流星の絆 第9話

きっかけは行成の純粋な愛だった。

私を愛するが故に。

そのために彼は図らずも
私達が計画している事を知られてしまった。


彼は私の名を「しほ」だと推察していた。


違う!


私の本当の名前は―――――有明静奈です。



私はこれ以上彼―――行成さんに嘘をつきたくなかった。







静奈の素性はバレてしまい
兄妹達の決め手となるあのノートは敵の手に渡ってしまった。

もう切り札はもうない。

この状況を打開する方法はただひとつ。




柏原に「全て」を話して協力を得る事だった。



俺はある出来事がきっかけで詐欺師になりました。

俺だけならまだしも
弟や妹まで詐欺師にしてしまいました。

それでも俺達は生きていくために
詐欺師になりました。

そんな俺達が詐欺をする過程で
とんでもない偶然に2つも出会いました。


俺達が騙そうとした男・戸神行成

彼の父親・政行が
あの時、泰輔が裏口から出て行った男だったこと。

そして、とがみ亭のハヤシライスの味は
有明のハヤシライスと全く同じ味でした。

俺達は政行が犯人だという証拠を
警察に掴ませようとした。

でも、その決め手となる有明のノートは敵の手に
渡ってしまった。

もう切り札はないんです。



柏原は切り出した。



警察が切り札となるものはただ一つしかない。

傘だ。

指紋はないから証拠にはならない。

だけど、脅しに使う事は出来るんじゃないのか。

手段を選んでる場合じゃないだろ。






そして功一の中にある考えが浮かんだ。




そのために功一は妹に戸神行成にたいして
電話をかけるように言った。





兄と会っていただけないでしょうか?







有明功一です。

兄です。




行成は突然の出来事に言葉を失う。

しかし、今から考えてみれば
今までの経緯も全てが納得出来るものだった。


そして、このアリアケのノートには
今のとがみ亭と似たレシピがあった。


それはショック以外のなにものでもなかった。



自分の父親が他人の料理の味を盗んだ事は認めざるを得ない。




しかし、人殺しの犯人とは別だ。



行成は決断した。


僕もあなた方に協力します。


予想していなかった展開。

その申し出に功一達は驚いた。


彼の真意。

ただ真実が知りたい。


その点では功一と同じ気持ちだった。

でも、もうひとつの思いは違った。

彼は自分の父親が犯人だなんて思いたくなかった。
そして父の無実を証明したかった――――――。









そして、功一達は動き出す。





その前に功一は柏原に電話をした。




俺はほっとした。

おまえらの事だ。
ずっとひっかかっていたんだ。
兄弟三人助け合って生きてって欲しいってな。

それがあの事件に関わった願いだから。


詐欺師だったとしてもバラバラよりかはいい?

お前ら三人の顔を見た時、心底そう思ったよ。

長かった。14年かぁ。

よく頑張ったな。



―――あのさ。

食いに来てよ、ハヤシライス。
また作るからさ。
いつでも作るからさ。


あぁ、そうだな。










そして時効当日。


功一達は警察のフリをして政行に聴取した。

行成も仕掛け役の一人だ。

結論から申し上げますと
DNA鑑定の一致率は99.9%です。

犯人が触れた「もの」からDNA鑑定の結果
それがあなたのものだと断定されました。

あなたが「とって」の部分に触れた形跡があります。



きっとあの「とって」を盗んだやつが犯人なんだ、父さん。

覚えてないよ、そんな昔なくした「傘」なんか。




その瞬間、功一と泰輔と行成の目の色が変わる。

同時に行成の心を衝撃が襲う。



どうして傘だと分かったんだ?

それなのに何で知ってんだよ。

父さんを信じてた。

無実だと証明できるって。



二人は「真実」を語り出す。

俺達は殺された有明夫妻の息子だと。

あの時、あんたをあの場所で見たと。

そして、このハヤシライスの味はアリアケの味だと。


そして尋ねた。


何故、親父達を殺した?






