天地人 第6話 「いざ、初陣」

今回の御言葉は

ドラマにならって今回から真似事してみました(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえず、今回は簡単なあらすじで。
かいつまんで言うと

初陣を飾った兼続でしたが
相手にも親がいると思うと敵に対して刃を振るう事が出来ず
そのために味方に被害を与えてしまい

それからの戦で上田衆は目覚しい活躍を果たしたが
ただ一人兼続は誰一人敵を斬れずにいた。


その事で景虎の家臣から「腰抜け」と馬鹿にされ
それがために景勝様までバカにされ

それで味方の陣中であるにも関わらず刃を抜いた。



そなたはしばらく国に戻るがよい。
すぐに陣より去るという事じゃ。

此度の責めは兼続に負わす

よほど腹に据えかねたのであろう。

じゃが、それだけではあるまい。

分からんのか。

そなたの心が迷うておったのじゃ。

もっと己を大事にせよ。

人の命など明日の事さえわからぬも

なればこそそなたの軽はずみが悲しい。

上田庄に引きこもり
雪の中で己を見つめ直せ。

今のそなたでは戦に出ても無駄に死ぬだけじゃ。


そうして兼続は戦場を離脱し上田庄に引き篭もり
己を見つめ直せとの命を受けた。


兼続は失意の底にあった―――――。





まぁこんな感じですね。


とりあえず色々と振り返ってみます。


まず、初陣である敵兵士と戦ったというとこと
景虎の家臣が犬に「喜平次」と呼んでたとこのシーン


あれは人それぞれ好みがあるとは思うのですが
(個人的には好きではなかったです)

それは置いておくとして


越中・能登攻めにおいて
敵軍の旗が「織田木瓜」つまり織田の兵っていうのがねぇ。


それから
兼続とお船をどうしても相思相愛にしたいみたいだし


直江景綱と樋口兼続のシーンを入れたのも
おそらく今後の伏線なんだろうし


まぁそれも百歩譲って問題なしだったとしても


能登・越中の地で処罰を待つように納戸らしき場所に
閉じ込められていた兼続の前に現れた初音。


それが次のシーンで
京・安土にいる信長の下に
初音がいるってどういう事よヽ(;´Д`)ノ

この時点で自分は何かガックリですヽ(;´Д`)ノ



ちなみに山本圭さん演じる吉江景資の次男・景泰は
14歳の時に越中攻めで謙信の制止を無視して敵の鉄砲隊の前に駆け出して
死にそうになった事があり、謙信は家臣に命じて景泰を両親の下に送り返されたそうで。

そういう出来事があって、この作品(原作でも)では
それを取り入れたんじゃないかなって印象を受けました。


それと今回、兼続が剣を振るった相手で
景虎の家臣である刈安兵庫を演じたのは映画監督の三池崇史さん。

一瞬、道安に見えたのは私だけでしょうかσ(゚∀゚;


それと17歳故に人の命を奪う怖さ

敵に対しても「愛」を向ける
これを「愛」に繋げるために演出なんでしょうけど。


何かこう釈然としないものを感じてしまうのは自分だけでしょうかねぇ。



そうそう、兼続が景勝に
「たわけ者めが!!」と一喝されましたが

兼続は以前に景勝から「謝るな」と命じられていたのですが
思いっきり謝ってしまってたからそれが原因のような気がします。





ちなみにここ最近
色んなとこで直江兼続が持て囃されているようなとこがあります。

知勇兼備の将みたいな感じで。

それか今回の兼続の設定だからという訳じゃないんですが
自分が直江兼続に感じているイメージを簡単に書きまとめてみました。


まず、戦場において駆け引きとか謀略とか
そういうものがあったのでしょうけど

そういったものは兼続の場合、不得手だったように思っています。

直江兼続は藩政において
町を整備し、治水・特産物の奨励・鉱山開発など
そういった内政において中核をなした業績とかが広く知られています。

また、上杉家が
会津120万石から米沢30万石に減封された際
今まで召抱えていた家臣達をリストラする事なく
自ら質素な暮らしをしながら国造りに励んだそうで。

こういう姿勢が後々に評価されているんだと思うんですが
それはあくまでも政治家という側面なんですよね。

武勇も優れていたかもしれませんが
それと戦場での働きは別物だと私は考えています。

例えば、越後で新発田重家が上杉家に反乱を起こした際
景勝はその征伐に兼続を送ったのですが

豪雨とか相手に天の利・地の利もあったせいもありますが
兼続は新発田重家にコテンパンにヤラれてしまいますからね。

その時の経験を生かして兼続は周辺の治水整備を行い
新発田重家を徐々に追い詰めていった次第です。

また関が原での長谷堂城の戦いでは
直江兼続は1万8千の兵を率いて千の兵が篭る長谷堂城を攻め立てます。
が、最上勢の見事なまでの働きにより上杉勢は城を落とす事が出来ず敗れたようです。
しかしながら、西軍が敗れた一報を知った事での
撤退戦では見事な戦い振りが後の世に知れ渡ったようなのです。

