あしたの、喜多善男 第7話

寂れたアパート
そこには親父がいた。

親父はただただ詫びていた。


俺の大好きなきなこ餅を買って。


親父は俺に会わせる顔がないのか

俺に背中を見せたままだった。



「こっち向けよ」



苛立つ俺は親父をひっぱった。






その時、親父の顔は―――喜多さんだった。









目が覚めるとリカが俺の事を心配そうに見つめていた。


俺は覚悟を決めた。



羊は狼の餌になるために草を食らう。



俺は狼になる。


喜多さんに会えない時間
俺は着々と己の牙を研ぎ澄ましていく。



その夜、喜多さんの居場所がわかった。


俺はナイフを持って喜多さんに近付く。



「平太さん、ごめんなさい。」

あいつはそう言って
いつものように俺に笑ってくれる。


あいつの笑顔が俺の決意を曇らせる。


あいつは言う。


「平太さんに会えてよかった。」

「平太さん、ありがとう。」


その言葉ひとつひとつが俺にのしかかる。


そうだ。


あいつが背中を向いた時にやろう。


「あぁ、今日は空がきれいんだな。」


今だ―――。


そして、俺が殺意を振りかざした瞬間。


「そうだ。」


いきなり、あいつは振り返った。



予想もしないあいつの行動に平静を保とうと
慌てる俺にあいつはこう言った。



「お土産。きなこ餅」


―――なんで?

なんで、これが俺の好物だって知ってるんだよ?


すると、あいつはとても嬉しそうに喜んだ。



その瞬間、俺の殺意はポッキリと折れた。



そうだ。
一緒に家帰ってビールでも飲もうよ。

喜多さん―――――。







今回は冒頭の夢も
エンディングもキレイに変わっていましたねぇ。

エンディングは今回の方が好きですね。


そして冒頭の夢ですが
今回から平太さんになってましたね。

もしかしたら、次週から別の人になるのかもしれないですね。

考えられるのはリカかみずほかってとこでしょうか。





さて、ドラマの本題はというと

あの結婚はやはり三波が仕組んだものだったみたいですね。

にしても、まさか看護学校の頃にみずほに近付くとは。


となるとかなり前から暗示をかけていたみたいですね。



そして、好きでもない男と結婚をさせた。



それが喜多善男だった。





何のために?
と考えるとやはり杉本が言う保険金殺人が濃厚ですね。




そして、もうひとつ興味深いのが杉本の理論ですね。



絶望感・悲しみ・憎悪等々

それらのネガティブな要素を集合させて

潜在意識を暗示させる事で

ひとりの人格を作り出す


そして自分とは別のもう一人の人格をこの意識の中に存在させる。


そして、その人格を抹殺させる。


その瞬間、その人には救いがもたらされる。



だが、その理論を実証するには
人間でそれを実験するという事になり

倫理的に問題があるとして、彼は後に大学を追われた。



しかし、彼は諦めなかった。

そこで彼は考えた。

暗示に懸かり易くて、ネガティブとは全く無縁のような人間で実験をする。

そして、自分の理論が正しい事を証明してやる。


その被験者として選ばれた男。


それが喜多善男だった。





ただ、ここに矛盾が生まれます。

保険金殺人で喜多善男を殺そうとしていた。

一方で

自分の被験者として喜多善男をモルモットにした。


殺そうとしていたはずなのに
結果として後者の方で善男は操られている。


みずほの前にネガティブ善男の人格が出てきたのも
それをおそらく実証してる気がします。


ならばどうして?

