天地人 第9話 「謙信死す」

謙信が亡くなった後
誰が跡目を継ぐか言い争いになる家臣団

そこでお船の母が謙信公の遺言により
「上杉家は景勝が継ぐ」と仰った事でそこでの言い争いは収束したものの
その遺言を言ったのが景勝派である直江家の御母堂が仰ったという事に
疑念を持つ一派は景虎様擁立を画策。

そして、その先鋒でもあった柿崎晴家が実力行使に躍り出た――――。












まぁなんて簡単なあらすじでしょう(笑)



とりあえず、今回の作品を見ていて改めて感じたのは


「命に代えても」とか

「義を貫く」とか

同じような言葉がポンポン出てきて
彼らが語る言葉がとってもカルくなってしまっているという事

これは脚本の問題ですかね。

なんかもうクチだけみたいな感じでねぇ。




それから兼続達の所作

なにかちょこまかと動いているような感じで
それが男らしい貫禄みたいなものを完全に消してしまっているようなとこがあります。


景勝を演じる北村さんなど、そうしてベテラン陣の演技と比べると
妻夫木さんにはもう少しデッシリと腰を据えた演技をしてほしいです。


それから今回の出来事に関して
兼続は直江の未亡人の嘘を知ってしまった訳ですが
義を貫くという事と景勝が嘘によって決まった当主であるという事に
何かそれで仕方ないって感じがひっかかったとこでもあります。


そういった諸々の事が
ドラマ全体が地に足がついてないような感じに見えてしまうのかもしれません。


では例によってあれこれと。


謙信の死因については脳溢血
すなわち飲酒による高血圧によって引き起こされたものと言われていますが
中には癌とか信長により暗殺されたとか謙信が女性説である根源にもなっている
婦人病とも言われています。

まぁそこを議論しても話は尽きる事がないので
謙信の死後の上杉家について、つらつらとまとめてみやした。


謙信が急死により上杉家を景勝と景虎のどちらが継ぐのか。


まず、直江景綱の妻が嘘を語った点については
かつて直江景綱は自分の娘を謙信の側女にしようと画策した事がありましたからねぇ。

直江家が上杉家で権力を握ろうとしていた事が考えられますから
景勝を推せば、己の権力をそのまま保つ事が出来るという思惑があったのかもしれません。

それにどうも直江家はかなり特別な存在だったらしく
後の話になりますが、兼続の死後、未亡人となったお船には知行が与えられ
北条政子=尼将軍と比較されていた文献があったそうで。

そう考えると直江家は色々と怪しい想像も出来そうですが、それは今後のお話として


とりあえず、景勝を推す者の意見と景虎を推す者の意見をあれこれ考えてみやした。



まず、景虎を推す理由としては「器量」と「血」による「利」があったのかもしれません。

謙信公は北条家から養子に来た三郎(氏秀とも)の器量を買って
かつて自分が名乗った「景虎」の名を譲られた。

それに「血統」とかいうが
そもそも長尾家の殿は上杉憲政様の養子となって上杉家を継がれたのである。
そこに上杉家を継ぐ血統などというものがあったのだろうか。

また、かつて謙信公は兄が当主であった頃
その兄よりも器量が優れていた事で跡目を争い、当主となられたのである。


謙信公の血を引く者がいない今
過去の先例を考えてみても御家を継ぐには優秀な者が継ぐべきである。

それにこれからの事を考えれば景虎様こそ上杉家を継いでいくべきである。

当家は今、織田と北条のふたつの勢力と敵対している。
この間も織田攻めに向けて西進していたものの、北条が侵攻してきた事で
軍を撤退しなければならなくなった。

もし、景虎様が上杉家を継げば北条と再び同盟を結ぶ事が出来
そうすれば安心して織田と戦う事が出来るし

場合によっては北条家に支援してもらう事も出来る。

上田長尾家の当主・長尾政景は以前、謙信公に謀反を起こそうとした男。

いくら謙信公の姉君の血を引いているとはいえ
長尾政景の血を引いた者が当主となるのはあってはならない。





まず、景勝を推す理由としては「血統」による正当性をもってしたのでしょうかね。

景勝様の御母上は謙信の姉・仙桃院様。
つまり謙信と同じ血統である御方であると。

一方、景虎殿は全く当家とは関係のない御方。

いくら仙桃院様の娘を嫁にしているとはいえ血統では景勝様が勝っておられる。

また上杉と北条は長年戦ってきた間柄。
その北条の血を引く景虎が我らの主になるとはあってはらなない。






と、まぁ「建前」としてはそんな感じでしょうかね。


おそらくそんな感じではないかと思うのですが
ただ、実際にはそれだけではない「それぞれ」の事情があったというのも
ありそうな感じだったのでとりあえずWikipediaで出てたものからあれこれ
まとめてみました。