直江状を出すような兼続であれば
その気概たるや武骨なる方という印象はあるものの

この二つの戦からでしかないですがその戦い振りと
「直江」という名のついた地名・場所が各地に残っている事から


・義と愛を掲げる素晴らしい政治家であった。

・長期的な視野・計画=戦略には優れていた。

・その場の状況に応じた勝つための方法=戦術、特に短期決戦は不得手だった。


すなわち


そんな感じです。




さて次週の展開は
感動するシーンなんだけど
あの演出を見ると・・・・・どうなるかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2009年02月08日 23:07
ikasama4さん、こんばんは。
今回の演出は絶不評ですね!そりゃあね・・・(><)

>あれは人それぞれ好みがあるとは思うのですが
(個人的には好きではなかったです)

体育館の壇上の上にみかん箱乗っけてスポットライトだけ当てて・・・な演出のことですよね?
あんなのばっかりで単なる手抜きですよね。CGで誤魔化すことさえしないってことは
高額出演者のギャラだけであっぷあっぷなんでしょうか?
なんだか本末転倒大河ドラマですよね。明らかに「風林火山」とはお金の使い方違いますね(苦笑)
2009年02月08日 23:25
>この時点で自分は何かガックリですヽ(;´Д`)ノ

自分も色々な点でガックリです。。。
まぁ。。。この大河が始まる前から、あまり期待して無かったので、
ガックリ度は他の方よりも低いかも知れません。

兼続くんも、武士に有り得ないヘタレぶりが目立ちすぎですね。
これは「愛」とか言う問題と違うって気がする。。。
このままでは「戦下手」どころか戦に出れないじゃん(-_-;)

今後も不安です。

ikasama先生のこれ→ヽ(;´Д`)ノが、
卓袱台投げに変わる日が来ない事を祈ります(-人-)
2009年02月08日 23:51
いや…なんか固まってました、今回。
どうしよう、笑えばいいのか?どう反応すりゃいいんだ?と思って。大河ドラマを見ててこんなことって稀です。
来週のお習字は「たわけ者」にしてほしいです(笑)。

>越中・能登攻めにおいて敵軍の旗が「織田木瓜」つまり織田の兵っていうのがねぇ

ですよねえ…。なんか民放のお正月時代劇みたいな杜撰さです。

>景虎の家臣である刈安兵庫を演じたのは映画監督の三池崇史さん

クレジットが見難いのでこの名前を見逃してしまって、後で知ったんですけど(笑)。
わたしは青木大膳にみえました。
脈絡もないカメオ出演を出しまくってドラマ的に破綻した「武○」の轍を踏まぬよう、祈るばかりです。
MoTo
2009年02月09日 00:29
本格的な合戦シーンが出てくることもあって、ようやく戦国大河らしくなってきたかと思いましたが、通して観て感じられたのは脱力感だけでした。いまひとつ迫力が伝わってこない合戦シーンや暗転&スポットライトの珍妙演出には観ているこちらが何が何だかと思わされる事ばかりでした。
今回の合戦シーンはどう見てもスタジオ撮影だったように思えますが、それ以上にちょっとした油断が命取りになる戦場の緊張感が感じられなくて残念でした。珍妙な演出に気合を入れるよりも戦場の雰囲気作りにもう少し力を入れるべきなのではと思う所がありました。
これだけガックリしまくりな描写の連続だと今後の展開に不安が感じられてなりません。この調子だと兼続がショックを受けたシーンでガーンというピアノの鍵盤を手のひらで叩きつけた音でも出すんじゃないかといらぬ心配をしてしまいます。本当に珍妙な演出は控えてもらいたい所です。
2009年02月09日 14:13
>何かガックリですヽ(;´Д`)ノ
ガックリするというか初めから膝を突いていてもうしゃがめませんという気分で見たのに
更に手をついて頭をたれちゃいました

>戦下手
そういえば“強い”とは聞いた事がないですね・・・
つまりは分かりやすいひとだったので
策略好きの秀吉は扱いやすくて好きだったとか
ということなのでしょうか。
2009年02月09日 19:23
とにかく、女人に対する北村景勝様といい、泣き虫兼続君といい…今の所…