と考えると当初は善男は殺される予定だったのだけど

「何か」があって

三波が自分を葬り去らなければならなくなった。

そして、「何か」によって
三波は善男を被験者にしたって事なんでしょうね。


もうひとつ、興味深いのはみずほですね。



看護学校の頃のみずほは他人と話すのさえ
怖がるような女性だった。

そこに三波が近付いてきた。


本当の彼女は何かがあるとすぐにパニックになる性格なのかもしれません。


だから、あらゆるケースに備えて対処できるように
彼女は学んだ、というよりも「教え込まれてきた」気がしますね。


ただ、想定しないケースがあると彼女はパニックになります。



通常、暗示というのは時間の経過と共に
ネジが緩むように劣化して解けてしまいます。


その時、大事なのは
定期的にネジを締めて暗示が解けないようにする事。



そうなると、みずほに定期的に接触して
ネジを締めている人物が傍にいるって事になりますね。


となると、この作品の中でそんな事が出来る人物は唯一人しかいませんね。













さてさて、本当はこれみたいに





キッチリ描いてみたい人が結構いるんですけどねぇ。


ただ、ちょっと今月はバタバタなんですよねぇ。



という事で。

テキトーにこんな感じで。



















































誰なのかはご想像にお任せします。

自分がこういう感じの絵を描く時は
如何にして少ない線で似せることが出来るのか。

その辺をコンセプトにしてます。


とりあえず雰囲気さえ出ればイイです(; ̄∀ ̄)ゞ



追記2008/02/21
なんか平太さんが好評だったので、調子にのってこんなんもしてみた。










プラ板なんて小学生以来だけど、今やっても結構楽しい。
焼き上がりを待つ陶芸家の気持ちがよく分かります(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月20日 01:48
うわ~。最後の平泉成さんが良い味してる。
小西タンはこう描けば良いのかと、勉強になりますル。

さて、全ては三波の手の平で動いている事になるのでしょうか。
大学講義のビデオにあるとおり、ネガティブに集められた裏意識は、善男そのもの。それに瞬時に気付いた杉本の頭のよさが光っています。
彼が三波の計画を視聴者にナビゲートする役なんですね。
室井さん扮する宇佐美は杉本と今後絡んでくるのでしょうか。
そのあたりも楽しみです。
3.1415928 あ、2番違いだ! 
ikasama4
2008年02月20日 08:03
シャブリ様
絵ってのはとことん描き込んで
楽しむ事もできますし

とことん特徴があるとこだけ描き出して
とことん無駄を省いていって
楽しむ事ができます。

たしかに杉本の直感はスゴイですね。
後はその直感を確かめるためには
実証する事が必要になってきますかね。

ただ、宇佐美は既に研究室を辞めてるみたいですから
三波を知り、かつ未だに研究室にいる人物に
杉本は焦点を当てるかもしれません。

あの時には三波の理論に反対したものの
心の中では「やってみたい」と思う人物がいそうですからね。



3.1415926 たしかに2番違い
小次郎残念(笑)

そういえば、このドラマ凄いですねぇ。
金9の出演者がこちらにどんどん流出してるなぁ(;・∀・)
2008年02月20日 12:40
似顔絵、松田龍平と小西真奈美が秀逸です!
こんな単純な線で、ここまで表現できるとは・・
やっぱり、このタッチを極めていった方がよいのでは?
と個人的には思ったり(笑)

>ネジを締めている人物が傍にいるって事になりますね。
コレ、面白いですね。
要潤と、三波が会ってる映像なんかが出てきたら、
ひっくり返って、拍手しそう。
そうなると凄い展開だなと思います。
でも確かに、みずほが三波と会ってないなら
みずほをコントロールする人間が必要ですもんね。
この予想も当る気がする。。。
2008年02月20日 13:16
キャーキャー平太さんのちっちゃい似顔絵が似てて可愛い(笑)
コヒさんの表情もそのままだ~~~♪
昨夜は10時前に寝てしまったので、まだ見てないのです。
ネタバレ見たくないので、そのままコメント欄に来ました。
上のコメントも見ないようにしてます(笑)
今日帰宅したら、斉藤さんの前に善男ちゃんを見なきゃ。
また夜にお邪魔しま~す!
2008年02月20日 14:36
「定期的にネジを締めて」って聞くと「鹿男」を思い出してしまいますが・・(笑
なるほど・・そうですよね。みずほと善男、三波によってコントロールされていた人間が呪縛から離れる時・・どうなるんですかね~?
来週、山崎まさよしさんがもしかして三波?
2008年02月20日 15:47
わお~。かわいい~。
みんな可愛いです。カンパッチにしてほしいくらい!!
定期的にねじをしめる。それは善男ちゃん?
善男を見ると三波を思い出すから・・
違うかなぁ???
でも来週その謎が解き明かされそうですね!
ikasama4
2008年02月20日 20:49
SHINGO。様
たまにはこういうのもアリですね。
お褒め頂きありがたい限りです。

たしかにこういうタッチで突き進むのも面白いですね。

まぁこーゆータッチって個人的に
例えば、学校で教科書の余白に先生の似顔絵を
描くくらいの気分の方が自分でも思いがけない
絵に仕上がってくれる気がします。

その感覚は忘れないようにします(^▽^)


そうですねぇ。
疑い出すとこの作品も結構キリがないですね。

こうなってくると物語の焦点は
みずほと善男、そしてもう一人の善男ですね。

今後はどんな展開になるのか
でもって予想は当たってるのか
楽しみにしております(゚∀゚)
ikasama4
2008年02月20日 20:49
アンナ様
平太さん気に入って頂けて何よりです。
多分、卵に描いてもピッタリハマる気がします。

こうなれば商品化も夢じゃない(゚∀゚ )?!

