モンスターペアレント 第2話

・・・なんだろう、このスッキリしなさは(; ̄∀ ̄)


「日曜に起きた事までは面倒をみきれない。」
結局、先生の対応が悪かったから

最初は些細な事でも

それがきっかけとなって

次第に親の要求が理不尽なものになってしまう。


誰も最初はモンスターペアレントじゃない。

だから真摯に誠実に向き合えば
向こうの親も分かってくれる。




という事だそうですがね。




だからといって親の要求に真摯に応える事が
10人以上の赤ずきんちゃんの学芸会って事なんでしょうかね(; ̄∀ ̄)



なんとなくスッキリしないですねぇ。



あんな事、実際あるの?って思う方がおられるかもしれませんが
イギリスの新聞が日本の小学校の学芸会に関して
こんな記事を書いてました↓
http://www.j-cast.com/2008/06/10021573.html









25人の白雪姫(; ̄∀ ̄)







これだったら
誰が真の白雪姫になれるのか

その座を巡って25人の白雪姫がバトルを繰り広げる

「修羅雪姫」ってタイトルにすれば、それはそれで面白そうですが(笑)
※釈由美子さんはこの学芸会に出演しません


確実にクレームがくるだろうなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月09日 01:05
こんなに毎週、親側が勝つ感じになっちゃってたら、
世の中、言ったモン勝ちな世界になってしまうじゃないですか~(>_<)
このドラマのムカつく所は、ドラマの出来が悪いんじゃなくて、
本当~にこういう人たちが実在するって事なんですよね~。
スッキリしないです~(>_<)
こんな事が許されるんなら、私も、もっと言ってやれば良かった、
と、ついつい思っちゃいますね(-_-;)
ウチの子、主役とかやった事ないし~。
写真も少なかったし。

今週も三浦発言には納得できず。。。
2008年07月09日 10:06
>「修羅雪姫」
上手い(  ̄ー ̄)ノ◇ ザブトン1マイ

赤ずきんちゃんには笑っちゃいましたよ!
うちの子の学芸会では、
メロスAの次はB…と順次シーン毎に代わってましたけどね。
1クラス人数が少ないのでそれで可能だったのかな?
それも親の要望だったの?┐(´-`)┌ ワカリマセン

>結局、先生の対応が悪かったから
そこですよね。あんな言い方はないと思いました。
てかドラマ的に思わせたんでしょうけど(^_^;)

昨日の『お客様は王様かよ』を毎回楽しみに見てるんですが、
ikasama4さんはご覧になりました?
人と人、お互い”言い方”が重要だと思います。

客が店のミスに対して
「謝ることも出来ないのか」と言うと、
「今言いました」と王様に言い返した店員。
これにも驚きました。

言ってみたいもんです(笑)

こういうもの(ドラマ)を第三者的に見て
反省すると良いのかもしれませんけど…
クレーマーも「何?こんな人がいるの?」
なんて見てるのかもしれませんね。トホホ
みのむし
2008年07月09日 15:12
確かに・・・。保育園のとき、何人も主役がいたなぁ?
でもそういうことって大事だと思うけどねぇ。
小さいうちの挫折は大きくなってからの糧になると
思うけどなぁ。
大きくなって挫折するとこわ~い事件を起こすと
思いますけどねぇ。
今回の事件など、学校が介入しなくても
子供と友達だけで解決できそうな問題ですけど
親はいったい何をしてたの?って逆に思っちゃいます。
精密検査する前に、その時の状況をちゃんと
調べるべきでしょ?ってね。
2008年07月09日 16:38
>「修羅雪姫」ってタイトルにすれば、それはそれで面白そうですが(笑)
いいですね・・そっちの方が見たいかも・・(笑
何か学校側が寛容すぎると思うなぁ・・
ちゃんと節度のある親が相手ならそれでいいけど、時代はどんどん変わってるのに学校側はいつまでも昔と同じ気でいるっていうか・・
現実を見ようとしていないように見えました。
これって、日本人の体質なのかな?お互いに甘えを許しあうっていうか・・
時間をかければ分かり合えるって・・その時間他の生徒達はほっとかれるわけで・・なんだかなぁ・・
ikasama4
2008年07月11日 16:26
くう様
なんか領土問題でもそうなんですけど
こーゆーのってホント先に言ったもん勝ちって
とこがあるみたいですからね(笑)

