映画「レッドクリフ part1」

これはハッキリ言って


感動(T▽T)

この一言に尽きます。





三国志ファンにはたまらんですね。



中国のほぼ大半を手中に収めた曹操は劉備に狙いを向けます。


彼は劉表の下で庇護を受けて新野城を居城としていたのですが
劉表の死後、彼の後を継いだ当主は曹操につく事を決め
それにより劉備は劉表の同族や家臣で劉備に同意する者達がいる
夏口へ南下するのですが、そんな劉備に新野城にいた
民は劉備についていきます。

そうして動きが遅いせいもあったのですが
曹操は大軍をかなりの早さでもって動かし劉備を追い詰めます。


そして、物語はここから始まります。



最初、この作品を見る前に

曹操を演じてた方が阿部サダヲに似てるとか

関羽を演じてた方がモロボシ・ダンに似てるとか

思ったりしてごめんなさいって気分です(笑)






序盤は趙雲のあの有名な劉備の生まれたばかりの子を背中にしょって
曹操軍数十万の敵陣を突っ切っていくシーンで鷲掴みされます。
正しく歴戦の勇者って感じなんですよね。


で、張飛もスゴイ。
荒々しい強さを誇る猛者なんですよ。


そんな張飛が孔明に千の兵の援軍を要請するのですが

今、その兵は民を移動させるためにあって
民を重んじる劉備としては一兵も割ける事は出来ない。


そして、孔明が連れてきた援軍はたった一人。



それが一人で万の兵に匹敵するとも言われた関羽雲長ですよ(≧∇≦)b

その登場の仕方がカッコ良過ぎますし

また、バリッバリに強いです。

漫画で読んだ人物がそのまま
登場したかのようなその存在感に泣けました(T▽T)


特に
関羽・張飛・趙雲と
劉備の名だたる武将の中で
この関羽に対してはハンパねぇ(笑)

関羽という人物についてはスタッフ・監督らの思いの強さが感じられます。

まず、関羽はこれら三人の中で唯一、決めのポーズ
日本で言うところの残心があったという事ですね。

そして、強いのは言うまでもなく
そこに荒々しい強さはなく

その強さに品格が感じられました。


これは中国で関羽が
死後に神号を与えられ「神」となっているという事もあるのでしょう。


ホント、神の貫禄ですよ(T∇T)b スゲー





そして、物語はもうひとつの国・呉に移ります。


呉は江東の虎・孫堅が礎を作り
そこから孫堅が急死することで呉は一時解体されるのですが
孫堅の長男で後に小覇王と呼ばれた孫策が呉を復興し
その勢力を一気に拡大していきます。

そして孫策の死後、彼の後を弟である孫権が継いだという事です。


で、孫策には家臣であり友である方がいました。
それが孫策と同い年の周瑜です。

彼はその容姿端麗から「美周郎」とあだ名が付き
また、知略・武略共に優れ、人柄においても寛大で人の心を掴む事が得意だったそうで
皆から慕われていたそうです。

三国志演義では少々損な役回りなのですが
この作品では主人公という位置付けもあって

周瑜が物凄くカッコいいです

そのカッコよさに泣けます(T▽T)



終盤においては呉の総都督でありながら
単騎で敵陣に突っ込んでいくのですからね。

もう某ゲームのキャラそのまんまじゃないかっていうくらいスゴイです。



また、八卦の陣が出てくるのも心をくすぐられます。

八卦というのは古代中国より伝わる易(占いのひとつ)の8つの基本図
乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤からなります。

そうした易を行うのに古代中国では亀の甲羅を使っていました。


物語の中で孔明と周瑜が亀を「八卦の陣」と考えたのは大体そういう理由です。


それからちょっと話が戻って周瑜と孫権の兄・孫策は義兄弟です。


というのは
この時代、「江東のニ喬」と呼ばれた大喬・小喬姉妹がいて
姉の大喬を孫策が妹の小喬を周瑜がそれぞれ妻にしております。


三国志演義では曹操がこの二人の女性を
自分の下にはべらせたいとか言う演出があるのですが

この作品で登場するのは小喬のみです。

そして、曹操は彼女を得るためだけにこの戦を仕掛けたという感じにしています。


これによりたった一人の女性を得るために
国を獲ろうとする曹操の暴君としてのイメージを作り上げ

そこから、国と愛する妻を守り抜くために戦う周瑜の姿を
より光り輝かせる演出が感じられます。


こういうのは三国志を知らない方には受け入れ易い感じがします。



それから演出としては音ですね。


音の迫力がもうスゴイです。



細部に渡るこだわり方がとにかくスゴイです。




この時代に生まれてきて良かった(T▽T)