「ヘタレ主従」

ですよね
景勝様は戦では活躍しているようですが…
玉鉄景虎様は桃太郎みたいだし…
長澤まさみは忍びとはいえ、守備範囲が広すぎるし…
(雪斎のワープのごとき使いの早さを思い出しました)

あと、あのスポットライト…というか漫画チックな演出…
MoToさんが書いておられますが、ホント、兼続がショックを受けたシーンでガーンというピアノの鍵盤を手のひらで叩きつけた音とか変な効果音がついてもおかしくない雰囲気でしたね…

でも、「謀将直江兼続」なんて本もあるくらいなので、「戦下手」ってことはないと思うんですがねえ…家康が恐れた程の男になっていくのを今は見守っていくしかないのかな?と、思います。
ikasama4
2009年02月09日 20:31
なおみ様
こんばんはです。
>体育館の壇上の上にみかん箱乗っけてスポットライトだけ当てて・・・な演出のことですよね?
あれはやるにしてもせめて1回のみにして欲しかったですね。
多用した事でチープな感じになってしまったんでしょうねぇ。

>高額出演者のギャラだけであっぷあっぷなんでしょうか?
その可能性はありそうですね。
もしくはいつもより宣伝費に金かけ過ぎてる気がします。
>なんだか本末転倒大河ドラマですよね。明らかに「風林火山」とはお金の使い方違いますね(苦笑)
ですよねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2009年02月09日 20:32
くう様
>まぁ。。。この大河が始まる前から、あまり期待して無かったので、
>ガックリ度は他の方よりも低いかも知れません。
それは羨ましい限りです。
自分は「風林火山」の出来がすこぶる素晴らしかったので
その期待感をこのドラマに多少持ってしまったのが
いけなかったみたいです(; ̄∀ ̄)ゞ

それに前回の大河の影響を受けたのか
どうも兼続を現代の人と同じ立場にしてるようなとこがあって
それがこんなにもヘタレキャラにしてるよ~なとこがあります。

>ikasama先生のこれ→ヽ(;´Д`)ノが、
>卓袱台投げに変わる日が来ない事を祈ります(-人-)
とりあえず
 ┻━━┻
(ノ ゚Д゚)ノSTAND BY
ikasama4
2009年02月09日 20:32
遊人庵庵主様
>来週のお習字は「たわけ者」にしてほしいです(笑)。
とりあえず、それは来週書かせてもらいます(; ̄∀ ̄)ゞ

>ですよねえ…。なんか民放のお正月時代劇みたいな杜撰さです。
そうですねぇ。
いくら戦う先が織田家とはいえ
その前には能登・畠山氏とか椎名氏とかがいる訳ですからね。

>>景虎の家臣である刈安兵庫を演じたのは映画監督の三池崇史さん
自分は放送前に公式HPを見た時に知りました(; ̄∀ ̄)ゞ

>脈絡もないカメオ出演を出しまくってドラマ的に破綻した「武○」の轍を踏まぬよう、祈るばかりです。
そんなのがあったんですかぁ。
でも、その匂いはプンプンしてきます(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2009年02月09日 20:32
MoTo様
>本格的な合戦シーンが出てくることもあって、ようやく戦国大河らしくなってきたかと思いましたが、通して観て感じられたのは脱力感だけでした。
ですねぇ。
今までの期待が全て失望に変わってしまった。
そんな気分ですねぇ。

一昨年の大河が役者さんが鬼気迫る感じで
戦場を駆け巡っていましたからねぇ。

それと比べると雲泥ですねぇ。

>兼続がショックを受けたシーンでガーンというピアノの鍵盤を手のひらで叩きつけた音でも出すんじゃないかといらぬ心配をしてしまいます。
言われてみるとありそうですねぇ。
ikasama4
2009年02月09日 20:33
むぎこ様
>ガックリするというか初めから膝を突いていてもうしゃがめませんという気分で見たのに
>更に手をついて頭をたれちゃいました
なるほど、駄目押しみたいなもんですね。

>つまりは分かりやすいひとだったので
>策略好きの秀吉は扱いやすくて好きだったとか
>ということなのでしょうか。
ドラマを見てるとそんな感じになってしまいますが
上杉家の藩政を任されて
越後の経済を潤わせたという事で政治的手腕は
優れていたそうですからね。

秀吉は天下統一後、石田三成や増田長盛等々
内政能力に優れた方々を集めて政治をさせていたみたいですからね。

そういった才能が秀吉に買われたというとこがあったのかもしれません。
ikasama4
2009年02月09日 20:33
まいまい様
>「ヘタレ主従」
言いますネェ( ̄▽ ̄)

