銭ゲバ 第1話

まず、物語の感想にいく前に
今回の内容を見てふと思った事を箇条書きに。


・日テレさん、勝負に来たなぁ。

・斎藤隆成さん、本当にお疲れ様です(´Д⊂グスン

・斎藤隆成さんが成長すると松山ケンイチさんや二宮和也さん系統になるみたい。

・斎藤隆成さんとりょうさんはセット化してるなぁ

・松山ケンイチさんと二宮和也さんは口元が似てるなぁ

・小学校5年生で大人を撲殺できるなら10歳の少年が同い年の子を一撃で撲殺するのも可能かもしんない
  (フジのドラマ「トライアングル」より)

・TBSの金曜10時のドラマ「ラブシャッフル」とは対極にある作品だなぁ

・日テレは相変わらず時代に合わせてくるなぁ

・椎名さんは夫婦揃って心が病んだ役柄だなぁ
 (山本未来さんは「赤い糸」で薬物に依存してる母親役)




この世で一番大切なもの。
何のために生きているのか。

教えてやるよ。

それは銭ずら。

お母さんは言ってくれた。
大切なのは金じゃない。
人の心だと。

人は正直に生きていればきっといい事がある。

神様は見ていてくれるって。


でも、違った。

お金がないからお母さんは病院に行く事も
薬を買う事も出来ずに死んでいった。

お母さんのために俺が働いて貯めたお金を
お父さんは奪っていった。


貧しさを理由にお金持ちの女の子に
母の心は傷つけられた。


だから、お母さんは死んだ。

金がなくて死んだ?

金がないから死んだ?

違う。
弱いやつが死ぬんだ。

俺は死なない。

だから、金のためなら何でもするズラ―――――。




金のない悲劇ってやつですね。

お兄さんが風太郎のためにくれたバットが
殺人の凶器として使われてしまう。

金の為に自分にあんなに優しくしてくれたお兄さんを殺してしまう。




風太郎の論理もわからんでもないですね。

別段、贅沢な生活がしたい訳じゃない。

ただ、ささやかな生活がしたいだけなのに。


それが全て金がないという事だけで踏み躙られる。





そういう経験をした人は時に心が壊れてしまうかもしれません。





そうした人を見た時

お前、何か知らないけど可哀相なやつだな。


って言ってしまうのかもしれません。





三國家に近付いた風太郎。

全ては金のために。



そして、幼い頃
風太郎が犯した殺人事件で
弟を殺された兄が刑事となって風太郎を追いかける


なかなかダークな主人公ですね。

また、こういうダークな感じが日テレは上手いんですよね。


もしかしたら、この手の系列では
「家なき子」以来のヒットになるかもしれません(  ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年01月17日 23:19
ホント、日テレさん、勝負に出ましたわ~。出過ぎ(^.^;)
これは視聴率悪いでしょうね。。。
裏でフジが、どんどん良い映画流しそうだし。。。
私はフジの方に流れてしまいそうです~--;

松ケンだし、惹かれる要素は充分多いんですけどね~。。。
2009年01月18日 00:50
>小学校5年生で大人を撲殺できるなら10歳の少年が同い年の子を一撃で撲殺するのも可能かもしんない
そうですよね~!石とか棒とか使えばね~
まさか日テレのドラマで実証してくれるとは・・(笑
今までの明るいコメディとは間逆のドラマですね・・・
ホント、勝負に出たとしか・・・私はこういうの好きですけど、離れる人も多いだろうなぁ・・・
2009年01月18日 00:55
「ズラ」が一々気になったんですけど。。。結構重要?
子供の頃にもそんなに方言はキツくなかったような(^_^;)
てかどこ?(笑)
原作が昔のせいか、古くさ…いや懐かしい作りを感じました。

