ラスト・フレンズ 最終話

泣き崩れる美知留
彼は二度と目を覚まさない

彼の側に彼が遺した手紙があった。
さよなら、美知留

君を自由にしてあげるよ。
生きている限り僕は君を縛ってしまう。

君を自由にしてあげるにはこの心臓を止めるしかない。

君の全てになりたかった。

君の照らす光の全て、喜びの全てでありたかったんだ。

どこまでもいつまでも
僕は君とひとつでいたかった。

でも、君は僕のいない世界で幸せを見つけてしまったんだね。

だから僕はいくよ。

せめてまだ君のぬくもりがこの手に残っているうちに。


君とひとつになれた事をこの身体が覚えているうちに


ごめんね。君の笑顔が大好きだったのに

ごめんね。合わせてあげられなくて

ごめんね。愛し方がわからなくて

ごめんね。君を幸せにできなくて

さよなら。美知留。

幸せにね。







その頃、瑠可はモトクロスバイクの関東大会で見事優勝を果たした。

そこでマスコミからインタビューを受けた。

「ひとつだけ
最近週刊誌で色々取り沙汰されております。
真偽の程を知りたいと思う皆さんも多いと思うのですが」


ふと両親の方に目をやると
両親は瑠可に笑いかけてくれた。


瑠可は臆することなく語った。

モトクロスは実力さえあれば
女子であっても男子と同じ条件で
同じフィールドに立って戦える数少ないスポーツです。

私は誇りをもっています。

何を詮索されようとこの思いは揺るぎません。

家族に支えられ友人に支えられて生きてきました。

女でもなく男でもなく
一人の人間として私を愛し応援してくれました。

その事を今日、最高に嬉しく誇らしく思います。

他に申し上げるべき事は他にありません。




この時点でドラマとしては
もうキレイなまとめ方って感じになってます(笑)


まず、この時点で
瑠可達はソースケの自殺を知ります。

そこで瑠可やエリは複雑な思いにかられる訳ですが

ここでオグリンがビシッと決めます。

自分が悪い事に気付いたからって
自殺じゃ何の解決も出来ないのに





さて、いきなり突然ですがこんな表をば。






これを年齢別の円グラフにすると





これを男女別の円グラフにすると






この数値は
警察庁で昨日発表になった平成19年での自殺者の数です。

詳しい内容はこちら↓
http://www.npa.go.jp/toukei/chiiki10/h19_zisatsu.pdf

交通事故の死亡者数↓
http://www.npa.go.jp/toukei/koutuu45/20080107_1.pdf

こちらと比べると自殺者の数が伸びているのがわかります。


これはこれでちょっと気が滅入ります。


交通事故を防ぐには
罰則や車の性能の強化とか色々な施策の効果があるみたいですが

自殺を防ぐには
自殺をしようとする人の心という目に見えないものと
向き合わなければならないため

また、最近はそれぞれが抱える原因も単一的ではなく
様々な要因があるために

簡単にはいかない現状があります。

何しろ、何でもかんでも自分で抱え込んで
自分で何とかしようとして自分で結論を出してしまう。


その前に何故相談してくれなかったのか。


心配はかけたくなかった。


それならば、全く自分と関係のない
第三者であれば余計な気兼ねをする事なく話す事が出来たのでは


って思う事があります。


さて、ドラマの方に話を戻して(;・∀・)ゞ







そしてオグリンは海外に転勤が決まった。


シェアハウスを出ていくオグリン。

「エリさん、ごめんね。」



ごめんねなんて言わないで。
ごめんねなんて失礼だよ。
言ってよ、ありがとうって。


そして、オグリンは出ていった。



でも、数日後
エリの前に真っ赤なバラの花束を持ったオグリンがいた。



小倉友彦
一世一代の決断をしてまいりました。
あなたが忘れられませんでした(>Д<)∩


次のシーンで
即結婚ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ




奥さんのとこに戻るってのは
奥さんとケジメをつけるって事でよかったのかなぁ(;・∀・)ゞ






そして、かつて夜逃げした場所―――銚子で
住み込みで働く美知留に妊娠が発覚 (゚д゚ノ)ノ


「子供ってめんどくさくて生きていく上で足枷になる。」
そう言う母に美知留は噛み付いた。

私の事もそう思ってたの?

