「私は貝になりたい」に思う

まず、自分は今やってる映画は見ておりません。
過去に自分が見たこの作品とかを含めて、あれこれ自分が思った事を書いておりますので
その辺りをご了承下さい。


まず、この作品でひきあいに出されるのが

かつてフランキー堺さんが主演の「私は貝になりたい」

1959年に映画で描かれているのだが

実はTBSで1958年にドラマとして制作されています。

フランキー堺さんは1929年生まれだそうなので
当時のフランキー堺さんは29歳~30歳という事になります。



それから時が流れ2008年に
中居正広さん主演で映画化されました。




しかし、実は遡る事14年前。
1994年前にTBSでドラマとしてリメイクされております。



この時、主演を演じたのは所ジョージさん。
彼は1955年生まれという事でこの当時、39歳。



そして中居さんは現在36歳。


これらから主人公・清水豊松を演じるのは


・大体30代

・底抜けに明るいイメージが持たれている

おおよそこれらの事が共通しているみたいですね。


これらがこの作品がもつメッセージを強めている部分でもあるのでしょうね。



それは
戦争が生み出すもの
戦争が変えてしまうもの


明るい青年の性格を歪めてしまうだけではなく
青年の人生をも歪めてしまう。




自分は普通の暮らしがしたいだけなのに
自分は何もしていないのに

どうしてこんな目にあうのだろうか。


だから主人公は思うんでしょうね。

もし、生まれ変わっても人間になんかなりたくない。



どうしても生まれ変わらなければならないのならば

貝がいい。

貝ならば
深い海の底の岩にへばりついて
兵隊にとられる事も戦争もない

愛する人の心配をすることもない。

私は貝になりたい。




こんな風になってしまったのは何が悪いのか。


青年にあのような命令した上司なのか

彼の思いに関係なく彼を戦争に借り出した日本なのか。

彼を裁いたのが日本の事を分かってくれなかったアメリカ人なのか。


全ては戦争をした国々と
その国の思惑が生み出す不条理が全ての原因なのかもしれません。




ただ、この主人公の思いと
このドラマの世界観は今の時代の世界観と何か似ている気がします。


自分にとって今の社会が不条理に感じてしまう。





そうして、今も社会と距離を置いて生きる人たちはは
この作品の清水豊松と全く同じなんじゃないかって。


ふとそんな気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

くう
2008年12月01日 00:21
見に行くかどうか迷い中です。
ドラマは再放送で何度か見ました。リメイク版も見ています。
私にとってはトラウマになっているドラマの一つです。
映画は、行ったら泣けるに決まってるワケですが。。。
どうも映画館やテレビで何度も見てきた予告が(-_-;)
「泣かせよう」の作りの映画に見えて、見る前から萎え。。。

ドラマの「私は貝になりたい」のラストは、
かえって涙も引くほどの絶望感を感じました。
決して泣かせようとする作りではありませんでした。

実は、ずっとこの作品は実話だと思っていたのですが、
先日、実話ではない事を知りまして。。。
この映画は、夫婦の愛とか繋がりとか、に重きを置いて作られているようですね。
予告を見て、ちょっと今回の映画に反発心があったのですが、
実話じゃないんなら、別に勝手に書いてくれ、って事で(^^;ゞ

ただ、やっぱり私にとっての「私は貝になりたい」は、
昔のドラマ版の方だよな。。。と思うので。。。
行くのは止めようかな(^^;ゞ

記事とは主旨の違うコメントを長々とすいません。
ikasama4
2008年12月01日 00:57
くう様
私はこの過剰過ぎる程の宣伝で
見る気が失せてます(; ̄∀ ̄)ゞ

ドラマ版には感動はないですね。
あくまで戦争がもたらす悲惨さを
描いたものですからね。

多分、感動的にしてるのは
夫婦愛というのもあるんでしょうけど

あの主題歌でしょうね(笑)

実はそういう内容も
常々思っていた事ではあったので(; ̄∀ ̄)ゞ
こういう意見も全然OKです

他にもあればどうぞどうぞ( ̄▽ ̄)
2008年12月01日 22:52
こんばんは~。
この記事を見っけ(笑)
今日見て来ました。
結論から言うと期待ハズレでした。
でも予想通り泣き所はいっぱいでしたよ。
そこは戦争ものですからね(^_^;)

>その国の思惑が生み出す不条理が全ての原因なのかもしれません。
何を恨み、どこへぶつけたらいいのでしょう。。。
戦争映画は嫌いではありません。
人間の真理と言いますか、考えさせられることがいっぱいで。
その中で感じる情や家族愛で泣かされます。
そういう点で今回はちょっと違うなぁとスカをくらった感じです(笑)

…と言いながらも泣き腫らしてる涙もろい私ですが(^_^;)
あの主題歌もエンディングだけなので別に~…
予告で使われてまんまと足を運んでしまったかも(笑)
ikasama4
2008年12月02日 01:05
mana様
こんばんはです。
どうぞどうぞ( ̄▽ ̄)

>結論から言うと期待ハズレでした。
でしょうね。

戦争に愛と感動は正直、違和感があります。

>何を恨み、どこへぶつけたらいいのでしょう。。。
そこがこの作品で一番に考えるべき問題でしょうね。

その中で何を拠り所にすればいいのかといったとことかが
描かれるんじゃないかと思ってたんですが

>そういう点で今回はちょっと違うなぁとスカをくらった感じです(笑)
その御返事で十分です(笑)

これで気持ちよく見に行かないでいれます( ̄▽ ̄)

>予告で使われてまんまと足を運んでしまったかも(笑)
それはしてヤラれましたね( ̄▽ ̄)

この記事へのトラックバック

  • 貝にもなりたくないけど…

    Excerpt: 今日は12月1日でファーストデイ。昔はこの日が”映画の日”で500円だった記憶があります。そして今日はmy birthday♪と言う訳で、母親と観て来ました。何せ毎日が中居君デイだったので…(笑)  .. Weblog: 美容師は見た… racked: 2008-12-01 22:53