ハリウッドを超えたってテロップもこの作品を見れば納得です。


もう萌萌です(大笑)
※この意味は字幕版を見れば分かります




そして、この作品は二部作の前編で

来年の4月にはその後半が待っています。


ここには孔明と周瑜の智謀が集約されていきますからね。


苦肉の策に十万本の矢に連環


そして圧巻となるであろうクライマックスの火計。





今から4月が待ち遠しいです。


正直、これを見てしまったら今期のドラマが吹き飛んでしまうくらいの出来栄えです(爆)



なにはともあれ、これは誰にでもオススメ出来る作品です(≧∇≦)b





そして、私は明日またこれを見に行ってきますε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

miko
2008年11月06日 01:52
迷ったけどレッドクリフは観なかったんよ。

金城さんが観たい半面 なんか トニーの方がカッコイイシーン多そうだったし なんせ歴史が得意じゃぁないもんで…テヘヘ

でも DVDがでたら買うつもり 家でゆっくり じっくり戻しながらみるほうが私にはいいかと考えたんですよ


私は日曜日に イーグル アイ を見に行きました。パソコン好きな人なら喜ぶ作品では???!!!!

まぁ すぐを書いてしまうと最後の…がお楽しみがいろいろがあるので知らないで見に行った方がいいと思います。予告編よりずっといいです あんまり 期待していなかった夫でさえ エンドロール時に立たないでじっと見つめていましたから そうとう気に入ったのだと思います。 米軍の飛行機からなんやら出てくるから 飛行機好きにもうってつけかな??

最後はちょっと泣いてしまいました。涙ちょっちょぎれ って感じ。

ikasama4さんは ほかはみるよてい無いんですか???

金城さんは他のもでてますよね。凄いです。


ikasama4
2008年11月06日 12:29
miko様
そうですねぇ。
まぁ自分はいの一番で見たかったもんですから(笑)
三国志は昔から好きだったもんで。

イーグル・アイですかぁ。

ちょっと迷ったんですけどね。

今年、見る予定なのは
菅井きんさん主演の「ぼくのおばあちゃん」ですね。

ロケ地が自分が通った高校がある場所なのと
深浦さんの遺作でもあるので、どうにかして
見たいなと(; ̄▽ ̄)ゞ

金城さんは今度
「怪人二十一面相」に出演されるそうですからね。
これもまた楽しみです( ̄▽ ̄)
2008年11月06日 20:36
おくればせながらお邪魔します。

レッドクリフ、きのう観てきました。
もうもう、萌萌!!!(爆笑)のひとことに尽きます。
馬のお産をする金城武に萌萌。
ってわけじゃあないですが、まじめな話、金城武の美しさ、気品、貫禄、立ち姿の凛々しいこと…などなど、卒倒しそうなくらい感動でした。
いや、わたし彼のファンでもなんでもないし、ほとんど興味もなかったんですけどね。びっくりしましたねえ。後半が本当に楽しみです。

関羽が西岡徳馬に似てるとか、小嬌が浅尾美和にソックリだとか、周喩の濡れ場が「ラスト、コーション」みたいだとか、んなこたあどうでもいいんです。

そんなわけで、わたしは今日から「北方謙三版・三国志」を読み始めています。
もともと北方版・水滸伝の大ファンなんですが、三国志は、NHKの人形劇の断片的な記憶以上の知識がないもんで。来年にむけての予習です(笑)。
ikasama4
2008年11月06日 22:55
遊人庵庵主様
千客万来でございます。

あれはもう萌萌ですね( ̄▽ ̄)

金城さんのヒゲ姿もかなりいいですね。

そうそう、立ち振る舞いの貫禄
あれだけで見せてくれるのですからね。

周喩も立ち振る舞いでもいいのに
そこにバリバリのアクションをしてくれるのですからね。

戦っても品格を感じさせるってのは
これはもう役者個人の才能ですね(≧∇≦)b


>「北方謙三版・三国志」
私は横山光輝で止まってます(; ̄∀ ̄)ゞ

私もpart2に備えて
来年から北方謙三さんの三国志を読んでみたいですね
( ̄▽ ̄)
2008年11月07日 17:44
私も見てきましたー。
歴史のお話なんですね~。三国志?と聞けばなんとなく
わかるのになぜにレッドクリフ?と思いましたけど、
戦いのシーンがかっこいいんだけど、
めちゃくちゃ怖くて何度も目を覆ってしまいました。汗
心臓もバクバクでしたよ。
それにしても中年男たちがめっちゃかっこよかったですね~。
閑羽がめちゃくちゃかっこよかったですわ。
ビジュアルでは金城さんともう一人の人だったんですけどね。
ただ赤ちゃんが・・赤ちゃんが~。と思いながら
見てました。
それにどことなくオリンピックの開会式を思い出しちゃった。
miko
2008年11月08日 02:01
三国志・・・漢文が苦手、歴史も苦手・・・な mikoでっせ!!!
 
