篤姫 第30話 「将軍の母」

日米通商修好条約―――朝廷の許しを得ない条約
それは幕府の政治改革を求めるもの

しかし、幕府よりも先に
幕府の統制下にある水戸藩に勅状が下されたという事は

朝廷が政を徳川幕府に一任しているにも関わらず
内密に諸藩と謀っているという事になる。


これを戦と言わずに何となされましょうや。




かつて鎌倉幕府は
後醍醐天皇が綸旨(天皇の命令文書)を
幕府の御家人である足利高氏や新田義貞・赤松則村・楠木正成に送り
彼らの活躍によって倒幕された。


その後、足利高氏は尊氏と名乗った後
後醍醐天皇と対立し、室町幕府を築いたが

尊氏は天皇を作り上げ、後醍醐天皇も天皇であり続けたため
朝廷が二つに分裂するという南北朝時代が生まれた。

この争いは南北朝が統一されるまで60年近く続く事となった。



今回のような事態を許せば
かつての南北朝時代のような事態を招くかもしれない。


それを防ぐためには
不逞の輩=謀反の種は悉く潰すべし





そして井伊直弼の方針の下
幕府はこの件にわずかでも関わりし者達を悉く捕らえていく。

それは公家衆も例外ではなく。



この幕府の苛烈な取り締まりに諸藩は幕府の威光を畏れ従った。

薩摩藩のそのひとつだった。



斉彬の弟・忠教の息子が藩主となり
忠教がその後見役となったものの

薩摩藩の実質上の実権は
薩摩に国入りした忠教の父・斉興であった。



佐幕派である斉興は幕府に恭順の態度を示すために

息子が作り上げたもの―――武器・軍隊・人材を悉く潰していった。



西郷吉之助・月照の両名も罪人として指名手配されていた。
そして二人は薩摩を頼り逃げてきたものの

斉興の意向で捕らえられた。


二人は己の運命を悟り、入水した。


月照は亡くなったが、西郷は奇跡的に助かったと言う。


しかし、薩摩は
生き残った西郷を死亡として扱い、奄美大島に遠島とした。
それが忠教に出来る精一杯だった。





そして薩摩藩江戸屋敷においても
一橋派だった者達は女子を問わず処分され

大奥との繋ぎ役であった小の島も
此度の役目を最後に外されると言う。




その知らせを聞き、幾島は思う。




薩摩は随分様変わりしたようだの。





そんな最中に

慶福は将軍となり名を「家茂」と改めた。










ちょっとマンガっぽくなったかな(; ̄∀ ̄)ゞ




そして天璋院は家茂に思わぬ言葉をかけられる。




母上様。
私は母上様をよき家族としてお慕いしております。



―――――母上様。


夫の言葉が蘇る。


私は一人遺された訳ではなかったのですね。
あなたという新しい家族が出来たのですね。


思わず涙がこぼれる。

やはり母上様は娘子ですね。

そう言って息子は母に笑いかける。



私にとっての新しい家族。

家茂様は天璋院にとって希望となっていた。


また、幾島の推薦により重野が天璋院付きの老女となる。
彼女は表に顔がきくらしく、天璋院の良き手足になってくれると言う。


その一方で天璋院の下を去る者がいた。


篤姫が御台様となられてきた今日まで支えてきた初瀬



そして、薩摩におりし頃から篤姫を支えてきた幾島



どういう事じゃ。


本来ならばお役目を果たせなかった時に去るべきでした。


私は私を許せないのでございます。
お役目を果たせなかった自分をどうしても許せないのでございまする。

どうか、私の身勝手をお許し下さいませ。

そして、ご自分をお責めになられるのはお辞めになられませ。

天璋院様は天璋院様としてやられになっただけ。


私は心より安堵しておりまする。

しかし、そのように思ってしまう自分を許す事も出来ぬのでございまする。

期日は追ってご相談頂きたく。
よろしくお願い申し上げます。




希望を見つけた矢先
彼女の心はまた悲しみに包まれていた――――――。






やっぱり、家定の威力は絶大(笑)











そして、今回も井伊直弼はやってくれます(笑)





