篤姫 第20話 「婚礼の夜」

なんでしょうねぇ。
今回のポイントは大体大奥での御台所の生活が焦点になっていましたね。

1日に何度もお召し替えするってのは前回もありましたが

御台所になると
ご先祖様の位牌に手を合わせる決まりがあったり

寝室では
将軍様とその相手の女性がなんとかかんとかしている中

それをしっかり聞いている役目の者がいたりと色々と
大奥ではある訳です。

ちなみにどうして寝室にあのような役目を立てるかについては
将軍様に女性が悪い話とかを吹き込んでいないかどうか
監視するためのようなとこがあったみたいで。

今回の場合
御台様と将軍様との夜の経緯に関しては
家定の母・本寿院と幾島に知れ渡ったという事で
そういう仕組みになっているって事なんでしょうね。




それから
今回のポイントのひとつは篤姫の初体験













とりあえず、そーゆー事については







一所懸命勉強中(笑)





まぁそんなトコロの経緯に突っ込むのは野暮なんで(; ̄∀ ̄)ゞ

そこで面白かったのは御伽噺の途中で寝てしまう篤姫に


え~~~~~~~~~~~~~!!!

と驚く将軍様と



三回目の結婚をする家定が

初めての結婚をする篤姫に対して

「疲れるぞぉ」とぼやく将軍様(笑)




で、篤姫の思いは
突飛な行動を取る家定の真意に向かうってとこで。


幾島が言ってたような「無邪気な性格」ではなく

うつけではないかと疑う訳ですね。



御台様
実は私、以前から存じておりました。
公方様がうつけではないかとの噂の事に。



父上様は


ご存じでした。


それを承知の上での縁組だったか。

ただ、父上様はこうも仰っておりました。

『世間で言われるような暗愚とはどうも思えんのじゃ。』



その言葉、信じてよいのか。


もちろんでございます。



そして、篤姫は家定様が本当にうつけかどうか
実際に接してみて調査しようとする訳ですね。



一緒にアヒルを捕まえに(笑)





そこでバランスを崩してこけそうになった時



あの瞬間





家定が山南さんに見えました( ̄ー ̄)b



家定様の事が知りたくてたまらない


そんな感じみたいですね。



後は幾島と滝山はどうも相性が悪いみたいです(苦笑)




それから政治的なお話でいくと
開国派である斉彬ら外様大名が日本を開国して
諸外国に負けない国作りをするために
強い後ろ盾となるのが老中・阿部正弘












そこで今後の鍵を握りそうな人物が現在の老中首座・堀田正睦







ちょっと頼りないみたいですけどね(苦笑)


古い石頭の譜代大名と島津とかは言ってましたが
石頭という事では水戸殿もその部類に入るような気がするんですけど(; ̄∀ ̄)





とりあえずドラマはしばらくはこういった
ホームドラマのような状況が続くみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月18日 23:43
私も~♪あの場面の上様は山南さんに見えましたよ~(*^.^*)
でも、予告や番宣で散々見せられたから、ドキドキ度が足らなかった。。。

これからは、だんだん山南さんに近づいて行ってくれるのかな~。
出番は少ないはず(; ;)なので、せめて良いところを
いっぱい見せてほしいですよね~。
ikasama4
2008年05月19日 00:19
くう様
>私も~♪あの場面の上様は山南さんに見えましたよ~(*^.^*)
お仲間1名追加ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

ふと逡巡したものの
すぐさま助けに行く姿は正しくあの方って
感じでしたからね( ̄ー ̄)b

これからはそういう知的な部分を見せて欲しいですね。

>出番は少ないはず(; ;)なので、せめて良いところを
>いっぱい見せてほしいですよね~。
多分薩摩の状況とか削ってもらえれば
それも可能かと思います(; ̄∀ ̄)ゞ
2008年05月19日 22:09
「危ないではないか」。
山南さんスイッチが入ってましたね…あの瞬間。
でも、ポーズとシチュエーションはもろセクスィー部長でした(笑)。あのあとのBGMが部長のテーマ曲にしか聞こえなかったのはワタシだけですか。

あと、結婚式にむかう姫が胸に下げていた筒のようなものは。
調べれば何だかわかるんでしょうけど、調べない(笑)。あれが、そのまえに幾島が見せていた性教育教材のように思えてしかたないので(笑)。
なんというか劣情満載の今回でしたが、上様の「えーーーーっっ!!」ですべてが笑いに包まれて。
前の二人の奥方のときにはどうしていたんでしょうね。
2008年05月19日 23:03
ikasama4さん、こんばんは。
「なおすけ」ありがとうございます◎「小山田さま」以来の大ヒットですよ♪
「なおすけ」が存命のあいだは、貼り付けさせて貰っててもよろしいですかあ?