そうですか。有明さんの息子さん達か。


政行は「真実」を語り出す。




うちの味は有明さんが作ったものがベースになっている。

あ、いやそんな言い方じゃ納得しないか。

私は有明さんの味を盗みました。


君達のお父さんは偉大な料理人だったよ。

大胆で独創的、そして実に繊細だった。


しかし、料理以外の関心が強過ぎた。

ギャンブルがなければアリアケが有名店になっていただろう。


あの時、私はある客とハヤシライスの味でもめた。


その男は洋食店をやっていると言う。

私はその男が作るハヤシライスを食べた。


衝撃的だった。
それまでの洋食に対する固定概念を覆された。

それほど美味かった。

私は降伏した。
だから、恥も外聞もなく彼に尋ねた。


私は研究に研究を重ねた。
だけど、アリアケさんの味には届かなかった。
自分の無力さを思い知らされた。


しかし、1ヶ月ほどしてから有明さんから
自分のレシピを買わないかと持ちかけられた。




そして、政行があの時から大事にもっていたもの

それは父が書いたものと全く同じアリアケのレシピだった。


思いもかけない展開。


これで分かっただろう。
私はアリアケのレシピを金で買ったんだ。

私はこのレシピを受け取るために家に行った。


でも、これだけはハッキリ言っておく。

有明さんを殺したのは私じゃない。
私が行った時、君達のご両親は既に殺されていたんだ。




政行の告白に兄妹は言葉を失う―――――。










いやぁ久しぶりの飲み会で
ちょっとノドが酒でヤケたかなと(; ̄∀ ̄)ゞ


たいして飲んでないんですけどねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ


ちなみに本日も飲み会です(; ̄∀ ̄)ゞ







まぁそんな個人的出来事は(つ´∀`)つおいといて
物語はどんどん核心に近付いていきます。



今回のサブストーリーは「刑事遺族(デカイゾク)」

その昔、「刑事貴族(デカキゾク)」なる作品がありました。


この作品はシリーズ化されていて
その主人公は舘ひろしさんが演じてた事もありましたが

私にとってこの作品で印象深い主人公はやはり


水谷豊さんです( ̄ー ̄)b


知っている方はおられると思いますが

この「刑事貴族」には寺脇康文さんも出演していて

この時の共演が「相棒」を生み出すきっかけになったとも言えます。


という事で
今回の二人の刑事という役柄は
それとなく「相棒」を意識したものなのかなと思ったりして(; ̄∀ ̄)ゞ



どうもTBSは水谷豊さんを推してるみたいです(笑)




さて、それはそれとして
個人的には予想していたような展開になってきました(; ̄∀ ̄)ゞ



目の前に父の書いたもうひとつのレシピを見せられては

今までの推論も根底から覆されますねぇ。



となると犯人はあの人かあの人のどちらかでしょうねぇ。

次回は再び妄想係長が登場するみたいだし。

ここからどうなっていくのか。
楽しみですねぇ( ̄▽ ̄)








ちなみに個人的に一番の謎は
サギとジョージさんの関係(笑)

親子なんかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月13日 13:24
>サギとジョージさんの関係(笑)
親子なんかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

ああ~なるほどぉ~。
根無し草のような神出鬼没な方なもんで
普通の日常があるように感じないのね(笑
そうか・・・けっこう長い付き合いみたいだから
親子でもおかしくないですよね。
施設で一緒だったことはないのかしら?