 難しい漢字ばかりがでてきて・・・・とにかく後半と分かれるらしいってことも聴いていたので・・・まよったのよ。
でも、イーグルアイ 是非観てほしい一作です。SFじゃないからね。。。
 
レッドクリフ最高にかっこいいみたいだね。金城さんがそんなに活躍しているなんて・・・
あの方は、5カ国語が話せるマルチなかた。英語も当然。。。ああぁぁぁみたいなぁ・・・わかんなくても観てみたい。
夫曰く・・私には理解できないからDVDを買うかぁ~っと  ウムわいの事が酔う分かっておられる。。。

金城 ファンでもあるので、DVDはもともと買う予定でしたが・・先に言われてしまうと買いづらいなぁ~。

そうなんですよねぇ~~怪人20面相に出るそうです。
それは楽しみにしてます。
ほかにも なんか日本物にでてませんでしたか?

ikasama4
2008年11月08日 14:31
みのむし様
レッドクリフ=赤壁
この「赤壁」の戦いが一般的に三国志の中で
最も面白い部分と言っても過言ではないと思います。

あのアクションの中では
私も関羽が大好きです(〃▽〃)

誰に対しても動じる事のない豪胆さと
子供たちに接する時の優しさとか

あれぞまさしく武人って感じですよね。

もう次回が楽しみで楽しみで仕方ありません( ̄▽ ̄)
ikasama4
2008年11月08日 14:32
miko様
金城さんがとにかく魅力的です。
ヒゲ姿もいいんですが、あの立ち振る舞いが
ビックリするくらいハマっています。

自分もDVDは絶対買うと思います(; ̄∀ ̄)ゞ

是非是非買う事をオススメ致します( ̄▽ ̄)

今のとこ、怪人二十面相以外は
映画・ドラマの出演の予定とかはないみたいですね。

後、余談ですが
前のコメントで「怪人二十一面相」になってました(; ̄∀ ̄)ゞ
「怪人二十面相」の間違いです(; ̄∀ ̄)ゞ
miko
2008年11月09日 00:20
今夜観てきました~レッドクリフ!すごく良かったよん!!でも、ぅ~~ん、ちょっと物足りないな~と夫も言ってました(ごめんなさいikasama4さん)
私もちょっと物足りなかった感じが若干しましたね。もっと混み合っていて、分かりにくいものだと思ってた。でも女性でも知らない人でも分かるようになってるんですね。だから私でもストーリーはよく理解できたんだ。最後あの水軍シーンはないの?じゃあパートⅡに・・って思っていたらやっぱりそうだった。でも金城さんは良かったです。
イーグルアイを観た後だからかも?あれは終わってから前の席に座ってた車椅子のおじさんが「スピルバーグだんだん深くなってきたなぁ」って言ってたよ。あの映画(火薬や炎が多かった)を観たせいなのか?レッドの方が、シンプルだが、剣の使い方やカンフーがワイヤーなしで使われていたね。カンフー好きの私には良かったでやんす。 まぁ~~先に期待度がないイーグル・アイをボーと観に行ったのが選択ミスだったかなって。。逆に、レッドクリフの方が期待度が高かっただけにちょっと。。ねって!!
miko
2008年11月09日 00:25
<さっきのつづき・・・>長くてごめんね。

どこかのコメでってなんで?・・・って疑問の声が合ったけど。
赤壁だからでしょ??「赤い 壁」 がメイン。。。そこから盛り上げるので、その名前なんだよね?たぶん・・・
 パートⅡの方が盛り上がるのは間違いないね~~。DVDはセットで買うかぁ~~。
三国志は逆に 知ってる人には 物足りないかも?って感が否めません。
現に、夫がそう。 いろんな本で読んでいるらしいので。。。
もっと、ソウソウが兵を起こす所からやって欲しい。と言ってました。
そして、リュウビとコウメイが会うところもやって欲しいそうです。わかるかな????ちなみに、うちの夫は横山さんと北方さんのは両方読んだそうです。アニメ版もあったし、まんがも有るそうで。たぶんそっちも観てる模様。でっす。終わり。。。
ikasama4
2008年11月09日 15:21
miko様
この作品は三国志を知らない人にも
楽しめるようにキャラのアクション重視できてたとこが
あったように思います。