>後は幾島と滝山はどうも相性が悪いみたいです(苦笑)
「相手が悪かった!魔が差した!!」という幾島の言い草も可笑しかったですね。「不味いことを聞いてしまった」ではなく「相手が悪かった」さらに「魔が差した!」ですからね(笑)

でも今週のホームランは「ええええええええええ~っ!?」でしょうね。これは大河史上でも長く語り継がれるエピソードになりそうですよね(笑)
ikasama4
2008年05月20日 07:21
遊人庵庵主様
>でも、ポーズとシチュエーションはもろセクスィー部長でした(笑)。
なぁるほど(笑)
たしかに構図的にバッチシですね。
今後も時折見せるあのお姿で将軍様は
女性達を悩殺していく事でしょう( ̄ー ̄)b

>あれが、そのまえに幾島が見せていた性教育教材のように思えてしかたないので(笑)。
やはり同じ事を考える人はいるんですね(; ̄∀ ̄)ゞ
自分は昨年の大河で三条夫人が同じようなのを
抱えてましたが、あれすら同じ教材に思えてきました
(; ̄∀ ̄)ゞ

家定と篤姫はもう笑いが絶えない仲になりそうです。

>前の二人の奥方のときにはどうしていたんでしょうね。
多分将軍様のあのテンションについていけなかったような
気がします(苦笑)
ikasama4
2008年05月20日 07:22
なおみ様
おはようございます。
自分で描いていて何ですが
「なおすけ」は結構イイ出来です。

>「なおすけ」が存命のあいだは、貼り付けさせて貰っててもよろしいですかあ?
どうぞどうぞ、使ってやってくんなまし(^▽^)

流石の幾島も滝山相手では形無しです。
この二人のバトルはまだまだ続いていきそうですね。

で、今回の将軍様は将軍様の雄叫びはかなり傑作ですね。
あれでも篤姫は起きないのですね(; ̄∀ ̄)ゞ

今後もバンバンホームランを量産してくれる事を期待したいです
( ̄ー ̄)b
2008年06月10日 16:13
ikasama4さん、こんにちは
只今「倶楽部開設」という野望のため「暗躍」しております。
つきましては上↑の「上様」だか「山南」さんだかを募金してくださいませ。
いえ、お構いなく!既に取り込み済みでございます◎
ありがとうございます。ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ第19回「篤姫(婚礼の夜)」

    Excerpt: ドラマは前回の滝山のセリフ「大奥の高みにおわすのが御台所様で御座います。」の後、配役の紹介が始まった。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-05-18 22:49
  • 篤姫 第20回「婚礼の夜」

    Excerpt: とうとう婚礼の儀がやってきました。 なんだか話の展開が平らだったりする日もあれば、急に話が進展する日もあって、今日は後者ですね。今日の婚礼という日が一つの区切りの日だと... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-05-18 23:00
  • あなたの知らない公方様(篤姫・20話)

    Excerpt: ・・・いきなり現れて、33歳にしてかくれんぼに夢中の未来の夫に、謎が尽きない篤姫。 老中・阿部に聞いても、幾島が滝山に聞いても、婚儀当日、姫が養母・村岡(←スゴイヘアースタイルだった!)に聞いても・.. Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2008-05-18 23:34
  • 【篤姫】第二十話

    Excerpt: 上様は大そう無邪気な方とお伺いしております。庭での隠れんぼう将軍騒ぎに上様は暗愚なのでは?、と言う疑問を持つ篤姫に幾島はそう答える。安部いわく、世に隠れなき武家の頭領におわします。婚儀が終わり、夜の儀.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-05-18 23:39
  • 十三代将軍になれなかった慶喜!!

    Excerpt: いよいよ家定と篤姫の結婚ですね{/m_0139/} 隠れんぼしたりアヒルを追っかけたりしている姿を見ると、 うつけ者にしか見えません{/cat_6/} 篤姫の不審は募るのも分かりますよね{/hamst.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-05-19 08:09
  • 篤姫・第20話

    Excerpt: 「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る 「ここが江戸城大奥」と呟いた時のあっつーの顔は「ワタシは女王!」といったような「勝ち誇った」顔でしたね。.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-05-19 10:00
  • 篤姫#20

    Excerpt: 早いもので、今回はもう20話になりました。いよいよ婚礼ということになり、物語の方も大きな節目になりました。そんな中、高村さんと愛ちゃんのご対面!というのが実現しましたね。篤姫も「初めてお会いするような.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-05-19 12:13
  • 「篤姫」第二○話

    Excerpt: 偶然見かけた家定の姿に戸惑う篤姫。 そして婚礼の儀式を迎える・・・。 第二○話『婚礼の夜』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2008-05-19 14:43
  • 篤姫 二十話

    Excerpt: うつけかうつけじゃないか?見極めるのが篤姫にとっては 一大事ということですね。 もしうつけなら、自分の子供を身籠ることもまして 一ツ橋慶喜を推すこともかなわぬことになってしまう。 だからこ.. Weblog: Simple*Life racked: 2008-05-19 17:49
  • 桜田門から入電中・・・高村巡査、妹たちがお世話になりました。(宮﨑あおい)

    Excerpt: ・・・ケータイ刑事ネタですみません・・・。なんとなく・・・異次元で邂逅したような Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-05-19 18:55
  • 篤姫 第20話「婚礼の夜」

    Excerpt: 「一橋慶喜様を将軍継嗣に」という重大なミッションを帯びて大奥入りした篤姫。夫になる家定にはなんで何も期待されないのか、疑問に思わないのが不自然だった先週までの展開でしたが、あっわかった!世界征服の野望.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2008-05-19 21:53
  • 篤姫

    Excerpt: NHKの大河ドラマも、先ず一ヶ月は真面目に見る。 次は何となく惰性で見る。 その内、見逃したりしてどうでもよくなって・・・・ギブアップ!! Weblog: さくら茶の手紙 racked: 2008-05-20 02:30
  • 篤姫 2008/05/18 第20回「婚礼の夜」

    Excerpt: アヒルの色が白くなかったのは、アフラックを想起させないため? アヒルは白のほうが映えると思うんですが。それはともかく、今回の復習。・オープニングはどう考えてもクリムト(しつこい?)・いろいろな「月」・.. Weblog: piyomarimoのよろよろ日乗 racked: 2008-05-24 18:47