表の舞台にいる利点と
前将軍・家定の遺言を聞いているのが
幕閣では井伊直弼のみという利点を利用して


彼は若き将軍・徳川家茂の後見役として
御三卿のひとつ・田安家の当主である慶頼に決定したというのですからね。

これは明らかに天璋院の将軍や政に対する影響力を削ごうとするものでしょうね。



また、田安慶頼は家定の後継候補として考えられた時期があったそうですが
一説には「暗愚」であるとして候補からは除外されたそうです。


ちなみに田安慶頼の弟はあの越前福井藩藩主・松平慶永です。


それからもうひとつ、これは随分先の話になりますが
家茂死後、家茂は次の将軍として田安慶頼の子・亀之助を考えていたらしいですが
家茂が亡くなった時は亀之助は4歳だったために次の将軍は慶喜となり、
その後、大政奉還で慶喜が新政府に恭順した際に亀之助は徳川宗家を継ぐのですが
その間、天璋院が亀之助の養育に携わっていきます。



それとついでにもうひとつ

奄美大島に遠島になった西郷さん。
この奄美大島にある代官所の事を「本仮屋」と言ったそうです。
女優として活躍している本仮屋ユイカさんの苗字でもありますね。








さてはて、こうして井伊と天璋院の対立は続いていくようですね。



ただ、井伊の出演は後少しみたいなんで、この二人の対決をというか
なおすけちゃんのキャラをこれでもかってくらい存分に描いて欲しいです(^▽^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月28日 00:37
西郷に、こんな時代があったとは全く知りませんでした。
月照さまはお気の毒でした。

負けるとは、こんな事なんですね。

天璋院は自分に家族が出来たことで気持ちがいっぱいですが、
幾島は、負けた自分たちの立場を充分理解している。
大奥で幸せモードに浸っていられない気分なのが、よく解ります。

薩摩サイドが、面白くなってきました。

しかし、家茂さま、たしか13歳(^.^;)
あれじゃ童顔な母上と夫婦ですわ~。
平安時代とか、フランス王朝とかなら、あのまま
本当に妻の座に納まってしまえそうです(^^;)
2008年07月28日 09:59
ikasama4さん、こんにちは。
今回も募金ありがとうございました◎

>そして、今回も井伊直弼はやってくれます(笑)
もう「主役じゃないの?」か、と思ってしまうぐらいの活躍っぷりでしたね。ステキですね~シビレまくりでしたよ(笑)
考えてみたら昨年の主人公も、そりゃあ~黒いもんでしたからね。ビジュアル的には「フグ」よりですが、キャラ的には「勘助」よりですよね。あの2人が合体して、幕末に登場したら「なおすけ」みたいになるんでしょうかね?う~ん・・・サイコー!!

>なおすけちゃんのキャラをこれでもかってくらい存分に描いて欲しいです(^▽^)
そんなことを言っているのは多分、ikasama4さんとワタシと、あとは庵主さんくらいだと思いますが(苦笑)あんな面白いキャラは「あのドラマでは」なかなか望めないと思うので頑張って頂きたいですよね(^▽^)(←パクリ)
2008年07月29日 07:57
>なおすけちゃんのキャラをこれでもかってくらい存分に描いて

ええもう、残り少ないのでいろいろリクエストしたいです。あんな直弼、こんな直弼…。タマゴだけといわず、いろんなものに。トマトとかマンゴーとか……、ってこれはikasama4さんにリクエストしてるんですよっ(笑)。

「何故そなたがそこにおるのじゃ」といやな顔をされた直弼が、こちらの「彩色なおすけ」にソックリで爆笑してしまったワタシです。すでに似顔絵がホンモノを凌駕する状態!?

南北朝時代の悪夢は、幕府の人にとってはほんとにトラウマだったみたいですね。
足利尊氏の再来を恐れて、あんなに過激な弾圧をしたと思えば、井伊の論理にも一理ある気がします。
一橋派が全滅してしまったので、いまはほとんど「直弼主役」状態?! それも短い夢なんですけど…(笑)
桜田門外に散るまで、あんな直弼やこんな直弼をめいっぱい楽しんで見たいです。
ikasama4
2008年07月29日 22:06
くう様
西郷さんは今回の件と
後に久光に不興を買った件で二度島流しに遭います。

ちなみに西郷さんは現地で
妻子を作っちゃうんですけどね(; ̄ノ∇ ̄)

幾島は己の使命が果たせなかった事が
何よりも許せないのでしょうね。

だからこそ仰るように負けた自分が
大奥に留まってはいけないという気持ちが
強かったようです。

>しかし、家茂さま、たしか13歳(^.^;)
初登場の時はたしか11,2歳(; ̄∀ ̄)

>あれじゃ童顔な母上と夫婦ですわ~。
まぁ大河では平気でドラマでの年齢+30歳の
役者さんがやってるので
最近はあまり気にならなくなりました(; ̄∀ ̄)ゞ

どうも将軍様の奥さんが後妻に入るのは
許されなかったようですからね。
惜しい限りです(笑)
ikasama4
2008年07月29日 22:06
なおみ様
こんばんはです。
募金気に入っていただけて何よりです( ̄▽ ̄)

