やってくれますNHK( ̄▽ ̄)

私が年賀状であくせくしている間に
NHKはこんな事をしてたんですね。



詳しくはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/hagetaka-blog/250/14486.html

こうくるとはねぇ。
ヤラれました( ̄▽ ̄)


というか、NHKも
民放の手法を取り入れたみたいですが

これはこれで楽しみではあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年01月06日 00:04
ハゲタカ!
映画になるんですね

民法の手法には”?”ですが、
楽しみです
ikasama4
2009年01月06日 21:27
芯様
そうみたいですね。
私もこの手法をNHKが取り入れた事は
どうかと思ったりするんですが
それはそれとしてやっぱり楽しみです(  ̄∀ ̄)ゞ
しとろえん
2009年01月06日 23:40
なんと、予算が取れない「のだめ」の次はスペシャルでなく二連続映画。春まで上映日程が決まって5ヶ月のロケだそうです。作者出産休載中ですからそれも最後までではない。アニメはやるとして、どうなるんでしょうかねえ。
「SP」が真木よう子さんの家族無計画な妊娠で映画化が暗礁に乗り上げているようなので、フジは今年もそうそうお気楽極楽(fromウゴウゴルーガ)ではいられないでしょうねえ。

そういえば、クドカンと代役小雪さんのカムイ外伝は順調なんでしょうか。
「ハゲタカ」も気になりますが、そういうテレビ業界の無節操な動きも、連ドラに連結してるので、気になります。
ikasama4
2009年01月07日 12:14
しとろえん様
>なんと、予算が取れない「のだめ」の次はスペシャルでなく二連続映画。春まで上映日程が決まって5ヶ月のロケだそうです。
らしいですね。そういえば海猿3も映画化が決定だそうで。
SPドラマで視聴率を稼いでも売り上げに反映しないのであれば
映画で確実に収支を上げるという手法にフジは切り替えてきたと考えると見るべきでしょうかね。

高視聴率=広告収支が得られるという図式が崩れてるみたいですから
そういう方向に今後はドンドン流れていく向きがあります。

今後はドラマをバンバン作ってそこから
人気が出れば映画化という図式がテレビ局のビジネスモデルのひとつの形になるような気がします。

まぁテレビ業界の無節操な動きもそれだけ必死になってきたというとこでしょうかね。

この記事へのトラックバック