やっぱり真犯人はアノ人なんでしょうかねえ・・。
それだけはお願いやめてぇ~というところです。
2008年12月13日 14:20
>今回のサブストーリーは「刑事遺族(デカイゾク)」
これは笑いました。
そぉ~来たかぁ。って感じ(ノ∀≦*)ノ゛
もちろん「刑事貴族」は見ておりました。
館さんの時から( *^艸^)
水谷さんのときは、確か高樹沙耶さんも出ていたような。。。

>サギとジョージさんの関係(笑)
夫婦とか?
確かジョージさんの奥さんの話って出てきましたよね。
功一に気があるような素振りを見せてるけど、実は嫁!!
と、疑ってみたりしてるんですけど。

真犯人同様、サギの真実も気になります((o≧▽≦)
ikasama4
2008年12月13日 15:16
エリ様
>施設で一緒だったことはないのかしら?
そうですねぇ。
それで養子縁組って線もありえなくはないですね。
でも、施設で一緒だったら功一に限らず
泰輔も静奈も知り合いなのかなと思ったりして(; ̄∀ ̄)ゞ

奥さんという線も考えたのですが
それだと功一にラブラブな奥さんの姿に
ジョージは逆ギレしてるかなと思ったりして
(; ̄∀ ̄)ゞ

やっぱり謎です(笑)

>やっぱり真犯人はアノ人なんでしょうかねえ・・。
病気の子供
アリアケの常連

そういう部分がアノ人を怪しくさせてますね。

>それだけはお願いやめてぇ~というところです。
それをやっちゃうのが東野さんのような気がします。
ikasama4
2008年12月13日 15:17
にな様
>もちろん「刑事貴族」は見ておりました。
>館さんの時から( *^艸^)
私もバッチシ見てましたよ( ̄ー ̄)b

>水谷さんのときは、確か高樹沙耶さんも出ていたような。。。
そうですね。この作品では同僚の関係なんですけど
「相棒」では元夫婦の関係ですからね

なんか今、「刑事貴族」見たら
すっごい面白いんでしょうね( ̄▽ ̄)

>夫婦とか?

そーしたらジョージさんは
今までの傾向から功一に逆ギレして
当り散らすような感じがしたもんで。

でも、功一の事を信頼してる可能性もありますね。
というか功一が彼女を相手にしてないって
分かってるかもしれませんし。

でも、そーなると
サギがやってる偽造品とか窃盗物とか
その事件の裏にジョージが絡んでる(゚д゚ノ)ノ?!

>真犯人同様、サギの真実も気になります((o≧▽≦)
ですね(≧∇≦)トッテモシリタイ
2008年12月13日 16:37
「刑事遺族」のタイトルには大受けでした~(^▽^
しかし内容は、さすがに、ど・シリアスでしたね~。
「ご主人」が功一と同一人物と知って、食いかかる行成にも
笑った。。。でも、静奈の事を思うと切ないですね。

>犯人はあの人かあの人のどちらかでしょうねぇ。

でしょうね~。。。(-_-;)
しかし、その内の1人はドラマオリジナルキャラらしいので、
犯人はまず、あっちの方に確定ですね。
も~~、今から辛いですわ(>_<)

忘年会の時期。。。
飲み過ぎにご注意を~(^.^)b
2008年12月13日 17:02
刑事貴族というタイトルは記憶にあったのですが
舘さんが出演されてたんですねー。
だから、サングラス等の扮装にあぶデカっぽい
雰囲気を感じたのだわ(笑)。
それにしても、この展開!
真犯人はもうikasama4さん予想のあの人しかいないって
感じですよね
動機や、犯人のその後の心情等、事件に関する真相は
きっちり描いてくれるんでしょうけど、
サギの正体がうやむやなまま終わったらいやだなー(笑)。
ikasama4
2008年12月13日 17:41
くう様
>「刑事遺族」のタイトルには大受けでした~(^▽^
私も大笑いしました( ̄▽ ̄)

>しかし内容は、さすがに、ど・シリアスでしたね~。
ですねぇ( ̄▽ ̄)

それにしてもこの事実は
行成にも有明兄妹達にも
ショックですよねぇ。

>しかし、その内の1人はドラマオリジナルキャラらしいので、
>犯人はまず、あっちの方に確定ですね。

なんと (゚д゚ノ)ノオドロキ

>も~~、今から辛いですわ(>_<)
木曜日・金曜日とハンカチが必須ですね(T▽T)

