篤姫 第27話 「徳川の妻」

「どちらにもつかぬですと?!」


篤姫の決断に幾島は驚く。


そこに公方様御付きの老女・滝山より

大奥の総意として
井伊直弼を大老とする嘆願書を幕府に提出すると。



ここで怒り狂う幾島(笑)

どー考えても
篤姫が水戸派である事を知った上での暴挙にしか
映らなかったんでしょうね。


瞬間湯沸し機のような幾島にたいして
あくまでも冷静に対処する滝山ですが
口では幾島に全く負けてないですからね。

それに格としても
幾島は大奥の主である篤姫付きの老女ですが
滝山はその主の夫である将軍様付きの老女なので

滝山の方が格が上ですからね。


ここで面白いのは

幾島にとっての主は薩摩の殿・斉彬様


14歳より大奥に入った
幾島にとっての主は徳川将軍家



二人が考える忠節の相手が
それぞれに異なるのですからね。


それでもどちらにもつかぬ篤姫。


今まで嘆願書を大奥から提出したという前例はない。

という事で自分は全く聞かなかった事にするから

己が心の赴くまま
そちはそちで好きにするがよい。




つまりはここで滝山が自分の許可を得ずとも
「大奥の総意」として嘆願書を提出しても
構わないって事ですからね。


更に幾島はブチキレです(笑)




その頃、朝廷が幕府の通商条約を認めなかった事実は薩摩にも届いた。

朝廷が幕府の言う事を聞かなかった事は未だかつてなかった事だと。

そうして下級藩士達はますます尊皇攘夷に傾倒していきます。




さて、今回のメインはもう家定でございます。


将軍家世継ぎに血気盛んな本寿院にたいして


母上、世継ぎの件は自分で決めます。
それは私の事にて心配及びませぬ。


そんな家定が別人のようになってしまった事に驚く本寿院にたいして

だとしたら母上のおかげにございまする。

母上が薩摩から元気な嫁をもらってきたからにございます。





その間にも家定の体を病魔が蝕んでいた。
それを必死で隠している姿が家定ファン(堺さんファン)にはたまらないんでしょうね。





そして斉彬は越前は福井藩主・松平慶永を
大老に推挙するように画策する訳です。


ここで大老候補が二人出てきた訳ですね。



御渡りの夜
篤姫は家定に尋ねる。


上様はいかがなさるおつもりですか?

そちなら何とする?

まずは―――――

「井伊と慶永、双方と会う。」
そうであろう。



はい。


わしと一緒に会うてくれぬか。

え?私が?

信じる者はそち以外にはおらぬ。
わしの補佐をしてくれぬか。



はい、やってみとうござりまする。






そうして家定夫妻は慶永と直弼
それぞれと面談する次第な訳ですね。


慶永の場合
家定の側に篤姫がいるって事で
自分が有利になったかもしれないって
ちょっと顔がほころんでいましたねぇ。


で、彼が考える政というのが
「烈公会議」
力の強い諸侯を日本国の政に加えるというもの

水戸の御老公のみならず薩摩の斉彬様もご賛同の考えらしいけど

まず、このネーミングからして大奥には間違いなく不評でしょうねぇ(苦笑)




