来年の大河「天地人」の第1次出演者発表についてあれこれ

本日、来年の大河ドラマ「天地人」の新たな出演者が発表されてました。
普通ならばこういうのは書かないんですけどね。
でも、こうして書いているのはこれがある意味
昨年の大河「風林火山」と繋がってると
自分が考えてるからかもしれません(; ̄∀ ̄)ゞ



直江兼続:「天地人」の主人公
 演じるのは妻夫木聡さん


上杉景勝:後の上杉家当主
 演じるのは北村一輝さん
 なんかスゴく暗~~~い景勝になりそうですが
 これはかなり楽しみですね。


お船:兼続の妻
 演じるのは常盤貴子さん
 妻夫木さんと夫婦って取り合わせがちょっと想像出来ないですかね。


初音:真田幸村の妹で忍
 演じるのは長澤まさみさん
 またしても架空の人物(笑)
 しかもまた前と似たよーな展開になるらしい(苦笑)


樋口惣右衛門:直江兼続の実の父
 演じるのは高嶋政伸さん
 そーゆー役柄を演じる年齢になったんですね。


お藤:直江兼続の実の母
 演じるのは田中美佐子さん


樋口与七:直江兼続の実の弟で後の大国実頼
 演じるのは小泉孝太郎さん


泉沢久秀:上杉景勝の家臣で兼続の小姓仲間
 演じるのは東幹久さん
 このドラマの脚本家が「どんと晴れ」やってた繋がりと言われてます。


上杉景虎:北条氏康の七男で上杉謙信の養子
 演じるのは玉山鉄二さん
 かなり悲劇の人物って感じになりそうですね。


華姫:景勝の妹で上杉景虎の妻
 演じるのは相武紗季さん
 相武さんは多分時代劇は初。相武さんって時代劇ってイメージじゃないですからね。
 しかもかなり難しい役ドコロ。

菊姫:武田信玄の六女で景勝の正室
 演じるのは比嘉愛未さん
 こちらのキャスティングもこのドラマの脚本家が「どんと晴れ」やってた繋がりと言われてます。


仙桃院:謙信の姉で景勝の母
 演じるのは高島礼子さん
 彼女ならばどんな弟であろうと勝てるかもしれません(笑) 


上杉謙信:越後の龍
 演じるのは阿部寛さん
 来年の阿部ちゃんの最期でしんみりしそうです(笑)
 自分の中ではまだGacktさんなんですけど(; ̄∀ ̄)ゞ

 Gacktが成長すると阿部ちゃんになるのかぁ。
 やっぱ想像出来んなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ



個人的には直江実綱をせめて西岡徳馬さんにやって欲しいかなぁ。
でもって第1次の出演者発表で女性のキャスティングが先に決まってるんですが
これって結局女性中心の視点で描かれる事が多くなるってとこなんでしょうかね。

女性の強さ、そして弱さ
その辺りを織り交ぜていく上で先に主要なキャストを押さえたそういう感じでしょうかね。


特に主人公の妻を演じる常盤さんがどのように見せてくれるのかってとこが
ポイントになるのかもしれませんね。

しかし、真田幸村の妹という架空の登場人物が決まってるのに
真田幸村が決まっていないってどーゆー事でしょうかね(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

タカシ
2008年06月05日 05:10
直江兼続は魚沼の出身という事で新聞等で大きく報道
されました。

個人的には愛という文字を飾った兜をつけた変わった武将
という印象しかないんですが。大丈夫でしょうかね?
知名度や魅力度など。序盤は新潟のロケとかもあって
観光にも期待されている模様。
ウィキとか見ると結構キツイ人物のようですよね。

脚本の小松さんは女性目線で書くみたい。まああんまり
大河を見る習慣はないんですが。
ikasama4
2008年06月05日 12:51
タカシ様
新潟がメインの大河という事で
ちょっと気になられますかね。

直江兼続は上杉景勝の右腕とも呼ばれる存在で
いつのまにか美形キャラとなって格闘ゲームにも
登場していますからね。

女性ファンが多いんだと思います。
それを妻夫木さんがやるのですからね(笑)

>ウィキとか見ると結構キツイ人物のようですよね。
その通りです(苦笑)
なので名将か凡庸なる将か
色々と意見が分かれたりもします。

彼が有名なのは関が原の件の部分で
それ以前の活躍とか謙信の死後、
上杉家はどのようになっていったのかという部分は
今まで描かれているドラマってなかなかなかったので
個人的には結構楽しみにしております。
SFurrow
2008年06月05日 21:45
妻夫木さんは、大河の主役にはまだちょっと若いのじゃないかなぁと懸念していましたが、今の宮崎あおいさんもなかなか頑張っているので、案外いけるかもしれないですね。
原作は文庫になってから読もうと思って未読ですが、「最後の大奥・天璋院篤姫と和宮」の著者、鈴木由紀子さんが「花に背いて」という兼続の妻の視点からの話を書いておられ、それを読む限り今回の女性キャストはなかなかイメージに合っているかも・・・という感じです。
>個人的には直江実綱をせめて西岡徳馬さんに
賛成! 直江夫人(お船の母)も気になります。あの「踊る管領様」も再登場してくれたら(笑)

直江兼続は、いわゆる「直江状」のあたりからはすごくかっこいいんだけど、成り上がりで直江家の養子に入り、御館の乱では影虎の幼い長男も殺してしまうなど、ダーク面もあるみたいで(まぁ養子を2人作ってちゃんと役割分担を言い残しておかなかった謙信が悪いと思いますが)・・・池波正太郎さんは「世間でいうほど直江兼続を評価しない」と、どこだったかで書いておられたような。
しかし良くも悪くも、「風林火山」の続編として見てしまうのは避けられませんね~
ikasama4
2008年06月06日 00:43
SFurrow様
自分は原作を読んでないので
どんな直江像かは分かりませんが
雰囲気から察するにかなり好青年って感じの
主人公になりそうですね。

>賛成! 直江夫人(お船の母)も気になります。あの「踊る管領様」も再登場してくれたら(笑)
いいですねぇ。御館の乱ではスゴイ最期をやってくれそうです(笑)

もし、直江兼続がそんなに優秀ならば
御館の乱後の恩賞問題で新発田重家が反乱を
起こしてしまう事態を防いでいたのではないかと思いますし
新発田重家の乱を鎮圧したのが本能寺の変から
6年もかかってしまったってとこも彼の戦い振りが
どんなものだったのかを感じさせます。

どちらかというと文官タイプの将だったのかもしれませんね。

>池波正太郎さんは「世間でいうほど直江兼続を評価しない」と、どこだったかで書いておられたような。
ちょっと調べたところ「真田太平記」ではないかと言われています。

まぁ個人的に関が原に至るまでの上杉家の凋落が
如何なるものだったのかが気になるので多分しっかり
見ると思います(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック