世にも奇妙な物語 2008 秋の特別編

この時期の毎年恒例にございます奇妙な物語


1.「ボディレンタル」

誰かが言っていた。
不幸と幸せは同じだけくると。

でも、そんなの嘘だ。

だって―――――。


そんな世界に絶望して自殺を願う女性
そこに彼女の自殺を手伝いたいと言う男性が現れた。

男は彼女に提案した

おまえの身体を貸しておくれ―――。








自分には生きている意味なんてないと思っていたけれど
自分でもやれる事がある。

あの夕日がそういった希望を感じさせる感じが良かったですね。
















2.「どつきどつかれて生きるのさ」

日本から独立した大阪。
その国ではボケとツッコミが日常化している。
結婚しても半人前、相方を見つけて一人前

その国ではコンビの相方を見つける事が
大阪人の一生のテーマであった―――。






吉本の人間がいっぱいです。
えっらいくらいコンビの純愛を見せてくれました(笑)















3.「死後婚」

田舎から帰ってきた娘。

彼女の田舎では
結婚しないで亡くなった者同士を
見合いさせてあの世で夫婦にしてあげる
「死後婚」と呼ばれる習わしがあった。

ご両親が「死後婚」にこだわる理由。

それは死んだ相手が生きている彼女を欲したからだった―――。







オチの展開も中盤当たりで予想はついたはともかく
それ以前に
深キョンのあの走り方は
どうにかならんのかね
(゚Д゚)y─┛~~
















4.「行列のできる刑事」

物心がついた時からいつのまにか男の後ろに行列が出来ていた。






行列ができる刑事をドキュメンタリ番組形式で描くとはねぇ。
そして彼ばかりでなく
彼の先輩の刑事、彼の高校時代の先生、三ヶ月前に別れた彼女
これらにインタビューしてる感じも良かったですね。


いつもこうやって逮捕を?


あれがサイコーですね(≧∇≦)b

あの強靭な精神の持ち主である先輩でも並んでしまうとこで
ツボにハマったなぁ。

彼が並んだ事で最後のオチも見えたけど
十分すぎるくらい面白かったわなぁ(゚∀゚)
















5.「推理タクシー」

どしゃ降りの中、男はふと見かけたタクシーに駆け乗った。

運転手は話し掛けた。

女性ニュースキャスターが殺されて半年経つと言う。
未だ犯人は捕まっていない。


その話題がきっかけとなって


二人は犯人を推理する――――。






タクシー運転手と客の駆け引きが面白いですね。


そして最後はあの男はタクシーの運転手はどうなったのか。


みたいな感じがいいですね。















今回は迷路の『迷』がテーマだったみたいですね。


「ボディレンタル」
自分の身体をレンタルする事で自分の人生に『迷』いが生じ

「どつきどつかれて生きるのさ」
一生の相方を探す事に『迷』いがあり

「死後婚」
生きていきたいと思いながらも
死んで好きな人と結ばれる事に『迷』いが生まれ

「行列のできる刑事」
こういう自分の状況に『迷』いながらも今を生きていく

「推理タクシー」
二人の男がある事件を推理することで『迷』い
客はそんな中でこれから自分がどうすべきか『迷』う


そして『迷』路が示すように
『迷』には必ず答えに辿り着く訳です。


まぁ4番目の「行列のできる刑事」は
その答えを模索している最中って感じでしたけどね。




ちなみに最後に登場した谷原章介さん



以前にも世にも奇妙な物語に出た事があるんですが

たしかその時のタイトルが「迷路」だったと思います。



この辺りを狙ったキャスティングかなって気がしたりします。


なんにしても今回の物語は
「行列のできる刑事」が非常に面白かったので大満足です(≧∇≦)b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月24日 14:37
テーマが「迷」ですか。
なるほどねえ~。さすが読みが深いです。
あの行列ですが、最初の方を見落としてしまい、
何で並ぶのかわからなかったのですが、
並ぶ人or(並ばれる人@鈴木)には理由があるのですか?
私はボディレンタルが好きでしたwa。
自分が不幸だと思う女性が老女性に身体を貸すということで
オチが見え見えでしたけどそれでもちょっと楽しかった。
でもSEのikasama先生にはああいうソフト会社ってチャチに見えたかもネ^^;
ikasama4
2008年09月24日 22:56
エリ様
多分そうだと思います。

あの「ならぶ」理由は特にないんです。
主人公が物心ついた時から
彼の後ろに誰かが並んでたみたいですね。

この理由がないのがこの作品の面白さに
なっています。

「ボディレンタル」は
この5つの中では一番美しい感じがしますね。

「幸福」は生きるという事の中にある素晴らしさ

生きる事に迷いを持っている人に
是非見て欲しい作品になってる感じですかね。

>でもSEのikasama先生にはああいうソフト会社ってチャチに見えたかもネ
正直、うちの会社はあれ以上にチャチいです(; ̄∀ ̄)ゞ
2008年09月25日 09:43
ikasamaさんも書いてたんですね~。
(…もって、エリさんとこからお邪魔したので:笑)
…ってこの繋げ方どう?(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

深キョンの歩き方、そんなに面白かったんですか~?
思い出せん。。。
喋り方には慣れましたけども(笑)

>いつもこうやって逮捕を?
うんうん最高でした!
淡々とインタビューを受けて最後はどうなるのか…
カメラマンまで走って行くなんて!

>この理由がないのがこの作品の面白さに
なるほど~。そうかも。
特に突っ込みたくもない不思議な感覚で見てました。

あ、ikasama4さんは行列が一番でしたかぁ(^_^;)
こういう明るく素直に笑えるものが一番ですね♪
ikasama4
2008年09月26日 00:34
mana様
その繋ぎ方よろしおすデス

深キョンは思ったよりも良かったんで
途中までハマりかけてたんですけどね。

あの走り方を見て
なんかぶりっ子感が満載で
なんか冷めました(; ̄∀ ̄)ゞ

4つ目が意外性というか
演出・構成が今までになくとにかく新鮮で
面白かったです。

この奇妙な設定を当たり前のようにしてる感じが
本当に面白かったです。

>あ、ikasama4さんは行列が一番でしたかぁ(^_^;)
強いて言えばこれですかね。
他のはどうなるのか予想がついたのですが
何より予想出来ない展開の連続でしたからね(≧∇≦)b

この記事へのトラックバック