モンスターペアレント 第4話

親が子供の将来への道をつくってやる事
子供自身が進みたい道をつくる事


子供にとっての幸せは何なのか



今回のドラマの核はここにありました。




子供には医者になってもらいたい。

そのためには
先生にもしっかりとした教育を身に付けてもらわなければならない。

エリートモンスター


こういう親もいるんですねぇ。




たしかに分数の考え方や字の書き順は
小さい時からキチンとやっておかないと
後々苦労しますからね。



これもたしかにモンスターと言われれば
そうなのかもしれませんが


今回は望月さんと小山さんは
当事者もしくは被害者と関係があるために

三浦さんも含めて
どうも思い入れが強いというか

客観視が出来ない感じではありましたね。


いくら何でもあれはエコヒイキです。

というか、そういう風にしか見えませんね。


普段から前の事件でも
あれくらい考えてくれたらいいのにと思ってしまうんですけどね(苦笑)


今回の案件に関しては
どうせならば、学校の裁量で哀川さんを非常勤講師にして
月に一回、授業をやらしたらいいんじゃないですかねぇ(笑)

まぁその場合、教員免許等々の事には目をつむってと(; ̄∀ ̄)ゞ




そして高村先生の技量がここで
ようやく発揮できたかなって気がします。




そして、今回一番気に入っているのは
自分の非を認めたというか、

子供の事を考えてくれるようになった。


この部分が描かれていたのは気持ち良かったです。

相手に自分の思いが分かってもらえるって事。

これは本当に嬉しい事なのですからね。



次回もそんな風にわかってもらえたらいいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月23日 13:15
>いくら何でもあれはエコヒイキです

ですよね~。
今まで3話分のモンスターだって、どれも
親側のせいだとしか思えない事例ばかりでしたが。。。(^^;)
どうも、このドラマにおける三浦さんって言う人は、
ハッキリもしないし、正しい判断もないし、
ただ理屈っぽいだけの人ですよね。
過去に何があったのか、知りたいですね~。
みのむし
2008年07月23日 20:04
そうそう。哀川さんが子供のことを
わかってくれるようになったことがうれしかったですね。
子供の幸せを考えるなら子供が何に興味を持っているかを
ちゃんと見てあげるのも親として大事なことですもんね。
この親は、自分と同じレールの上を歩いてほしいという
一心からちょっと周りが見えてない感じでしたね。
ikasama4
2008年07月24日 21:10
くう様
今回と今までのとを比べると
今までの方がひどかったようなものが
あるんですけどねぇ。

たしかに江藤先生は子供の気持ちを考えた上での
行動だったんですが

きっかけはどうであれ
この問題を十年近く放置した教育委員会の対応は
いかがなものかと思います(苦笑)

>三浦さんって言う人は、
>ハッキリもしないし、正しい判断もないし、
>ただ理屈っぽいだけの人ですよね。
>過去に何があったのか、知りたいですね~。
江藤さんと似たように親御さんといさかいがあったら
それはそれでショックだなぁ(; ̄Д ̄)
ikasama4
2008年07月24日 21:10
みのむし様
親御さんがちゃんと子供の事を見てくれた

4話にして初めてですが(; ̄∀ ̄)ゞ

自分が歩んできた道が幸せだからといって
子供もその道を歩むのが幸せとは限らないですからね。

でも、その事に気付いたから
これからは多分大丈夫でしょうね。

しかし、先生に教えるくらいですから
自分で息子に教えたらいいのにと
思ったのは自分だけでしょうかね(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック