ホカベン 第9話

WOWOWで「パンドラ」ってドラマがありました。
簡単に内容を説明すると
『ある一人の医者が全てのガンを治す特効薬を開発した。』
というifな展開が起きた時
それは今までの医療体系も保険制度も国家をも揺るがす事態となっていく。
そんなifな感じの物語だったんですが

このドラマでは
『弁護士が弁護士を訴える』
そんなifな展開が起きた時、何が起こるのだろうか
それが今回、最終回へと繋がる物語だそうです。


とりあえず率直な感想としては






何だかなぁって感じです(; ̄∀ ̄)ゞ








最後の方で富田が出てきましたが何かとってつけみたいな感じだし
今回、富田は鈴木さん側の証人として出るという話なんだけど

それっていつ発表されたの?ってなくらい唐突な感じだし
(一応前々回辺りでそれらしいフリはあったんですけど)


不破先生の暴走を止めるために

「手段を問わず」の結果がアレだし(; ̄∀ ̄)

法律を武器とする弁護士という者が
なんか簡単に暴力を使う安直さにどうかなって感じなんですけどね。

もう少し不破先生の性格とかを描いていたら
暴力を使うしかなかった部分も見せれたのではないかなって
気もするんですけどネェ。


こーゆーのは2時間のサスペンスドラマでやるのが
ちょうどいいような(苦笑)


「弁護士が弁護士を訴える。」


例えばストーカーにOLが殺された事件。
この原因を作ったのはOLが警察にストーカーの相談をしたのに
真面目に取り合ってくれなかった。

そして事件は起きたのに職務を怠慢した警官は罪に問われなかった。


強姦致傷を犯した犯人の執行猶予を勝ち取った弁護士。
彼はとても優秀だった。

その後、その犯人は再び罪を犯した。
しかし弁護士が罪に問われる事はない。


これで訴えられた弁護士が負けた時。


職務怠慢な警官
冤罪を起こす検事
平気でトンチンカンな判決を出す裁判官
自分の利益しか考えない強欲な弁護士



これによって彼らを罪に問う事が出来るのかもしれない。



『自らが原因になって引き起こした犯罪ならば法によって裁かれるべき。』



つまり、これによって現在の社会が抱える弊害を
解決できるかもしれないという思いが杉崎にはあったって事ですね。


そして、7年前
それまでの私は被害者も被害者の家族も
どうでもいいと思っていた。

被害者達が背負うものを何か見てなかった。
彼らは単なる駒でしかなかった。

そして、ようやく気付いた。

弁護士として向き合ってきた相手もまた人間なんだと。


それと共に何よりも杉崎は自分が原因で
被害者が死んでしまった事で己の罪を償いたいと思っていたって事ですね。




しかし、問題は2つ。


1.現在の状態に浸っている守旧派による抵抗
これによって弁護士のみならず、今まで権力を握っていた人達の
構図が逆転してしまうとこが大きいですからね。
となれば、その権力の構図を守るために色んな事をしてくるんでしょうね。
もちろん「どんな手を使ってでも」





2.一長一短
世の中ってひとつ便利なものが出来ると
それによって予想外の弊害が生まれてきます。

例えば電話ひとつをとってみても
ちょいと昔なら電話はひとつだったので
みんなで交替で電話を使うような感じになり
そこで家族の会話が自然に生まれていたのですが

メールの出来る携帯電話によって一人一台電話が持てるようになって
自由に自分の好きな時に連絡が出来る便利さが生まれるけど
それはすなわち、「いつメールの連絡が来てもおかしくない」という状況を生み
常に携帯をチェックしなければならないという状態を生み
携帯と接する時間が増えることで家族との会話の時間も減らしてしまう事で
浅く広い繋がりでしか人と繋がれないような状況を生み出す可能性もあります。

それにメール=インターネットによって色んな人と付き合える事が出来ますが
その人が向き合っているのは目の前の人物ではなくて、その人物が書いたであろう文であって
そのうちに人と関わる術すら失ってしまうかもしれない。


ドラマが可能性の話をしてるので
こちらもあくまで可能性の話です(; ̄∀ ̄)ゞ

妙な喩えをしてみましたが、
仮に杉崎の言ったような弊害が解消されるかもしれませんが
それはまた新たな弊害を生み出す訳で。

もちろん、それは医者や弁護士における弊害に限らず
彼らの顧客である自分達も弊害を受ける事でしょう。

そうなれば、何を以って「弱者救済」とするのか
その定義も怪しいものになってきます。





それから倉木は何かと工藤先生に絡んでる展開がありましたが

結局の真相は杉崎の今カノになった倉木が
杉崎の元カノに「杉崎は自分のモノ」
「あんたはあちら側の人間。私はこちら側の人間なのよ。」って
優越感に浸って自慢してるってとこでした(笑)