>忘年会の時期。。。
>飲み過ぎにご注意を~(^.^)b
気をつけてきますε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ
ikasama4
2008年12月13日 17:41
まこ様
>刑事貴族というタイトルは記憶にあったのですが
>舘さんが出演されてたんですねー。
そーなんですよ(  ̄ノ∇ ̄)

>だから、サングラス等の扮装にあぶデカっぽい
>雰囲気を感じたのだわ(笑)。
なるほど、そこは気付かなかったです(≧∇≦)

もうあの人が濃厚になってきましたね。

>サギの正体がうやむやなまま終わったらいやだなー(笑)。
たしかに全くもってその通りです( ̄▽ ̄)
2008年12月13日 21:16
>サギとジョージさんの関係(笑)
親子なんかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ
やっぱりそうなんですかね・・
よく一緒に店に入ってくるし・・・
じゃあ、施設にサギもいたんですかね・・
功一だけが、覚えていたとか・・・
最後に全ての疑問を明らかにして終わって欲しいものです・・
やっぱり犯人はあの方しかいないんでしょうかね・・
そんなお金のために殺しをするような人にも見えないけど・・・
残酷な結末になりそうですが、ニノにはそんな状況が似合いそうです。
2008年12月13日 23:54
私はやめて~じゃや無い方の人を犯人にすることにしました(笑)

というより、通りすがりの人が犯人の方がよっぽど良いです~。

何とか全てハッピーエンドに!!
お願いしますって感じです。

ikasama4さん、飲みすぎにはご注意です~
しとろえん
2008年12月14日 07:40
刑事貴族ですかぁ。「あんちゃん」は再放送とかでかなり見たんですが、リアルタイムは「熱中時代」かなあ。そんな仕掛けがしてあったとは、クドカンもけっこうドラマ好きですねえ。(笑
で、まあ、ああも丁寧に描写されていたり、犯人の当て馬としての柄本さんが見た目の怪しさと自然な表現力だけで起用されていたことが明るみになれば、キャスティングも映像になって浮かび上がってきた怪しい人物も、前回からぐっと怪しさに言葉がついてきたうえに今回の詐欺のカミングアウトでの対応から、刑事らしからぬでなく何かを誘導してるのは「犯人であってほしくない人物」でしかないという感じですね、
もうここまできたらそこまでの誘導とその落とし前をいかにつけるか のみに集約されると思います。もしかしたら、高山がそのタイミングをうまく引き出すのかもしれませんねえ。

サギはこういう構想上の流れでいけば、「奥さん」が有力でしょう。前フリもあったし、冷凍ピラフ以外はセーフのジョージさんだからこそ、距離をおいていたという考えも成り立ちますし。
ikasama4
2008年12月14日 14:41
きこり様
とりあえず親子か夫婦か
このどちらかなんでしょうけど

どちらにしてもサギが盗難車を持ってきたり
偽造ダイヤを作ったりしてるのをジョージさんは
知っているのか知らないのかがちょっと気になります。

もし、知っていたとしたら
ジョージさんは今の店以外に
巨大な犯罪組織も持っているかもしれません(笑)

>やっぱり犯人はあの方しかいないんでしょうかね・・
その可能性は高いでしょうねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

>残酷な結末になりそうですが、ニノにはそんな状況が似合いそうです。
なんとなく幸薄そうですもんね(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年12月14日 14:42
芯様
>私はやめて~じゃや無い方の人を犯人にすることにしました(笑)
たしかにそうすればこちらの痛みも少ないですからね。

でも、それを裏切るのが
ある意味、ドラマの良さでもあるかと(; ̄ノ∇ ̄)

