ラブシャッフル 第2話

第1回のシャッフルのメンバーは

うさたん×玲子さん

オ~ジロ~×アイアイ

菊りん×メイちゃん

諭吉君×海里




さて、メインとなるうさたん×玲子さんは(つ´∀`)つおいといて


アイアイには双子の兄がいて
その兄が亡くなる間際に

「よかった。愛瑠じゃなくて俺で。」

その時から彼氏を作っても
その彼氏を亡くなった双子の兄と比べてしまって

その基準が高いからどうしてもダメみたいですね。

ある意味、その兄の呪縛から抜けれないってやつですね。

そんなアイアイに積極的にアタックするのがオ~ジロ~

どうもこれはある意味、強烈なカウンセリングかも(; ̄∀ ̄)ゞ



菊りんは
3P(プラント・ピープル・ペット=植物・人・ペット)
この三つが安らぎを与えてくれるって事で
それをメイちゃんに披露してくれるんですね。


ちなみに私は
最初にこの言葉を聞いた時、うさたんと同じ事を考えましたが何か(  ̄∀ ̄)ゞ


で、当のメイちゃんはというと
ギャラリーがいると光り輝くうさたんの猛烈なファンみたいで

メイちゃんのおのろけに完全に当てられた菊りんでした(  ̄∀ ̄)ゴチソーサマ



で、諭吉君と海里は黙々と氷をカリカリ
で、最後の方に喋ったのは

海里が描いた絵にある天使のようなものに対して

「タナトス」ですって


「タナトス」=死を司る神

まぁ死神ですな(; ̄∀ ̄)ゞ



さて、メインのうさたんと玲子さんはというと

たっぷりすっぽんを食べてやる気マンマンの玲子さん。

それにオタオタするうさたんヽ(;´Д`)ノ ドーシヨー



で、玲子さんがこんなにも積極的なのは
人妻で、旦那さんが若い女性と浮気してるから

その仕返しって事みたいなとこが根底にあるんだけど

結局、自分に無理してるんだろうなって。


不倫とかSEXとか身体だけの関係とか
それはそれで別にいいんだと思うんですよね。

それで自分を貶めていなければ。

まぁ玲子さんがやっている事って
海里さんのリストカットのように
ある種の自虐行為って事にうさたんは感じたのかもしれません。


で、カッコいいとこを見せ付けて
相手から玲子さんを奪い取ったとこで

記憶があやふやで
朝、起きてみると隣には玲子さんΣ(゚д゚ノ)ノ


「俺、山登っちゃったσ(゚∀゚;」


これは傑作ですね。



「そこに山があるから」


これは以前、玉木さんがNHKドラマ「氷壁」に
主演で登山家の男性を演じてまして。


たしか「そこに山があるから」って台詞を言ってたような記憶があります。

今回のうさたんの台詞は
ここにかかっているんじゃないかって気がします。


ちなみにこの時の役柄は
主人公のスポンサーになっている社長夫人と不倫しちゃうんですけどね(笑)





それにしてもうさたんはギャラリーがいると
デキル男になるみたいですね。


遊ぶ事にかけてはとことんやりこんだとのたまうだけあって
ハスラーばりに決めていきます。

途中から玉の配置がいかにもって感じで組まれてましたけど(苦笑)


ああいうのを見ると女性はキュンキュンくるんでしょうね。

でもって、男モノのシャツしか着てない風な小島さん。
いつの時代の男の願望ですか(笑)

まぁそれ、私はとっても好きですけど(〃▽〃)ゞ



さて、ドラマとしては
同じマンションに住む
うさたん×アイアイ×オ~ジロ~×菊りん

この4人がメインで語り合う感じですね。

これとうさたんが遊びでバリバリ活躍するのが
物語前半の定番になってきそうですね。


なんかこの感じ、懐かしいですね。

昔、野島さんが書いた作品「君が嘘をついた」を思い起こさせてくれます。


ただ、後半はおそらく野島さんらしく
ドロドロとした感じにもってくのかもしれませんね。


海里にも危うさを感じますが
今回の台詞回しと役柄の性格から
オ~ジロ~と諭吉君にちょっと死の影があるような気がします。



ちなみに今回のドラマで一番印象に残った台詞は



「僕を両瞼で閉じ込めるように目をつむって。」

「両瞼で閉じ込めるように私を見て。」



人生の中で一度は言えたら言ってみたいもんです。

まぁそんな相手はいませんけど(爆)



何にしてもこの作品は面白いですね。

BGMもいいのかもしれませんね。

懐かしいのにドキドキする。
何が起こるのか分からない。

次回のシャッフルも楽しみです( ̄▽ ̄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年01月24日 01:20
>ああいうのを見ると女性はキュンキュンくるんでしょうね。

