここでは.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-04-01 01:35
  • 2009年冬ドラマ総括

    Excerpt: 冬のドラマも終わりましたね。 冬は息子の就職が決まり、意気揚々としていたところに 病気入院ってのが重なって、 とてもTVの視聴どころではなくなってしまいました。 でも録画だけしていて、ボー.. Weblog: Simple*Life racked: 2009-04-02 20:53
  • 冬ドラマ視聴率一覧(完成)と総括

    Excerpt: 1位「キイナ」、2位「ヴォイス」、3位「メイちゃんの執事」冬ドラマ視聴率一覧 (4/2迄) (平均視聴率の高い順)局時タイトル1234567891011平均NTV水22キイナ16.515.515.31.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-04-04 09:47