今後part 2で出てくるであろう
「苦肉の策」や「連環の計」
「十万本の矢」はこの三国志での見せ場に
なってはくると思います。

イーグル・アイはまだ見てないですが
謎とかの部分やスリリングさがしっかり背景に
あるのでしょうから

その点で比べると「レッドクリフ」は
ちょっと浅い感じがありますかね。


まぁそれはともかくとして
この三国志を実写化してくれたという事で
自分としてはありがたい限りです。
ikasama4
2008年11月09日 15:22
miko様
続きです(; ̄∀ ̄)ゞ

>現に、夫がそう。 いろんな本で読んでいるらしいので。。。
>もっと、ソウソウが兵を起こす所からやって欲しい。と言ってました。
同感です( ̄▽ ̄)

自分も漫画・アニメは見てますが
大体、主人公の軸となるのが
劉備・関羽・張飛ですからね。

黄巾あたりからバッチシやって欲しいですね。
そうなってくると呂布との対決とか
悪来典韋の死とかも面白いですからね。

そんな曹操ファンには「蒼天航路」
これが抜群にオススメです(≧∇≦)b
2008年11月22日 21:49
そうですよね~。周瑜かっこ良かった~♪
トニー・レオンのファンは喜びで泣いているでしょう。
でも、金城さんもカッコ良かったです~♪
ホント、マンガや物語の世界がそのまま飛び出したような
迫力。。。満足です(^.^)

「萌萌」には、ちょっと笑いましたわ~(^▽^
日本人向けのネーミングでしょうか?(^^;)

パート2は待ち遠しいですが、4月は遅すぎですね~(; ;)
ikasama4
2008年11月23日 03:18
くう様
ホント、皆さんがカッコ良かったです。
子供の頃に読んだ歴史上のヒーローが
こうして映像として活躍する姿に
これほど感動するとは自分でもビックリでした
( ̄▽ ̄)

「萌萌」はサイコーに笑えました。

なもんで吹き替え版ではどうなるのか
そこが気になってました(; ̄∀ ̄)ゞ

たしかに4月はちょっと遅いですね
待ち遠しい限りです(;▽;)
2008年12月03日 14:59
萌萌ってなんだっけ?としばし黙考して思い出しました(笑
孔明と周喩の出会いの時のあのエピですね。
ikasama先生のレビューがむっちゃ詳しいです。
さすがは三国志の通です。
漢字を変換させるのも大変だったんではないでしょうか。
「大喬」は確かにでてきませんでした。
素人にもわかるようにシンプル化させているのね。
冒頭で赤ちゃんのママ(劉備の妻)が井戸に身を投げるのは
趙雲のためにそうしたのでしょうか?

ikasama4
2008年12月03日 20:50
エリ様
>孔明と周喩の出会いの時のあのエピですね。
その通りでございます。

三国志は子供の頃から読んだ作品ですからね。
>漢字を変換させるのも大変だったんではないでしょうか。
漢字の変換にはWikipediaを利用してます(; ̄∀ ̄)ゞ

>冒頭で赤ちゃんのママ(劉備の妻)が井戸に身を投げるのは
>趙雲のためにそうしたのでしょうか?
そうですね。
趙雲は忠義の臣ですから赤ちゃんとママを
両方助けようとする。

けれどもこの状況下では
足手まといの自分達によって趙雲の命も危ない。

だから―――――
という事でしょうね。

この記事へのトラックバック

  • レッドクリフpart1

    Excerpt: レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK) レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK 小説レッドクリフ(上) を見た。 世界史は.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-11-07 17:51
  • 【レッドクリフ Part I】鳩も舞う赤壁の戦い

    Excerpt: レッドクリフ ~赤壁~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 公開: 2008年11月 �... Weblog: 映画@見取り八段 racked: 2008-11-22 22:05
  • レッドクリフ

    Excerpt: さすが中国だ。出演人(エキストラ)がいっぱいだった(爆 Weblog: エリのささやき racked: 2008-12-03 15:01
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 映画「レッドクリフ part1」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 07:02