そう~!ウキウキしましたわ~♪
ああ言うのには確かに弱いですね^^;

って言うか、このドラマに流れる音楽とか
バブリーな時代の雰囲気とか、全てに飲まれてます~。
この先、同じ雰囲気を保ってくれれば、
最後まで楽しめるんですが。。。
野島脚本なので、まだ不安が~(-_-;)

そっか。。。オージローと諭吉ですか。。。
海里に飲まれてしまうかなぁ。
2009年01月24日 11:49
明石家さんちゃんが、かつてあちこちの番組で
男物のシャツを羽織ったポニーテール姿の女性が
理想だと言ってましたが、野島さんもその世代なのかな~。
そそ!【氷壁】!!!めっちゃ玉木くんが男らしくて
いいドラマだったのに、最後の人妻とのオチにはえらく
がっかり・・・
その思いが頭の隅にあったせいか、今回うさたんの相手が
人妻だった事で何だか楽しめなかったデス
せっかくのハスラーぶりにも、何もあの人妻の為に
そこまでせんでも・・・と(笑)。
2009年01月24日 12:18
やっぱり私にはこのドラマは向いてないなあ~
ドンな人間だし・・って事ばかり思ってしまいました。
会話の妙とかついていけないのも田舎モンだからですね。
でも啓のことは逆にちょっと見直しちゃった。
真相として山は越えてないんではと思ってますけど(笑
ikasama4
2009年01月24日 19:48
くう様
>そう~!ウキウキしましたわ~♪
>ああ言うのには確かに弱いですね^^;
なるほど、ピンポイントですね( ̄▽ ̄)

この流れは私も好きな感じです。

ただ
>野島脚本なので、まだ不安が~(-_-;)
ですね( ̄▽ ̄)

諭吉君の場合
嫉妬にかられておかしな事をしでかすような
とこもあるかもしれんですね。
ikasama4
2009年01月24日 19:51
まこ様
>男物のシャツを羽織ったポニーテール姿の女性が
>理想だと言ってましたが、野島さんもその世代なのかな~。
でしょうね。
ちなみに私もその部類σ(゚∀゚

それにしてもホント
ここでも人妻さんですからね( ̄▽ ̄)

まぁカッコいい男はもてるって事で。
ikasama4
2009年01月24日 19:52
エリ様
これはちょっと好き嫌いの分かれる作品ですからね。
会話の妙というか、ちょっと持って回った言い回しで
ある意味、人をおちょくったとこがありますからね。

>真相として山は越えてないんではと思ってますけど(笑
どちらにしても記憶がなくしてしまった
うさたんの負けですね( ̄▽ ̄)

この記事へのトラックバック

  • 【ラブシャッフル】第2話

    Excerpt: やっぱり、このドラマは音楽がいいみんな、それぞれの場所で歌う「DancingQueen」本当にいつの世代の若者なの?愛瑠は、旺次郎に写真を撮って貰う。啓は玲子にスッポンを驕って貰う。諭吉と海里は、ファ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-01-24 00:25
  • 酒を飲んでも山は登るな(ラブシャッフル#2)

    Excerpt: 『ラブシャッフル』  胸の谷間にくぎ付け!!!社長令嬢・香川芽衣@貫地谷しほりに婚約破棄された“うさタン”宇佐美啓@玉木宏ったら、セレブな人妻・上条玲子@小島聖にスッポンの生き血を飲まされ、ビールを禁.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-01-24 00:36
  • ラブシャッフル 第2話:運命の人は一人だけですか?

    Excerpt: うさたんが人妻と…(/TДT)/あうぅ・・・・ いや~ん、そうゆうのもアリなんだ{/face2_lose_s/} てか、ビリヤードでかっこいいとこ見せちゃったもんね~。 しかも自分の為に戦ってくれたん.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-01-24 00:54
  • 何があったか覚えていないのがラブシャッフル(玉木宏)観賞用植物・愛玩動物・都合のいい人(貫地谷しほり)3P(香里奈)

    Excerpt: ああ・・・またしてもタイトルでスパム扱いの悪寒が・・・。ラブ射~は自粛したにもか Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2009-01-24 10:04
  • TBS「ラブシャッフル」第2話:運命の人は一人だけですか?

    Excerpt: パートナー交換のファーストステージ(2日程度の出来事にした見えませんでしたが)。 つまらないけど、おもしろい。軽そうで、深そう。不思議なテイストのドラマです。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2009-01-24 10:59
  • 《ラブシャッフル》#02

    Excerpt: ラブシャッフル! 恋人交換は始った。でも、これって、正人が勝手に決めてるんでしょう?何かわけありとしか思えませんね。 今回は、みんなが出てきて、玉木さんの痩せすぎが気になりませんでした。ヨカッタ Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-01-25 10:21