直弼の場合
政は今までと同じように全て幕府が担当
それを外様風情が口を出すとは言語道断だと。

そして彼が政に求めているもの

それは強い幕府

諸侯を率い異国と対峙するためにも
そのために徳川将軍家を守り抜かなければならないと。



越前か彦根か


二人の意見を聞いて家定が下した答えは彦根。


彼が彦根を選んだ理由

徳川将軍家を守りたいがためじゃ。
越前の考えに従えば徳川家も大名家のひとつにすぎなくなる。

将軍家の誇りも格式も失ってな。
わしは将軍家を守り抜き守り立てる事を一理とした。

それともうひとつ。

初めて思うたのじゃ。

徳川将軍家を残したいと。

徳川将軍家を残せばそちも子孫を守ってやる事ができる。

わしの家族をな。




自分を薩摩の人間としてではなく
徳川の人間―――家族として見てくれた。


そこに篤姫は自分の過ちに気付いて
家定に会いに行く訳なんですが・・・ねぇ。


いくら大奥の主とはいえ
女人が大奥から出ることなど
まずあってはならない事ですからね。


だから幾島も滝山も必死に止めた訳ですし

家定に関しても
よくもまぁここまでやってきたもんじゃ。

といった訳ですね。


改めて篤姫は
徳川将軍家の人間として生きていく事
上様の御心に沿って生きていく事

それを誓ったって事なんでしょうね。




そしてもうひとつのポイントは

非情なる心。



天下のためには
誰かを斬り捨てる非情さが必要になる。

それが斉彬が下した決断に対する
大久保正助さんの思いですね。

それが分からない帯刀さんはおいといて(苦笑)


一方の江戸では

篤姫は幾島と共に過ごした6年という歳月があっても
たった2年足らずの夫の気持ちを優先して

幾島を斬り捨てる決断をする訳です。


まぁこの場合
私情を優先するために誰かを斬り捨てた訳なんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ






薩摩では斉彬さんが
「わしはいい家臣に恵まれた。それだけで幸せであった。」
と言って死亡フラグが立っているように




家定にもその死亡フラグが立ち上がりました。




日に日に疲れが見える家定。


御労り下さりませ。

次の将軍の世継ぎを決めた。

はい。

紀州の慶福にする事に決めた。


・・・・・そうですか。


訳を知りとうはないのか?


私は上様に従うのみで


そんな御台はおもしろうない。


知りとうございまする。

上様は一橋様がお嫌いだからでございまするか。



いくらなんでもそれだけの事で決めたりはせぬ。
若いがゆえにじゃ。



・・・・・意味が分かりませぬ。


女子が政に口を出すなど考えてもなかった。

でも、そちを見て考え方が変わった。

そちの才識は目を見張るものがある。

その後見役としてそちの力が使えるであろう。

慶福を後見して補佐して欲しいのじゃ。

年長の慶喜だとそれは無理であろう。

あれは性格がひねくれておるでのぅ。



今の将軍はあなた様にございまする。
まだまだ先の事でございましょう。

それではまるであなた様が――――



その言葉を遮るように家定は篤姫の顔を見つめた。


そちのその顔をよう見ておきたいのじゃ。
忘れてしまわぬようにのぅ。



そのような不吉なお言葉は聞きとうございませぬ。


家定は背後から篤姫を抱き寄せる。


そちにひとつだけ聞いておきたい。


はい。


わしのような―――身体の弱い男の妻になった事、後悔はないか?


ございません。


誠にか。


上様は日本一の男にございまする。


日本一?


はい。
公方様だからではなく
私にとっての日本一です。

そのような方の妻になれた事、私は誇りに思いまする。




『生まれ変わることができたら鳥になりたい。』

前にそう言うた事があったな。

そちは自分のままがいいと言うた。

鳥などゴメンじゃ。
わしもわしでよかった。

そちに会えたからの。







どーにか間に合ったかなぁ。似てるかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ




私がそう申したのも同じ理由だからにございまする。



互いの心が通じ合う幸せな一時


しかし、まだこの時は知らなかった。
彼女に悲劇が訪れる事を―――――。









もう本当にいい光景って感じですね。

それにしても家定を演じる堺さんは
こんなにも陰というか幸が薄そうな役柄も似合うんでしょうかね。





ここで一番気になったポイントは

家定が井伊直弼を大老に推した理由。





徳川将軍家を残したい。

徳川将軍家を残せばそちも子孫を守ってやる事ができる。



この言葉ですね。


この夫が遺した言葉を篤姫は最後まで守り抜くということでしょう。




これから後の話

夫が亡くなった後
篤姫は実家がある薩摩に帰る事が出来たはずです。

けれど、それをせず最後まで大奥に残った。

最後まで徳川将軍家の人間として生きていった。

それから幕府が滅んだ後
徳川宗家を継いだ子(田安家からの養子)の養育に専念して
徳川宗家を守り続けたそうです。



それらの彼女の行動の源が
この家定の言葉にあったのではないか、と原作者は考えたのかもしれません。

とすれば、ここは絶対に外せない部分だったのでしょうね。





さて、次回はもう涙涙の物語になりそうです(T▽T)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月07日 00:35
似てるっ!似てます!
お時間のある時、前髪ありぃの堺党首もお願いします♪(__)

