Tomorrow 最終話

とりあえず率直な感想としては

「何だかなぁ~~~~~」って感じです(; ̄∀ ̄)ゞ
TBS特有の悪いクセが出ました。






役者さんの演技は申し分ないのですが

問題はやはり脚本と演出ですね。



ちょっと後半に入って物語が駆け足過ぎたとこと

エンディングに持っていくまでの流れとして
とってつけのお話を加えてしまったという事でしょうかね。


予定としては森山が愛子の母親を救えなかった過去があり
そして今度はそれを繰り返さないために愛子を救うというのは

決まっていたのかもしれませんが

そこに至る過程というのが・・・・・ねぇ。




イベント会場で事故が起こる訳なんですが
第1話がそうでしたからねぇ。


正直、それはいかがなものかって気がするんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ



イベントに関してスゴイ安全管理に不備の多い市です(苦笑)




基本、原点回帰なんですよね。



かつて森山は
愛子の母の病状の異常を見抜く事が遅れて
それで手術を行ったけど彼女を助ける事が出来なかった。



そして今回
愛子の病状を見抜くのがちょっと遅れたけど
得意の「神の声で」で無事彼女は生還という訳で。

そして、今回の一件で再び市民病院が見直されると。



なんか・・・まぁ・・・ベタだなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ



そこが「とってつけのTBS」
「その場しのぎのTBS」と私が勝手にTBSの事を思ってしまうとこです(苦笑)




後、あの病院は
オープン病院として見事に復活したみたいです。


市民病院の機材・施設を開業医に貸し出すというものでしたが
以前、織田裕二さん主演のドラマ「真夜中の雨」でも

似たような提案をしてた記憶があります。

TBSは以前のドラマのサイトとかが残っているので
調べてみたらありました↓
http://www.tbs.co.jp/mayonaka/story_11.html


正確には病院の空いたフロントをテナントとして貸し出して
専門医を集めるというものでした。


まぁ結局、いつの時代もそこに行き着くみたいですね(笑)


このドラマでは市民病院としての
ひとつのカタチをこのように提示しましたが
それを実際にやってみた時、それがよいものになるかどうか

個人的にはそこが一番興味があるとこです。







後、今回一番の主役は森山や田中愛子や
松永議員や蓮見副市長やエドさんのグーとかではなく







あの院長(笑)







昔は「救命救急の鬼」と言われたんですって(  ̄ノ∇ ̄)



「だったら、最初から活躍しろ!」って感じなんだけど(苦笑)





病院が閉鎖された後

次の就職先も決まってたけど

市民病院存続のために

私は彼らと一緒にここに残ります。
病院を潰す訳にはいきません。




こっちの台詞の志賀さんの声がとってもいいもんだから
インパクト絶大で他の事がほっとんど吹っ飛びました(; ̄∀ ̄)ゞ




ホント、志賀さんはオイシイとこをもっていきます。



まぁ何にしてもそれなりに楽しませてもらいました( ̄▽ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月08日 15:34
私も「救命救急の鬼」にはのけぞった~(爆
院長てば内科の医師と言ってたけど
仕事をしてるところ見たことなかったしね。
最後なので全員集合して航平の十八番のミラクルボイスで終了。
ほんと予定したようにその場をしのいで終わっちゃったねえ(笑
駆け足気味でしたけど、
最終回としてのツボは愛子をさらっと抱っこしちゃった航平かな~。
ああいうシーンのために秘かに腕力など鍛えてるんでしょうかねえ・・・
2008年09月08日 15:53
鬼!違う意味での鬼や~~~!
今まで全然仕事してなかったやんけ~!
しかも、今までだってピンチの場面はいっぱいあったのに
静観してたくせに、何が救命の鬼や~~~!!!ぜぇぜぇ
何となく、丸く収まったのはいいんだけど、おっしゃるように
話の展開の仕方や演出のせいで、イマイチ乗り切れなかったのか
物足りない感じで終わってしまいましたわぁ・・・
せっかくの竹野内さまの主演モノだったのに、ちっ!
でも、ブランクがあったというのに、航平先生の
オペの成功率は、医療ドラマの名医ランキングの中で
5本の指に入るんじゃ・・・(笑)
2008年09月08日 21:17
「救命救急の鬼」の院長、
エドさんのグーを知らなかったらしいですよ。
役者みんな記念撮影で「グー」ってやったら
この院長だけじゃんけんのグーをしていたそうです(笑)
岸部さんでも知ってたと言うのに、
志賀さん、オイシイとこ持っていきますね。^^;
ikasama4
2008年09月09日 20:38
エリ様
最終回にしてオイシイとこは全部
鬼の院長先生が持っていきました(笑)

とってつけの展開が目立ちましたが
何とか院長先生と森山先生がその場を
凌いでくれました(; ̄∀ ̄)ゞ

>最終回としてのツボは愛子をさらっと抱っこしちゃった航平かな~。
世の女性の憧れなんでしょうね( ̄▽ ̄)
ikasama4
2008年09月09日 20:44
まこ様
ホントにねぇ~
色んな意味で院長は鬼でしたね(笑)
彼の前に森山先生もあやうく存在が
霞みそうになりました(; ̄∀ ̄)ゞ

まぁ色々とやっつけ感がありましたが
何はともあれ無事に終わって何よりです。

>航平先生の
>オペの成功率は、医療ドラマの名医ランキングの中で
>5本の指に入るんじゃ・・・(笑)
何せ「神の声」を持つ医者ですからね( ̄ー ̄)b
ikasama4
2008年09月09日 20:45
ろーじー様
>「救命救急の鬼」の院長、
>エドさんのグーを知らなかったらしいですよ。
今回は全てにおいて院長先生に尽きますねぇ。

この回しか活躍してないのに
あの人は私の心を盗んでいきました(クラリス風)

この記事へのトラックバック