景勝方

景虎方

父・上田長尾家
謙信の養子
上杉景勝


上杉景虎
父・北条氏康
謙信の養子
謙信の養子とも
上杉定実の養子とも
上条正繁

上杉憲政
元・関東管領
謙信の養父
謙信の養子
後に山浦家に養子
山浦国清

上杉憲重
上杉憲政の子
謙信の養子
後に山浦家に養子
山浦国清


上杉憲重
上杉憲政の子

直江信綱

山本寺定長
上杉家遮流
小荷駄奉行
甘粕景持

上杉景信
古志長尾家当主

斎藤朝信

神余親綱


山吉景長

本庄秀綱


柿崎憲家
弟兄
柿崎晴家

謙信の側近
河田長親
同族
河田重親


安田顕元
同族
北条高広

上杉憲政の家臣
大石綱元

北条景広
北条高広の子

直江信綱




吉江宗信



吉江宗信の長男
吉江景資



吉江宗信の次男
中条家に養子
中条景泰




色部長実
親族
黒川清実


本庄繁長
親子
本庄顕長


新発田長敦

鮎川盛長

長敦の弟
後の新発田重家
五十公野治長

加地秀綱
上杉謙信の姉の子

安田長秀



妻は新発田長敦の妹
五十公野信宗




須田満親





簡単に色分けしていて
:上杉家一門
:関東管領上杉家および家臣
:上杉謙信の家臣
:揚北衆
:信濃衆


という風にしてあります。

ここで揚北衆(あがきたしゅう)というのは越後北部の国人達を指し
武勇に優れた方々が多かったそうです。

とりあえず上杉憲政は自身がいる御館を上杉景虎に提供した事で
景虎方にしていますが、これについては彼は中立で

仮に景勝がきたら、城を提供していたのではないかとも言われています。


次に山本寺定長は上杉景虎の守役だったそうで。
そのトコロが景虎方に付いた事に考慮されているのでしょう。


上杉景信については
彼は古志長尾家当主であります。

元来、景勝の実家がある上田長尾家と古志長尾家とはとても仲が悪かったそうで。

それに苗字を見れば分かるのですが
謙信の母は古志長尾家の出だそうで謙信が上杉姓を名乗った後
長尾景信も上杉姓を名乗る事を許されました。

しかし、上田長尾家は謙信の姉が嫁いでも上杉の姓を名乗れませんでした。

つまり古志長尾家と上田長尾家では古志長尾家の方が格が上という事ですからね。


ただ、今回の上杉家の跡目を景勝が継ぐという事になれば
上田長尾家と古志長尾家の格が逆転してしまう。

それが許せなくて上杉景信は景虎方に付いたのではないかと思われます。



柿崎家に関しては兄弟で対立する構図になっています。

兄の晴家は北条家の人質になった過去がありますので
北条家の脅威を身をもって知っているからこそ

景虎方に付いたと思われます。


そして、北条高広は北条家に寝返った過去がありますから
こちらも同様の理由で景虎方に付いたと思われます。


本庄家では
その当主である本庄繁長とその子・顕長が親子で対立する構図になっています。

顕長は自分の母親が古志長尾家当主・上杉景信の妹であり
その上杉景信が景虎方に付いたために景虎方についたのでしょう。

しかし、繁長は妻が上杉景信の妹であるにも関わらず景勝方についた。

これはおそらくどっちが残ってもおかしくない状況だったので
本庄の家を残すためにこうして親子で対立する道を選んだのかもしれません。



鮎川盛長に関しては本庄家とはとても仲が悪かったそうで
本庄家の当主・繁長が景勝方についたことで景虎方についたのではないかと。





それから、かなりアバウトですが
この頃の上杉家の家臣たちの領土というか城を
景勝方・景虎方で色分けしてみました。



:景勝方
:景虎方


こうして見ると景勝方は結構多いですかね。
この事から景勝に同調した方達は「血統」を重要視した


という事かといえばそうではなく(笑)


