OLにっぽん 第1話

アウトソーシング=外注
ある仕事を外部の企業に委託する事
ドラマの舞台である東慶商事では
人事と経理の業務の50%以上を人件費の安い中国に委託して成果を出していた。
そして会社の経営陣は総務課の仕事も中国に委託する事を考えていた。


人件費では日本と比べて中国では削減率は79%

つまり
日本では20000円かかるところ
中国では4200円で済んでしまう。

しかも総務課の仕事の約8割は
マニュアルさえあれば中国で出来るというらしい。


そして神崎は中国から来た研修生と
日本語のタイピング対決をする事に。


もし、勝ったら掃除以外の仕事を教えて下さい。
もし、勝ったら中国に帰らなくていいですか。
私は負けません―――――。









これは面白い( ̄ー ̄)b










この作品の脚本は「Anego」「ハケンの品格」の中園ミホさん。
そして主演は観月ありささん。


日テレは彼女を第二の篠原涼子のような感じで
育ててるとこがありますし

観月さんもそれに応えるように一生懸命頑張っているようですね。


それから阿部サダヲさんのチビ太、ハマってますねぇ(笑)


また、口だけみたいなモロ師岡さんのキャラもいいですし


何より中国の研修生である張琳さんがとても純朴そうです。
というか純朴そうにしか見えません(≧∇≦)b




日本から見た中国ってイメージ
一方で中国から見た日本のイメージ


日本人は真面目で優秀だと思ってた。

でも、実際に見ると聞くでは違う。


中国では働く女性は皆スッピン。
化粧する女性はホステスくらいのもの。

一方、日本の女性はトイレで何十分も化粧してる。

それに高度成長のぬるま湯にひたりきっていて


ただ、落ちこぼれにならないように勉強して
ただ、負け組にならないように就職して
ただ、負け犬にならないように結婚して

ただ、それさえ乗り切れればそれでいい。


そんな感じなんですよね。


なんか美波さん演じる正社員を見てしまうと特に(; ̄∀ ̄)ゞ


貧困の中で今生きるのに一生懸命な中国人からすれば

そんな日本人の努力なんて努力のうちには入らない。


たしかに今、中国は上海などの都市部では目覚しい成長をしていますが
内陸部ではまだまだ貧困に苦しんでいる状況があるそうです。


そこから抜け出すためには
必死になって生きる道を模索する。


それが出来るならば日本語の勉強もタイピングの勉強も必死になれる。
何しろ自分の人生を賭けているのだから。


だから、日本の方が何年もかけて身に付けたスキルを
中国人は三ヶ月で身に付ける事が出来る。


そうなれば人件費は中国が上
そして、能力についても中国が上

となれば日本人を雇う理由なんてなくなります(苦笑)




たしかにそういう危機感は欠けている気がかなりします。



そういう点では今の日本は
外の世界の悪いとこばかり見て悦に浸っているような感じですかね。

たしかに中国で日本から見れば悪いとこはありますが
中国でのいい部分を認めてそれを実践していく事も必要だと思います。




・・・・・という事なんですけどね。









ドラマでは見習うとこが多いとはいえ





一体何人の女性が
スッピンで仕事場に向かうのか


個人的にとても気になります(; ̄∀ ̄)ゞ



このドラマが終わる頃には
そういう女性が増えているのかもしれません。




ただし、あくまでも「かも」という事で(; ̄∀ ̄)ゞ










追伸
スッピンの方が観月さんはイイです。キレイです( ̄ー ̄)b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月09日 12:19
私も3ヶ月であのスキルにはびっくりしました。
必死さが違うのですねえ~。
で、そのうち社会保険庁の年金のあれも委託なんてなったらどうしましょう^^;
最後にスッピンで現れた観月さんですが全然違和感なくかわいかったです。
元がいいからねえ。他の人もスッピンになったらウケますね。
チビ太とのやりとりが面白いので視聴決定です。
でもなぜ今中国なのか?それが知りたいです。
ikasama4
2008年10月09日 12:36
エリ様
恐るべし、中国人です。
生きるために必死だからこそ
短期間でスキルをマスター出来るのでしょうね。

>で、そのうち社会保険庁の年金のあれも委託なんてなったらどうしましょう^^;
そっちの方がいい仕事をすると思います。
経費削減にもなりますし(苦笑)

観月さんは可愛かったです。
化粧をしてる時はキツイ印象があったのですが
スッピンだとその印象がなくなりました。

普段からあんな感じだといいかもしれません。

>元がいいからねえ。他の人もスッピンになったらウケますね。
それは面白い(笑)

私もこれは視聴決定です。

何故中国なのかってことについては
今の中国で生きる人たちの姿を見て
昔の日本が持っていたもの
そして今の日本がなくしたものを
もう一度見つめなおして欲しいという事と

今の日本は中国なくしてあり得ない状況にあるという事を
考えるとこを見せようとする意図もひとつにはありそうです。

後は広告とかで
中国の企業にスポンサーになってもらうために
そういう穿った見方も出来そうです(; ̄▽ ̄)ゞ
2008年10月09日 15:13
これ面白いですね。
時代を皮肉っているというか。
のんびり、うかうかしてると中国にのみ込まれちゃうよ~。
って感じがヒシヒシ伝わってきてよかった。
確かに今の日本は努力ってのがあんまりないですよね。
努力しなくてもそこそこ大学に入れて、そこそこ
就職もできてって感じですもん。
死に物狂い!っていう言葉が死語になってる感じですもんね。
ikasama4
2008年10月10日 00:43
みのむし様
そうですね、これはなかなか面白かったです。

たしかに今の日本には
仕事をする事に対して
必死さってものがなくなっているのかもしれません。

例えば親のすねかじっているような方とか。

>死に物狂い!っていう言葉が死語になってる感じですもんね。
そうかもしれません(笑)

日本人も中国人が仕事に向き合う姿勢を
見習わんといかんです( ̄▽ ̄)

というか、中国人の悪いとこばかり目を向けるのではなく
良さを認める事が何よりも大事です。

この記事へのトラックバック

  • OLにっぽん 第1話 

    Excerpt: 「上海タイフーン」も放映されてますし、最近中国系が流行ってません?何か理由があるの? Weblog: エリのささやき racked: 2008-10-09 12:25
  • 「OL にっぽん」第1回

    Excerpt:  正直、3分の2ぐらいまでは阿部サダヲが出る以外はたいして魅力ないかな~と思いながら見てたんですが、ラストになって、結構おもしろいかも!って思いました。  日本語タイピング対決での負けを認めた島.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-10-09 14:39
  • OLにっぽん

    Excerpt: 今度のこの枠は見るのよそうかなぁ。と思っていたのに 面白い!見逃せなくなってしまった。 阿部ちゃんがやたらと中国を褒めるのはなんていうかちょっと むかっ!とくるけど、確かに今の中国の伸び方は.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-10-09 15:02
  • 実力で負けて悔し涙を流したことがありますか?(観月ありさ)

    Excerpt: 「OLにっぽん」*8.3%のスタートである。ちなみに「爆笑レッドカーペット3時間 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-10-09 22:50
  • 「OLにっぱん」 第一回

    Excerpt: 今期の日テレの三つのドラマのテーマはズバリ、「下剋上」。目下と思われる 者からの働きかけや影響を受けて、自己を見つめ直して変わろうとする物語。 まずは「OLにっぽん」がスタートしましたが私の評価は.. Weblog: The Glory Day racked: 2008-10-12 08:56