モンスターペアレント 最終話

舞台に高村が立つ。
そして保護者達の前で彼女は語る。




私は保護者の方々をモンスターペアレント扱いしていました。

馬鹿馬鹿しいと思っていた。

しかし、弁護士として教育の現場に向き合ううちに
単純な事に気がついた。


この国を支えるのはこの国の子供達であるという事に。


社会は自分だけでよければいいという利己的な考え方に溢れている
学校もそれにさらされている。

そういった無関心や利己的な考え方に
子供達にさらされたらどうすればいいのでしょうか。

子供達に何を教えなければならないのでしょうか。


何かを教える必要なんてない。

子供は誰より保護者を見ている
子供は誰より先生を見ている
大人を見ている


何かを教えたりするのではなく
保護者や教師が子供達に恥じない生き方をする。

それが何より子供達のためではないでしょうか。

しかし、常に正しく生きられる程、大人は強くない。

親御さんだって心細い。
先生だって心細い


だからお互い助け合う必要があるんです。

教育委員会は
そんな先生と両親の掛け橋になる役割があります。


彼らは子供達のために必死に取り組んできました。


子供を育てるという事は未来を育むこと

子育てをしている親御さんも日本の未来を作っている

その手伝いを教育委員会にもさせてくれませんか。



子供にとって何が正しいか分からなくなった時

ある人に教えられた。


『もっと目線を下げて下さい。』

『そうしたら見えなかった事が見えてくる。』


我々大人も考えてみませんか。


子供の頃を思い出して。


子供達はいつも大人を見ています―――――。













これがこのドラマで一番言いたい事です(笑)


これ以上語る必要はないですね(; ̄∀ ̄)ゞ




こっからいきなり総括ですけど(; ̄∀ ̄)ゞ


事務所の仕事をがんばれとハッパをかける城山に対して
教育委員会の事が心配でそこに駆けつけるために事務所を辞めるという高村に




思い出しました。
困っている人を助けるのが弁護士の仕事でした。

あなたの信じる道を歩いて下さい。









え(゚Д゚)?









この急な心変わりは何ですか(; ̄Д ̄)


おっどろきの展開です(笑)



それから親御さんたちに糾弾される田川委員長


そのような事はありません。

そのような事は決してありません。




これしか言えないって
あなた、本当に教育長ですか(; ̄∀ ̄)?



そんな気分です(苦笑)





なんか最後にモンスターペアレントらしき親が
やってくるような感じで物語が終わりましたが

その演出ってなんか要らんのじゃないの?って感じ






前々から言ってますけど

このドラマって「モンスターペアレント」にする必要があったのかなぁって。


自分がここまで見てきてタイトルをつけるとしたら

「教育の現場」ってのが似合いそうな気がします。


高村先生の論弁について見れば

今までの物語を振り返ってみても

子供の教育には親御さんの心だけでなく
先生の心も考えなくてはならないのですからね。

ただ単に「モンスターペアレント」って言葉を
使いたかっただけじゃないの?!って感じです。




ただ、今期のフジは
この子供達の教育という部分について色々と考えているなって感じはします。


月9の「太陽と海の教室」は
偏差値偏重の社会で歪む子供の心について

火9の「シバトラ」は
理不尽で利己的な大人達の社会にさらされて歪み犯罪に走ってしまう子供の心を

そしてこのドラマでは
子供達の心を歪ませるのは
我々大人達にあるのではないかという事


月曜と火曜はそこを間接的に言ってる感じがします。


そして
木10の「コード・ブルー」は
半人前のドクターが医療の現場で一人前になるために立ち向かう姿

いい大人達がいれば彼らはちゃんと成長していくんだよって事を

それぞれ描いている感じがしますね。


そういう部分ではフジもなかなか考えてるなって気がするんですが

それ以前に数字=視聴率をとる事に走ってますからねぇ。

その時点で大人の利己的な社会を象徴してる気がします(; ̄∀ ̄)ゞ



モチロン面白いかどうかは別物ですし(苦笑)




とりあえず、それなりには楽しめたかなって感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月10日 01:04
ほんと、城山先生と田川さんには唖然ですわ~(◎-◎)
ひどいよ、2人とも。。。

>自分がここまで見てきてタイトルをつけるとしたら
「教育の現場」ってのが似合いそうな気がします。

私が付けるとしたら
「教育弁護士・高村樹季」だな♪
2時間サスペンスみたいでしょ(^▽^;