>こういうダークな感じが日テレは上手いんですよね。
ベタものって感じで(笑)
ずっとライトな感じで成功して来てますもんね。
勝負に出ました?
さてどんな展開が待ってるんでしょう。楽しみです♪
しとろえん
2009年01月18日 07:34
世代的に、ジョージ秋山先生のマンガがその時代にあった、そういうマンガが時代背景(永井豪先生の「魔王ダンテ」とか)にあったので、そういう観点からいうとこぎれいな分の不安というのはありますね。人肉を喰らう子供「あしゅら」などは諸行無常的な思想背景もあったと思います。今の人に合わせる分、作品が持つ毒が形を変えて今の毒になる部分は見ていてつらい部分もあります。これは、知らずに読む「蟹工船」と同じ手合いの感覚の差かもしれませんが、文学というものは今風にざくりと解釈すればよいと切り捨てるばかりのものでもないので浅い読み方そのものがある事は否定できませんが、深い読み方に移行するべき流れはそのラインにあるべきなのかなとも思うんですね。第一話は導入部で子供時代のいわゆる説明部分、二時間くらい時間をかけて丁寧な描写もあったほうが…と欲が出てしまうのが感想でした。勝負に出たなあというのは、確かにそうですね。義眼を傷で逃げるくらいなら大きな痣を作ればよかったのに女性ファンへの配慮なんだろうなあ。
2009年01月18日 11:56
重苦しくて疲れた~というのが一番最初の感想ですが
やっぱり復讐というか
三國造船を乗っ取ると言った風太郎の手腕とか
そういう方向に楽しみがあります。
原作があるんですか・・。
現代風にアレンジして面白くしてほしいなあ~。
ikasama4
2009年01月18日 12:18
くう様
>ホント、日テレさん、勝負に出ましたわ~。出過ぎ(^.^;)
昔の日テレは結構勝負してきましたが
ここでこういう勝負をしてくるとはね。

>これは視聴率悪いでしょうね。。。
これは好みが分かれるとこですが
お子ちゃまにはちょっとキツイですかね(; ̄∀ ̄)ゞ

でも、これは松ケンの魅力が
結構出てていいとは思います。
ikasama4
2009年01月18日 12:18
きこり様
そーですねぇ。
これを見ると10歳が一撃で撲殺の可能性も
アリなんじゃないかって気がしてきました(; ̄∀ ̄)ゞ

実はバットで25年経った今も使ってたりして(爆)

これは完全に好みの分かれる作品ですね。
でも、これはこれで魅力を感じます。
ikasama4
2009年01月18日 12:19
mana様
ベタなとこもありますが
昔の日テレは結構こういうジャンルを
取り扱ってましたからね。

久々にこの手の系統を扱ってきたって事で
自分としては楽しみではあります。
ikasama4
2009年01月18日 12:19
しとろえん様
いつの時代も不安というのはつきもので。
人も本来は動物という事で弱肉強食の理論が
当てはまっていくんでしょう。

同じ人であるはずなのに何故格差があるのか。
何故金を持つ人と持たない人がいるのか。

そこから金を憎み
そしてどんな事をしても金を得ようとする

そういう性格になってしまった風太郎の
人格形成を描いた第一話という事でしょうね。

なるほど、原作は義眼ですかぁ。
一方では女性ファンへの配慮もあったんでしょうけど
実際にやろうとした場合、CGとかを使うのと
特殊メイクで傷をつくるのと制作費はどっちが
安かったのかなとふと思うところがあります。
ikasama4
2009年01月18日 12:19
エリ様
自分も原作は知りませんが
これはまた今の時代にハマっているようなとこがあります。

ささやかな幸せでよかったのに
金によって全て踏み躙られた事で

心が壊れ、それを元に戻した時
いびつな状態で組みあがってしまった事で
歪んだ心になってしまった風太郎。

そんな彼が行き着く先には何があるのか
そこを見るにしても楽しみです。
2009年01月18日 16:35
あまりに不幸そうなので、【家なき子】がどんなにブームに
なろうとも、見向きもしなかったあたしなのに、今回は
ハマりそうズラ・・・
枠としては、あまりにも今までのイメージと違い過ぎるけど
家なき子の際も「同情するなら金をくれ」の言葉が流行ったように、
キャラモノが好きなちびっ子達にズラって言葉や、
鬼太郎のような髪型が大流行!てな現象が起きたりして(笑)。
それにしても、斎藤隆成くんには驚かされるばかりデス!!!
彼の演技が素晴らしかったからこそ、風太郎に感情移入!
そして、大人の風太郎の松ケンくんの表情にも
ゾクゾクだったズラ~
ikasama4
2009年01月18日 17:29
まこ様
私も「家なき子」は全く見なかった一人ですσ(゚∀゚
残酷な感じなんだけどそこには
悲しみと母への愛を抱いている風太郎が
とてもいいキャラになっています。

とりあえず流行語としては
個人的に「銭ズラ」がイチオシです(≧∇≦)b

>それにしても、斎藤隆成くんには驚かされるばかりデス!!!
まったくもって同感です(≧∇≦)b

個人的にこれからが楽しみな作品です。

この記事へのトラックバック

  • 【銭ゲバ】第1話

    Excerpt: 人間も同じだ。弱い者は死ぬ。オレは死なない。生きるために必要なのは金だ。金のためなら何でもするずら。学校では、教科書代や給食費が払えなくてイジメにあった。小学生の時から新聞配達をしなくてはならなかった.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-01-17 23:16
  • 銭ゲバ 第1話:愛をください…金のためなら何でもするズラ!!