今回は、ぎゃんぎゃんうるさい幾島さんも、何かお気の毒で。。。
でも、もう、あっつーの母のような幾島さんですからね。
いざとなった時は、あっつーの心の支えになってくれると
信じています。。。(; ;)

そして、いざと言う時がついに来週!
フラグが一度に2本立つとはね(; ;)
来週はヤバイです~(;>_<;)
2008年07月07日 10:09
NHKは、お金を払っていないので余り大きな声で物を申す事叶わぬ身でありますが、「篤姫」だけは何故か欠かさず見ておりまする。其れと此の「渡る世間は義地ばかり」も、欠かさずに!家定公、結構いけてます。来週も期待して!!
2008年07月07日 10:38
ikasama4さん、こんにちは。

>どーにか間に合ったかなぁ。似てるかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ
似てる似てる!スッゴイ似てます!!だから来週の倶楽部の「喪中スペシャル」に恵んでくださいませ◎

>それらの彼女の行動の源が
この家定の言葉にあったのではないか、と原作者は考えたのかもしれません。
仰る通りなんですよね。史実の方ではドラマのような甘いロマンスがあったかどうかはさておき、あっつーは「大政奉還」後、幕府が解体され生活費に事欠いても薩摩に帰るどころか、援助さえも受けなかったと言いますからね・・・。ドラマのような「期間は短かったけど」家定との強い絆があったからこそ、というバックボーンがあれば説得力がありますもんね。
さて、来週企画なワケですが・・・何か「家定」絡みのよいネタお持ちじゃありませんか?(笑)
2008年07月07日 21:57
>天下のためには誰かを斬り捨てる非情さが必要になる

含みのある言葉でしたねえ。20年後の大久保さんの行動を考えると…。
でも、このまえ「鬼になる」派手に宣言したわりに、ナンかふつうに落ち着いていましたね。そろそろ、鬼になってなにか行動に移していてもいいんじゃないかな?

これから先は、桜田門外の変とか寺田屋騒動とか、薩摩では「切り捨て御免」(笑)て感じのことが続きますもんね。
しかも、その渦中に常に大久保さんがいる。鬼になるってそーゆーことなのか、とも思いますが。

最後まで徳川家に残った篤姫の後半生を考えると、徳川の妻という言葉にも重みがありますね。
結局、明治維新とその後の人生の選択肢は、この頃にその原型ができていたということなんでしょうか。


ikasama4
2008年07月08日 21:39
くう様
今度は堺党首
私も一応気分は党員の一人なので
頑張って描かせて頂きます( ̄Д ̄)ゞ

幾島にとって
唯一の心の支えは使命を果たす事
これのみだったんでしょうね。

>フラグが一度に2本立つとはね(; ;)
それが史実だから致し方ないですね。

来週はもうたまらない事になりそうです
(T▽T)
ikasama4
2008年07月08日 21:41
一山走月様
ここ最近の大河ドラマの質は
なかなかなものがあります。

今年の大河はホームドラマチックですが
去年の部分と比べると黒い部分は少ないですが
見せるとこは見せますね。
ikasama4
2008年07月08日 21:42
なおみ様
こんばんはです。
>だから来週の倶楽部の「喪中スペシャル」に恵んでくださいませ◎
どうぞどうぞ、こういうのでよければ(^▽^)

家定が自分のためを思って行動してくれた
だから、彼の思いに報いる事が

今後の彼女の生き甲斐になっている

その始まりがここにあった、みたいな感じですかね。

>さて、来週企画なワケですが・・・何か「家定」絡みのよいネタお持ちじゃありませんか?(笑)
そうですねぇ・・・・・。
家定の死因を病死・他殺で
それぞれ考えてみましょうかね。
ikasama4
2008年07月08日 21:42
遊人庵庵主様
たしかに大久保の言葉は
今後の彼の行動を印象付けるものがありますね。

