ジャッジⅡ 第2話

恭介がこの島に来てから2件目の殺人事件が起きた。

検事が被告を調べたところ

被害者と付き合おうとした被告は
被告の友人に仲介してもらったものの

被害者は逆上

被告の友人の説得にも関わらず
被害者は賠償金を請求した。

それで被告は被害者を殺害した。



しかし、弁護人が調査したところ


被害者と付き合おうとしたのは被告の友人であって
被告はその場に同席していただけの事だった。

しかし、被害者は彼と付き合う事を拒否した。

被告の友人は被害者と話したところ
被害者は賠償金を請求してきたと言う。

それで被告の友人は被告に泣きつき
そして被告は被害者を殺害に及んでしまったと言う。



検事の報告と被告の友人の証言によれば
この事件は被告の単独犯行になる。


しかし、被告の証言によれば
この事件は被告の友人との共同正犯
すなわち共犯が成立することになる。



食い違う証言。



どちらかが嘘をついている。


そして


どちらかが真実を言っている。







今回はなかなかに深い話でした。



今回のベースになっていたのは島言葉。


島の外の世界に出た事で
今まで島で通用していた島言葉が

ここでは笑われてしまう。

島の外の世界では受け入れてもらえないような感覚。




被告も直も同じ孤独を抱えていた訳で。



そんな被告が唯一信じられたのが
外の世界で出来た唯一人の友人だった。



こんな風に自分の事を分かってもらえる存在って嬉しいですよね。



別段、この島の事に限らず

誰にも言えない秘密とか

例えばマニアックな趣味とか

つらい過去を背負っている事とか


外の世界に出て、その事を周囲に言えなくて
孤独を感じていたときに

それをまとめて受け入れてくれる人に出会えた時
とても嬉しいと思います。


それによって時には
その人のために何かをしてあげたいって思えたりするものかもしれません。


たとえ、それで相手に自分が利用されているとしても。
また、それをわかっていても。


こういうところは改めて考えさせられます。

相手との距離を近づけるのは相手の事を理解してあげる。

弁護士が島言葉を使ったように。



しかしながら罪は罪として

被告が奪った命の重みを説く恭介の姿がカッコ良かったですね。




さて、次回は

裁判官の任期が2年という事で任期が終われば転勤してしまう。

つまり島を離れる事になります。


という事ですっかり島の子になれた麻衣子が反抗するようで。



そんな我が子に対して恭介と彼の妻・麗子はどのようにしていくのか。

そして、次回の事件で奔走する谷川が追いかける人物と
物語はどのように絡んでいくのか。


次回も見逃せません( ̄ー ̄)b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月02日 21:53
とにかく、真実が明らかになってホッ♪
あのまま、友人のウソの証言で刑が確定してたとなると
あの友人も一生立ち直る事無く、今まで通りの
嘘っぱちの人生を悪びれる事無く送る事に
なったんでしょうからねー。
証言のわずかな隙を突いて、真実を暴いた恭介さんてば
お見事デス♪
ikasama4
2008年11月03日 00:44
まこ様
自分の事をわかってくれる
たった一人友達のために罪を犯す
その動機にちょっとヤラれます。

でも罪は罪
それはそれですからね(笑)

それにしても恭介は裁判官を辞めても
検事や弁護士で十分やっていけそうですね。

出来れば弁護士の方がいいですかね。
弁護士としてずっと島で生きてけますし
(≧∇≦)b
2008年11月03日 12:02
こんなに島になじんでいる麻衣子と、島民らしい「ゆったりしっかり」というような裁判官スタイルを確立していってる恭介が島を去る日がくるなんて
さびしすぎます・・・
できれば、ホント、弁護士になっても島に残ってほしいけど、
そうすると畑先生と平先生の仕事がなくなっちゃうか・・
でも、よその土地に行ってくれれば、パート3への希望にもつながるから~
いたしかゆしですかね~(笑
ikasama4
2008年11月03日 19:20
きこり様
ゆったりとした島での生活。
恭介も麻衣子もすっかり島の人ですよね。

しかし、そこから離れなければならないのは
転勤族の悲しい性ですね(T▽T)

>でも、よその土地に行ってくれれば、パート3への希望にもつながるから~
その時は北海道とかがいいです(笑)

この記事へのトラックバック

  • ジャッジ2~島の裁判官奮闘記 第2話:共犯

    Excerpt: ユイも稲村もスットゴレ~く( ̄Д ̄)ノガンバレーーー♪ 今回は・・・ 若い女性の殺人事件が起こる。 調書によれば、稲村(柄本佑)が被害者・沙耶(柳沢なな)に交際を迫って拒絶され、 そのいざこざの中.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-11-02 00:26
  • 「ジャッジ2~島の裁判官 奮闘記~」第2話

    Excerpt: 恭介が島に来て、2度目の殺人事件の裁判。 交際を断られた腹いせに、若い女性を殺害したという稲村が被告人。 弁護するのは夏海。 この事件は島から出た若者の孤独の苦悩をはらんでいた…。 柄本佑くん.. Weblog: fool's aspirin racked: 2008-11-02 01:37
  • 「ジャッジ�」第2話

    Excerpt: どちらかに騙されようとしているのか、 どちらかが嘘を言っているのか。 第2話『共犯』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2008-11-02 16:15
  • 「ジャッジ Ⅱ」 第2回 共犯

    Excerpt:  前回に引き続き、大美島に生きるということが描かれました。 オープニングでは「(土地の)境界確定請求事件」の現地検証をする恭介(西島秀俊)の姿が・・・ 境界線の問題ね~北国でもありますよ・・・ .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-11-03 12:05
  • 《ジャッジⅡ~島の裁判官 奮闘記~》☆02

    Excerpt: <夫の転勤で、鹿児島県の大美島へやってきて2年目を迎えました。 私の夫里美三沢恭介。この島で立ったひとりの裁判官です。> 境界確定請求自県現地検証 境界を見に来た恭介たち。そこへ自然保護官の麓がハブ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-11-03 19:48