たしかに去年の大河の主人公と同じくらい
黒さが漂うんですけどね。

なんか風貌というか何というか
やっぱ可愛らしいんですねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

>そんなことを言っているのは多分、ikasama4さんとワタシと、あとは庵主さんくらいだと思いますが(苦笑)
気に入っていただける人がいる限り
私の行動はドンドン加速しますε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ
ikasama4
2008年07月29日 22:07
遊人庵庵主
>ええもう、残り少ないのでいろいろリクエストしたいです。あんな直弼、こんな直弼…。
既に二の矢、三の矢と着々と計画が進行しております。
後は私の仕掛け次第(; ̄∀ ̄)ゞ

この「彩色なおすけ」
どこかのお土産屋さんのイラストに使われても遜色はないかも(笑)

>それも短い夢なんですけど…(笑)
延期してもらえるようにNHKに嘆願でもしてみましょうかね。

まぁそれはともかく
桜田門外までは私も精一杯頑張ります(  ̄ー ̄)∩オー
2008年07月30日 00:00
ikasama4さん、こんばんは。度々スイマセン。
やっぱこの↑「なおすけ」も可愛いなあ~◎
来週のレビューのトップに貼りたいんで(あと倶楽部に)
頂いていってもいいですか?
いいですよね?(笑)
ikasama4
2008年07月30日 01:08
なおみ様
こんばんはです。
>来週のレビューのトップに貼りたいんで(あと倶楽部に)
>頂いていってもいいですか?
ええ、全然いいですよ。
使ってやって下さい( ^▽^)

この記事へのトラックバック

  • 篤姫 第30回「将軍の母」

    Excerpt: 今回まず感じたのは、天璋院を演じる宮崎あおいのメークが前回よりも確実に白くなっており、余計歳をとったことが強調されていたことです。なんせ、このままずっとこの人で行くんで... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-07-28 00:14
  • 篤姫#30

    Excerpt: 今回は、BS-hiの放送と同時スタートで縷「怪談新耳袋 ~幽霊マンション」の放送があり、そちらを見ることにしたので、「篤姫」を見たのがいつもより遅くなったため、レビューも遅くなり.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-07-28 00:22
  • 【篤姫】第三十回

    Excerpt: 上様亡き後、私に何よりも大切なのは生きていくための希望なのです。新将軍として江戸城に入城した家茂は、天璋院を母として大切にしてくれる。天璋院を「母上」と呼び、他に変わる者なき家族として、お慕いしお守り.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-07-28 00:41
  • 大獄の始まり!!

    Excerpt: 天璋院となった篤姫{/new_bk/} 亡き家定の意思を継いで家茂の後見となる事に生きがいを 見出そうとするのです。 しかし、大老の井伊直弼がそれを見過ごす筈がありません{/cat_7/} それどころ.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-07-28 07:28
  • 篤姫・第30話

    Excerpt: ☆話題沸騰☆ 国宝彦根城400周年記念公式キャラクター 『ひこにゃん』ぬいぐるみボールチェーンシネマコレクションこのアイテムの詳細を見る 今月の放送も今日までですね。来月から北京五輪が開幕されますが、.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-07-28 09:31
  • 篤姫 第30話「将軍の母」

    Excerpt:  ちょうど全体の5分の3まで来てはっきりしてきたんですが、「史実の歴史は激動してるのに、呑気にラブコメ、ホームドラマ」という、いままで何度も突っ込んできたことは、実はこのドラマの不動のポリシーだったん.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2008-07-28 23:21
  • 義理の息子が私の公方・・・いや希望(宮﨑あおい)俺は医者だ・・・泣き虫だ(竹野内豊)

    Excerpt: ふふふ・・・夏のFNS27時間テレビ17.5%が夢幻のように通り過ぎて・・・それ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-07-29 02:25
  • 希望(篤姫・30話 )

    Excerpt: 家茂となった、慶福。 井伊は先の将軍の遺言を知らん顔どころか、後見役さえ勝手に決めようとしたが……ただのボンボンじゃなかったのだった、紀州の兄さんは・・・。 対照的に、薩摩に帰って来た父・斉興の前.. Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2008-07-30 22:37
  • オークリー

    Excerpt: 篤姫 第30話 「将軍の母」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: オークリー racked: 2013-07-05 22:15
  • エアマックス 2013

    Excerpt: 篤姫 第30話 「将軍の母」 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-09 20:54