Q.E.D. 証明終了 第8話

今回は千田川を演じる北条隆博さんの一人芝居って感じでした。

今回のタイトルは「罪と罰」

ふと思い浮かぶのはドストエフスキーの作品ですが

ここでの「罪と罰」は違ったみたいですね。


殺人の映像はなかった事で千田川が犯人かどうか
曖昧になっていましたが、おそらく燈馬の推理通り
彼が犯人なんでしょうね。

遺体がうつぶせの状態で被害者の顔を見る事は出来なかったのに
「サンタ」と的確に表現出来たというのはねぇ。

顔は覚えていたかもしれませんが
その服装までは当日でないと把握できないですからねぇ。


それにしても千田川のあの表情は鬼気迫るものでした。

流石の燈馬も彼のあの表情には尻込みしてましたからね。




でも、水原さんには分かっていたんでしょうねぇ。



ある大学院生が世の中の不公平さを恨み
ある犯行=泥棒を思いつき実行しようとしたのですが

そこで別の犯行=殺人が起きてしまう。


自分がしようとしたのは泥棒であって

殺人ではない。


決して俺がやった事ではない。


自分がしようとしていたのは泥棒なんだから。



だから、自分は殺人という罪を犯していない。


それが彼の中で正論になっていたんでしょうね。


でも、それを言おうとすれば
自分が泥棒をした「罪」を認めてしまう事になる。


だから彼は嘘をついた。
そして、結局「罪」を重ねた。


「罪」を犯せば「罰」を受ける。


それを彼は分かっていた。


でも、この理不尽なまでに不公平な世界で
こんなに頑張っている自分が何故こんなに苦しむのか


だったら、自分よりも恵まれている人から、それを奪ってやろうと。

そこに罪悪感はないんですよねぇ。



でも、社会が理不尽だから
自分の境遇が他の方よりも不幸だから

だからと言って
それで罪を犯していいとは限らないのですからね。


たとえ社会が理不尽だと思っていても

「罪」を犯した者には必ず等しく「罰」を受ける


という事が言いたかったのかもしれませんね。

まぁそれが定理なのか予想なのかは
言いだしっぺの自分には分からないですけど(; ̄∀ ̄)ゞ



それから完全犯罪としてある事件の犯人の犯行を
真似ようと千田川は試みた次第ですが

正直、ネットで調べたくらいで模倣するのは
いくらなんでも付け焼刃でございます。




まぁ何にしても騙すのであれば
徹底的にやる覚悟、例えばそのために
自分の人生のなんらかを犠牲にするまでの覚悟や努力がないと
完全犯罪なんてものは難しいという事でしょうかね。

そして、思い込みが真実さえも歪めさせる
このあたりの犯罪者の狂気というのは怖いですねぇ。

罪を犯す者にしか出来ない心理なのでしょう。


まぁそんなこんなで今回はシリアスが主体でした。


お父さんが可奈をあの現場に呼ばなかったのも
そういった人の何たるかは娘には「まだ」早いと感じたのかもしれません。

というか、可奈にはこういう重い話は似合わないという事なんでしょうけど(笑)




追記(2009/02/27)
すっかり忘れてました(; ̄∀ ̄)ゞ

自分が出した問題がありましたね。



とりあえず角度を使わないで解く方法をば。


まず、平行四辺形の面積というのは
底辺×高さ

これで求めることができます。


で、ここでb1を底辺としてこの平行四辺形の面積Sを考えた場合

S=b1×h ―①

このようにして求める事ができます。


次にb2を底辺としてこの平行四辺形の面積Sを考えた場合

S=b2×h ―②

このようにして求める事ができます。


ここで①,②により同じ面積から出来た式なので

b1×h=b2×h ―③

ここで両辺にかけているhを割ると

b1=b2

これによりこの平行四辺形はどの辺の長さも等しいという事が成り立ちますので

これはひし形であると証明できたかなと。

以上、こんな感じで証明終了です(; ̄∀ ̄)ゞ
.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月27日 01:15
>それにしても千田川のあの表情は鬼気迫るものでした。
流石の燈馬も彼のあの表情には尻込みしてましたからね。

燈馬にとっては、謎が解ければそれで終わり、な今まででしたが、
謎が解けた先を初めて見た思いだったんでしょうね。
犯人がどうなるのか、なんて今までの燈馬では考えもしなかったでしょう。