確かに今期のフジは「教育」がテーマだったのかも。
どれも、衝撃的な展開を求めすぎでストーリーが
破綻していきますが。。。(^.^;)
私にとって、今期のフジは突っ込み所満載です。
「コード・ブルー」だけが頭一つも二つも出ている感じ。
2008年09月10日 08:59
確かに教育のことをいろいろと考えてますね。
とりあえず、こんなバカ親が世の中に増えてるんだ
ってことがわかっただけでもよかった。
なんていうか、ちょっと話を膨らませ過ぎちゃって
最後尻すぼみでしたね。
三浦さんや望月くんのエピはやらないほうが
よかったかもですね。
あれのせいで最後の2.3話はモンペがかすんじゃいましたもん。
2008年09月10日 16:59
白黒のない無難な決着でしたね。
大人は子供のお手本になりましょうって・・。
はぐらかされたような気がしましたけど、
はっきりとしたものは何もないことで
逆に宮園モンスターみたいな人でも静かに下がることができたのね。
抽象的だけどうまい解決でした。
ほんとフジは「教育」を考えていますね!
でも教育委員会だけの仕事では収入的にもやりがい的にも
樹季はそのうち飽きそうな予感です^^;
ikasama4
2008年09月11日 00:26
くう様
ホント、本筋は悪くなかったのですが
ミョーなとこで色々と唖然とさせられました。

>私が付けるとしたら
>「教育弁護士・高村樹季」だな♪
それもアリですね。

>2時間サスペンスみたいでしょ(^▽^;
たしかに(笑)

何にせよ、このドラマのタイトルのイメージじゃないのは
たしかですかね(; ̄∀ ̄)ゞ

>どれも、衝撃的な展開を求めすぎでストーリーが
>破綻していきますが。。。(^.^;)
それもこれも視聴率を取る事にこだわり過ぎたような
気がします。

>私にとって、今期のフジは突っ込み所満載です。
同感です(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年09月11日 00:26
みのむし様
色々と教育の事について
考えているなぁっていうのは伝わってくるんですけどね。

それが大分変わってしまいました。

何をもってモンスターペアレントのゲストを投入してきたのか
その部分がかすれてしもうたし

何より委員長とかがモンスターペアレントって
言ってはいけないってドラマのタイトルを全否定ですから(笑)

色々ともったいない限りです。
ikasama4
2008年09月11日 00:27
エリ様
たしかに無難なまとめ方ですね。
子供の模範は先生や両親だという事で
子供達にあれこれ言う前に
まず、自分のエリを正せって事なんでしょうね。

そこの部分はよかったですが
そこの部分以外は・・・・・ねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

>でも教育委員会だけの仕事では収入的にもやりがい的にも
>樹季はそのうち飽きそうな予感です^^;
その点はありそうな気はしますが
ナンダカンダ言って樹季は田川同様
この教育問題に取り組むのが好きみたいですからね。

意外に天職のような気がします。

この記事へのトラックバック

  • 【モンスターペアレント】第11話 最終回と総括感想

    Excerpt: そもそも、世の中は一握りのエリートと凡人の二層構造になっているの。と言う地元の実力者・宮園。どうも、市長も頭が上がらない彼女の「自分の子どもの内申を上げろ」と言う要求を田川教育長は昔キッパリとはねのけ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-09-10 00:56
  • モンスターペアレント 最終回

    Excerpt: でたーーーーーーー。ラスボス高橋ひとみ! 高橋さんって学園ものでラスボス的存在で出てきますよね? 思えば斎藤さんでもそうじゃなかったっけ?ww なななんと学校の内申書のつけ方が低すぎるか.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-09-10 08:55
  • モンスターペアレント 最終話「史上最強の怪物親」あらすじ

    Excerpt: モンスターペアレント  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 高村樹季(米倉涼子)は教育委員会の仕事から手を引いたものの、逆恨み... Weblog: テレビドラマレビューブログ:ドラマニア racked: 2008-09-10 19:27
  • モンスターペアレント (最終回)

    Excerpt: 一昨日は、毎週火曜よる10時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『モンスターペアレント』の第11話(最終回)が放送されました。●導入部のあらすじと結末を絡めた感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-09-12 00:01