私はずっとそう思ってきた。

だから早く大人になりたかった。
早く家を出たかった。

私はこの子がいれば頑張れるって思うの!

私はお母さんみたいにならないよ!



母は呟いた。
「あんたと同じ事、思った。あんたと二人なら頑張れるって思った。」


で、結局
美知留にはそんな風に思われてしまう訳なんですがね。

年月は人を変えてしまう訳で
美知留の母は今まで美知留と共にしてきた経験があるから
美知留のためを思っての言葉なんでしょうね。

美知留が反抗した時
全く否定しなかったってのが全てを物語っています。




そして、物語は

美知留を探して「いざ、銚子」って事で(笑)



その日、野宿をする事にした瑠可とタケル

瑠可はふと思う。

長年連れ添った夫婦って
男でも女でもなくなって
何でも打ち明けられる親友になるって



今がそんな感じって思う瑠可。


そしてタケルは自分が抱えた秘密を語りだす。

姉がいるって話したっけ。
いるんだ、十歳年の離れた姉が。
血は繋がってないんだけどね。
親が再婚同士で

父親が―――俺の父親が物凄く怒りっぽくて
姉も色々ストレスがたまっていたんだと思う。

母親が大人しい人で。
「何を言われてもたてつくな」って
姉の事を押さえつけてた。

だから、姉は俺を見方にしようとしたんだ。

絶対に裏切らない小さな味方。

つまり、姉は俺をさぁ―――――。



言わなくていいよ。


姉を裏切れないって最初は思った。
それから、父親と母親を悲しませたくないって。

悪いのは全部自分だと思い込んで
誰にも言えずに

だから、女の人の身体が怖くなるんだ。
そういう場になると。

俺、最低だよな。
一生まともな恋愛なんて出来ない。
女の人を幸せにする事も―――――。



出来るよ、タケルは。
タケルは女を幸せに出来る男だよ。
それは私が一番よく知ってる。



そっと瑠可はタケルの肩を抱く。

それだけでタケルは救われた気持ちになった。




そーしてナンダカンダあって
あの如何にも死亡フラグが立ってますと言わんばかりのバイク事故は(つ´∀`)つおいといて


美知留と出会ったタケルと瑠可。


で、この時間の流れが全く分からんのやけど

これって8~10ヶ月経ってるって事でいいのかなぁ(笑)





そして自分の今の心境を吐露する美知留。

ソースケは私のために死んだんだよ。
幸せになんかなれないじゃない。

そのとき、お腹に赤ちゃんがいるってわかったの。

一人じゃないんだって思ったら涙が出た。
彼に許された気がした。

これから先も生きてていいんだって。




そうだよ。これからの人生は
誰のものでもない。

全部、美知留のものだよ。
私はあんたの彼があんたにした事、許せない。

死に方も含めて卑怯だと思う。

でも、お腹の赤ちゃんは美知留の赤ちゃんだよ。

誰とどうやって生きていこうと美知留の自由だよ。

でも、私は美知留と生きていきたい。

お腹の赤ちゃんのパパになれなくても
頼れる先輩として側にいてあげたい。



俺も一緒に育てるよ。

一人よりも二人

二人よりも三人の方がいいでしょ。

赤ちゃんもいれたら四人だね。



自分のせいで自分の身近な人が命を落とす
これって相当堪えます。

ホント、自分はこのまま生きていていいのかってくらいに。

でも、彼女の中に新たな命が宿った事を知った時
美知留は生きる道を見つけたって事なんでしょう。



そして、またすったもんだがあって(苦笑)

美知留はどうも高血圧合併妊娠

所謂、妊娠中毒の症状のひとつらしいです。

それで危険な状態に彷徨う訳です。


その時、自分は


死んじゃえばソースケの元にいけるよ


とドラマだからという事でこーんな事考えてました(;・∀・)ゞ


そして遺された子供を
瑠可とタケルが二人で育てると。


そーゆー展開の方がいいんじゃないのってね。


生まれた赤ん坊を抱きかかえる瑠可。
瑠可はその子に語りかけた。


世の中って悪くないよ。

これから素敵な事がいっぱいある。

きっとある。



エリ、オグリン

お元気ですか――――。

赤ちゃんの名前を決めました。
「瑠美」って

瑠可の「瑠」
美知留の「美」をとって

ちなみに「る」にはタケルの「ル」も入ってます。

家族・友達・恋人

そのどれかであるようで
どれでもない私達だけど
壊れ易いこの幸せを大事にして
いけるとこまでいこうと思ってます。

これからもずっと友達でいよう。

できればずっと別れずにいよう。

何かがあって別れてもいつか出会って笑い会おう。

My Dear Friends.

You are Last Friends.





そしてシェアハウスには

いつもの五人に六人目の仲間が加わっていた―――――。




とりあえず見終わった後の率直な感想としては


悲劇を起こすなら起こせや
(゚Д゚)!!!

思わせぶりな事しといて結局何もなしかい
(゚Д゚)!!!

ドSの先輩とタケルのネェちゃんは
出てこず仕舞(゚Д゚≡゚Д゚)?


そんな感じです(; ̄∀ ̄)ゞ




改めてこの作品は

瑠可を演じる上野樹里さん
タケルを演じる瑛太さん
ソースケを演じる錦戸さん


この三人がこのドラマの主軸になっていました。


ドラマのテンポもさることながら



それぞれが抱える問題は極端なものではありましたが
その問題に対して思う心境は

正しく今の若者が悩む姿そのものなのかもしれません。


それをこの三人が
それぞれが抱える葛藤を上手く演じていました。


だから長澤さんの演技でも問題なかったかと(苦笑)





なんか、このドラマは(視聴率が)意外な程に好調という事で
巷の噂では映画化の話もあるらしいですね。

映画かぁ。

となると長澤さんの演技では少々不安要素が多いです。
(特に今回のシーンを見て)


やっぱ、あの出産シーンで天国に召された方が
映画をするのならば瑛太&上野さんでよりしまった
作品になったのかもしれませんがね(苦笑)


だから、最後の写真は美知留がいなくなって
五人目を瑠可とタケルが抱いてる姿で十分だったと。


もしかしたら映画の噂が本当かという前提で考えたら
映画化の話が出る前はソースケ以外に誰かが死んでるって設定だったのかもしれません。

が、映画化が決まったことで
事務所の意向で「誰も死なない」って設定になったのかもしれません。

とっても穿った見方ですけど(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月20日 01:08
>悲劇を起こすなら起こせや(゚Д゚)!!!
思わせぶりな事しといて結局何もなしかい(゚Д゚)!!!

お気持ち分かります(-_-)
フラグだけは、いっぱい立ってたからね。

私は瑠可とタケルが幸せならば、それでいい。。。。
このドラマは2人のドラマだ。
そして、あの子は2人の子供だ。
ラストの独白は、瑠可の独白だ。
(でも、なぜか英語の2行は要らね)