それにしても、法律事務所が
己の権力のために「どんな手もいとわない」とはね。

これって弁護士=悪人って事を宣言してるって事なんでしょうかね(苦笑)

それって多少どーかなって感じもしますけど。



それ以上に
杉崎と彼がいたエムザ法律事務所が訴えられたって事で

堂本は杉崎を守りたいという思いで
杉崎側の訴訟代理人になろうとしていたのに

不破が刺されて再起不能になったって事で
(現時点ではまだ不明だけどドラマの展開上絶対そうなる)

エムザ法律事務所を裏切って
杉崎を訴える側の弁護人になるという展開がどうも気に入らないです(苦笑)



それって人としての倫理を問うてる割りには
倫理的にどーなのよって。


これって原作通りなんでしょうかね。


オリジナルならば、なんかこのグズグズになってきた展開も
このドラマの作りならばある意味、納得です(苦笑)



なんか、最終回を前にして
ちょっとどーでもよくなった感がありますが(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえず最後まで見守っていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月12日 12:35
あれ?やっぱり倉木は今カノでしたか?
何か二人に通うものはあると睨んだのですが、
あっさり否定してませんでした?
どうもよくわかりません。
でもあの部屋にいたことが証明かしら。
今週はこの件だけで見所は終わった気がします^^;
2008年06月12日 14:51
いや~殺し屋(刺しただけだけど)やとっちゃダメでしょ~!
ホント、土サスじゃないんだからって感じですよ。
倉木も有給とって何がしたかったんだか・・・
彼の側にいたかっただけ~?
何か、女房気取りはちょっとなぁ・・(笑
何か、もっとシンプルに描いたらいいと思うんだけど、いったいこの脚本家は何を一番に描きたかったんでしょうね?
ikasama4
2008年06月12日 21:32
エリ様
とりあえず、杉崎が倉木に泣きすがった時から
今カノになったと思われます。

とりあえず今回の見所は
ここだと私もそんな気がします(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2008年06月12日 21:33
きこり様
なんだか法を武器にする方々が
一番嫌う暴力に頼るなんて
なんとも滑稽な事ですし
何よりこのドラマでそれを描く
必要性はなかったかと思います。

>いったいこの脚本家は何を一番に描きたかったんでしょうね?
ひとつは自分に酔っているのかって可能性があります。
もひとつはプロデューサーに言われて泣く泣く
作り上げた結果がこれって可能性があります(苦笑)

この記事へのトラックバック

  • 【サスペンス】についてブログや通販での検索結果から見ると…

    Excerpt: サスペンス をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… Weblog: 気になるワードを詳しく検索! racked: 2008-06-12 02:38
  • 夕暮れの街の中・・・私は迷子になりそう。(上戸彩)

    Excerpt: ・・・フィナーレの前編である。 前回から今回の間に・・・秋葉原・日曜日の惨劇があ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-06-12 10:02
  • ホカベン 第9話

    Excerpt: いよいよ最終章。これまで引っ張ってきた富田ダイスケの件と杉崎が本舞台に。待ってたよぉ。 Weblog: エリのささやき racked: 2008-06-12 12:38
  • 「ホカベン」第9回

    Excerpt:  「堂本!もし不和先生が再起不能の場合は、お前が鈴木政恵さんの代理人をやれ」杉崎  杉崎(北村一輝)は自分の弁護士免許を賭けて、世の中に訴えかけようとしていた。 「職務怠慢な警官、冤罪を起こす.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-06-12 15:12
  • 「ホカベン」第9回

    Excerpt:  「堂本!もし不和先生が再起不能の場合は、お前が鈴木政恵さんの代理人をやれ」杉崎  杉崎(北村一輝)は自分の弁護士免許を賭けて、世の中に訴えかけようとしていた。 「職務怠慢な警官、冤罪を起こす.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-06-12 15:13
  • ラストフレンズ 十話

    Excerpt: 瑠可・・・助かった。よかった。 でも瑠可にとってはすごくすごくつらいことだった。 所詮男の力には遠く及ばないってことを知ってしまったから さらに追い打ちをかけるように、美知留にも瑠可の本当の.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-06-13 16:34