たしかに今のとこ、鬼になった大久保さんは
見れてないみたいですからね。

これはもうちょっと先ですかね。
もしかしたら西郷さんが失脚した時に
見えるのかもしれませんね。

「徳川の妻」
家定に認めてもらえた事が彼女にとって
生きる支えになったのかもしれませんね。

>結局、明治維新とその後の人生の選択肢は、この頃にその原型ができていたということなんでしょうか。
今回の内容を見ているとそんな気がします。
2019年05月14日 09:36
Hi just wanted to give you a brief heads up and let you know a
few of the images aren't loading properly.
I'm not sure why but I think its a linking issue. I've tried it in two different internet browsers
and both show the same results.
2019年06月03日 07:27
Hi there, I enjoy reading all of your article. I wanted to write a little
comment to support you.

この記事へのトラックバック

  • 務めと決意と(篤姫・27話)

    Excerpt: ・・・何回も、最後の二人の場面を、繰り返して見ちゃった・・・。 Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2008-07-06 23:51
  • 篤姫 第27回「徳川の妻」

    Excerpt: 今まで長きにわたり、幾島や斉彬からの強い要望であった次期将軍を慶喜にする話は、今回ようやく決着に至ります。 なかなか話が進展しない斉彬は、大老を井伊直弼ではなく松平慶永... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-07-07 00:13
  • 【篤姫】第二十七回

    Excerpt: 母上、後継ぎの事は自分で決めまする。それが私の勤めにて。上さまは、お変わりになられました。私が変わったとすれば、それは母上のおかげにございます。母上が薩摩から元気な嫁を貰ってきてくださったおかげにござ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-07-07 00:31
  • 篤姫・第27話

    Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラック吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る まず、みなさまにひとつお詫びを・・・先週、今回でカステラ将軍が「ご退場」というように書きましたが、もう一週ありましたね.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-07-07 09:25
  • 篤姫#27

    Excerpt: ホームドラマとして「家族」ということが前面に出て、落ち着いた物語もいよいよ大詰めということで、今回の物語は家定と御台が真の家族になった物語でした。(でも、描写の方は心の方で、身体の方は描かれないのはや.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-07-07 12:00
  • 「篤姫」第二七話

    Excerpt: 家族を守りたいという心と 家族になると決めた心。 第二七話『徳川の妻』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2008-07-07 15:32
  • 家定の決断!!

    Excerpt: 将軍継嗣と同じく、一橋・紀州に分かれて今度は大老就任 をめぐって両派の綱引きが始まりました{/v/} 井伊直弼か松平慶永か、両派から賛同を求められる篤姫、 両名と対面することに… 有力諸侯を加えて政治.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-07-07 16:11
  • 篤姫 2008/07/06 第27話「徳川の妻」

    Excerpt: 誰が大老になろうと知ったことか!家定さんの残された時間が問題!というわけで、今回のおさらいです。・篤姫の決意に怒る幾島・滝山、嘆願書への署名をお願いするも、篤姫は保留・遊ぶ家定、またもや自害をほのめか.. Weblog: piyomarimoのよろよろ日乗 racked: 2008-07-07 18:42
  • 俺は医者だ・・・資格はない・・・(竹野内豊)突然陽炎のように(宮﨑あおい)

    Excerpt: ・・・さて・・・「篤姫」と「Tomorrow~陽はまたのぼる」の二本立てである。 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-07-07 20:15
  • 『篤姫』第27回「徳川の妻」

    Excerpt: 政治の主導権を巡る戦いが、紀州派VS一橋派の争いへ。どちらにもつかないと言う篤姫に、怒る幾島。滝山は嘆願書を。井伊直弼は大老にという。。滝山VS幾島、女のバトル。「両名とも控えよ」家定は扇遊び。話して.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-07-07 21:00
  • 篤姫 第27話「徳川の妻」

    Excerpt:  先週、姫と上様のふたりを「大奥公認のバカップル」などと申しましたが、深く反省しました。いやあ、1週間で人間って成長するもんなんですね。今週は、涙無しでは見られない夫婦愛。生まれるまえから結ばれていた.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2008-07-07 21:35