そういう妄想と共に、この先、生きて参ります。

映画化、要らね。
2008年06月20日 01:19
こんばんは。

アハハハ!円グラフで遊んでますね(あっ、本気ですよね・汗)
来週はイラストで暴れますか?(笑)
う~~~ん、すべては宗佑の自殺で終わったなぁ。。
最終回、宗佑なき後。。。刺激を求めてさまよった私(笑)
でも、トラック事故はうちの母親も「何だったんだ」とぶーたれてました。
まあ、きれいに終わらせたって感じですね。
やっぱこのドラマを面白くさせてたのは、ホラーの神様・宗佑ちゃん♪
でもね、私はこのドラマすごく好きだったんだけど。。。
みのむし
2008年06月20日 09:03
せめてタケルの場面はちゃんとやってほしかったな。
ってすごく思いました。
要所要所はちゃんと抑えてましたけどね。
2008年06月20日 10:26
>死んじゃえばソースケの元にいけるよ
ぷぷぷ・・・そうですよね。
私もみちるが死んで、タケルと二人で育てていけばいいのに・・とか思っちゃいました。
やっぱり長澤さんにはこの役は荷が重かったんじゃないでしょうか・・・
幸うす感だけは出てましたが、繊細な感情表現とかになると
かなりきつかった印象が・・
>悲劇を起こすなら起こせや(゚Д゚)!!!
これね、まじめ~に真剣に見てる人はみんなそう思ったと思いますよ~(笑
いいかげんにしろ~!って感じでしたも・・
2008年06月20日 11:20
拡大版の最終回。何が起こるかめっちゃ緊張して
テレビの前に座ったのに・・・
ほぇ~???てな感じであっけなく
終わってしまいましたわ~。
何もかもが美知留の都合のいいように事が進んだという点では
やはり美知留がヒロインだったんだ~とは思うんですけど
何だかなぁ(笑)。
自殺者の数・・・意外にも年配層の数字がすごくて
びっくりデス!!!
未来への希望が持てなくなっちゃいそう…(泣
2008年06月20日 13:42
ikasama先生、これは卓袱台ですよねえ!
私も狐につままれ狸にばかされたような変な印象でした。
ハッピーエンドはいいとしても全員無傷なんてそんな・・・
映画化があるの?だから宗旨替えしたということですか。
タケルと玲名先輩のエピは未だによくわかりませぬ。
2008年06月20日 16:31
なんだかあまりにもあっけなかったですね。
ちょっと思ってたのと違ってました。
でもタケルのエピソードはちゃんと
描いてほしかったなぁ。
あと宗佑もね。どうしてそうなったのか
やっぱり回想シーンとかあると宗佑も
そんなに悪いやつだけでは終わらなかったような
気がするなぁ。
2008年06月21日 00:43
な~るほど、映画の話で! ←納得って感じです。
「あの如何にも死亡フラグが立ってますと言わんばかりのバイク事故は(つ´∀`)つおいといて」 そうそう、そう思いましたし。ミチルの妊娠発覚の時も、母子危険有りフラグ立ててましたし^^;

第一話のミチル海辺場面で、私、ソースケ&ルカは死んだ!って勝手に思ってその後の展開見てましたから^^;
ikasama4
2008年06月21日 19:47
くう様
前回までは本当に良かったんですけどねぇ。

この回で
思わせぶりな展開を出しといて
全部なし崩しですからねぇ。

>私は瑠可とタケルが幸せならば、それでいい。。。。
その点については全く同感です。

たしかに最後のナレーションは
タケルとのシーンも考えたら
瑠可の方が良かったですかね。

>映画化、要らね。
その点についても全く同感です(苦笑)
ikasama4
2008年06月21日 19:48
アンナ様
こんばんはです。
>アハハハ!円グラフで遊んでますね(あっ、本気ですよね・汗)
まぁ本気半分遊び半分って感じですかね(; ̄∀ ̄)ゞ

なんだかソースケが亡くなった事で
全てが終わってしまったような。

ちなみに自分も刺激探しをしてました(; ̄∀ ̄)ゞ

たしかにキレイには終わらせてくれましたが
最後がどうしても残念でなりませんですヽ(;´Д`)ノ
ikasama4
2008年06月21日 19:48
みのむし様
タケルのシーンは
今まで描いてこなかったので
とってつけみたいな感じになりはしましたが
たしかに要所要所のポイントは押さえてましたからね。