>ikasama4さん、飲みすぎにはご注意です~
お気遣いありがとうございます。

二日酔いにもならず、すこぶる快調です( ̄▽ ̄)
ikasama4
2008年12月14日 14:42
しとろえん様
自分は小さい頃、火曜サスペンスを見て
育ってきたとこがあって

私が水谷豊さんですぐに思い出すのは
「浅見光彦」と「朝比奈周平」シリーズです(; ̄∀ ̄)ゞ

>柄本さんが見た目の怪しさと自然な表現力
>「犯人であってほしくない人物」
刑事モノではよくある定番ですからねぇ。
こういう細かい積み重ねがあってこそ
終盤でよりインパクトが大きなものになるんでしょう。

高山の場合、地味だと思ってた女性がキレイになって
アタックするも木っ端微塵って展開が浮かんできますね(笑)

サギさんは奥さん説、なるほどですね。
ただ、どちらにしてもジョージさんはサギの犯罪行為を
よく許しているものです(笑)
2008年12月14日 16:19
ikasama4さん、こんにちは。
ああみえてクドカンは「原作に忠実に」作っているそうですから
「真犯人」は「原作に登場する人物」の方でしょうね。
だから分らなくなっちゃうんですよね・・・「どういうつもりなんだ?」と。

>ちなみに個人的に一番の謎は
サギとジョージさんの関係(笑)

サギって最初「ジョージクルーニー」の隅っこで酔いつぶれて(?)いたんですよね。
未だにジョージさんの奥さんが登場しないことから
「奥さん」の可能性は大ですよね!?
何気にナチュラルに一緒にいますしね(笑)

最終回はゲストに、本物の「ジョージ・クルーニー」が出演しないでしょうか?
昔やってたドラマで岸田今日子が「ジョージ・チャキリス」のファンと言う設定で、最終回に本物の「ジョージ・チャキリス」が登場したんですよ!!(爆)
ikasama4
2008年12月14日 16:45
なおみ様
こんにちはです。
たしかにクドカンは原作に忠実というか
その原作が持つ魅力を壊さないような
作り方をやっているような感じは伝わります。

なるほどですね、たしかに
初登場時、彼女は酔いつぶれてましたからね。
彼女がいるとジョージさんも平常心でいられるみたいですしね。

最近は奥さん説に傾倒しつつある今日この頃です(; ̄∀ ̄)ゞ

>本物の「ジョージ・クルーニー」
それは面白いですねぇ(≧∇≦)

でも、場合によっては
「トミー・リー・ジョーンズ」さんが
出演って線はあるかもしれないですかね。
taira
2008年12月19日 21:33
家族なのです  何が何でも家族なのです  誰がなんと言おうと、天地がひっくり返ろうが家族といったら家族なのです!
これ、、、庵主様のところで使った 篤姫まとめの感想、、、そして ikasama4さんの総括も読ませていただきました。
やはり同じこと感じていただき嬉しゅうございます。   が・・・・ここは白夜行の書き込み欄
実は、まさに これが逆に働くんですね!  白夜行では
見ました  読みました! 白夜行・・・遅まきながら   ともに、3分の2までですが・・・  噂どおりの大作です
ラストのクリスマスを、実際のクリスマス周辺ぐらいに着地しようと思っています。  その方が気持ちもひとしおなので。

原作は小説という形をうまく使っていますね。
原作者は想像できるきっかけを書くだけなので、受け手に 人物像が恐るべき魔少年、魔少女にもなるし、切ないカップルにも見える。
特に、雪穂が親友をレイプさせるくだりなんかゾッとするほど怖かったです。
本人の本心はいっさいなにので状況証拠で予測するだけ  それが余計と怖い
これハ日本のホラー映画の怖がらせ方の手法ですね
taira
2008年12月19日 21:35
実際、お化けは出てないのに その予兆、雰囲気だけで 受け手の心の中にどんどんお化けの怖さが増幅するからくりです。