この頃、景勝と彼の実家である上田長尾家は他の家臣団の兵を吸収したりして
上杉家家中で最大の兵力を率いる部隊となっていた事
そして、景勝自身が上杉家一門の筆頭になっていた事

これらの事が謙信の生前に行われていた事から
謙信は上杉景勝を認めていたと考えれば

景勝方についた方々はそうした謙信の御遺志は景勝を選んでいたのだから
景勝を選んだという解釈も出来ます。


しかしながら景勝とその実家である上田長尾家が最大の兵力を率いる
すなわち上杉家家中で一番力を持っているのだと考えれば

景勝方についた方々は
景勝の方が家中で一番力があるからと景勝を選んだという風にも解釈出来ます。



それに景勝が当主となれば
上田長尾家の家臣団が厚遇されるのは必定

その権力を上田長尾家の方々が手中に収める事が出来ると考えたように

一方で、それでは上田長尾家の面々に権力を握られてしまうと
危機感を抱く方々=反上田長尾派は景虎方についた、と見る事もできます。


上田長尾家は全員が全員ではなく仮に別であったとしても
それ以外の方々の「本音」はその辺にあったんじゃないかと思います。



まぁそんなこんなで意外にそうした諸々の事情があったんじゃないかって事ですね。

ただ、これらの事を考えてみると
皆、大半は「利」で動いていて「義」なんてものは大義名分=「建前」でしかない感じですね。





また、こうした危うい両者の対立を謙信の存命中
彼はこれらをまとめ上げていたと考えれば上杉謙信という人物の存在は絶大なものがあった
という事でしょうかね。


ちなみにこの後の展開ですが
上杉家での争いで不利な状況下を打開するために景虎方が考えたのは景虎の実家・北条家ですね。

それに応じて北条は援軍の兵を差し向けます。


もつべきものは血の縁というか
北条家としても上杉家が北条の血を引く景虎が継げば
上杉家と同盟を結べ、それにより関東に向けて勢力を拡大出来ると考えたのかもしれません。

更に北条は同盟を結んでいる甲斐の武田や米沢の伊達をも動かします。




更にそうした上杉家の混乱に乗じて
会津の芦名や織田信長が上杉家の領土を奪いに兵を動かしていきます。


こうなると形勢は断然景虎に有利ですねぇ。



結果として景勝方はこの状況下から勝利を治め
景勝が家督を継ぐ事になるのですが、それが如何なる方法であったのか

その点については今後のお話という事で。



何にせよドラマでは景勝や景虎が望まぬのに
二人につき従う者達は「利」による損得・優劣をつけようとした事でこのような争いが生まれたように描いていくんでしょうね。

おそらく、このドラマの感じだと辟易してしまいそうですが(; ̄∀ ̄)




追記(2009/03/02)
上越市ではこんなのを作ってました↓
http://www.city.joetsu.niigata.jp/kankou/tentijin/otatenoran2.html

見ての通り、こっちの方が素晴らしい(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月01日 22:59
ikasama4さん、こんばんは。
いや~引っ張った割りにインパクトの無い臨終でしたね。
でも「スポットライト」の中じゃなかっただけ良かったですけど

>同じような言葉がポンポン出てきて
彼らが語る言葉がとってもカルくなってしまっているという事

そ~ですね~軽いですね。「義」とか言いながら「密談」に加わっているし
何だか良く分からないんですが・・・(ま、スポットライトじゃなかっただけ)

>不利な状況下を打開するために景虎方が考えたのは景虎の実家・北条家ですね

景虎はそこまで走っちゃうんですね。今までの景虎だと
爽やかを絵に描いたような青年だったから急に豹変しちゃうのは
ちょっと腑に落ちないですよね・・・もっと最初に「そんな感じ」を
チラリとでも出しておいて貰えたら違和感ないんだけどな~。
仰るとおり突き詰めれば「脚本」でしょうかね?(問題は)
2009年03月01日 23:02
何の感動もなく、阿部ちゃんが退場。。。(゜◇゜)