ただ、今までの出来が良かっただけにねぇって感じです。
ikasama4
2008年06月21日 19:48
きこり様
まさかバイクの事故が病院で
美知留と会わせるためだけの演出だとはね(笑)

>私もみちるが死んで、タケルと二人で育てていけばいいのに・・とか思っちゃいました。
そうすれば、あの海のシーンもまた違った感じになったでしょうに
それにあの海のシーンって
かつてあったドラマ「素顔のままで」を
なんとなく彷彿とさせる感じもあったりして。

>やっぱり長澤さんにはこの役は荷が重かったんじゃないでしょうか・・・
でも、この作品が面白かったって事は
美知留の役は誰がやっても良かったって事ですかね

そーなるとスザンヌでもよかったのかもしれません(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年06月21日 19:48
まこ様
>ほぇ~???てな感じであっけなく
>終わってしまいましたわ~。
そこまでフッておいて
「はい(゚Д゚)?(杉下右京風)」って感じでしたからねぇ。

なんだか美知留を中心に世界が回っている感じもイマイチ(苦笑)

毎年自殺者の数は3万人以上らしいです。
要は心の持ち様です。

自分を支えてくれる人
自分を大切にしてくれる人の存在を認識していれば
こんな事にはならないと思いますよ・・・多分(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年06月21日 19:49
エリ様
最終回前までの流れがかなり良かっただけに
最終回がこれですからね。
今までが今までだけに
あまりにも出来すぎなくらいキレイ過ぎます。

卓袱台を持ち上げて思わず割ってしまった心境です(; ̄∀ ̄)

映画化に関しては正直勘弁して欲しいですね。
どーせやるのであれば
私はまだ「のだめ」がいいです(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年06月21日 19:49
みのむし様
再びどうもです。
たしかにタケルの部分は最後って事で
急ごしらえって感じもしました。

お姉さんの登場はもうナシ?ってくらい拍子抜け

そうそう、個人的にはもう少しソースケの心境も
あってもよかったかなって思うんですよね。

>やっぱり回想シーンとかあると宗佑も
>そんなに悪いやつだけでは終わらなかったような
>気がするなぁ。
たしかにそれはあると思いますね。
ikasama4
2008年06月21日 19:49
にゃんこ様
もし映画化が事実ならば
主要キャストは次回に持ち越したいって
とこもあったのかもしれませんからね。

ただ、どっちにしても
自分は映画化されても別にみないです(苦笑)

>第一話のミチル海辺場面で、私、ソースケ&ルカは死んだ!って勝手に思ってその後の展開見てましたから^^;
多分、みんな結構そう思いながら見てたと思います

ちなみに私はそれが本命(; ̄∀ ̄)ゞ
2008年06月21日 21:22
最後はやたら「友達」とか「フレンズ」とかを
強調してましたね。。
ドラマタイトルを無理やり言わされてた感じ(笑)
え。このドラマに映画化の話???
まじですかー?!
でも一番話を盛り上げていた宗佑が
いなくなったので
なんか物足らないかも・・^^;
2008年06月22日 00:33
美知留ちゃんは、全く成長していなくて、長沢さんの演技も・・・・と言う感じは拭えないです~。

上野さん、瑛太さん、錦戸さんは、本当に上手でした。
来週の特別編、楽しみです。
2008年06月22日 12:14
コメントレスです♪
>・・・さんの喝舌・・
ぶははは~。昨日、一昨日爆睡のうえ、PERFUME動画に現実逃避していた矢先、
喝舌の悪いかしゆかが「バスガス爆発・・」をスラスラ言えていたものを発見。練習しても・・なのか、持って生まれたもの・・なのか・・。
倍率ドン、さらに倍、で、深キョンなぞ如何でしょうか・・。
ikasama4
2008年06月22日 13:31
ろーじー様
タケルと瑠可の会話から
最後には友達になっていくって事で
「ラスト・フレンズ」になってくって事なんでしょう。

それがあってのこのタイトルなんで
どーしても強調したかったって事でどーでしょう(笑)

>でも一番話を盛り上げていた宗佑が
>いなくなったので
>なんか物足らないかも・・^^;
ですね( ̄ー ̄)
ikasama4
2008年06月22日 13:31
芯様
>美知留ちゃんは、全く成長していなくて、長沢さんの演技も・・・・と言う感じは拭えないです~。
第1話、2話辺りは良かったと思うんですよね。
ただ、その先から美知留を悲劇のヒロインにした辺りの
とこから仰るように成長が止まってしまいました(苦笑)

とりあえず特別編は一歩引いた感じで
見る事にします(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年06月22日 13:32
シャブリ様
どうもです。
もしかしたら歌手という事でそーゆー滑舌とか
結構個人的に気にされてるのかもしれませんね。

>倍率ドン、さらに倍、で、深キョンなぞ如何でしょうか・・。
初主演の頃の深キョンならば(苦笑)
後はスザンヌとかでもいっかなぁと(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • ラスト・フレンズ 最終回

    Excerpt: 宗佑が自殺してしまったら。。。。普通のドラマになっちゃった(苦笑) もう、冒頭から炭酸の抜けたコーラ状態の私。いかに宗佑の存在がこのドラマを面白くしていたか(苦笑)穏やかで平和なラストシーンが逆に、.. Weblog: アンナdiary racked: 2008-06-20 00:52
  • 【ラスト・フレンズ】第11話 最終回

    Excerpt: モトクロスは、実力さえあれば女子であっても男子と同じフィールドで戦える数少ないスポーツです。私は選手として優勝できたことに誇りを持っています。影で人に何て言われようと中傷されようと、この思いは揺らぎま.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-06-20 01:11
  • ラスト・フレンズ 第11話(最終話)

    Excerpt: ラスト・フレンズ 第11話(最終話) フジテレビ 2008/06/19 22:00~  (15分拡大) 「未来へ」     ★はじめに    ※これは仮記事です。あらすじ。早配役などは.. Weblog: シャブリの気になったもの racked: 2008-06-20 01:19
  • ラスト・フレンズ 最終話

    Excerpt: そ、宗佑…けっこう呆気なく逝ってしまいましたね… 美知留への遺書を残して。 “生きている限り、縛ってしまうから…” “君の全てになり... Weblog: 日々緩々。 racked: 2008-06-20 01:24
  • 「ラストフレンズ」(最終回)

    Excerpt: 美知留(長澤まさみ)は、自ら命を絶った宗佑(錦戸亮)の遺書を見つける。同じ頃、瑠可(上野樹里)はモトクロス全日本選手権関東大会で優勝し、記者会見に臨んでいた。翌日シェアハウスに美知留を探していると言う.. Weblog: ブラトラっち! racked: 2008-06-20 01:34
  • こうして私は欲しいものを手にいれた。(上野樹里)

    Excerpt: 衝撃の最終回だったな。・・・とこがじゃ・・・と思う人は妄想してみてください。 生 Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-06-20 01:55
  • フジテレビ「ラスト・フレンズ」第11話(最終回):未来へ

    Excerpt: 宗佑は、自ら死を選ぶ=死なせる展開ではなく、たとえ犯罪者となって無様な姿をさらしてでも、生き続けるべきだった=そういう展開のほうが好ましかったと思います。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2008-06-20 02:03
  • 「ラストフレンズ」(最終回)

    Excerpt: 美知留(長澤まさみ)は、自ら命を絶った宗佑(錦戸亮)の遺書を見つける。同じ頃、瑠可(上野樹里)はモトクロス全日本選手権関東大会で優勝し、記者会見に臨んでいた。翌日シェアハウスに美知留を探していると言う.. Weblog: ブラトラっち! racked: 2008-06-20 02:29
  • 「ラスト・フレンズ」最終回