    Excerpt: 陰気くさいズラ(||||▽ ̄)あぅ だけど、面白いズラ~~~{/b_body_jump/} 視聴者の知る限り、風太郎は二人の人間をバットで撲殺・・・ 寺田の場合は、風太郎の部屋に忍び込み、勝手に金を.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-01-17 23:24
  • 銭ゲバ 1

    Excerpt: たぶんもう次は観ないと思います暗い 暗すぎる 酷い 酷すぎる私はこともあろうに子供と共に観てしまって大後悔;;;だいたい土曜9時のドラマって楽しいものが多いじゃん?あまりに暗すぎて眩暈が;子役の松ケン.. Weblog: しなもにあ racked: 2009-01-17 23:29
  • 『銭ゲバ』 第1話

    Excerpt: 冒頭、飲んだくれの父親を殴り殺してたのかと思ってました。あんな父親(椎名桔平)なら殺したいほど憎いでしょうにね。父親に突き飛ばされて出来た顔の傷。風太郎の心の傷は一生消えず、傷を見る度に思い出すでしょ.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-01-18 00:56
  • 「銭ゲバ」 第1回

    Excerpt:  いや~おもしろかったんですけどね・・・ コレ、9時台にやるドラマ、ちゃうやろ・・・って感じも・・・( ̄‐ ̄*)?  水溜りに落ちている1円玉を拾うために、トラックが近づいて来ても気にしない男.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-01-18 00:57
  • 「銭ゲバ」 第1回

    Excerpt:  いや~おもしろかったんですけどね・・・ コレ、9時台にやるドラマ、ちゃうやろ・・・って感じも・・・( ̄‐ ̄*)?  水溜りに落ちている1円玉を拾うために、トラックが近づいて来ても気にしない男.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-01-18 01:04
  • 銭は力ズラ・・・銭は愛ズラ・・・銭がすべてズラ。(松山ケンイチ)

    Excerpt: すごいな・・・この時代に「銭ゲバ」を復活させるとは・・・恐ろしい企画力だ。 冬ド Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2009-01-18 06:31
  • 松山ケンイチ『銭ゲバ』第1回…インパクトが強烈ズラ

    Excerpt: 『銭ゲバ』第1回  凄まじいドラマが始まりました!!!  内容は全然違うけど、『女王の教室』で視聴者を刺激してきた手法を思い起こす作品。  ドラマの灰汁の強さは相当だけど、松山ケンイチの俳優.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-01-18 10:28
  • 銭ゲバ

    Excerpt: 初回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-01-18 10:44
  • 銭ゲバ 第1話

    Excerpt: おそろしく暗くて重くて見たことないくらいの世界だけど、復讐モノならひきこまれそうな予感。 Weblog: エリのささやき racked: 2009-01-18 12:08
  • 銭ゲバ 

    Excerpt: いいのでしょうか? 土曜日の9時、こんなにダークなものをオンエアして… (^_^;)ヾ ってのが、最初に浮かんだ、正直な感想…でした 気合いは充分。キャスティングも贅沢だし、原作は70年代の超・.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-01-18 16:40
  • 金の為なら何でもするズラ

    Excerpt: 金持ちなら、マカロン取ったぐらいで怒るな!確かに、マカロンって、そこそこ高いけどさドラマの宣伝の為に、『LchangetheWorLd』が放送の翌日、松山ケンイチ主演の銭ゲバが始まった。「浮浪雲」で知.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-01-19 00:34
  • 銭ゲバ 第1話

    Excerpt: このクールで一番期待していた「銭ゲバ」の第1話が放送されました。この「銭ゲバ」は Weblog: 裏 TV RANKING SHOW racked: 2009-01-19 05:17
  • 銭ゲバ (松山ケンイチさん)

    Excerpt: ◆松山ケンイチさん(のつもり)松山ケンイチさんは、毎週土曜よる9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『銭ゲバ』に蒲郡風太郎 役で出演しています。先週は第1話が放送されました。●導入部のあらすじ.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-01-20 01:16
  • 《銭ゲバ》★01

    Excerpt: 人間扱いされない工場勤め。まじめに働いても,芽が出ない不景気の中で、容赦なく人員削減が続いた。 何も接点のない風太郎にも、金を貯めこんでいるという噂だけで、こっそりついてくる奴がいた。カーテンが揺れる.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-01-21 08:36