>本当~にこういう人たちが実在するって事なんですよね~。
もうひとつは子供達をかばって、そんな親を
放置してしまう教育委員会の在り方にも
あるみたいですね。

そして大分で起きた教員試験が
更に先生達に対して不信感を募らせます(笑)

>こんな事が許されるんなら、私も、もっと言ってやれば良かった
でも、「親の背中を見て子は育つ」と
言いますからね。

何事もほどほどがいいですよ、ほどほどが(  ̄ノ∇ ̄)
ikasama4
2008年07月11日 16:27
mana様
自分が学芸会で人前に出るのがイヤでイヤで
あんまり親にも見てもらいたくなかったし。

だから、今時の親の行動に唖然としてしまいます。

最初は誰もあんなにヒドクなかったはずなのに
相手の対応がぞんざいだったためにその要求が
エスカレートして「モンスター」と揶揄される
までになったって事ですかね。

>昨日の『お客様は王様かよ』
あぁ、クレーマーのやつですね。
自分はお客さんには絶対にあんな事は言えんですね。
ただ、1回か2回くらい理不尽なお客さんに
「はぁ(゚Д゚)?」って言ってしまった事があります(; ̄∀ ̄)ゞ

>クレーマーも「何?こんな人がいるの?」
>なんて見てるのかもしれませんね。トホホ
私もそんな気がします(苦笑)
ikasama4
2008年07月11日 16:27
みのむし様
ちっちゃい時から挫折は色々と知っておかして
親はその挫折から乗り越えさせれるように
手助けをしてやるのがいいんじゃないかなって
思うんですよね。

特に仰るように大人になって
挫折した時にそこからどう乗り越えれるか
分からないって事にもなりそうですからね。

子供を守るのは分かりますが
子供を守ろうとしたあのお母さんのやり方は
やっぱりエゴですね。
ikasama4
2008年07月11日 16:28
きこり様
>いいですね・・そっちの方が見たいかも・・(笑
出来はかなりいいと思うんですが
親からは確実にクレームがきそうな予感(; ̄∀ ̄)ゞ

>ちゃんと節度のある親が相手ならそれでいいけど、時代はどんどん変わってるのに学校側はいつまでも昔と同じ気でいるっていうか・・
>現実を見ようとしていないように見えました。
自己主張・個性を強調する今の教育が
このような状況を生み出したとも言われています。
アメリカやイギリスでもこのような状況に
陥っているらしいですからね。

>時間をかければ分かり合えるって・・その時間他の生徒達はほっとかれるわけで・・なんだかなぁ・・
ホントそうですね。
その精神はわからなくもないんですが
現場でそういう親と向き合っている先生の事を考えると
なんだかなぁって感じです(苦笑)

この記事へのトラックバック

  • 【モンスターペアレント】第2話

    Excerpt: 日曜日の公園で、子供がジャングルジムを登る競争をした。川本正雄くんが足を滑らせて転落。すり傷を負った。親は、その日から正雄を連日精密検査に連れて行く。授業中に教室に乗り込む。競争した子を登校させないで.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-07-09 01:02
  • 「モンスターペアレント」第2回

    Excerpt:  うぅ・・今回もすっきしなかったなぁ・・・ 教育長(角野卓造)の言う 「我々が目にしていることは、ものごとのほんの一部分にすぎないのではないか・・ だから、見えていない所も見る努力をしないと本当.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-07-09 16:41
  • 《モンスター☆ペアレント》#02

    Excerpt: 事務所の城山代表から、初めて負けたと言われた樹季は、それがかなり気になっていた。 二度と行くもんかと思っていた教育委員会に顔を出した。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-07-10 00:15
  • 《モンスター☆ペアレント》#02

    Excerpt: 事務所の城山代表から、初めて負けたと言われた樹季は、それがかなり気になっていた。 二度と行くもんかと思っていた教育委員会に顔を出した。 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-07-10 00:25