>「命に代えても」とか

「義を貫く」とか

同じような言葉がポンポン出てきて
彼らが語る言葉がとってもカルくなってしまっているという事


ですよね~。。。
何か、今の政情にも繋がる部分がありそうな。。。
これを「義」と言ってしまったら、一体何が義なんだか(-_-;)

まぁ、今も昔も無理矢理事をこじつける経緯は似たような事と
言うことなんでしょうかね。。。
1人、坊ちゃんのように何も知らされない景勝が哀れに見えまたした。
ikasama4
2009年03月02日 00:36
なおみ様
こんばんはです。
とりあえずアッサリ終了です。
阿部ちゃんよりも噴水が目立つ演出って
どーゆー事でしょう(; ̄∀ ̄)ゞ

そうですねぇ。
今後は泣かないって言ってたのに泣いたりして。

そーゆーのが口先だけみたいでね。

おそらく景虎の意とは別に
反景勝派が勝手に動いてしまい
引くに引けなくなってしまったってとこかもしれません。

織田信長も弟と家督を争い
そこで柴田勝家とも戦い
最後には勝利した後、弟を殺害しましたからねぇ。

家督争いに巻き込まれれば
敗れて生かされたとしてもいつかは必ず
また家督争いに巻き込まれるために

家督争いが表面化した場合
家督争いの候補者は勝って家督を継ぐか
敗れて死ぬしか道はなかったのかもしれません。

その点では景虎は生きるために必死だったのかもしれません。
ikasama4
2009年03月02日 00:38
くう様
阿部ちゃんよりも噴水が目立ってましたかね(笑)

たしかに今の政治にも言える事ではありますね。
言葉だけでなく実際に行動してこそ
「義」は伴うと思うんですけどね。

>まぁ、今も昔も無理矢理事をこじつける経緯は似たような事と
>言うことなんでしょうかね。。。
そうですねぇ。
なんだかんだと大義名分を言い連ねても
結局は自分で権力を握りたいために等という

欲望=利があってこそ
このような争いが生まれるんでしょうね。

>1人、坊ちゃんのように何も知らされない景勝が哀れに見えまたした。
主君には輝いてほしいから、そういうドス黒いものは
家臣がかぶるという感じなんでしょうかね。

ただ、景勝は太陽というよりも月影ですかね(; ̄∀ ̄)ゞ
2009年03月02日 22:38
ikasama4さん、こんばんは。

わたしも「一枚岩の結束を誇った上杉家が…」という表現に「え?」と思ったんですよ。
一枚岩って…あれはたまたま謙信というカリスマによってたまさか僥倖のように結束していただけなのでは?

>そもそも長尾家の殿は上杉憲政様の養子となって上杉家を継がれたのである

このこと、ご指摘でようやく、2年ぶりに思い出しました(笑)。この事実を今年のドラマでは完全に失念している!!
戦国時代の細々した領土争いや、養子や嫁・婿にやったりとったりの関係は、そりゃメンドクサイかもしれないけど、視聴者の理解に配慮と言うよりも脚本家や制作側が手え抜いてる気がします。

長尾家親族内の小競り合いを少し前から丁寧に描いていたら(くだらない恋バナなどは割愛して!)今時分はずっと見ごたえがあったと思うのですが、言ってもしょうがないことですね。

せめてこちらに伺って、少しなりと知識を深めることができれば、今年の大河も無駄ではないと思っております(笑)。
ikasama4
2009年03月02日 23:47
遊人庵庵主様
こんばんはです。
そうですねぇ。上杉家は謙信という存在が
いたからこそなんとか成り立っていたんでしょうね。
それに謙信の存命中は他国の領土を奪うことは
ほとんどなかったですから論功行賞では
色々と鬱憤も溜まっていたでしょうしねぇ。

そもそも上杉家・長尾家というのは
家督を争ってきましたからねぇ。

此度の家督争いの背景にそうした過去の経緯とかが
あったりする訳ですからね。

どうもこの作品では
分かりやすくするためかどうかはともかく
一方の側の意見しか見えてこないというのが
残念なとこですね。

謙信存命中は上杉家は丸く収まっていたみたいな
感じにも描かれてましたからね。

不安定な時期はバッサリカットで(笑)