ではでは
またのご来店お待ちしております( ̄ー ̄)/~~
ikasama4
2008年02月20日 20:49
きこり様
>「定期的にネジを締めて」って聞くと「鹿男」を思い出してしまいますが・・(笑
ええ、これについては三波が善男とみずほの結婚を
意図的に仕組んだように、こちらも
意図的に記事を書いてみました(笑)

あの学会の発表で三波は
善男ともう一人の善男を戦わせて
もう一人の善男を消滅させるみたいな事を言ってましたからね。
彼の理論ではそれによって負の感情がなくなり
その人は幸福になると言ってましたが果たしてどうなることやら。

さて、来週登場の山崎さん。
どういう状況でどういう役なのか結構気になります。
もし、三波ならば最終回まで彼は出演するって事でしょうかね(笑)
ikasama4
2008年02月20日 20:49
みのむし様
喜んでもらい何よりです。
個人的にはキーホルダーみたいな感じにして
商品化もありですが、まぁその時には
確実に訴えられるでしょうね(; ̄∀ ̄)

次回からその謎を
図らずも杉本が解いていく形になりそうですね。

この記事へのトラックバック

  • あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ あらすじ 第8話 予告

    Excerpt: 保険調査員・杉本(生瀬勝久)は善男にかつて多額の生命保険がかけられていた記録を発見し、みずほ(小西真奈美)と三波(今井雅之)が共謀して保険金殺人を企てていたと確信。三波が生きており、みずほの再婚した夫.. Weblog: あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ 小日向文世・松田龍平のドラマ情報ブログ racked: 2008-02-20 08:28
  • 栗山千明さんの似顔絵。「あしたの、喜多善男」第7話

    Excerpt: ●「あしたの、喜多善男」第7話(7日目)「完全犯罪か友情か」 「あんた、ホントはさ、もっと可愛い人なんじゃないの?」 みずほ(小西真奈美)に言った、平太(松田龍平)の言葉ですが、 もしかして、今の.. Weblog: 「ボブ吉」デビューへの道。 racked: 2008-02-20 12:43
  • 「あしたの、喜多善男」第七回

    Excerpt:  ぼろアパートで一人背中を向けて坐って、また仕事がクビになったと話しながらきな粉もちを食べている父親に話しかける平太(松田龍平)。 「こっち向けってんだよ~!」 振り向いたその顔は善男(小日向文世.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-02-20 14:47
  • あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ 視聴率

    Excerpt: 2008.1.08 第1話「臆病な奴が死ねるのかよ」 12.7% 2008.1.15 第2話「さよなら、母さん」 8.0% 2008.1.22 第3話「元妻と密会…暴走」 7.3% 2.. Weblog: あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間~ 小日向文世・松田龍平のドラマ情報ブログ racked: 2008-02-20 22:41
  • あしたの、喜多善男 第7話

    Excerpt: ラストのきなこ餅にウルウル。このラストシーンを何回も見てしまった(苦笑) 絶対、平太に喜多善男は殺せないと思ったから予告を見た時、ナイフをかざした後。。。。どんなキッカケでやめるんだろう? それを.. Weblog: アンナdiary racked: 2008-02-20 23:32
  • 心の中の暗がりを小日向文世がそっと窺う頃、小栗旬は他人の借金を肩代わり、深夜、原幹恵

    Excerpt: ああ、やっぱり、「はぐみ(成海璃子)殴り描きVS竹本(生田斗真)打ち壊し」ははみ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2008-02-21 03:25
  • 「あしたの、喜多善男」第7話

    Excerpt: 11年前の真実を知りたいという気持ちは 知るはずもなかった自分の過去に向き合わせる。 残り5日・・・第7話『完全犯罪か友情か』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2008-02-22 21:56