景勝はまぁ戦場ではしっかりしてるのでともかく
今の兼続はいいとこなしですからねぇ。

>長澤まさみは忍びとはいえ、守備範囲が広すぎるし…
これは・・・・・ねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

>(雪斎のワープのごとき使いの早さを思い出しました)
ちなみに雪斎については移動しましたってナレーションが
あったんで私は許容範囲でした。

>「戦下手」ってことはないと思うんですがねえ
あくまでも自分のイメージですので(  ̄∀ ̄)ゞ

>でも、「謀将直江兼続」なんて本もあるくらいなので、「戦下手」ってことはないと思うんですがねえ
この本では関が原での直江兼続が中心らしいのですが
(未読で語るのもどうかとは思いますが)
私の中では戦略的な部分での話ではないのかなぁと
あくまで印象なんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ

>家康が恐れた程の男
これは過大評価のような気がしてるんです。
ドラマの宣伝みたいな。

ちなみに自分の中ではベタですけど
家康が恐れたのは武田・真田だと思ってます。
キッド
2009年02月10日 00:19
ikasama4様、こんばんは。

ふふふ・・・もりあがってますね。
もう・・・心のウサちゃんの捨て所的盛況。

キッドは初音ワープについては
妄想上のスーパーくのいちモードがあるので
そこそこ大丈夫でした。
能登~安土間には軒猿の屍てんこ盛りの累々状態間違いなしです。

三池演出の大河ドラマの方が見たいのでございます。
信長も謙信も黒い羽、白い羽はやして
天空を舞いますよね。

一向宗の応援に駆けつけた雑賀孫一は
ガトリングガンで越後軍団、文字通り血祭りに。

謙信と勝家が馬上槍試合をはじめ
プロトタイプ鉄甲船が日本海に回航され
七尾城炎上。

ああ・・・見てみたい・・・。
ikasama4
2009年02月10日 08:18
キッド様
おはようございます。

私も初音ワープについては
加速装置とか巷の忍者マンガでお馴染みの影分身とか
色々と妄想のし甲斐があるんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ

>信長も謙信も黒い羽、白い羽はやして
>天空を舞いますよね。
今のとこ、このドラマでの信長のイメージは
破壊から創造する大黒天って感じでしょうかね。

>一向宗の応援に駆けつけた雑賀孫一は
>ガトリングガンで越後軍団、文字通り血祭りに。
ウヒャヒャヒャヒャ(゚∀゚)

楽しい事
この上なしでございます(゚∀゚)

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第6回「いざ、初陣」

    Excerpt: 世の中は圧倒的に織田信長の世界になりつつありました。前回からいうと織田信長と上杉謙信は根本的に考え方が違うんですよね。天下を統一するためには鬼にでもなるという決意で自分... Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-02-08 22:27
  • 天地人・第6話

    Excerpt: 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 一週間ってあっという間ですよねぇ。正直「先週はどんな話しだったっけ?」と思い出す.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-02-08 22:39
  • 【天地人】第六回

    Excerpt: 斬れませんでした。あの者にも母が居ると思ったら斬れなかったのです。兼続は戦場で自分と同じくらいの年の敵と一騎打ちになり、相手が落とした物に思わず目を留めた。それは、髪の束と櫛だった。母上が持たせてくれ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-02-08 22:50
  • 天地人 第6話「いざ、初陣」

    Excerpt:  戦国もの大河ドラマの見所は合戦シーンにあり!というのは当然のことで、今年の大河も、今回が初めて本格的に合戦の回、ということで期待をしてました。そう…早くも迷走気味で、大河ドラマだか昔の青春ドラマだか.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-02-08 22:54
  • 間違った戦国時代が語られています、正しい歴史認識のために天地人総とっかえしてください。(妻夫木聡)

    Excerpt: かって「功名が辻」(2006)を見ていて・・・こりゃ・・・ひどいなあ・・・まあ、 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2009-02-09 08:59
  • 田分け者の兼続!!

    Excerpt: 越中へ快進撃を続ける上杉軍{/m_0145/}{/m_0145/} 10万の織田軍に対し3万の上杉軍が戦を挑むのです{/cat_6/} 奇襲戦でもしなければ神の軍でも敵わないのです。 背後には柴田勝家.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-02-09 10:15
  • 大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣…真っ暗なスタジオで

    Excerpt: 大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣 【気持ちが冷めつつ・・・】  基本的に小生は『篤姫』の勢いというか流れのまま『天地人』を見ている不真面目な視聴者なので、ぼちぼち『天地人』への気持ちが.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-02-09 10:43