まぁここでは出来る限り
そうしたドラマでの足りない部分とか
ちょっとしたコネタを中心に書いていくつもりです。

というかドラマに語るとこが非常に少ない
というのがあるんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ
MoTo
2009年03月03日 23:55
今週は謙信公ご退場の回だけに、悪名高い(笑)暗転スポットライト演出をはじめとするトンデモ演出をやらかして視聴者を萎えさせるのではないかとの不安がありましたが、杞憂に終わり割と普通に見れるストーリーになっていましたね。阿部ちゃん謙信の臨終演技には良かったと思っていますが、前々回のもう泣きませんと約束しながらもグダグダと号泣してしまった兼続のせいでしんみりさせられるシーンが台無しになってしまいました。

今回は謙信の死(並びに後継者を決めないまま逝去した事)をきっかけに越後を二分する後継者争い「御館の乱」に向かおうとする序章ともいえる話だったのですが、家臣内部の諍いを止めようとした兼続が発した「一枚岩の結束を誇った上杉家が云々」や、妙椿尼の爆弾発言(物語的には機転を利かせて発言したとなっていたりして)といいツッコミだらけな展開にはちょっと…と思えてなりませんでした。
MoTo
2009年03月03日 23:58
※長くなってしまいましたので二つに分けました。

「御館の乱」については、その詳しい内容についてはWikipedia等を通して一昨年に知りましたが、戦国時代における越後における複雑な事情が反映されているように見受けられました。それを思うと謙信はもの凄いカリスマ性でただでさえバラバラになりやすい越後を何とかまとめ上げていたというのも分かります。謙信の亡くなった直後では景勝にしても景虎にしてもどちらに後継者として正統性があるかよりも、どちらについた方が自分達に都合が良いのかという意識で家臣が動いていたという解釈も通りそうですね。また景虎サイドには実家である北条やそれと同盟関係にある甲斐の武田に米沢の伊達がバックにいたという事にからは、対外的には景虎こそ謙信の後継者に見られていたとなるのでしょうか。
この時期の上杉家を巡る内部状況や周辺の強豪勢力の動向等を見ると、果たしてドラマではどれだけフォローする事が出来るのだろうかと思えてならないのですが、分かりにくい所はばっさりカットしちゃいました、という事はして欲しくなかったりします。しかしながら今までの展開が展開だけに不安も多い・・・・・。
ikasama4
2009年03月04日 23:11
MoTo様
>悪名高い(笑)暗転スポットライト演出
あれは多用してるのが原因ですね(苦笑)

この作品の問題はどちらかというと
「武士に二言はない」というイメージがある中で
自分の言葉に全く責任を持ってないような兼続の
言動がこの作品の兼続のイメージを貶めてるようです。

基本的に上杉家にはスゴイ鬱憤があったと思います。
他国を侵略しなかったというのは聞えはいいですが
要は手柄を立ててもたいした褒美はなかったと言ってる
ようなもんですからね。

謙信死後のこの乱が長期化したり
乱後にも国が乱れたのもその反動がかなり大きかったのでは
ないかと思われます。

>戦国時代における越後における複雑な事情が反映されているように見受けられました。
そうですねぇ。越後はかなりすったもんだしてます。
この揉め事は謙信の父親の代からずっと続いてたもんですからね。

この越後がまとまっていたのも謙信という強大なカリスマという
力があってこそ、それに家臣団は大体従ったんでしょうね。

まぁここにくるまでに何度か家臣は反乱を起こしてますけど(笑)
ikasama4
2009年03月04日 23:11
MoTo様
>どちらについた方が自分達に都合が良いのかという意識で家臣が動いていたという解釈も通りそうですね。
正直、そこに関する要素がかなり強いと思います。

北条は常陸の佐竹と対抗するために佐竹と敵対する
伊達と同盟を結んでいたみたいですからね。

敵の敵は味方というやつなんでしょう

どちらかといえば相手の意志を尊重するというよりも
この騒ぎに乗じて勢力を拡大しようとする思いが強かったのかもしれません。

まぁ何にしても、こういう争いの背後関係は
このドラマではバッサリでしょうねぇ(苦笑)