水原さんのおかげで、1つ大人になりましたね^^

そして連れて行って貰えなかった可奈は、まだ大人には
なれないようです^^;

千田川は、結局やっちゃった。。。って事ですよね。
犯人視点の心理トリックに騙されそうでした。
面白かったです♪
2009年02月27日 11:04
千田川って、実はかなりの悪人だったんですねー。
悪いのは全部社会のせい、他者のせい。
最近の犯罪者の心情を描いてたんだ~。
彼の独白にすっかり騙されてましたわー
そしてスイーツを食べまくってた可奈は、
まだまだお子ちゃまって事か

平行四辺形の面積を求めるのが「底辺×高さ」
それさえ忘れてたあたしも、知能は幼稚園並のようデス
ikasama4
2009年02月28日 21:26
くう様
そうですねぇ。
燈馬は今回初めて犯罪者の心という
理屈では片付けられないものに遭遇したようですからね。

>水原さんのおかげで、1つ大人になりましたね^^
ですね( ̄▽ ̄)

まぁ刑事になりそうもない可奈には
こういう世界は知らない方がよさそうですからね。

>千田川は、結局やっちゃった。。。って事ですよね。
そーゆー事ですね。
おそらく千田川は殺人という行為を
罰を逃れるために己が犯した罪を
自分の記憶から消し去ってしまったんでしょうね。

演出的には彼は殺人を犯したのか
ようわからんような感じでしたが

なかなかに面白かったです。
ikasama4
2009年02月28日 21:26
まこ様
そうですねぇ。
結局、こんなに自分や家族が不幸になるのを
誰かのせいにしたかったんでしょうね。

それが犯罪に足を踏み入れるきっかけというか
犯罪に対して背中を押すきっかけになるのかも
しれませんね。

まぁこういうのは知らずに生きていけるのであれば
知らない方がいいですね。

この平行四辺形のお話は
「( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー」って
思ってもらえればいいので気楽に流してやってつかあさい
(  ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • Q.E.D.~証明終了 第8話:罪と罰

    Excerpt: 千田川が犯人?(*'ω'*)ん? 可奈は期末テストを前にしても勉強する気がのらない。 想に喫茶店でスウィーツを食べようと誘う。 そんな2人を苦々しく見ていたのは大学院生の千田川邦彦。 学費を稼ぐために.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-02-26 23:39
  • 【Q.E.D.証明終了】第8話

    Excerpt: 千田川邦彦は大学院生。親が倒れて学費を払えなくなり、日夜バイトに明け暮れて疲れている。世の中は不公平だ。と邦彦は思う。ある日、連続窃盗犯をまねて自分の家に泥棒が入ったように見せかけた。そうやって自分を.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-02-27 01:06
  • NHK「Q.E.D. 証明終了」第8話:罪と罰 ~連続窃盗事件の怪しい被害者?

    Excerpt: 「Q.E.D. 証明終了」破れたり! 想の推理は間違っている? ならば、どうして千田川は、サンタみたいな爺さん…と口にしたのか? 「Q.E.D.」は視聴者に突き付けられた? Weblog: 伊達でございます! racked: 2009-02-27 04:23
  • Q.E.D 証明終了 罪と罰

    Excerpt: 冒頭は、「ややっ、銭ゲバかっ!」ってぐらいの、どよどよな雰囲気 世への不満。恨み、つらみで、暗黒オーラたちこめるモノローグ こんなに優秀なのにぃ、将来を嘱望されてたのにぃ… オウチの事情。授業.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-02-27 13:08
  • Q.E.D証明終了#8

    Excerpt: ドSがいるわきゃ~ドSだドS連続強盗範に狙われる家ってどうよ?これって完全犯罪不成立じゃないだろうかたまには証明が完全じゃないときもあるよね~二重人格ですか記憶がないんです燈馬の言う事は合ってると思う.. Weblog: Sweetパラダイス racked: 2009-02-27 18:49
  • スイーツ三昧テッテケテー(高橋愛)殺人現場でQ.E.D.(中村蒼)血脈の果てに(仲間由紀恵)

    Excerpt: 長生きするとひ孫の心配もしなければならないのだな。しかし・・・人類は百万年ドミノ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2009-02-27 19:07