比べてドラマのほう、、、甘甘の2人のべたべたの純愛が延々続き、、一時期かなりだるかったです。
でも綾瀬さんの純情で可愛い顔からでるレイプ計画のあたりで一気に面白くなりました。
あの、およそ考えられないような顔から そういう計画がでる、、、、そのギャップ  これは映像ならではの怖さ、面白さだと思いました。
それと最初に結構食いつけていけたのは少女時代の子役が素晴らしいです。 おっしゃるように、、、
あの子が、どうなっていくんだろうという興味が原作とは別にドラマ自体の世界に入り込めました。
ドラマの2人は決して魔少年、魔少女でなく まともな人間の転がっていた姿のむなしさみたいな感じでしょうか?
このテイスト、、、罪と罰(読んだことないけど)、あるいは三国連太郎の傑作「飢餓海峡」に近いと思いました。
特に飢餓海峡、、、、 はじめの犯罪が過ちみたいなかんじから、それを隠すためさらに犯罪を続ける  かなり似てると思います


taira
2008年12月19日 21:39
飢餓海峡の場合は飢餓、、すなわち貧困ゆえ   白夜行の場合は家族ですね
ただちゃんとした家族があっても、持って生まれた十字架というのはありますし
その十字架ゆえ、世間の悪意に敏感になり それの防衛本能のため過度に攻撃的になる、、、つまり心の中に悪魔を飼う

ドラマの中で雪穂がレイプ依頼をして、その言い訳をする場面ありましたね
その余の身勝手さに私も「おいおい!」と突っ込んでいましたが、でも百歩譲ってみると いくらこちらには理解不能な理屈でも、こちらは決して行してむこう(雪穂)本人ではないから その立場は決して分からないのも事実だと思いました
そう言う十字架を背負った資質、環境で人生を何十年もおくってくると なかなか他の道は選びにくい。想像できないみたいな感じです
脳のシワに刻まれた、体の一部になったような感じ・・・
これは、、、西郷さんの「おいは、こういう生き方しか出来んとです」にも通ずるところがあるようにも思います

taira
2008年12月19日 21:40
最期に、、鉄八の独り言  結構見ててうざかったのですが、ちゃんと文章化していただきありがとうございます  解説まで、、、
歎異抄の言葉でしたか・・・・・    うざかった、あの言葉  一気に味わい深きものとなりました
なお、、、本来なら「白夜行」欄に書くべきでしたが、会員専用で書き込めなかったので・・・同じ東野つながりで此処に書かせていただきました
お許しください
ikasama4
2008年12月20日 02:36
taira様
家族で始まり家族で終わる
今年の大河は正しくこれに尽きますね。

そして白夜行はたしかにマ逆です( ̄▽ ̄)

家族を信じる事が出来ない。
だけれども、同じ罪を共有した者こそが
唯一分かり合える。

この二人の関係は
天璋院と静寛院の関係と似てる気がします
(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年12月20日 02:37
taira様
原作では第三者の視点で
終盤にいくに従って二人の関係がわかるようになるのですが
ドラマでは犯人側の視点から描きますからね。

しかも、この主演の二人は
「セカチュー」で共演した二人ですからね。

そういうとこもあって
中弛みしたとこはありましたね。

ただ、物語全体として
親にひどい目を受けた子は
自らが大人になった時、自分の子にそれを繰り返す。

その連鎖による悲劇も描いていました。

こういうのは原作の出来に助けられています。
ikasama4
2008年12月20日 02:37
taira様
雪穂は自分の過去を呪い
自分よりも幸せな人生を辿る人も呪ってましたからね。

それによって彼女は幸せになろうとしていましたが
そこに固執するあまり

本当の幸せを見失っていたのかもしれません。

その部分では亮司は純粋でした。
この自らを犠牲にしても相手の幸せを願う
亮司の考え方は西郷さんとそっくりです。
ikasama4
2008年12月20日 02:38
taira様
金八の言葉はどこから引用したものだろうと
気にはなって調べてみたら歎異抄などの仏法が主体でした。