なんでもかんでも「義」を尊重してくんでしょうから(大笑)

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第9回「謙信死す」

    Excerpt: 前回から複線が張られていましたが、とうとう上杉謙信が病に倒れます。阿部寛の最後の演技は迫力があってうまいなぁと改めて思います。それにしても49歳は早すぎますね。この時代に... Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-03-01 22:29
  • 天地人・第9話

    Excerpt: 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る →天地人第9話です。いよいよ今週の土曜日には「ヤッターマン」が公開になるので、も.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-03-01 22:34
  • 天地人第9回「謙信死す」!

    Excerpt: <嘘も方便?!>生涯負け無しの謙信と信長、もし戦っていたら、どちらに軍配が上がったか?信長には秀吉もいるし、謙信には、景勝、景虎、兼続・・与七、今のご家来衆を見ると、信長のような気がします。嘘の遺言で.. Weblog: バレルオーク日記 racked: 2009-03-01 22:40
  • 【天地人】第九回

    Excerpt: そなたら上田の者は景勝が跡目を継ぐと信じておる。しかし、そう思わない者もこの春日山にはおる。謙信が倒れ、ついに亡くなって、一枚岩であった上杉は、景勝派と景虎派に割れた。跡目はどうするかで言い争う場に、.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-03-01 22:41
  • 天地人 第9話「謙信死す」

    Excerpt:  大河ドラマでは、だいたい3月最終週あたりに「主人公の新たなる旅立ち」っつう展開が仕込まれているのが常です。、このとき、父親ないしは父的存在の人と死別、または他国へ転出、または親のほうをたたき出すなん.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-03-01 22:45
  • 大河ドラマ:天地人 第9回「謙信死す」

    Excerpt: 物語が動き始めましたね。謙信が亡くなり、誰が跡を継ぐ事になるのか・・・景勝派と景虎派の争いが起こり、いよいよ目が離せなくなってきました。妙椿尼の『家督は景勝に』という遺言だけでは家中がまとまるとは思え.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2009-03-02 01:29
  • つかなければならない嘘!!

    Excerpt: 関東出陣の直前に倒れた謙信、偉大な指導者であれば あるほど家臣の動揺も大きいのです{/kaeru_shock1/} 早くも上杉家分裂の兆しが… 謙信は静かに息を引き取りますが、まさか遺言があっ たと.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-03-02 10:19
  • 妻夫木聡の『天地人』第9回:謙信死す…スポットライトが無かった!?

    Excerpt: 大河ドラマ『天地人』第9回:謙信死す 【スポットライト無し】  今回は、一部で不評を買っているお約束のスポットライトシーンがありませんでしたねぇ。(さすがにNHKも悪評に気付いたか!?) .. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-03-02 10:59
  • 仁義なき天地人・頂上作戦(妻夫木聡)夫より頼りにしています(常盤貴子)

    Excerpt: 自己満足陶酔タイプの演出家の担当回が終わり、ともかくホッとした空気の漂う今回。 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2009-03-02 16:46
  • 【上杉景虎】についてブログの検索結果をまとめると…

    Excerpt: 上杉景虎 についてブログの検索結果をまとめると… Weblog: 最新キーワードチェック! racked: 2009-03-02 19:18
  • 大河ドラマ「天地人」第9話「謙信死す」感想

    Excerpt: 上杉家の「見知らぬ明日」 20.3% いやいやいや、今日はちょっといろいろあって、ひさびさ撃つですよんw。 帰りの電車、一睡もできませんでしたorz それはともかく、天地人。 .. Weblog: 優しい世界~我が心に迷いあり(β) racked: 2009-03-02 22:44
  • 大河ドラマ 天地人 第九回「謙信の遺言」

    Excerpt: えっと…2週続けて「もう泣かぬ!」詐欺続行ですか兼続くん… まぁ、お屋形様最期の姿を見届ければ、そうなるだろうなぁとは思いましたがw 正直、史実とドラマとしての整合性を保つための苦肉の策なんだ.. Weblog: 超特撮艦隊3バるカんX~GOLD LUSH~ racked: 2009-03-03 13:02