あんどーなつ 最終話

今回も心憎い演出がいっぱいでした(≧∇≦)b

どこも世代交代の波が押し寄せてきてて
それはあやめさんとこの一橋流も例外ではないらしく。

一橋流では
今度からコンクールで優勝した和菓子屋を選びたいらしい。



満月屋では先代からコンクールはお断りしていた。

でも、今回はいつもご贔屓にしている一橋流のためにコンクールに参加する事にした満月堂。





コンクールでは予選を通った後

準決勝ではまず練り切りで
数とその出来を審査するらしい。


それから決勝は上生菓子で雌雄を決するらしい。



そこで決勝は自分が出るから
準決勝の練り切りを梅さんは竹と奈津に任せたいと。



折角出るんですから
ここは満月堂の総力戦にしないと。


ここはカッコいいですねぇ( ̄ー ̄)b


そして先代のウケウリながら職人が成長するのは
階段を一歩ずつ歩くのではなく

竹の節が大きく爆ぜる時のように。

竹さんや奈津の姿に
梅さんはそれが見えたんでしょうね( ̄▽ ̄)


いきなりの大役にプレッシャーに押し潰されそうになる奈津。



そんな奈津に梅さんは一緒に浅草の町を歩く。

歩き回ってそれまで自分が背負っていた重圧を取り払う。



怖がるな。
技は竹に任せろ。
おまえは日頃の仕事をすればいい。
喜んでくれるお客さんの顔を浮かべて。




そして見事、いつも決勝進出を果たした満月堂。



そして決勝での上生菓子のテーマが「幸福」


そこで梅さんが思い描いた「幸福」の姿というのが

浅草を彩る風景、花ですよ。


梅さんが作った和菓子に浅草が描かれています。


で、当然の事ながら満月堂が優勝(笑)

正直、あの深緑も良かったと思いますが梅さんの技は天下一品ですから(;・∀・)ゞ




その吉報にみんながめでたい中
一人、奈津は嬉しい反面、見えない壁が迫り来るようで
それを考えると自分が押し潰されそうになる。


そんな奈津に対する竹さんの一言がいいですね。

「一緒に壁を乗り越えよう」


一緒に壁を乗り越えてくれる仲間がいる。


そういうのは心強いですよね。




そして、最後は蓬莱饅頭ですよ( ̄ー ̄)b


第一話でこの蓬莱饅頭が披露されたのですが
この時は陽介の姉・ゆかりの結婚祝い


そして最後は陽介の留学祝いですからね。


蓬莱饅頭で始まり蓬莱饅頭で終わる


ただひとつ違うのは最後の蓬莱饅頭は
奈津が「友」のために作ってあげたって事ですね(≧∇≦)b


そして、喜びに浸りつつも
また、いつもと同じ「今日」が始まる。


それが職人なのだと。





最後がこういうカタチでまとめてくるとはちょっと予想外でした。


最後まで「暖簾」の「誇り」を大切にしていたのが伝わってきます。


また、さりげなく満月堂の商品のラインナップが
秋を感じさせる和菓子なのが良かったです。



浅草を出ていく人がいれば
浅草にやってくる人もいるし
浅草に新たな命も宿る


極端にいえばそういうことの繰り返しなんでしょうけど
そういう繰り返しの中に「幸福」があるって事ですね



そういう「幸福」を自分も噛み締めていきたいですね。


ただし、自分に立ちはだかる壁はできれば勘弁して欲しいです(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月23日 16:07
このドラマを見てると、地味ながらも
平凡にこつこつやってく事が満更でも無い気に
なってきますデス♪
もう、あまり力も残ってないので、あたしも
立ちはだかる壁は勘弁(笑)。
ひょいとまたげる程度の壁でお願いしたいデス!
2008年09月23日 19:49
いいラストでしたよね~
職人としての修行に終わりはないって感じで・・
で、梅さんの「いい職人になるよ」ってのがじ~んときました。
いや~梅さんのにやりってのも癖になりますね。
私も壁はできるだけ低い方向で・・・
2008年09月23日 20:52
こんばんは。
終わっちゃっいましたね。
こんなにいいドラマはそうそう無いです。

トリコロールの蓬莱饅頭。
大吉のおみくじをお守りに入れる。
おみくじ場にヒュ~って吹くつむじ風。
「きっと新しい景色が見られるよ。」って言葉。
数々の梅吉の優しい言葉・・。

作られている感じがまったくなくって、
ホントに良い出来でした。

次はあるのかなぁ・・シリーズになれば言いと思います。
ikasama4
2008年09月24日 00:04
まこ様
こういうコツコツと地道に
同じ事を繰り返しながら
腕を磨いていく事に幸福があるんだろうなって
感じがしますね。

>ひょいとまたげる程度の壁でお願いしたいデス!
それくらいなら私もOKです( ̄ー ̄)b
ikasama4
2008年09月24日 00:04
きこり様
ホント、いいラストでした。
職人としての修行に終わりはないけれど
それは人生と同じであり

またそういうとこにこそ「幸福」があるって感じがいいですね。

>いや~梅さんのにやりってのも癖になりますね。
私もクセになりました。

國村さんって嫌らしい役をする時は
あの笑顔がいやらしく感じるんですけど

このドラマではそれを感じさせないのですから
役柄ってのは不思議ですね( ̄▽ ̄)
ikasama4
2008年09月24日 00:05
シャブリ様
この作品は全体的にバランスが良かったですね。

三津屋と蓬莱饅頭に始まり
三津屋と蓬莱饅頭に終わるとことか

和菓子で見せてくれるとことか

梅さんの存在感とか

最後まで「暖簾」の「誇り」が
終始一貫していてブレがなかったのもいいですね。

続編、個人的にはお願いしたいですね。
キャスティングはそのままで(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • あんどーなつ 最終話:のれんを懸けた決勝戦

    Excerpt: 蓬莱饅頭、再び!デタ━━━゚(∀)゚━━━!! 1話でめっちゃ印象的だったこの菓子をまた拝めるとはっ! 海外へ嫁ぐゆかりさんの為に親方が作ったこのお菓子{/hearts_pink/} 今回は、同じ三.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-09-23 15:53
  • 「あんどーなつ」最終回

    Excerpt:  ある日、一ツ橋流家元のあやめ(白川由美)が満月堂にやって来る。 経営の仕事を下の者にまかせることにしたんだけど、 幹部会の理事がコンクールで優勝した菓子屋にお茶会で出す菓子をまかせたいと言い出し.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-09-23 19:51
  • あんどーなつ 最終話(第12話)

    Excerpt: あんどーなつ 最終話(第12話) TBS 2008/09/22 (月) 20:00~ 「のれんを懸けた決勝戦」 ★はじめに 大会に出ることになった奈津は緊張しっぱなしだったけど、 .. Weblog: シャブリの気になったもの racked: 2008-09-23 20:54