この言葉は武田さんが独自に考えたものらしいです。

原作というかこのドラマの台本を読んだ時
二人の男女が犯罪に手を染める姿が
何かに救いを求める感じがしたからなのかもしれません。

>なお、、、本来なら「白夜行」欄に書くべきでしたが、会員専用で書き込めなかったので・・・同じ東野つながりで此処に書かせていただきました
いえいえ、大丈夫ですよ。
お気になさらずに( ̄▽ ̄)

この記事へのトラックバック

  • 流星の絆 第9話:時効当日最後の告白

    Excerpt: ハヤシ・ド・ライス(゚д゚)ウマー サギさん、最高っす{/choki/}{/face2_happy_s/} いや~、さすが東野作品{/ee_3/}ラス前にたたみ掛けるような あっと驚くタメゴローな展.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-12-13 12:00
  • 『流星の絆』第9話…刑事遺族

    Excerpt: 二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香主演『流星の絆』 第9話「時効当日最後の告白」  いよいよ盛り上がってまいりました・・・・。 ┃三浦友和が大活躍  この夜、三浦友和が大活躍。  日テレでは、.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2008-12-13 12:15
  • 流星の絆 第9話

    Excerpt: やっぱり政行は否定しましたね。どんどん柏原が怪しく見えてきた・・・。 Weblog: エリのささやき racked: 2008-12-13 13:27
  • 『流星の絆』 9話

    Excerpt: 「アリアケ」と書かれたノートを行成(要潤)が 静奈(戸田恵梨香)が隠したと分かった理由。 Weblog: ド素人日記 racked: 2008-12-13 14:20
  • 【流星の絆】第9話

    Excerpt: 違う!私、志穂なんかじゃない!そんな名前じゃないです。静奈。有明です。有明静奈。それが私の名前です。殺されたのは私の両親です。事件の夜、兄は犯人を見ています。戸神政行。なぜ、この女が、戸神家の書庫にレ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-12-13 16:42
  • 愛しい人には本名で呼ばれたい(戸田恵梨香)流星の絆的危ない橋(二宮和也)妹にぶたれる喜び(錦戸亮)

    Excerpt: さあ・・・いよいよ佳境である。最終回を前に泰輔(錦戸)が事件の夜に目撃した男・戸 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-12-13 19:51
  • 「流星の絆」第9回

    Excerpt:  え~~?!・・・・この流れだとやっぱりカッシーが犯人って感じ? 予告でのニノのキレ具合から予想すると、柏原かジョージさんか・・・・ 7:3でカッシーかな~~( ̄~ ̄;)ウーン…  アリアケ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-12-13 21:31
  • 流星の絆 trap9

    Excerpt: 「アンタが好きだよ~アクセルう~{/heart_pink/}」(そ~んなに美味くはなかったけど・・・) 『流星の絆』第9話です。 「正直に答えてください。アナタは一体・・・何者なんですか?」 時.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-12-13 22:51
  • 『流星の絆』 第9話

    Excerpt: レシピノートに残された香水で、静奈だと確信した行成。「本当は有明さんですね?… 父がアリアケの味を盗むために有明さんを殺したと…」行成の推理は見事でした。アホっぽい振りをしてただけだったのかと思うほど.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2008-12-13 23:48
  • 「流星の絆・第9話」

    Excerpt: 行成が、レシピノートを置いていったのが静奈だと気付いたのは香水の移り香だったんですね。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2008-12-14 00:02
  • 流星の絆 (要潤さん)

    Excerpt: ◆要潤さん(のつもり)要潤さんは、毎週金曜よる10時TBSテレビ系列にて放送されている金曜ドラマ『流星の絆』に戸神行成 役で出演しています。一昨日は第9話が放送されました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-12-14 23:35