    Excerpt:  『美知留、さよなら、美知留。 君を自由にしてあげるよ。 生きてる限り僕は君をしばってしまう。 だから、君に自由をあげるには、この心臓を止めるしかない。  僕は、君の全てになりたかった。 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-06-20 06:53
  • ラスト・フレンズ 最終回

    Excerpt: あら~。なんか平和に終わってしまったわ。笑。 いや。最後までドロドロを願っていたわけではないけど、 正直、シェアハウスに戻ってみんなで一緒に生活っていうのは どうなのかな?って思ったりした。 .. Weblog: Simple*Life racked: 2008-06-20 09:04
  • ラスト・フレンズ 最終回:未来へ

    Excerpt: 終わった・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ 初回から、思わせ振りな美知留の回想シーンを入れてきたり、 ここ2話の衝撃の展開を見せられてたもんで、まさかこんなに穏やかな ラストになるとは思ってませんでしたわ~{.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-06-20 09:27
  • ラスト・フレンズ 最終話 ★インテリア照明特集号★

    Excerpt: 【ラスト・フレンズ】 最終話を終え、これまで使われたインテリア照明を、集めました!! どれもお洒落で、しかも結構お手軽価格♪ 人気順... Weblog: リノベーション&ライティング racked: 2008-06-20 14:27
  • ラスト・フレンズ 第11話(最終回)

    Excerpt: ちょっとちょっと、タケルのあの説明で分かった人います?さっぱり意味不明でしたよね? Weblog: エリのささやき racked: 2008-06-20 14:37
  • 『ラストフレンズ』 最終回

    Excerpt: こんなラストでも…我が家では大爆笑だったんです。理由は後ほど。。。宗佑は蘇ることなく死んでしまいました…泣き崩れる美知留。。。って泣く前に119番!遺書を読むシーンから始まったのはテンション下がりまし.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2008-06-20 17:02
  • 『ラストフレンズ』 最終回

    Excerpt: こんなラストでも…我が家では大爆笑だったんです。理由は後ほど。。。宗佑は蘇ることなく死んでしまいました…泣き崩れる美知留。。。って泣く前に119番!遺書を読むシーンから始まったのはテンション下がりまし.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2008-06-20 17:03
  • ラスト・フレンズ (最終回)

    Excerpt: 昨日は毎週木曜よる10時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『ラスト・フレンズ』の第11話(最終回)が放送されました。 ●第11話(最終回)のネタバレありのあらすじを絡めた感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-06-20 17:07
  • ラスト・フレンズ 最終話「未来へ」あらすじ

    Excerpt: ラスト・フレンズ  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 美知留(長澤まさみ)は、自ら命を絶った宗佑(錦戸亮)の遺書を見つける。... Weblog: テレビドラマレビューブログ:ドラマニア racked: 2008-06-20 20:09
  • 『ラスト・フレンズ』第11話(最終回)

    Excerpt: 衝撃的ってわりには、エピローグ的な最終回だったな。。宗佑は死にました。瑠可は大会で優勝しました。美智留は1人、銚子に行き、旅館の手伝いをしながら。。エリとオグリンは結婚しました。シェアハウスには瑠可と.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-06-20 22:07
  • ラスト・フレンズ

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-06-21 10:34
  • ラスト・フレンズ ・第11話(最終話)

    Excerpt: ラストフレンズ ・第11話(最終話)。 予告にあった、結婚式シーンはエリーとオグリンでした。 オグリン絶対尻に�... Weblog: めざせ生活向上! racked: 2008-06-21 20:59
  • 「ラスト・フレンズ最終回」

    Excerpt: う~ん、そういう終わり方ですか~~~~。美知留ちゃんは子供を産んでも結局精神的にも経済的にも自立しなかったんですね。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2008-06-22 00:38